スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英語での話しかけも、そろそろ終わりかな

小さい頃から母親に英語で話しかけられることにそれほど
抵抗の無かったプチーですが、最近、ついに
「なんか不自然だな~ン」
なんて、照れるようになってきました。


プチーが生まれてすぐの頃から、英語で話しかける機会を
もうけてきました。

プチーが英語で返事をする必要はありません。プチーは
何語を話してもいいことにしていましたから、気が向けば英語を
そうでなければ日本語を、という具合でした。

サリーが英語で話しかける、というところに意味があるように
思っていましたから、プチーの返事が何語であるかは全く気にせず
一方的に英語で話しかけていました。

それで意思の疎通が完全にできていましたから
お互い違う言語を話していても、全然違和感はありませんでした。



プチーが英語で返事をするようになったのは、いつの頃だったのかしら。

幼稚園に入って、4,5歳になる頃、時々英語で返事して
くれることがあったように記憶しています。

英語の時も日本語の時も、色々あったのが、自然に
「英語の返事は英語で」みたいになってきたのは、小学生になって
からだったかなぁ・・・。

このあたりの記憶は曖昧で、突っ込みどころ満載だと思いますが
本当に覚えていないだけですので、あしからず!



少なくともここ2,3年は、プチーとサリーの言語は統一されてきて
どちらかが英語を話す時は二人とも英語、どちらかが日本語の時は
二人とも日本語、という風に統一されてきたみたいに思います。

学校の話は当然のように日本語ですし、読んでいる洋書の話は当然のように
英語だったり、話すテーマの分野が分かれてきたように思います。





ところが最近、某国で外国の雰囲気を堪能したプチーは、一丁前に
サリーと英語で会話することを恥ずかしがるようになりました。

その気持ち、わかります。

わたくしたち、二人とも日本人。
日本語の方が達者です。日本語の方が手っ取り早いのに、なにゆえ
英語で話すのでしょう・・・?



答えはただ一つ♪



英語を上手に話せるようになりたいからです。
英語を話す練習をしたいのです♪

ですから、プチーに言いました。

学校で充分練習できる、とわかればもう、家ではわざわざ話す必要
なくなるはず。

どうだろう、新しい学校?

授業についていくだけであれば、最低限しか口を開く必要はないけど
積極的に学校で英語を話すだけの覚悟はできてる?
[最低限]じゃなくて[最大限]この機会を活用してやる、という
心意気はある?

家では、日本語と日本語での学科学習が待ってるよ☆
実は家で、英語を話してる場合じゃなくなるから逆にちょうどいい。
家ではきちんと日本語を話していかないとね。



・・・と言うわけで、英語での話しかけもいよいよ、近々、終了する予定です。





楽しかったなぁ。プチーとの英会話。


小さい頃は、「サンキュー」「ユアウェルカム」とか
「アイラブユー」「アイラブユートゥー」とか
呼応表現を教えて、二人で英会話ごっこをするのが究極の喜びだったように思います。

小さい子の話す英語って本当にかわいいんだも~ん♪

段々大きくなってきて、語順が完全に崩れた時もあったなぁ。
単語は英語なんだけれど語順は日本語、なんていうがっくりくるような
英語を話す時もありました。

そのうち、サリーが苦手な(どうもうまく聞き取れない・・・)
ブリティッシュアクセントもどきで話し始めた時もあったりしましたが
今はまた、アメリカンもどきに落ち着いています。

サリー自身、ぺらぺらからは程遠い英語力ですので、どもりつつ
必死でしゃべりかけてきました。サリーにとってもいい練習でした。



子供が大きくなると、こうして、転機をいくつも迎えるんだなぁ。
今回の転機は、英語の語りかけも終わっちゃう転機☆




楽しい思い出をありがとう♪







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2010.01.23 11:33 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(10) |

コメント一覧

海外に出るってことは(英語力が生活の条件になる場合)、
英語はエクストラな遊びじゃなくなって、生活に完全に組み込まれちゃう。
だから家族間での英会話って発想が、必然的に消えるんだと思います。
なんだか楽しくなさそうに聞こえますけど、遊びじゃないからこそ、
確固とした力が付くというのも事実なんですよね。

