スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

同音異義語の説明

本を読む時間が増え、しかもプチーが自力で読むように
なってくると、今までのように
知らない単語も読み流す、ということも難しいらしく
いちいち意味を確認する事が増えました。

"It means ゆれる, right?"

なんて変な日本語交じりの質問をしてくる時もあれば

"Pet means dog and cat?"

なんて、なんとか英語で質問してくれる時もあります。
(とにかくブロークンイングリッシュであります・・・)


特に同音異義語の場合は、サリーの説明もかなり
複雑になってしまって、わかっているのやら
いないのやら・・・。

スペルが違うのでスペルの違いを指摘したり
でてくる度に何度も説明しています。

ちなみに最近出てきた同音異義語は

  [PET](なでる)と[PET](ペット)
  [THROUGH]と[THREW]
  [MOMMY]と[MUMMY]

です。厳密には発音は少し違ったりするのかもしれません。
実は細かい発音には自信がありません。ですが少なくとも
サリーが発音すると同じに聞こえてしまいます。

しかも[PET]はスペルまで同じです。
(ですから同音異義語とは言えないかもしれませんが)
文の前後関係でわかりそうなものですが、動物をなでる
シーンででてくるため、プチーは勝手に、
その動物を飼うことにしたんだろう、と想像したそうです。

ふ~ん・・・。

これからどんどん、プチーが実際のところどの程度
英語の意味を理解していたのかが明らかになりそうです。

期待と不安が入り混じった感じです・・・。



こちらをクリックしてランキングの応援をしていただけると
うれしいです。




2005.03.24 12:23 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/70-dbf92af6

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。