スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

読書が減ってきた・・・レベルを落とします

最近どうも、プチーの読書が進んでいません。
原因は多分The Baby-Sitters Club

この本は、プチーが気楽に楽しむには難しすぎたんじゃないかと
思います。なんだかあまり進んでいません。お話もそれほど面白いと
思えないようです。

徐々に読書する時間が減ってきてしまい、日本語の本を読んだり
マジックの練習をしたりする時間が増えてきてしまいました。

日本語の本を読むのは嬉しいのですが、マジックの練習はほどほどに
してほしいから、他の、もう少し簡単な本を薦めてみることにしました♪


以前サリーが読み始め、読みかけで終えてしまっていた
There's A Boy in the Girl's Bathroomを渡してみました。

この本は、所々物悲しいけれど面白くて、励まされる本です。

うまくクラスに馴染めず、担任の先生にも見放されてしまっている
男の子の話です。学校のカウンセラーの女性に、徐々に心を開く
というような方向へ展開するんだと思います。
(サリーはそこまで読んでいませんけれど☆)

真面目な要素も含んでいて、プチーがどう感じるか想像できませんでしたが
結構熱中して読んでいるようでした。
(途中、日本語のナイチンゲールも読んでいましたから
 そこそこ面白いけれど、夢中になるほどでもない、という感じかしら)


プチーの学校では、隣のクラスに、ちょっとやんちゃな男の子がいます。
(やんちゃ、という言葉、なんともしっくり来ませんがうまく説明できません)
その男の子は、頻繁に校長室へ送り込まれたり
プチーの担任の先生が、その子のクラスへお手伝いに行き
プチーのクラスは自習になったりします。

いろんな先生がそのクラスのお手伝いに入り、その子の相手をします。
その横で授業が進んでいきます。そんな状態が三年ほど続いています。


その男の子のことを思い出したようでした。この本の主人公の男の子と
隣のクラスの男の子を重ね合わせて、色々考えているようでした。

まだ読みかけですが、本の主人公の男の子の素行が変わってきたことを
とても喜んでいるようでした。それと同時に「この子、お母さんが良くないね」
なんて、わかったようなことを言ってみたりもしていました。

プチーは決して優等生タイプではありません。
おりこうさんが好きな先生にはとことん嫌われる方です。
誰からも好かれる、というタイプでもなく、どちらかと言うと癖があります。

こんなプチーですから、なおさら、この本を楽しめるのかもしれません。


生まれた時はみんな一緒だもんね。
好んで、人の嫌がることをする人はいないはずだもんね。
どんな場合も必ず事情があるはずだよね。

プチーとあらためていろいろな話もできたので、よかったなぁ、と
思います。


この本を読み終わったら、ちょっと簡単な本を数冊与えてやろうと
思っています。以前読んだ、Bunniculaシリーズを
何冊か揃えてやることにしました。

何ヶ月か前に一冊読み、面白いからもう何冊か欲しい、と
リクエストされていたシリーズです。サリーがサボって
注文しなかったため、それっきりになってしまっていました。


サリーの、プチーのための洋書探し熱が冷めると
プチーの、洋書読書熱も冷めちゃうのかな☆

また張り切って、探して、注文してやらなくっちゃ。











にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.11.24 05:53 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(12) |

コメント一覧

図書館の相互貸し出しは借りたい本をネットで見つけたら
その所蔵図書館にまず電話してみるといいですよ。
公立図書館はほとんどの場合、サイトを持っていて検索も出来ると思います。
制度そのものを知らない職員さんもいるので
「こんな制度があるって聞いたのですが」
って制度があるという前提で問い合わせてみてください。

娘はHSMなどのディズニー小説やダール作品、バレエ学校などの一方で、
おさるのジョージをありったけ借りたいと言い出したり。(笑)
緩急織り交ぜて、遠方の大学図書館の蔵書を近所の分室でお借りしています。

ダール作品のマチルダは難しいのだけど、翻訳本を読んで
「とっても面白かったから、英語でも読みたい!」
と言い出したので借りてみました。
案の定、仔細は分からないのですが、ストーリーが分かってるとズンズン進みます。
レベルの高い本はまず翻訳から与えるっていうのが最近の我が家の読書法かな?
エディがLetters for Emilyで完読した時の成功体験がベースです。

