スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Andrew Clements作品比べ

プチーがまとめて何冊かのAndrew Clements本を読んだので
難易度、面白さなどをきいてみました。

今回比較しますのはこの四冊♪

The Report Card

Frindle

No Talking

The School Story



ダントツでFrindleが一番簡単で読みやすいそうです。

他の三冊は同じようなテイストですが、The Report Cardは、ちょっと
話の流れがつかみづらく、こんがらがる時があったそうです。

現時点の話になったり、過去を思い出す話になったり、そのあたりで
勝手に話を勘違いしてしまったりして筋を読み違えたこともあった
と言っていましたが、最終的には納得でき、結局は面白く読めたようです。

設定がちょっと複雑かな?という印象があります。
(賢い女の子が、賢くないふりをするお話です☆)


話の内容が一番面白かったのは、The School Storyだ、と
プチーは申しておりました。

小説を書くのが上手な女の子が、本を出版する話だそうです。

ペンネームを使い、身元を隠して出版するんだけれど、最後には
結局どこのだれだかわかっちゃう、というようなお話だそうで
だましている相手がお母さん(出版関係者)というところも
なんとなく笑えたそうな・・・。

プチーもサリーを出し抜きたい願望でもあるのかしら。



No Talkingも、負けずと劣らずとても面白かったそうで
早速次の日、ノートーキングにチャレンジしていました。
(と言っても毎回ほんの数分でギブアップしていましたけれど)


四冊とも甲乙つけがたく、どれも楽しんだようですので
また新たにAndrew Clements作品を買い足す予定です♪

一冊だいたい、1時間半から2時間くらいで読めるくらいの
丁度いい長さの作品が多いのも魅力です♪

単語も、たまにわからない単語が出てくるようで
難易度も丁度よし♪






もう引越しして、新しい地で生活しています。
引越し先でも洋書屋さんを探してウロウロしています。
使えそうなお店を二件ほど見つけ、ちょっとほっとしています。

洋書読書はなんとか現地調達などで続けられそうですが
ワークブックは手に入りにくいので、友達に送ってもらうことで
確保していこうと思っています。

どこまでもプチーの英語に関わっていくぞ~♪
(インターナショナルスクールへ通わせているくせに
 まだプチーの英語教育を取り仕切ってるサリーは
 自分でやらなきゃ気がすまない性格なんだと思いま~す)








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


2010.02.19 15:38 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント一覧

無事引っ越しがすんだんですね。

英語の方も順調そう。
いろいろ楽しそうで良かったです。

これらの作品が2時間弱で読めちゃうんですね、、。

私自身は読むのが遅いんだろうなぁ。
そんなにはやく読めないような、、。

プチーちゃんすごい!!
読める子たちって、そんなもんなんだろうか、、。
2時間読み続けることもすごいです。

2010.02.25 21:18 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

引越し完了しました♪


ソファにねっころがりながら、とか
だらだらごろごろしながら読んでいますので
いつの間にか読み終えます。

でも細かいところまでちゃんと読んでないんですよ。
斜め読みみたいな感じです。

いつも「ちゃんと読む機会も作らなきゃね」と
プチーと話しつつ、結局最近は、娯楽斜め読みしか
していません。

でも、楽しみながら読んでいること自体は
うれしいです♪

2010.02.26 07:03 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/743-e058d7a1

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。