スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

電気の旅

マジックスクールバスシリーズの「電気の旅」を購入して以来
ますます電気に興味を持っているサリーの娘です。
(絵本については<絵本[シリーズ展開]>のページで
ご紹介していますのでよかったらのぞいてみてください)

ですが電気はとても危険なものであるということも同時に
教えておかないと、万が一危ない遊びをしては大変です。

とにかく電源の差込口(・・・日本語で、なんて呼んだら
いいんだったっけ・・・。英語で言う「outlet」のことです)に
なにも差し込んではいけない、ということを言って聞かせました。

そしておもちゃ代わりに渡してある、要らなくなったラジカセの
電気コードに、電気が通るかどうか試してみよう、なんて考えたり
しないように言って聞かせました。

細かいことを説明してもわからないだろうと思って、とにかく
どんな「穴」にもコードを突っ込んだりしないこと!と厳重注意
しておいたんです。

それ以来、時々、電気コードを持ち出しては

「こう言うところに差し込んだらだめなんでしょ~」

と、いろんな穴に差し込む振りをしながら確認するので
とにかく、どんな穴も「ダメ」と言っておきました。

すると真面目な顔で

「ココも?」

と自分の鼻の穴の下に電気コードを持っていきました。

・・・・「No」と言っておきました。

サリーがした、感電の話、いまいち理解できていないのかな。

だいたい、大切な話も全て英語でしてしまうのも
限界でしょうか・・・。

英語の話し掛けをきっぱりやめる時って一体どんな時だろう。
来年かな、再来年かな。いつ来るのかな~。

2004.12.24 10:42 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/7-3c1f4360

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。