サリーさんの日記を読んでいたら、ついついポアロの
The mysterious affairs at stylesを、eBookで購入しちゃいました。
2ドルしなくてお安かったです♪数章読みましたが、質は流石にいいです。
文体は難解じゃないですけど、超クラッシックな単語がそこそこ出てきて、
小4には苦しいかも。あと、内容的に夫婦問題とかが絡みますからね。

原書の場合、年齢相応の児童文学でも、昔風の言い回しで引っかかりったり
しますもんね。ただ19~20世紀前半の児童文学には良いものが揃ってますよ。
読ませる本。読んだ後もずっと心に残る本が。

ファンタジーはお好きじゃないんですか?ドイツ作家ですが、
エンデなんかも良いですよ。ドイツ語の英訳は不自然にならないので、
英語で読んで大丈夫だと思います。

2010.01.23 13:28 URL | ふ~ #CvGW3GPU [ 編集 ]

『お目こぼし』ってどういう意味?
なんて、つい先日、娘に聞かれちゃいました!
絶対知っててよさそうな言葉を知らなかったりして
慌てる事がままあります。
家庭での日本語の会話、大事にしてあげてくださいね。
って、私が言わなくても、いちゃいちゃ親子でしたね♪

私は息子がネイティブとの会話に全く動じず、
同じスピードで話してるのを聞いて
『はぁ~、ホントに抜かれちゃった』って思いました。
私が全神経を傾けてなきゃ聞き取れない英語を
彼はフンフン頷きながら、口元に笑みまで浮かべちゃって聞いてる。
さらに、私の表情伺って
『(意味)分かってる?(聞き取りは)大丈夫?』みたいな顔までしちゃいます。
まるで、よぼよぼ老母の扱いです。(爆)
サリーさんも、明日は我が身ですよ!!
あっちゅう間にプチーちゃんにいたわられちゃうから~~~

2010.01.23 18:35 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

ふ~さんのおっしゃるとおり、今までは英語が
「おまけ」であり「お遊び」であり、なんやかんや言って
とっても楽しかった♪

これからも楽しんだろうけれど、どうなるのか方向性が見えず
なんとなく落ちつかない気分です。



本は、「とりあえずなんとか最後まで読んだ」のレベルから
「読み込める」レベルまで、結局ひとことで「読む」と言っても
色々なんですよね~。

プチーは「ただ読んでる」だけです・・・。
深いところがわかろうと思うと、言葉の能力だけではなく
その背景や裏に隠されるところまで想像できないと
いけないんですね~。

そういうところまで到達できたらいいなぁ、と思います。



エンデ、という作家は以前ドイツ語講座をみていた時に
紹介されていました!面白いんですってね~!

でもプチー、実はファンタジーはどうも苦手です。
多分、想像力をうまく働かせることができないんじゃないかしら。
あまり楽しめないようなんです。

昔は好きだったように思うんだけどなぁ・・・。



いつも色々教えていただいてありがとうございます♪



2010.01.24 06:18 URL | ふ~さんへ #- [ 編集 ]

お目こぼし、なんて、プチーだって絶対知りませんよ~!!
サリーだって、意味はわかるけど、日常会話に取り込めるほど
身近な言葉じゃありません。

ルーシーさん、言葉のレベルが高いもの!
小学生がそれについていけちゃったら、すごすぎます☆

サリーは逆にレベルが低いので、低いなりにもプチーのために
気をつけて話しかけてやらないといけませんね。



サリーも、英語は必死で集中しないと聞き取れません。
英語ものをみる時、いつもボリュームを大きくしすぎてしまうため
プチーに「もう少し小さくしていい?」と言われてしまいます・・・。
そんな時、妙に恥ずかしい・・・。



でも、子供がどんどんたくましく成長していくのを見ていると
ついつい、今までを振り返ってしまいます。

大きくなったなぁ。もう手を離れていくのかなぁ。

ブログの記事でも、過去を振り返って書くと、いつも最後は
「プチーありがとう」「楽しかったね、ありがとう」
「いい思い出をありがとう」と、同じようなことばっかり
書いちゃいますわ♪


