スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

問題用紙に書き込めないのはツライかも?

来週末にTOEIC Bridgeのテストがあるので
昨日、過去問(予想問題かも?)を通しで解いてみました。

リスニング25分に、リーディング35分。
時間的にはラクラクですし、問題もかなり簡単ですから
満点狙いで挑みましたが、やはり一つ落とし穴がありました。


問題用紙に書き込んではいけない、というのが
プチーにとっては意外と、静かなるプレッシャーとなってしまい
マークミス絡みで、2箇所、計10問近くも落としてしまいました。

100問しかないのに、10問もミスをしてしまってはいけません!


TOEICもTOEIC Bridgeも、問題用紙に一切書き込みできません。
ですから、今まで英検で、一問解き終えるごとに、その番号に
丸をつけていたプチーは、もうその作業をすることができません。

今までの英検でも何度となくマークミスをしてきましたが
英検の場合は、各設問の自分の選んだ番号に丸をつけていますから
さかのぼってやり直す時も、その丸を参考に、ささっと
塗りなおすことができます。

ところがTOEIC Bridgeの場合は、丸をつけていませんから
さかのぼった場合はまた、一から設問を読み、答えを考えてから
塗りなおさないといけません。


そうすると、塗り間違えに気が付いて「しまった!」と思った時の
動揺の加減が、全然違うようです。

一つの設問で二箇所塗ってしまったものがそのまま放置されていたり
やたらと何度も塗りなおしたあとがあったり。



その場で解決してから次へ進まないと、後からはもう
戻って来れない、という緊張感から、塗り間違えた後も数問
落としてしまっています。


リスニングなら、まだ、わかります。
どんどん次々聞こえてくるので、焦るんだと思います。


ですがなぜか、リーディングでも、焦って塗り間違えをしています。
別に焦らなくてもいいのに・・・。

実際、決められた時間の10分ほど前に終わっていたのですから
落ち着いて見直しをすればいいのです。

それもしていない・・・。(なんで・・・?)



久々の英語のテストで、舞い上がっちゃった感じかしら。
一度通しで解いておいてよかった☆





問題用紙に書き込めない、というのは、実は意外と
大きな障害になるということをあらためて知りました。




大人用のTOEICであれば、話は更に深刻です。

リスニングは、半端じゃない速さで流れてきますから
問題が難しくなってくる後半、問題用紙のキーワードなどに
一切下線を引かずに解くのは、大変なことです。

下読みして下線をひくことなしにまともに解いていこうと思ったら
選択肢にほんの数秒で目を通し、選んでいかないと
とても間に合いません。

速読に近い域で読めないと、到底ついていけません。
(サリーがついていけないだけで、英語が堪能な人ならもちろん大丈夫♪)



プチーにもいずれはTOEICを受けさせるつもりでしたが
どうなるかなぁ。




サリーは15年ほど前にTOEICを受けました。
あの時は、リーディングで時間切れとなりました。

最近になってもう一度解いてみましたら(自宅で)
リーディングも、最後まで到達しました♪
読むのが早くなったみたいです~♪

自分の英語の勉強などしていないにもかかわらず
読むのが早くなったのは、プチーのおかげだと思っています。

毎晩毎晩ほぼ欠かさず読み聞かせをしてやっていますし
二人並んで黙読読書を楽しむ時など、プチーに
「ちょっと待って」というのが嫌で、サリーも必死になって
急いで読みます。


毎日の読み聞かせは、サリーにとっては、いい音読練習に
なっているのかもしれません。

プチーに馬鹿にされたくない、という思いが立派な原動力となり
サリーもちょっと頑張れます♪



来週末のTOEIC Bridge、プチーにはもちろん
「もっととれるよ、満点狙っていきましょう!」
と、はっぱをかけています。

待合室がないので、サリーは、近くにある巨大デパートで
お買い物なんぞ楽しみながらプチーを待つことになります♪

TOEIC Bridge初挑戦、楽しみで~す♪







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.10.26 08:50 | TOEIC | トラックバック(0) | コメント(6) |

コメント一覧

初めまして。ケイと申します。

親子英語を続けるにあたり自分の実力を知るために
前回のTOEIC Bridgeを受験しました。
http://ameblo.jp/wke-blog/day-20090607.html

あの問題を小4のお子さんが受験するなんて
すごーい!とただただ感心しています。
リーディングが10分もあまるなんて・・・
プチーちゃんは読む速度が早いんですねぇ
ちなみに私はギリッギリでしたー。


確かに問題用紙に書き込めないのはプレッシャーかも。
「いつでも見直せる」って安心ですものね。
きっと過去問やったことで「落ち着いてマークすれば大丈夫」って
実感できて良かったのではないでしょうか。

来週、プチーちゃんの実力が100%出せますように(^^)
応援しています!

