スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

[A to Z]対[Boxcar]

ボックスカーの合間合間に、他の本を薦めては読ませています。

今回は、憧れのA to Z mysteriesです♪

ミステリー、とタイトル内にも書かれていますから
もっと本格的なミステリーだと思い込んでいました。

アルファベットとミステリーという組み合わせから
なぜか、アガサクリスティーのThe ABC. Murders
思い浮かべてしまっていたわたくし。

あそこまで本格的ではなくても、もうちょっと凝った
シリアスな話なのかなぁ、と想像していましたが
結局は、プチーの言葉を借りると
「ボックスカーと同じくらいおもしろい」のだそうです。

つまり、またまた子供だましなミステリーを
張り切って五冊もまとめて購入してしまいました~。
しかもプチーに、さっさと数時間で全て読まれてしまい
「なんだか全然、元とれてない~」という
不完全燃焼のような心境です!

(元をとろうとすること自体あつかましいのかしら♪)




プチーが楽しめて、しかも英語も上達して、しかも
読解力もついて、しかも幅広い知識も身に付けられて
なんていう夢のような本は、ほとんど無いに等しいんだと
あらためて気がつきました。



いつも「読書は楽しむためのものにしよう」と思うのですが
ついつい「でもついでに国語力が上がったらうれしいし」
とか「語彙も自然に増えたりして」なんて、思っちゃうんだなぁ。


何にしてもつい目先の損得を考えてしまう・・・・・・・・。








国語力と読書の関係について。

塾の国語の先生なんかも、読書の大切さをしきりに
訴えていらっしゃるのですが、ただ本を読むだけの読書で
本当に国語力なんかつくのか?と最近ずっと
考え続けています。

ただ楽しむだけの読書で本当にいいのかしら?
多読と精読の違いをよく研究した方がいいのかしら?


こちらのブログでも、何度かコメントで
「ただ読むだけの読書は、娯楽の域を出ない」と
教えていただいたことがあります。

娯楽としての読書は、プチー一人でもう充分楽しめます。
もう充分本好きになったように思います。

ほおっておけば何時間でも本を読み続けるプチーです。
北杜夫や星新一レベルのものから宮沢賢治や森鴎外まで
なんでも読んじゃいます。

要するに、理解できていなくても苦にならない性格ですので
わかったってわからなくたって、読書を楽しめる[性質(たち)]なのです。
(スペイン語の絵本をずっと眺めていたり
 ポルトガル語のラジオ放送にじっと聞き入ったりもします☆)

ですからつまり、本を読んでも、時間つぶし以上の意味は無く
ほとんど大したものは得ていないのです☆



日本語の本では、漢字にふり仮名がふっていない本もよく読むのですが
プチーは絶対、適当に読んじゃってるはずです。「本当はなんて読むのかな?」
なんてことは全く考えもせず、ひらがなも知らない漢字も
何から何までまとめて、びゅ~~ん、と読んじゃうんだと思います。

だからこそ、楽しいのです♪
読書は娯楽。プチーにとっては、テレビでバライエティー番組を見ているのと
同じことです。楽しいんだから、それでいい♪


だから、「本をこれだけ読んでいるんだから大丈夫」と
この読書スタイルを放置したら、あとから恐ろしいことになるんだと思います。

何かが身についているはず、と期待して
プチーの読書を見守ることだけはしてはいけないな、なんて気がします。




実際、先日読んだ記事(中学受験関連のコラムか何かだったかなぁ)に

「女の子の本好きは要注意」

と、書かれていました。

中学受験する子供の国語対策についての記事だったのですが
本好きな女の子には落とし穴がある、としてありました。

そして

「特に、ファンタジー、アドベンチャーなど、話の展開がはやいもの
 ばかりを読みたがる女の子を放置してはいけない」

と、書いてあったのです・・・。

プチーのことじゃないの!
文学的な作品なんて全然読みたがらないもん!




