スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英検2級のお値打ち

もうすぐ、やっとのこと英検2級に合格できるかも、と
合否発表の前から、ほわほわ舞い上がり
地に足のついていない状態でおりました。


まだ受かってもいないのに、なんだかもう
半分ほっとしてたり。

まだ受かってもいないのに、しみじみ今までを
振り返ってみたり。

あぁ、ここまできたかぁ。プチーもよくがんばったなぁ、と
なんとなく気持ちが緩んでいました。


2級、2級、と思ってここまでやってきたから
2級にあともう少しで手が届くと思うと、ほっとせずには
いられません。

なんだかもう、これでゴールにでもたどり着いたような
心境ですらあったかもしれません。




ところが!
絶妙のタイミングで、サリーの気持ちを引き締めざる得ない
情報を入手してしまいました♪



私立中学の中には、英語の授業がレベル別に分かれている学校が
あります。英語に力を入れていたりする場合、そんな風に
クラス分けするようです。

漠然と、「2級レベルなら、当然、よくできる方だろう♪」と
思っていました。

だって、2級は難しいもん!
小学生で2級ってすごいんだ、と信じていました。



ですが話をよくきいてみると、帰国子女で2級を持って入学なさった
お嬢さんでも、三つあるうちの真ん中のクラスだと
おっしゃいます・・・。

帰国子女だし、2級だし、プチーなんかより、ずっと英語が上手な
そのお嬢さんで、真ん中のクラス・・・?



一番上のクラスは準1級以上の子達のクラスなんだそうです。


準1級以上クラスと、準1級未満クラスと、3級以下クラスに
分かれているそうです。


ちょっと待って~。

準1級以上と、準1級未満って・・・。

そんなところで切り離さないで~。



やっと2級に手が届こうかという今になって
「準2級と2級は同じレベルで」と、ひとくくりにされて
愕然としました。


準2級と2級を一緒にしてくれるな~。

全然違うじゃないのよ~。





・・・・と思ってから、ふと準1級を持っている人の気持ちを考えてみました。


準1級を持っている人からしたら、間違いなく
「2級なんかと一緒にするな」という心境だろうなぁ・・・・。

2級と準2級の差より、準1級と2級の差の方がはるかに大きいんだもの。






現実を思い知らされました。

甘かったぁ・・・。


結構英語にも力を入れているような気でいましたが
本気で英語に取り組むなら、もっとやらなきゃダメだったんだ。

中途半端だなぁ。


もちろん、今は、中途半端なままいくしかありません。

他の教科のお勉強だってしないといけませんし
バイオリンだってまだまだ練習が足りていません。



英語はこれからも中途半端にしかやっていけないんだろうけれど
それでも、気持ちが緩みっぱなしでダラダラやるのと
「もっとやらなきゃ」と自分を追い込みながらやるのでは
全然違います。

気を引き締めて英語を続けていこう。

中途半端なりの全力でやっていこう、と気持ちを新たにしました。





2級に落ち続けていた頃は
「2級に容易く合格してしまってはもう、英語を勉強する気を
 失ってしまうかもしれないから、なかなか合格させてもらえないんだ」
なんて、思っていました。

英語の守護神みたいなのがいて、サリーを見張ってくれているんだと
思っていました。

目を離すとさぼるだろう。常に課題を与え続けていないと。
と、その守護神が常に目を光らせてくれているように思っていました。

英語を続けさせるための[英検不合格]なんだ、と。




そして最近、やっと2級に合格できそう、というところまできて

「これからどうしよう?もう、中学受験勉強に専念することになるのか?」

と、これからの方向性が全く見えずにいました。


今回2級に合格してしまったら、もう、英語への気持ちが
持続できないんじゃないか。

だって目先の目標がなくなってしまったんだもの。




もちろん、英語が英検のためだと考えたことはありませんが
手の届きそうで届かないところにある、身近な目標は
コツコツ続けていく上で、我が家には必要です。

それを拾いたくて手を伸ばすからこそ、少しずつ前進できるのです。


英検2級の存在は大きかった。
よくぞここまで落ち続けてくれました。
だからこそ、今までやってこれたんだもの。






さて、なんだか目標を失い、来れるところまではもう
来ちゃったなぁ、というような一種の[やり遂げた感]に
浸りそうになっていたころ、なんとも心憎いタイミングで
「いえ、まだまだですけど」と、水を差されてしまいました。