2009.10.26 19:01 URL | ケイ #- [ 編集 ]

はじめまして、ケイさん。
 
ケイさんご自身が受けたんですね!
今現在、アメブロがメンテナンス中で
記事を読ませていただけないのが残念です・・・。


プチーは読むのは早いのですが
取りこぼしも多いのです☆

国語の長文だと、問題が細かいので
この取りこぼしが致命的となります。

もっとゆっくり読みなさいって言うのに
早く読んじゃうのは、せっかちなせいかも
しれません♪(母親譲り)


今週末、がんばってきま~す♪


2009.10.27 04:07 URL | ケイさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

エディは英検の時、語彙あたりは転記をしてたんですが、
長文は全然してませんでした。
読むことに集中してたのと、本人曰く
「転記しなきゃって思いがそもそも集中力を落とす。
一期一会のつもりで指差しチェックしながらマークする方が効率良いって思ったんだ。」
最初から、自己採点に影響が少ない(記憶に残りやすい)長文などの転記は
するつもりがなかったそうです。
一通り終わってマークミスのチェックをするのではなく、
一問々々見直しをするシステムを彼は採用してたみたいです。

今から多くのテクを吹き込むとプチーちゃんの混乱になるだけだと思いますが
「指差し点検してけば大丈夫!」
っと送り出すくらいなら負担にならないかもしれませんね。
プチーちゃんの好きな四字熟語やことわざで
「一期一会のつもりで解く!立つ鳥跡を濁さずよ♪(←書き込みしないでの意味)」
なんて乗せたら、気分が盛り上がってくれないかしら?(笑)

にしても、
転記のクセがついてるのにソレを禁じられると
率直に大きなハンディって気がします。
ウチの娘なんて、
「お腹空いちゃって」と、
ケーキやお団子の絵を描いてたんですよ・・・問題用紙の余白に。

2009.10.27 07:59 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

自分もいずれはTOEIC系統を受けたいなぁなんて思っているんですが、
そんな障害があったんですね・・・
英検と違ってまたそういうところが厳しいですね。
速読能力も必要ですか・・・
大変ですねー。

すごいチャレンジです!
頑張ってください☆

2009.10.27 21:22 URL | れお #0ckxheY. [ 編集 ]

一期一会。テストの解き方の話で出てくるとは
思いませんでした。

後からまた見直せばいいや、という考え自体
たるんでいたな、と反省。

もちろん今すぐプチーに、その一期一会スタイルを
叩き込むことは無理ですが
徐々にそちらのスタイルへ変えていけるよう
持っていきたいと思います。


そもそも「あとから」なんていう発想は
サリーの、何事も後回しにしてしまう癖を
プチーに押し付けてしまっているもので
実際は、後回しにしていいものなど
ないんですものね!

家事だって本当は一期一会♪
気がついたときに片づけてあげましょう♪
これが理想だと思います!!!



問題用紙の余白は、うちも落書きしまくりでした。
あらゆるものが書いてありました。

でもそろそろ、こういうことからも卒業できるように
しなくっちゃね!
何しろもうすぐ五年生なのですから!


いつもいいアドバイスをくださって
ありがとうございます♪

2009.10.29 06:13 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

日頃から線を引く癖があったりすると
TOEICの問題はとてもやりにくいと思います。

サリーなんて、ただの読書でも線を引きたいほうですから
線がないと、目に何も飛び込んでこないような
感じです。


でももう今週末なので、何の対策もできません~。
そのまま、いってきま~す。

2009.10.29 06:15 URL | れおさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/723-edaff284

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。