本を楽しく読めるということは喜ぶべきことですが
その楽しみに、なにかおいしいオマケがついてくる、と
思っちゃってはいけないんだなぁ・・・。
(つくづく反省)




唯一、プチーの読書(洋書)に期待しているものがあります。
それは会話力の育成です♪

プチーの読む本にはとにかく、背景の描写も無ければ
季節感を感じるような表現もありません。

せせらぎに耳を傾けることもなければ
心地よい風に吹かれることもない。


誰かが何かをして、それに対して別の人がこう言った、みたいな
話の流れだけをどんどん読み進んでいくパターンがほとんどです。

台詞がとにかく多いのです♪

ですから、会話には大いに役に立つんじゃないかなぁ、と
期待しています♪

ちょっと気の利いた台詞でも習得してくれたらうれしいなぁ、なんて
結局なにか期待しつつ、プチーの本をひたすら注文し続けるのでした☆


見返りを求めないって難しいなぁ。






夏休みも後半戦。
プチーが早くも「あとちょっとか~」とため息をつき始めました。

残りの半月も精一杯楽しむぞ~♪













にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.08.14 11:09 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(14) |

コメント一覧

サリーさん、こんにちは。はじめまして。
うちは海外在住なので、子供たちの洋書の読書は趣味の範囲なのですが、親としてはこれだけ読んでいるのだから、本の中の表現力や面白い単語なんかを、普段のライティングや会話にいかしてくれるといいなあ、と期待していたのですが、どうもそうはいかないようです。
面談でも、ライティングにもっと修飾語を入れたりなどすると良いのですが、と言われ、「それは両親日本人だと普段の生活の中から習得するヴォキャブラリーに限界があるのでは?」と楽な方に逃げようとしたけれど、「そんなことはありません」ときっぱり。それで本も読んでるし、テレビもあり得ないぐらいっぱい見ているんだけど・・・
うちの子も理解していなくても、知らない単語があっても、気にも留めないでひたすら読み続けるタイプです。そうじゃなきゃ楽しめないですもんね。とはおもいつつ、時々は調べるかきいてくれたらいいのになぁ、って。
ホント、見返りを期待しないのって、難しいですね。

2009.08.15 18:01 URL | hinajiro #- [ 編集 ]

私自身は考えさせられるものって日本語では
文学作品や小説よりも漫画のほうが多かった
タイプなんですね
手塚治虫の「火の鳥」とか萩尾望都の「半神」
西洋史が頭の中でうまく収まってくれてるのも
やはり「ベルばら」や「はいからさん」から始まる歴史まんが
(森川久美という作家が好きなのですがご存知ですか?)のおかげと思います

手塚治虫ものならほとんど英訳されてると
思うので
「火の鳥」「ブラックジャック」
あと、アマゾン調べたら「アドルフに告ぐ」
なんかもありました
(「ブッダ」は某新興宗教がバックになってる出版者から出たものなのであまり薦めたくないです)

レベル的に英語が上達できるぐらいのものか
わかりませんが、作品的にそれなりの語彙が
出てきてて楽しめるんじゃないかと思いますが・・・

あと、2級まで来たらもうVOAいけるでしょう!?
http://www.voanews.com/specialenglish/index.cfm
気に入った記事もきっとあると思うし音声も
あるので役に立つと思いますが・・・

私はこれから今日届いた「バイリンガル版
カードキャプチャーさくら」のチェックに
はいります。この年でそんな漫画読むの
キツイんですが・・・
(まあ、娘がそのまま覚えて使えるような
フレーズがあるかどうかのチェックなのですが)

子供のとき読んだ漫画(さっきの「半神」
なんか)はいまでもセリフをそのまま
覚えてるほど読みました。
でも今「のだめカンタービレ」読んでも
同じことができる気が年齢的にしませんね

とかいってね、"Dreamgirls"の中の
"Steppin' To The Bad Side"なんかは
やたら頭にこびりついて離れなくて
こないだヒュンダイの幹部が裏取引してた
ニュースなんかみながら、つい
"Steppin' to the bad side~♪"
とか歌ってる自分がいるんですが
(年を取ると覚えられるものと覚えたい者が
一致させられません・・・・)

いちばん吸収する時期のプチーちゃんにはぜひ
「いいもの」を読んでもらいたいです

2009.08.15 20:16 URL | のんぷ~/じょあんなT #z1uogJ6Q [ 編集 ]

読書の効果とういのは、他の教科と違って見えにくい上、結果が数年経過してから見えてくるので、イライラしてしまいますよね。

ファンタジーとかアドベンチャー系は読んで確かに面白いのですが、娯楽を含んで読ませていることが多いです。
外国には読書として確立できるほどのマンガがないので、その分、娯楽としての読書がたくさんあります。
プチーちゃんが読んでいるのはそういうタイプの本なのかもしれませんが、娯楽の本には沢山の口語が台詞として出てくるので、英語を母国語にしていない子供には参考になることがたくさんあると思います。