2010.01.24 06:30 URL | ルーシーさんへ #- [ 編集 ]

大変長い間ご無沙汰しておりました。
久しぶりにブログをのぞいてみたら…。
え!海外??もう海外なのでしょうか?
びっくりですー。
うらやましいな★

昨日、うちの坊主が4回目となる英検準1級受けてきました。
ほんとは8歳最後の記念に?昨年10月に受ける予定でしたがインフルになってしまったので繰越受検です。もう9歳になってしまったよ。

今回は語彙、長文が飛躍的に向上して、英作文なしで63点でした♪
まだわからないけど合格の二文字がだいぶん近づいたように思います。
作文次第ですが、作文は毎回8-10点あるので、よほど合格点が高くなければ引っかかるかも?

たくさんの試行錯誤をして、何とか準1には合格したいと、親子で意地になってました(笑)坊主も今回はいつになく気合いが入っていました。

結果が出たらまた報告します★

サリーさんのこのブログの、坊主が2級、プチーちゃんが準2に合格した頃のコメントを先ほど懐かしく読んでいました。時の経つのは早いなあ。かなり強運での2級合格もうれしかったけど、受検開始から2年かかって苦労して準1に合格できたら何倍もうれしいだろうなあ。と思っています。

2010.01.25 18:51 URL | KEI #- [ 編集 ]

幼い子供との日常英語会話、なつかし~。舌足らずの声でたのしかったな~。
今ではぴかはいたわりの心で私と英語で会話してくれますが、じゅりには勇気をもってでないと話かけることができません。あっというまにおいて行かれてるみたいです。
最近はこんなになったら困るよ~とか言うしかありません。威厳なし

2010.01.26 12:45 URL | pikajuri #- [ 編集 ]

KEIさん、お久しぶりです~。
お元気ですか~。

準1受験お疲れ様でございます!
我が家は、すっかり準1あきらめモードですが
KEIさんのところの坊ちゃんが合格してくれたら
「うちもがんばるぞ~」という気持ちに
なるかもしれません~♪

合格の報告楽しみにしていま~す!!!


時がたつのは、本当に早いですね。
ガンガン受けていた頃が懐かしいわ~。

2010.01.27 08:15 URL | KEIさんへ #UyDABGl6 [ 編集 ]

こんなんになったら困るよ~って・・・。

プチーにも、そのくらいになって欲しいものです!


小さかった頃が懐かしいですよねぇ。
小さい子の英語ってかわいいんですよねぇ。


2010.01.27 08:19 URL | pikajuriさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさーん♪
準1級合格しました。うれしーっす。
4回目でした。今回ダメだったらもうしばらく休もうかと思っていました。
英作文は毎度の8点でしたが(笑)
合計71点(合格点68)で合格でした。

思ってたより長くかかりましたが、とりあえず低学年のうちに合格できたので良しとします。

坊主は、英検はいったん引退してTOEIC800点を目指すようです(笑)

くじけそうになったとき、何度も、プチーちゃんの2級受検&合格記を読ませていただいて、自らを奮い立たせていました。
ありがとうございました。涙です。

2010.02.05 17:22 URL | KEI #- [ 編集 ]

きゃ~~~~!!!!!
おめでとうございます~!!!!!!!

次はトイック800点だなんて相変わらず
目標が高いですね~。

勉強そのものももちろん大変なんだけれど
気持ちを奮い立たせるのも、本当に
大変ですよね。

だからといって、きれいさっぱり諦めるのも
難しく、不合格が続くと、悶々としますよね・・・。

うちは2級が四度目の正直だったように
記憶しています。

どうすりゃいいの・・・みたいな心境でした。

前へも進めず、後ろへもさがれず
つらい足踏みだったなぁ・・・。


うちもいずれは後に続きますよ~!
待っててね~!!!!

本当におめでとうございます!

2010.02.07 17:30 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/738-62c7b1e1

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。