2009.11.24 07:43 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

こんにちは。
最近、英検を受けてみようかと思い、参考までにと皆様の体験記などのブログを探していたところ、サリーさんとプチーさんのブログに行き当たりました。
小学生で2級をお持ちになっているのはほんとにすごいことだと思いました。
私は、先日準2級を受けて参りました。
この年になって受けるものですから、満点を取るつもりで挑んではみましたが・・・・・・そこそこの結果でした。
今度、1級を受けようと意気込んでいます。

それで、勉強法を自分なりに模索してみました。
やはり、音読と読書につきるかなとおもいましたら、何年前かにカナダで入手した本があることを思い出し、もう一度読んでみようかと思いました。

その本は、イギリスのヘンリー8世の御代でその子供のエリザベスの日記を本にしているものです。
ちょうどエリザベスが書いた年齢が11歳なので、興味を持って読めるのではないのかしらと思ってお知らせがてらカキコしてみました。
もしよろしかったら読んでみてください。
題名は、「The royal Diaries ELIZABETH」です。
とても読みやすくて面白いのではないのかと思います。

では、お互い頑張って英検1級合格しましょう!!

2009.11.24 20:21 URL | sapphyrus #5Ox1cJdk [ 編集 ]

図書館にきいたら
「最低1000円以上の送料がかかります」
と言われたんです・・・。
サリーの聞き方が悪かったんでしょうか・・・。

とりあえずもう一度きちんときいてみないと
いけませんね!

HSMまであるなんて!
うちの近所でも借りられるといいなぁ~♪


翻訳ものを読ませるのも一つの手ですよね。
でもプチーはどうも、お話を知ってしまっているものは
あまり楽しめないようで、今のところ
翻訳本を活用できていません。

でもちょっと難しいものなど、うまく翻訳本を使って
おびき寄せられたらいいのになぁ、と思います☆

2009.11.27 16:19 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

英検をうけていらっしゃるんですね!
娘のプチーも頑張ってます♪

でも、2級に合格し、すっかり英検から
遠のいてしまいました。
準1級は本当に難しそうです。

1級なんて、まだまだですがぼちぼち
目指していきたいと思っています。



面白そうな本を紹介してくださり
ありがとうございます。
この本は、シリーズものなんですね!
沢山展開していて、歴史小説のような感じのようですね。

プチーにとっては、かなり今まで読んでいた本とは違います。
新境地です!
面白そうなので是非、何冊か読ませてみたいなぁと
思います。
ありがとうございます♪

2009.11.27 21:17 URL | sapphyrusさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさんお久しぶりです。プチーちゃん英検2級合格おめでとうございます。

となりのクラスのやんちゃ?な男の子きっと小学校の先生方もいろいろと気遣いながら接しているんでしょうね。

米の小学校ではカウンセラーが小学校に常勤していたり、精神的に不安定な子供を一時的に預かるクラスがあったりしました。(州によって違うかもしれませんが、ワシントン州の公立小ではそうでした。)日本の先生はほとんど担任や学年担当の先生がこういうお仕事もされるようで、本当にたいへんだなと思います。

プチーちゃん本を読みながら、身近な人のことを思い出したりしているんですね。私は息子にははっきりいって私の趣味で本を選んでいまししたが、来年小学校に入るので本人の意見もききつつ英語の本も読ませるようにしたいなぁと思っています^^

2009.11.29 16:04 URL | yumibinch #szRLcx2. [ 編集 ]

yumibinchさん、お久しぶりです♪

プチーの隣のクラスのその男の子の面倒を
一番みているのは、多分教頭先生だと思います。

校長先生、教頭先生、そして同じ学年の先生方が
協力して取り組んでいます。


アメリカではそれ専門の先生がいらしたり
カウンセラーの方がいらしたりするんですね。

そうすると担任の先生方の負担は随分減りますね。
プチー達の自習も減りますね☆



サリーも本選びは基本的にサリーの趣味ですよ~♪
反応がいまいちだったり、飛びついてくれたり
色々です。

当たり外れもあるけれど、これもすべて
幅につながる、と信じ、ダラダラ色々
読ませています♪

2009.11.30 05:48 URL | yumibinchさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