読書は、必ずしも知力をつけるための手段ではないので、時には娯楽も良いのですが、やっぱり親としては、思考の視野を広めたり、感情移入して共感してもらいたかったりしますよね。
でも、第一言語ではないのだから、そこで苦しませてまで英語の知力をつけさせるために、難しい本を読ませたり、単語を覚えさせることより、その年齢にしかない感性を感じさせるような読書というのも良いですよ。
「お腹が痛い」という表現でも、「きりきり痛い」のと「チクチク痛い」「差し込むように痛い」などいろいろあります。
同じ読書でも、言葉の表現が豊かなものを選ぶと文章の表現が豊かになってきますよ。

プチーちゃんは、詩などは読みますか?
もし読んでおられるなら、音読させてみてください。暗唱させる必要はありません。
発音して楽しむことが第一目的です。
英語の詩は、日本の詩と違って韻を踏みますので、響きがとても綺麗ですし、ユーモアのセンスも独特です。
そしてその「綺麗」とか「ユーモア」を感じることは、体験でしか身につきません。
発音して言葉の流れや表現の豊かさなどを感じてこそ、感性は磨かれます。
英語ネイティブの子供は、そうした詩や表現を本当に小さいうちから口ずさんだり読んでいます。
これが小学生高学年になってくると徐々にその差がでてきますよ。ここが帰国子女と英語ネイティブの子供との決定的な開きがでてくるところです。一見、英語力になんの問題がなくても、ここが帰国子女にはどうしても手が届かないのかなと感じました。娘もそこが一番苦労したのですが、忍耐強く読書をさせてきたお陰で、シェークスピアの詩のコンクールに入選してました。その分、日本語がどんどん置いてきぼりにされていますが・・・。
後で何かおすすめの詩をメールしますね。

2009.08.15 21:41 URL | バニラ #- [ 編集 ]

うちもa to zは大好きです(した?)。すべて購入したのですべて読んだ、、、と思い込んでいます。(^^;)

我が家で、私が多読をメリットと感じている時は、私が休日にふと目覚めた時に、子供が自分で本を手にして読んでいるのに気付いたときなどです。

我が家の子供は残念ながらプチーちゃんのように英語の”お勉強”を自ら好んでやる方ではないので、自分からやってくれているだけでももうけもの(?)だと思って本を購入しています。

娯楽にしかなっていないのか??と思うと、そうかもしれないですし、そうでないかもしれません。(^^;)

公文の英語の底上げにはなっているみたいだし、英語の本を楽しんで読んでいる子供を止めさせる気にはなりません。

時々、子供がふとした時に私が知らない単語やフレーズを口にすることがあり、それを聞いたら「●●●の本のシリーズのこういう場面にでてきたフレーズだからこういう意味だと思って使ってみた」みたいなこともあるので、何でもいいから英語をやってくれているだけでもいいか!と見返りをすぐ求めていない私はこれしかやれていないという感じではあります。(^^;)

2009.08.15 22:51 URL | zb #la5PUrQg [ 編集 ]

hinajiroさん、はじめまして。

海外在住の方のお話はとても参考になります。
プチーよりは明らかに[自然に]英語を
習得しているはずですし
先生のアドバイスも、日本の先生とは
一味違うように思います。


お子さん、本も沢山読んでいて
テレビも沢山みてらっしゃるんですね。

サリーから見たら、とってもうらやましい
夢のような環境にすら思えてしまいますが
でも、それだけでは不十分なのかぁ・・・。

どうやら性格にもよるんですね。

わかってなくても平気な性格って
ある意味得ですが
ある意味損ですね~♪


外国に住んでいても、そういう様子なんですね☆
とっても参考になりました。
どうもありがとうございます♪

2009.08.16 06:09 URL | hinajiroさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

のんぷ~さんって本当に沢山の本を読んでいますね。
本に限らず、何もかも極めていて
なんだかスゴイ・・・。

手塚治虫なんて、読んだことありません。
この方のまんがに心動かされた人も多いと聞きますが
なぜだか読む機会がありませんでした。



はいからさんだなんて、なつかしい!
サリーも読んでいましたよ!

