スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

DWEメインビデオ2

プチーは思いのほか順調にまめに一巻ずつ進めていって
くれています。おかげで毎日毎日DWEのビデオの
感想を書きつづけなくてはいけません。
(追いついていません・・・)

メインビデオ2のテーマは色、動物の鳴き声などで
プチーにとってはもうすでに知っていることばかりでした。

それでもいまだに楽しめる理由は、これらのテーマが
文章の中にうまく組み込まれているからではないかと
思います。

もし赤い色のものが映し出されて、「RED」
青い色のものが映し出されて、「BLUE」
と単語だけが聞こえてくるのでは、色を覚えた時点でもう全然
面白くありません。

ですが「Heuy takes a red balloon.」のように
文章のなかで自然に色がとりいれられていると
色を覚えた後でもその文章から色々な事を
学び取る事が出来て、(三単元のS、TAKEという動詞、など)
英語がある程度上達したあとでも
楽しくみつづける事が出来ます。

親であるサリーの方も
「こんなのみていても意味が無いのでは」なんていう
気持ちにはなりません。

そういう意味でもやはり、日本語を介するタイプの
「これは何色か知ってるかい?そう!『BLUE』だね!」
なんていうタイプのビデオだったら、ここまで長い間
みつづける事は出来なかっただろうなぁ、と感じます。

といっても日本語介入型の教材のサンプルビデオのおかげで
英語の理解が進んだのでは、と感じた時期が確かにあったのを
覚えています。

年齢に応じてどんどん買い換えるのであれば、その時の
様子を見ながらビデオのタイプを選ぶのもひとつの方法かも
しれません。

サリーは出来るだけ教材を購入せずに同じものを
使いまわしたかったので、DWEにして正解でした♪

こうして、あらためてビデオをみなおしてみると
これだけの内容が詰まっているのだから「ひとつのビデオを
三週間くらいずっと続けてみた方がいい」というのも
うなずけます。


なんだか気持ち悪いくらいにDWEのことを誉めてしまう
自分がまた気持ち悪いのですが、DWEは本当に
いい教材だわ、と再認識中です♪


よかったらサイトの<ワールドファミリー>のページも
のぞいてみてください。




こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけるとうれしいです。

2005.04.21 07:42 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/92-51626bf0

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。