準1級に合格してこそ初めて、[ここまで来れた]と
思わないといけなかったんだ☆


そして準1級に合格した頃には、「なぁんだ、こんなところ
まだまだ道半ばじゃないの。中途半端だわ。」
と思っていることが理想なんだなぁ、と思えてきました。

そうやって、どんどん前へ進んでいけたらいいなぁ、と
感じました。




ところで、こちらのブログで英検の話題を書いた時
何人かの方々に「2級じゃ役に立ちませんよ」と
教えていただいていました。

最低準1級ないと、評価なんかされない、と
複数の方々に教えていただいていました。

ですが、「2級だって充分難しいし小学生には充分だ」と
独りよがりしていた部分があります。

確かに準1級もあった方がいいけれど
2級でも大丈夫かも、という気持ちを拭い去れずにいました。

どこかで、2級で終わりにしたい、という気持ちがあったのかも
しれません。

ですが、今回はっきりしました。2級じゃ不十分だったんだ。



たいした苦労もしていないのに、特別扱いしてもらおうなんて
虫がよすぎました。




さ~ぁ、これからもガンガン英語を続けるぞ~。
(とりあえず合否がでるまでは休憩で~す♪)


合否は7月22日頃にわかる予定です♪









にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

クリックして下さって本当にありがとうございます。
この勢いにあやかって、どうか英検に合格していますように~♪





2009.07.15 05:52 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(12) |

コメント一覧

ウチの息子の学校はもっとシビアです。
『2級?そんなの中学から始めた子でも3年生になれば必然的に取れるでしょ・・・
準1?なんとも中途半端な・・・中学生では確かに立派だけど、
重要なのは大人になった時の実践力でしょ?』
って感じです。先生も生徒も・・・^^;
つまり、英語なんて、たくさんある教科の一つに過ぎず、
英検なんて、たくさんある特技のたった一つでしょ。
ってしらけた雰囲気がムンムンの学校です。
それでも!!
特技や資格欄に書くことがないよりあった方がいい!
って思ってしまうのが親心です。たとえ準2級でも2級でも準1級でも。

大したアドバンテージにならないっていう現実を受け入れた上で、
【努力した経験】をひそかに心の糧にしてればいいやと思ってます。
だって、頑張ったんだもん、ウチの子。
この頑張りは、英語に直結せずとも、
もっと他の場面で【粘り強い執念】として日の目を見るときがあると思ってます。

2009.07.15 11:38 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

公立のぬるま湯の世界にいると
「きびしい世界ってあるもんだな」
と思います

まあ、でも中受に専念したほうがよさそうな
感じで受け止めています。

中学で最初真ん中のクラスでもそこから準1
レベルを短期間で身に付けようとか
そのほうがいいような・・・

学校によりますけど中受って新聞で時事とか
わかってないといけないところとかも
あるんでしょう?他もいろいろ勉強するし
そのときに吸収した知識が準1への近道に
なりそうな気がします

でも逆に準1教材のテキストが時事他問題を
より深く考察できる助けになることも
あるかと思うので負担にならない程度に
触れているのもいいかもしれません。

うちの子どうしようかな・・・
高受は公立なので、英語早く進んでも中学
レベルをテーマを変えて留まっておくことを
考えてたのですが進めるなら進んだほうが
いいのかしら・・・
(変に準拠してない単語を試験で書くんじゃ
ないかとの懸念があって止まるほうがいいの
かなぁと思ってますが)

レベルの高い世界ってあるんですね
参考になります

2009.07.15 13:18 URL | のんぷ~/じょあんなT #z1uogJ6Q [ 編集 ]

