スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

続々届く英検合格のご報告を聞いて

冬の英検が終わりました。掲示板、コメント、メールなどで
英検合格のご報告を下さった皆さま、本当におめでとうございます!
喜びをサリーと分かち合ってくださりありがとうございます♪

プチーは受けていませんが、それでもまたあの喜びや興奮が
よみがえります♪



プチーの英検体験記を多少参考にしていただいたからこそ
合格の報告に来てくださるわけですから
受験なさっているのはもちろん小さいお子様たちです。

これから英検を受けていこうとする方々から
ご相談いただく場合もあります。

そんな時、お子様達の年齢はプチーが初めて英検を受けた年齢よりも
低い場合がほとんどです。

年齢が低いと、英語力意外の面でも色々とケアをしてあげながら
受けないといけませんから、現場のちょっとした様子なども
気になってくると思います。


壁に時計はかかっているのか、とか
鼻がかみたくなったらどうすればいいのか、とか
靴が脱げたらどうしよう、とか。

必要事項の記入はちゃんとできるのか、とか
試験官の方々は親切なのか、とか。

保護者の待合室はあるのか、とか
終了後はお教室の真ん前まで迎えに行けるのか、とかとか・・・。

そして色々心配してクタクタになり
「こんなに小さいうちから受けさせようとすること自体
 間違っているのか・・・?」
と自問することもあるのではないかと思います。


親のエゴなのか。
この子は親に気を遣って、受けたい[ふり]をしているだけなのか。

受けるのはまだ早すぎるのか。
もうちょっと待った方がいいのか。

でも、こんなに楽しそうにしているし。
問題集をさせたらほとんど正解するんだから
ダメでもともとで受けてみてもいいんじゃないか。

そんな風に気持ちがゆらゆら動いたり、堂々巡りをしたりした
経験のある方々もいらっしゃるはず、と思います。


そういう場合は、是非、あれこれ心配せずに一度
受験させてあげて欲しいなぁ、とサリーは思います。



英語学校、英語保育の幼稚園などの実情などについては
全く知りません。

ただ、おうちでお母さんが子供の英語に深く関わって
子供と一緒に英語にどっぷり浸かるうち、英語が上手になってきた
というケースでは、現状を一番よくわかっているのはお母さんです。

子供の様子をきちんと観察できれば、子供の本心も
子供の本当の英語力もちゃんと伝わってくるはずです。

自分であれこれ考え始めると迷うこともありますが
直感を信じて行動しても間違いはないんじゃないかなぁ、と感じます。



と言っても、小さい子供達にとっての英検は、ただ英語力を測るだけの
ものではありません。

テスト時間中、ちゃんときちんと静かに座っていられるか。

鉛筆を落とした時など、何か困ったことが起こった時、きちんと静かに手を上げ
試験官の方の注意をひくことができるか。

その場にしっかり馴染んで、他の人たちと同じように受験できなければ
やはり「早すぎた」ということです。


試験官の方々は充分な配慮をしてくださっていると、サリーは感じました。
ですからそれ以上の特別扱いを必要とするようなことは起こりませんし
逆にその必要がある場合は、受験資格そのものが無いということではないかと
サリーは感じています。


英検協会は、小さい子供達にきちんと配慮してくださいます。
それに甘えすぎてVIP待遇を期待してはいけません♪
小さい、つまり弱い立場の人を守るという意味合いの配慮ですから
勘違いしてしまってはいけません。

それを忘れず行動すれば、大丈夫です。


エライ上から目線で書いてみましたが
英検を受けようかどうか迷っていて、どうも最初の一歩が踏み出せない方や
受け続ける自信がなかったり、「本当にこれでいいのか」と不安な気持ちでいる方の
背中を押せたらいいなぁと思い、今回の記事を書きました。


受けてみたいけれど勇気が無い、というような方々を励ましたいだけですので
受けてみようと思ったことすら無い方々を英検の世界へお誘いするつもりなのでは
ありません!






