スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ずるずる~っと楽な方へ

プチーの通う学校は、アメリカンカリキュラム。

のんびりのびのび教育を実践する学校ですから、宿題は
ほとんどありません。日本でプチーが通っていた公立小学校と
進度も似たようなものです。


国語は、日本の教科書の文章よりも
多少難しいかな?という程度。(さほど違わないけれど
母語じゃないので難しく思えるだけかしら)

理科は多分大差ありません。

社会は、なんだかまるで別の教科みたいになっちゃいましたので
(国が違うから当然だけれど・・・・・)
何もかも一から学んでいる状態です。

唯一算数だけは、こちらの方が進んでいます。
小数の表し方、説明の仕方も違うので、戸惑うこともありますが
計算などは万国共通ですから、大丈夫♪

体育と音楽、は日本の方がはるかに良い!
比べものになりません。体育と音楽の時間ははおかげさまで
クラスのみんなと交流するいい機会になっちゃっています。
(一体何を学ばせたいのかよくわからず・・・)


PTAは、こちらの方が断然熱心です。
(授業のカリキュラムはゆるゆるなのにPTAだけビシバシモード)

「何かありませか?」と意見を求められても
「今のところありません」としか答えられないわたくし・・・。
情けないなぁ。



宿題が少ないことと、とても近くにお友達が住んでいることもあり
放課後遊ぶ時間が増えました。

食べて、遊んで、寝て、しかしていないプチーは当然のごとく
どんどん怠け者になっていきます。

挙句の果てに、Encyclopedia Brownばかり面白がって読むので
急にカチンときてしまい
「それ一年用の本よ」
と、嫌味たっぷりな口調で言い放ってしまった・・・・。


百科事典並みの知識を持つ少年が主人公ではありますが
本当に百科事典並みなので、知っていても正直言って
役に立つ機会もなさそうな知識ばかり披露してくれます☆

読書は娯楽なんだから、と思いつつもつい
「そんな無駄な本ばっかり読んで」なんて思ってしまったり。

購入したのはサリーですが、ここまで子供っぽい内容だとは
思っていませんでした。面白いことは面白いのですが
10歳の子が読む本ではないように思います。

本に書いてあるように、7歳くらいがぴったりです。



10歳の読書ってどんなもんなのかしら。
どうあるべきなのかしら。

何を読んでも無駄にはならないとわかっているけれど
限りある時間だもの、ついつい「効率よく使っていきたい」なんて
思ってしまう・・・。



学校からは、一日約1時間の読書をするよう言われています。
読書が終われば、何をどれだけ読んだかをプチーが記録用紙に記録します。

[週に6時間の読書]が学校からいただいた読書目標です。
我が家はこれに更に2時間追加し、週に8時間を目安にしていくことに
しました。

[ちょっと難しい本]を読むことと「でもちゃんと理解しながら読むこと」を
念押しされています。

もちろんそれが一番大切であろうことはわかるんだけれど
ちょっと難しい、いい本を探すことと
ちゃんと理解しているかどうかを確認することが難しいのよ!



読書って、プチーの頭の中で何が起こっているのか見えてきづらい学習法です。
ですが、コツコツ続けることで何かが積もり積もっていくんだろうなぁ、きっと。





ずっと続けてきた読み聞かせが、最近滞りがちです。

今の住まいのお風呂はユニットバスです。プチーと一緒にお風呂に入れなく
なったことが、読み聞かせをさぼる一つの要因になっています。

ですが、読み聞かせこそが我が家の英語の一番の柱なのですから
また生活のリズムをしっかり整え、夜寝る前の読み聞かせの時間を
たっぷり確保していきたいなぁ、と思っています。







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2010.02.26 07:43 | 国外 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

サリーさん、こんにちは
なんだかとっても楽しそうなプチーちゃんの様子が伝わってきます。
いいな~。なんか、余裕だな~♪

プチーちゃんも、今度日本に帰ってきたら、帰国子女になるのですよね。
かつて、サリーさんの憧れ?の(笑)

なんだかプチーちゃんが急に遠くへ行ってしまったみたいでちょっとさびしいのだけど(って、ホントに物理的に遠いところにいらっしゃるのでしょうけれど)
うちはとりあえず、日本で頑張りましょう(笑)

私もやっとやっとブログを始めました。
まだまだスカスカな内容ですが(笑)
見られるようになったら、また見てやってくださいね。

2010.02.26 23:15 URL | KEI #- [ 編集 ]

はじめまして! 米国在住6年目で、1年生の娘がおります。

こちらの公立小学校に娘が通い出してから思うことは、「学校で何をしてるの…?」ということです。英語以外の科目は、ほとんど勉強していないような印象を受けるので。家で日本の教科書を使って勉強させていますが、算数は日本の方が進んでいます。体育と音楽は、さらっとお遊び程度のようですし。図画工作…、やっているのかしら? それに、授業中に騒いだり歩きまわったりする生徒もいるそうで、授業が度々中断されるとか…。米国の公立校、地域によってかなり差があると思います。ここは田舎町で選択の余地がないので、公立校へ通わせていますが。しっかりとした家庭のお子さんが多く通う学校に通われているプチーちゃんがうらやましいです。

更新、いつも楽しみにしています!

2010.02.27 01:21 URL | 四季 #- [ 編集 ]

そうですよ~、憧れの帰国子女ですよ~。

でも、自分の子供がそうなるかもしれない、という状況になり
初めて帰国子女でも色々いる、ということが
わかりました♪

しかも、日本語での勉強と英語での勉強とが
ダブルでふりかかるって、こういうことか~、なんてことも
わかりました。

どちらも中途半端になっちゃわないように
気をつけなくっちゃ☆


KEIさんのところの記事をみることができるのを
楽しみにしております~♪

2010.02.28 11:02 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

四季さん、はじめまして♪

アメリカの学校へ通っているのでしたら
英語がペラペラになりそうでうらやましいですが
その他の教科の知識だってやっぱりきちんと
身に付けて欲しいから、喜んでばかりはいられないんですよね、きっと☆

一年生であれば、日本でもウロウロする子はいましたよ~♪
徐々に学ぶ姿勢が養われていってくれたらいいですね。


プチーはもう四年生ですから、さすがに
クラスの様子は落ち着いているようですが
先生があまり熱心ではないような印象を受けています。


プチーの学校は別に「良い学校」ってわけでも
ないんですよ~。

でも「良い学校」にしたいと思っている
学校側の[意気込み]みたいなものは感じます。
理想と現実の差はありますが、いい学校にしたい、と
学校側が考えてくれているだけでもうれしかなぁ、なんて
思っています。



2010.02.28 11:18 URL | 四季さんへ #UyDABGl6 [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/744-effeaa8e

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。