クラス分けって子供のレベルを図るためと言うよりその子が必要なことしてあげれるように配慮したものじゃないのかしら。普通小学校では英語は習ってないのだし、3級以下のクラスにいたって英語が好きになって中2や中3で一番上のクラスにはいることも十分できるように思います。逆もあると思いますよ。

すごくないのかもしれないけど、がんばって2級まで来たこと立派だと思います。
見習いたいです。
そして、プチーちゃんは、4年生だし、あと2-3年で準1をとることも十分できると思います。
そして目標にしていくこともいいと思います。
でも、受験とのバランスで言うと、5年までに取れてなかったら、ムリすることもないかも。中受の6年の子たちの勉強量を見てると、英検を挟めるのかなぁというぐらいすごいですよ。(受けるとこによるけど)
英検はいつでも取れるけど受験は1回だから。後悔しないようにしなくては、、。
中学決めてすぐに猛勉強、
中1の夏にびしっと決めても十分すごいと思いますよ。

2級の結果早くでるといいですね。次が見えてくるはずです。

2009.07.15 13:42 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

シビアすぎる~。
でもかっこよすぎる~♪

ルーシーさんは、レベルの高い環境にいるから
かなりきちんと現実をとらえていて
その上で判断なさっているけれど
サリーは、英語になんてご縁の無い方々の中で
生活しているので、正直言って
「そういう世界もあるのかぁ~」
という感じです☆


別世界のようにも思うけれど
エディ君の学校の先生方やお友達の考えには
いちいち、「納得!」です。

本当に、その通りなんですよね!


特技特技って言っても、オリンピックレベルならともかく
全国に何十人もいるレベルでは
しらけちゃっても当然ですよね。

でも、だからと言って、小学生のうちから
オリンピックのタイムを狙って
ただひたすら、その世界記録を見据えて
突き進むのはあまりにも大変なことだから
自分なりの[小ゴール]を決めて
地道にいけば、それでいいんだ、なんて
思います。



小学生で準1級は確かに沢山いらっしゃるけど
やっぱりエディ君のがんばりは
すごいものがあると思います。

真似できない・・・、と言ってしまいそうだけど
是非真似したいって思います!

2009.07.16 09:05 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

準1級は時事がらみ、というところが
なんとも気になるところです。

でも合格なさった方々は、意外と
「そんな難しい知識なんて無くて大丈夫」
と、おっしゃったりするんですよね☆

英語の実力があれば、まだまだカバーできる
レベルなのかな、と勝手に想像したりしています。



のんぷ~さんのおっしゃるとおり
中1に入ってから、努力すれば
レベルの入れ替えはあるそうです。

・・・というより、その中学へ行くかどうかも
わからないのに、今からそんなことを
考えるのも変なんですが
つまり、プチーレベルの英語力で
「うちの子すごいんです!」と言ってしまっては
いけないんだ、ということは、わかりました☆


少なくともサリーにとっては「すごい!」けど
みんなの前で自慢するほどすごいわけじゃない
ということはわかりました♪






英語も他教科も、楽器も体操も、全て
微妙に関係していると思います。

全て満遍なくすることで、全てを底上げできると
なんとなく今でもそんな夢のようなことを信じていて
バイオリンが上手になったら英語まで上手になっちゃった、みたいな
(さすがにここまで単純じゃないだろうけれど)
そういう相乗効果のある取り組みを
していければいいなぁ、と思っています。




高校受験って確か中学校での成績とか
内申とか、そういうものが絡んでくるんですよね。

入試の成績だけではないんですよね?

そうしたら、学校のテストでの点数も
気になりますね。

学校の先生は融通がきかないから
学校ででてきた以外の単語を使っちゃったら
×になったりするのかしら。

だとしたら、なんだか恐ろしいですね!



2009.07.16 09:15 URL | のんぷ~さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

受験は一回きりだから、とは
なんと重たいお言葉でしょう!!!

さすが受験を経験済みのお母さん。
めちゃめちゃ説得力があります!


