スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

アガサと格闘、読みたいけど進まない・・・

アガサ・クリスティーのMurder on the Orient Expressを読み終え
調子に乗ったプチーは今、The ABC. Murdersを読んでいます。

同じポワロシリーズなのですが、この二冊には、プチーにとって
大きな違いがあります。


オリエント急行殺人事件の方は、日本語の子供版を読んでから
是非原書も読んでみたい、ということで読み始めました。

子供版翻訳本を既に読んでいたため、ストーリーは知っています。
それでいて、子供版には出てこなかった細かい場面が沢山登場し
原書を読むことがとても楽しかった様子です。

子供版はダメだ。やっぱり読むなら原書でしょ。

そう思ったプチーは、「ポワロシリーズ(原書)が全部欲しい」と
いい出しました。


サリーは大人だから、わかります♪
ポワロは手ごわいよ♪フランス語の単語も多いし♪

でも、せっかく他のポワロを読みたいと言っているプチーの気持ちに
答えてあげたくて、サリーが昔買ったABC殺人事件を
渡してやりました。(とりあえず手持ちの本で対処♪)


つまりABC殺人事件の方は、プチーは全く話の展開を知らないまま
読み始めました。



・・・するとやっぱり、難しいらしい。

オリエント急行の方は数日で読み終わりましたが
ABCの方は、いつまでたっても終わりません☆



子供版はダメ。日本語版もイヤ。だって原書はこんなに面白いんだもん。
原書の良さを初めて痛感し、原書で読む醍醐味を味わいたい。
でも、英語力が足りない。


プチー、また苦悩しております☆



だって、アガサ・クリスティーなんて、半端じゃない難しさです。
児童書であれば、「ちょっと難しすぎるなら読み聞かせに使おうか」と
いつもプチーに提案するのですが、こればっかりはサリーにも無理です。

少し読ませてもらったのですが(ほんの半ページ)
読み聞かせできるほど簡単ではありませんでした。

知らない単語がわんさかでてきて、そのお陰で、文章の意味をとりながら
すらすら朗読するなんて事は到底できそうにない難しい本でした。


プチーが読めるような本でもありません。
もっと英語力をあげないと、無理です。

でもお話が面白いから、と辞書をひきながら、なんとか読んでいくプチーです。
一年くらいかかるんちゃう・・・?なんて思うくらいスローペースです☆



プチー、がんばれよ~♪
母はせっせと荷造りよ。
なんとか自力で進んでいってね~。







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


2010.01.17 07:00 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(5) |

コメント一覧

アガサ・クリスティの原書は、4年生にはさぞや難しいでしょうね。話の詳細を理解するのがミステリーの性格上重要なので、単語の正確な把握がいちいち必須でしょうけど、そのためには、御威力+時代背景と英国を中心とした西ヨーロッパの中産階級の生活様式をある程度把握してないと苦しいですもんね。ただ、ポアロのフランス語は、多分すっとばしてもあんまり影響ないと思います。

語彙という観点からだけ言えば、大人向きの本を読みたいなら、辞書機能と連動している電子ブックで読ませるのも一考ですよ。分からない単語をクリックすると、辞書が引ける訳です。私は最近、mobipocketというソフトを携帯に入れて本を読んでますが(スマートフォン携帯である必要があります)、このソフトはwindows系のPCにも入ります。辞書は英英辞典しか手に入りませんが、OxfordのLearnersディクショナリーは購入できます。実は、寧ろ大人のサリーさんの読書にお勧めかも。

電子ブックはアマゾンのKindleが有名ですが、あれは機器を買わないと駄目です。私の感覚的には機器が大きくて、出先に持ち歩くのに適さないので躊躇してます(機能的にはなかなか良いらしいですけど)。ちなみに、iPhone用にはKindle Bookを読むソフトがリリースされてますけど、それには辞書機能は無かったと思うので、英語学習者にとっては、電子書籍の旨味が激減。同様にPC上でKindle Bookを読むソフトがリリースされてますけど、これもiPhone用同様、辞書機能を連動できないみたいです。

転校に当たって、プチーちゃんの専用機としてアマゾンのKindleを買ってあげるのは良い案かもしれないですね。駐在地に行かれた後、本の購入が困難になりそうなら、電子ブックはよいかもです。電子ブックでは、近年の児童書は殆ど手に入りませんが、そろそろ大人の本に目を向け始めたなら良いかもです。空いてるときは、サリーさんが使ってもよいし。

2010.01.17 23:24 URL | ふ~ #CvGW3GPU [ 編集 ]

ちょっと訂正です。英和辞典も既に日本の会社から出てるみたいです→www.east-village.jp/miru-zeal/

2010.01.18 04:21 URL | ふ~ #CvGW3GPU [ 編集 ]

ポワロの本、ちょっと読ませてもらったけれど
すぐギブアップしました!

発音の仕方もよくわからないような単語が沢山出てきて
げんなりしちゃった・・・。

フランス語部分にびびってしまったのですが
内容にはあまり関係ないんですね♪
それすらわかりませんでした~☆


電子ブックって、その場で辞書機能を使えるんですか?!
それは、めちゃめちゃ便利ではありませんか!

しかも確か、読んでくれたりもするんですよね♪

今こそ買い時かもしれません!

一度詳しく調べてみようと思います。
ありがとうございます♪



でも、プチーったら、わざわざ大人向けの本を読まなくても
児童書でも面白いものが沢山あるはずなんだけど・・・。

サリーがちゃんと面白い本を探して
プチーに渡してやれていないから
アガサクリスティーを読むことになっちゃたのかな。

もっとちゃんと探してやらなきゃなぁ。

まだまだ児童書で充分だと思います☆

2010.01.21 06:03 URL | ふ~さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

eBookは、コナン・ドイルあたりだと、著作権切れでただで読めたりして、お得ですね♪

クリスティのポアロ、うちにも文庫本(日本語)で全冊ありますよ。やっぱり小5ぐらいのときに全部欲しがったように記憶しています。きっと、頭の中が、大人に切り替わって行く、そういう年齢なんですね。

もちろん、児童書はいいですよね。私は今でも時々読みます。アーサー・ランサムとか、読んで損は無いです。一冊ごとの適度な厚さから言ったら、ドリトル先生を全巻読破もいいですね~。

2010.01.21 11:58 URL | ふ~ #CvGW3GPU [ 編集 ]

著作権切れって、なんだかお得そうですね~。
英語が古くてちょっと難しかったりするのかしら?
英語力が高ければ、そういうのも活用できるんだろうなぁ。

ポワロシリーズってやっぱり面白いんですね!実は
サリーはまともに読んだことがありません・・・。

ドリトル先生!以前チェックしていてすっかり忘れ去られていた
シリーズです!なんだか楽しそうですよね!

アーサーランサム、という人は初めて聞きました。
でも読んでいて損はないのね!
早く調べなくっちゃ!

ありがとうございました♪♪

2010.01.22 05:44 URL | ふ~さんへ #- [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/737-ab37ea7b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。