はじめまして。みさママと申します。この度、小2(8歳)の息子が英検準2級に合格しました。1次試験、2次試験ともサリーさんのブログやサイトがどんなに役立ったか知れません!ホントーに助かりました・・・というか、こちらのブログに出会えてなかったら「チャレンジさせてみよう」と思わなかったと思います。途中「やっぱムリかも・・・」と何度も思いましたが、こちらの過去ブログを読ましてもらっては「やっぱりもうちょっと頑張ってみよう」と励まされました。キツーイこともたくさん言ってしまったけど(なんせ感覚で解いているので前回できてた問題でも後日やらせたら間違えたりします。その時はどうしても般若のような顔になってしまう・・・)、無事に合格してパパや祖父母に「スゴイやん!!!」「わしに似てカシコイ」などと騒がれている息子を見て(まるで天才児扱い!ちょっとオーバー!?)頑張って良かったと思います。(頑張ったのは本人ですが。。)本当に感謝です。ありがとうございました♪これからも楽しみに拝見します。

2009.11.30 15:44 URL | みさママ #- [ 編集 ]

合格おめでとうございます!!!

サリーのサイトやブログを参考にしてくださって
ありがとうございます。
その上、ばっちり合格したとお聞きするのが
何よりも嬉しいことです。

こういうコメントを読ませていただく瞬間が
最高の喜びです♪本当に嬉しいです!
(合格ももちろん嬉しいんだけれど 
 参考にしてくださった、というところが
 更に嬉しい♪)


プチーも感覚的に問題を解く子なので
点数が不安定だったのをよく覚えています。

点が安定しないプチーを見て
「前、できてたやん!偶然やったん?」
とか
「前もやったやん!いい加減覚えんかい!」
とか
ごろつきレベルの反応を繰り返し
疲れきった時もあったなぁ・・・。
(本人にはここまで言いませんけれど☆)



ちなみにプチーは英語以外の教科でもミスが多かったのですが
四年生になったら、さすがに落ち着きました。

特に算数のミスが減ってきました~♪
年齢的なものもあるみたいです☆



とにかく、本当に本当におめでとうございます!




2009.12.01 06:17 URL | みさママさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

送料で1000円以上
往復ってことですね。
ペーパーバックが2冊買える…かも。

こういうの、
公共サービス格差じゃないかな~

お役に立てない情報でごめんなさいね…

2009.12.01 11:40 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

全国的に統一された制度じゃないのかも
しれません・・・。

詳しく聞いてみたら、「県内なら無料で取り寄せられる」
ということがわかりました。

それで、本を探してみましたら、
ロアルドダールなど、有名どころはありましたが
それ以外の洋書はほとんどありませんでした・・・。



でもあきらめきれず、また他の施設の
また別の人にきいてみよう、と思っていましたが
ルーシーさんがそうおっしゃるのなら
やっぱり、そうなんだろうなぁ。

サービスの差、なんだろうなぁ・・・。


ですが、県内なら大丈夫ですので
一度今度試してみます♪

いつもありがとうございます♪

2009.12.03 05:20 URL | ルーシーさんへ #UyDABGl6 [ 編集 ]

TOEIC BRIDGE 高得点おめでとうございます(^^)/~
ぷちーちゃんはどんどん英語博士になっていっていますね~(^-^)
ほんとに将来が楽しみで羨ましい限りです!!
先日の本、なかなかお子様は進んで読んでみようと思わないようなものかと思ってはみたのですが、中々興味深いものですし勉強にもなるかと思いましたので奨めさせていただきました。
読破後のぷちーちゃんの感想、是非お聞かせ下さい。

2009.12.09 21:44 URL | sapphyrus #b54kB2/g [ 編集 ]

ありがとうございます♪

先日教えていただいた本、ちょうど昨日の
夕方到着したところです♪

ハードカバーで立派な本でした~。

まだ中は全然読んでいないのですが
今読んでいる本が終わったら、ちょっと
プチーにも見せてみるつもりです。

あのシリーズ、設定が面白いから、何冊か購入しました☆

楽しみです~♪

2009.12.10 05:53 URL | sapphyrusさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/728-be05ab63

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。