スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

推測と分析

母国語を学ぶ時もそうだと思いますが、
プチーは英語を、ただ聞いたり読んだりすることにより
学んでいるため、多くの間違いをおかしては
それを自然に自分自身で修正します。

言葉をきき、その意味がよくわからなかった時は
適当に想像したり分析したりして自分なりに
「きっと、これはこういう意味に違いない」
みたいな結論を勝手に出し、納得しているようです。

わからない時は毎回勝手に意味を推測し
自分の語彙としてどんどん蓄積するせいか
一度勘違いをすると、その勘違いはかなり長いこと
勘違いしたまま続きます。

ここ何ヶ月も間違ったまま使いつづけていて
気になる表現は

「It's like alphabet.」

という表現です。どうやらプチーは「alphabet」の意味を
「規則正しく並んでいる」という意味だと勘違いしている
らしいのです。

最初はやんわりと、そして最近ははっきりと
「それは違うよ」と指摘しているにもかかわらず
なおそうともしません。

自分の分析結果に自信があるのか、その意味はまちがっている
と指摘しても、そんな事ない、と言い返してきます。

でもこの根性が結局プチーのボキャブラリーを
育てているのでしょうから、これからもこの調子で
がんばっていってくれたら、と思います。

人のアドバイスを聞き入れず、勝手に突き進んでいくというあたり
まさに母親譲りです♪





こちらをクリックしてランキング応援をしていただけると
うれしいです。

2005.04.06 20:52 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

英語学習関係のリンクをたどって参りました。
お子さんに英語で話しかけ、英語力を身に付けさせる事ができるなんて、スゴイです。でもそれはサリーさんの努力と愛情あってのことですね!
私は英語が全くダメ、でも話したい!と思い、最近勉強を始めました。するといつの間にか子供たちにも伝染して、「リンゴはapple」とかブツクサ言う様になってました。(^^; 母親の影響力は馬鹿にできないですね~。
間違って覚えた単語のニュアンスって、直すの大変ですよね!
「It's like alphabet.」って面白い表現!!
ウチの息子(4歳)は日本語オンリーですが、「明日行ったところが行きたい!」などとまだまだ文法無茶苦茶です。どこをどう直してやればいいのだか悩みます。

2005.04.07 02:07 URL | あきンた #- [ 編集 ]

全く英語が駄目な私ですが、ひょんなことから英語を勉強しなければいけなくなってしま

いました。もちろん子供さん以下です。お恥ずかしい話ですが。

英語学習コンテンツを扱い始めたのですが、扱っている本人が全く英語を理解できないと

言うのも困ったもので、毎日、英単語の考え方をブログで紹介しながら勉強していくこと

にしています。

もし良かったら感想などいただけるとありがたいです。

2005.04.07 15:42 URL | まっちゃん #DV1PNUaE [ 編集 ]

はじめまして、あきンたさん。

母親の影響力は絶大ですよね。サリーもいつも感じます。
こわいくらいに・・・。

プチーの話す言葉をきいていると自分の口癖がわかって
面白いというか、時には苦笑しています。

この影響力、できれば最大限に活用したいですよね。



小さい子の言葉を訂正するのってむずかしいから
やっぱり気長に待つしかないのかもしれませんね。
間違うからこそ、学ぶ過程を見ていると
楽しいものです☆

これからもどうぞよろしくお願いします。

2005.04.07 19:53 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

はじめまして、まっちゃんさん。

まっちゃんさんはお仕事でブログをお始めに
なったんですね。しかも英語が苦手なのに
英語がテーマのブログを書かないといけないなんて。

でもブログを読んでもまっちゃんさんが英語が
苦手だなんて感じさせないですね。さすがプロです☆

自分自身も学びながら出来る仕事って
素敵ですね。がんばってください。

2005.04.07 20:02 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/80-d7a0c694

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。