プチーは、というと、英検の存在は忘れちゃってるんじゃないか?という感じですが
もちろん準1級をあきらめたわけではありませんから、ぼちぼち、じわじわ
接近していきたいと思います♪

今の段階でそれに向けた計画は全くないんだけれど・・・。





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2010.02.08 07:29 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

サリーさん♪
この書き込みを読んで、そうだ掲示板だ!と思って、ほんとに久々に掲示板をのぞかせていただきました。
ああ、そうでした。ここに書きこんだのが最初でした。坊主が4歳で初めて英検4・5級を受けたときでしたね。うう、懐かしい。

2級までは順調すぎるくらいでしたが、準1級で低迷。その間、プチーちゃんも2級受検で頑張っていた時代でしたね。サリーさんの気持ちがそのまま私の気持ちだったので、共感しまくりで、何度も切ない気持になりました。

プチーちゃんもいつか、近いうちに?準1級を目指して勉強再開されるのですよね!
頑張ってくださいねー。
うちもやっぱ1級目指すかなー(笑)
当たり前ですが、TOEICと英検は全然違うテストですしね。

なんかもうすっかり準1を制覇した気分でいますが、とりあえず21日の二次に向けて頑張らねば(笑)

親子でユルユルなのですが、昨日受けた漢検3級は合格の模様。
3月には2級を受けます♪漢字力の増強も、英検準1単語にはかなり効くことがわかりました。

2010.02.08 09:04 URL | KEI #- [ 編集 ]

あ!まだ二次がありましたね!
二次の心配はしてませんでした♪

英検は、順調に進んできても、どこかで
停滞する時があるはずですよね。

そこがふんばりどころですね♪
とりあえず合格してから休憩しよう、と
必死でした♪


漢検も引き続きうけているんですね~。
プチーも漢字をちゃんとやっていかなくっちゃなぁ。

資格試験と無縁の生活は気楽でいいけれど
ぬるま湯すぎるのもいけないから
そろそろ何かがんばらなくっちゃなぁ・・・。

2010.02.10 07:43 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさん♪
今日、準1級2次面接の結果が出ました。
予想外に良い点数で合格していました。
ナレーションが時間切れだったので、ちょっと心配でしたが…
テーマは、男女共学のメリットとか、そんな感じだったみたいです。

ふー。とりあえず英検はこれで一段落です。
児童英検ブロンズから準1まで全部受けて合格するのに4年8カ月。
色々思い出すとアツイものがこみあげてきます(T_T)
妙に涙もろい今日の私でした。

サリーさんのホームページやブログにもずいぶん助けられましたよ。ホントにホントに感謝です。
ありがとうございました。

2010.03.01 20:41 URL | KEI #- [ 編集 ]

おめでとうございます~!!!!!!!!

いよいよですね!
本当におめでとうございます。


さぁ、次はうちの番よ!となんだか
そんな風に思えてきます。

英検ではずっとずっと
KEIさんと一緒にやってきたという気持ちが
強くあります。

時期は全然一緒じゃなくて
プチーの方が随分遅いんだけど
それでもなぜか、一緒に英検人生を
歩んできたような気になっています。

サリーも本当にうれしいです。
合格おめでとうございます。


合格発表の時に、KEIさんに
「もう合否閲覧始まってますよ」なんて
教えてもらったりして、慌てて英検サイトまで
見に行ったこともありました。

試験前の
「がんばってますよ~」というKEIさんの書き込みに
「うちもやらなきゃ~」と何度も何度も
励まされたり、焦らされたり♪


最後、準1合格まで、大変でしたね。
KEIさんが頑張っているのを横目でみつつ
「準1ってそんなに大変なんだぁ・・・」と
戦々恐々としていました。

KEIさんとこで無理なんだもん、うちはまだまだ
無理だわ、と思っていたら、いよいよ
合格しちゃいましたね!

今のプチーにはもちろん到底無理だけど
そろそろ思い腰を上げようか、という気に
なってきました~。


一度受けて、落ちておいたほうがいいかも
しれません♪

落ちたままじゃ悔しいから、ついつい
意地になって頑張れちゃうかもしれません。

気力がないと、合格できない気がします。
気持ちを盛り上げていかなくっちゃ!


本当におめでとうございます!

2010.03.02 10:18 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/739-27e87f96

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。