でも不思議と何も頭に残っていない・・・。


読み方によるんだなぁ、と今つくづく感じました。
好きだから何度も何度も読んで、夢中になった
というくらいまで読み込めば
何かが残っていくのかもしれないなぁ、なんて
思いました。



VOAなんて無理ですよ~。
プチーは確かに2級に合格しましたが
2級でも何度かに一度は全く社会派長文がでなかったり
語彙が偏っていても、なんとかなる時が
あるんですよ。

プチーは運よくその時受験したから
合格したんだと思います☆

ニュース系はてんでダメです。
もちろん強化はしてやりたいけど・・・。




無理無理、と決め付けず
一度やらしてみようかな・・・・・・・。
せっかくのんぷ~さんがきっかけを
与えて下さったんだし・・・・・。

2009.08.16 06:21 URL | のんぷ~さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

読書が娯楽、というのは、とってもうれしいことです。
他の何をして時間をつぶすより嬉しいです。

でもそれは元々[読書は教育的に考えて、良いものである]と
思い込んでいるからうれしいのであって
読書により、本当にただ時間をつぶすだけであれば
「他の事したら?」みたいな心境になってしまいます。

もちろん読書の時間をサリーの声かけで
やめさせることはありませんけれど。
(用事が無い限り)


このところ、結構本を読んでいるのに
何も進歩が見えてこないと、つい
「これでいいのか?」なんて思っちゃうんです☆

目に見える進歩を求めちゃってはいけませんね♪
読書ってそんなもんじゃありませんね♪




表現豊かな本・・・。
少しずつでいいから、はさんでいきたいと思います。




プチーは、小さい子向けのリズムの良い詩は
大好きです。
自分でも書いたりします。

リズムとライミングだけを重視したような
詩は好きなんです♪

ただ、比喩など使われると
途端にわからなくなります・・・。

サリーにもわかりません。

白いものがちらちら舞って
なんて言われても、それが雪だということが
わからないんです。


情けない話です。
小学生向けの詩ならこのくらいの表現は出てきますが
解説を読みながらなんとか理解できるような
状態です。

単語がわからないんだなぁ・・・。
想像力もうまく働かない・・・。


でもここを強化していくことで
プチーの英語が何か変わっていくのかもしれないんですね。



詩の大切さをあらためて知りました。
日本語でも同じですね、きっと。
プチーは短歌などが苦手です。
もっと読ませてあげないといけませんね。


いつも的確なアドバイスをありがとうございます!



2009.08.16 06:41 URL | バニラさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

残暑お見舞いです~。
一応、中学受験経験しています。
受験まじかになれば、読書のための時間が物理的にとれなくなるので、問題はそれ以前ということですよね。

「受験」という点からいうと、、。
難関校なら 塾での特別国語講座をとれば十分。
そこそこ校なら、塾の普通の国語授業で十分です。

読書は読書で映画やアニメのように純粋に楽しむ方向で良いのでは??

もう読んでしまったかもしれませんが、
「Charlotte's Web」  E. B. White

「Rascal」 Sterling North

「The Trumpet of the Swan」E. B. White

なんかは、どうでしょうか。
地味めですが 名作なのでなかなか良いと思います。字数も多いので、しっかり読んだ感が持ててお得です~。








2009.08.16 15:40 URL | Yuri #Sts9A5QI [ 編集 ]

zbさんのところは、プチーとは比べ物にならないくらい
沢山よ読んでらっしゃるでしょう?
そこが大きな違いだと思います。

プチーは、暇さえあれば本を読んでいますが
暇があまり無いので、結局それほどの読書量では
ありません。

だから中途半端なんだと思います。


見返りを求めず子供を見守ることができるなんて
理想的だと思います。
すばらしいことです。

ついつい
「こんな本ばっかり読んで役に立ってんだか」と
損得勘定丸出しで考えてしまう自分が
恥ずかしいです☆


でも、せっかく読書を楽しむプチーに
「もっと難しい本でも読みなさい」
なんてことも言えず、結局そのまま
娯楽読書を放置しつつ、納得いかないけど
まぁいいか、なんて妥協してみたり・・・。


どっしり構えているzbさんをサリーも
見習わないといけませんね♪

2009.08.18 15:37 URL | zbさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

正統派のいい本を紹介して下さって
ありがとうございます♪

実は、シャーロッツウエブとラスカルは
持ってます!

シャーロットは読み聞かせで読んでやりました。
ラスカルは、なんと読み聞かせすら挫折・・・。

難しすぎました。

どちらも、名作中の名作ですよね!

あ~あ、あんな本をプチーが自ら読んでくれたら
どんなに嬉しいでしょう!


表現豊かな描写で季節の移り変わりを
感じ取るような名作は、プチーが最も苦手とする
小説です・・・・・・。

話の流れがないから、退屈するか読み飛ばすか
どちらかだろうなぁ・・・・。


実はこの夏、シャーロットを読むように
一度勧めてみたのですが、どうも
イマイチな反応でした☆

このくらいのレベルの本を目標に
プチーの読書の質を上げていけるよう
工夫してみようと思います♪

ありがとうございました♪





受験に関するアドバイスも
とっても参考になりました~。

プチーはそこそこ校しか受けませんので
塾の国語で大丈夫ですね~。
(塾へは行っていないから、そこがもんだいですが!)


なんだかちょっとほっとしました~。

2009.08.18 15:44 URL | Yuriさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさん、こんばんは~。

わ~、あまり好きなジャンルではなかったのですね、すみませんっ。
クラッシックものだと逆に新鮮かなぁとか思ってしまいました。

だめ押しになりますが、
winnie-the-Pooh (Pooh Original Edition) A.A.Miline
(↑ディズニーのハデ派手プーさんではないです。)
だと、正統派ではありながら独特のユーモアがちりばめてあって、単調な昔の話よりかは 良いかなと思いますが、これももうお持ちかもしれないですね、、。

読書の話は、あくまで”受験”としての話と考えて下さいね。
決して、正当な読書を否定しているのではないです。
受験期間、塾以外での読書なしで志望校合格しているお友達を何人も知っているので、もし勉強と読書でまよったら、、という感じです。
塾でも読書は、しなくていいと言われてました。テレビ、ゲームは、もちろん、おふろさえ2日に1回とか、、。ほんとにすごい世界にいたなぁと思います。
すんごくどん引かれていらっしゃると思うので、これ以上は、書けないですけど、、。

塾に行かなくても、今は、ネットで情報もたくさんあるし、ほんと受験といってもそれぞれの道があっていいですよね。英語と一緒ですね。

えらそうにいろいろ書いてしまってすみませんでした。



2009.08.18 19:18 URL | Yuri #Sts9A5QI [ 編集 ]

正統派文学作品は、サリーにとっては憧れですが
プチーにとってはまだまだ高嶺の花ですわ・・・。


プーさんは、もっていません。
なんだか難しそう、と勝手に思っていますが
有名な話でもあるし、馴染みがあるから
いけるかもしれません!

プチーの英語力でなんとかなるかなぁ。
アマゾンで探してみます♪
ありがとうございます♪



塾で、読書しなくていいって、言われたんですか?!
正直ベースな、ぶっちゃた感じの塾ですね♪

うちの近所の塾はみんな「読書、読書」と言います。
待合には本がずらりと並ぶところが多いし
面談なんかでも、読書するように言われたり。

読書の大切さは認識しているつもりですが
塾に、そんな正統派アドバイスをされても
違和感があったりもします。

塾にきれいごとは似合わないから
もっと姑息な手を教えてくれたほうが逆に
「なるほど~」なんて納得できたりするかもしれません☆



お風呂を二日に一回♪
おもしろそうですね~。
そんな話、もっとお聞きしたいです~♪

塾は、子供を受からしてこそなんだから
そのくらいがむしゃらにガンガンいってくれる方が
好感持てるくらいです♪



Yuriさんのおっしゃるとおり
英語も受験もそれぞれの進め方があると思います。

ただ、何も知らずに自分勝手にやるのではなく
いろんな選択肢を知った上で、自分に合う方法を
見つけたいから、情報は多いほどいいと思います。

子供の英語指導は自分の仕事で体験していますし
中学受験は自分自身もしていますし
両方ある程度のビジョンみたいなものは
浮かんでいますが、細かいところは全く
見えてきていません。

こんな風に具体的にアドバイスいただくのは
とってもありがたいことです。
ありがとうございます。

これからもよろしくおねがいします!

2009.08.19 02:25 URL | Yuriさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

うちは最近あまり読んでいなかったりします。
読むときと読まない時でムラがあるようです。

見返りを期待していないというのは英語について現時点では特に目標も立てておらずダラダラしている、ということも言えるかもしれません。

サリーさんのところは本を読む暇がないこともあるということでした。うちは、、、夏休みは時間があるときにはあるので、「本でも読むか」ということで、一日が充実していないということもあるかもしれません。

お勉強も必要だし、息抜きも必要だし、バランスが難しいですね。

2009.08.19 12:48 URL | zb #WzzJX4NY [ 編集 ]

我が家も、「今日は読書デー♪」なんてことが
ありますよ~。

滅多にありませんが
(あいているとつい、予定を入れてしまう・・・)
たまにそういう日を設けると、一日中読書三昧です。

のんびりできていいですよね~♪


普段は、あれこれやりたいことが多すぎて
結局読書には集中できていませんが
うちでもバランスを大切に色々やっていけたら
いいなぁ、と思っています。

2009.08.20 12:49 URL | zbさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/702-948b7fc6

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。