サリーの変なこだわりで
「後ちょっとなんだから準1もなんとか
 とっておこう」
なんて具合に、ずるずる英検への未練を
断ち切れずにひっぱることだけは
やめてやろう、とつくづく思いました。


2級だって、あとちょっと、と思ってから
全然ちょっとじゃなかったもん!

取り返しのつかないことになってしまっては
大変ですね。




ばーぶーさんのおっしゃるとおり
中学を決めてから、というのも
かなり現実的な路線ですね。

気がぬけちゃってるかもしれないし
他の事でもっと忙しくなっているかもしれないけれど
そんな細かいことは、今からあれこれ言っても
仕方ありませんね♪


とにかく、引き際を大切にしないと。
ずるずるいかないように、気をつけます!

2009.07.16 09:23 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

この勢いに乗っていけば、準1無理だとは思いませんよ。プチーちゃん根性ありそうだもの。

とりあえずこの冬~次の夏あたりに設定して
ガンガンいくってのもいいかも。2級は満点かもって言ってたぐらいだから秋もありかな?


いい先輩たちもいるしいっぱい聞けば方法はあるのかも。やりがいありそうじゃないですか、、。うちはそういうレベルじゃないので全く未知の世界だけど、、。サリーさんの奮闘記を読みたいな。

過去問をどこまで解けるかやってみたらどうだろう。結構いけたりして。ダメならダメでいいじゃない?

一息つかずに、前を見る方が今のプチーちゃんにはいいのかも。
がんばって。
うちもなんとかがんばる。

2009.07.16 20:22 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいています。

ところで、中1からの英語レベル別授業ですが、かなりレアなケースだと思いますよ(御三家等トップ校も含めて)。

中1の段階で英検準1レベル以上の子だけで1クラス作るには、帰国枠で2クラス以上くらいの生徒を確保し、かつ人気校・難関校じゃないと難しいと思います(「帰国子女」と言っても、英語力にはかなりばらつきがあるので)。
本当にこんなクラス分けが可能なのか良く分かりませんが、できるとすれば渋幕とか渋渋あたりでしょうか。

いずれにしても、中受上位校が中1の段階でそんな感じというのは、ちょっと???です。ほとんどの子は、小学生のうちに本格的に英語に取り組んでいないですし。
中学入学時に英検2級相当の力があれば、英語力はトップクラスでスタートできると思いますよ。(但し、特に難関校であれば、みんなどんどん追いついてくるとは思いますが)

ただ、英検2級レベルは、いつか追いつかれうるレベルなので、努力を続けるべきなのはおっしゃる通りだと思います。
でも、小学生のうちに準1級を取るよりも、大学生で英検1級レベルまで持っていくことの方がはるかに価値があるので(結局重要なのは最終到達点)、細く長くが理想的なんじゃないかなと思います。

初コメントなのに偉そうに失礼しました。
これからもブログ応援しています!

2009.07.16 21:29 URL | もんちっち #- [ 編集 ]

過去問を解いてみるなんて
とんでもありませんよ~。

がっかりするに決まってます!
だって、全然英語力が足りていないもん!


ぼちぼち、でも確実に意識はしていくと
思います。

ただ、一息つかないほうがいい、というのは
確かにその通りです。

一息つくと、気が緩んじゃってダメですね・・・。


でもあまりにも実力不足ですから
まずは、英語に触れる機会を確実にキープしていく
くらいのところからやっていこうと思います♪

2009.07.17 13:15 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

はじめまして、もんちっちさん。

サリーがこの英語のクラスわけの話を聞いた
ご本人が帰国子女であったにもかかわらず
帰国子女が多いからこのクラス編成なのか、と
全くぴんとこなくて、ただただ
「すごいなぁ」と
感心してしまいました☆

でも、よく考えたらもんちっちさんのおっしゃるとおり
帰国子女が多いのかもしれませんね♪

そのあたりは全然知らないんです☆


2級、準1級、というと、今(小学生時代)では大騒ぎですが
中学、高校、と進むうち、ごくごく普通の
資格になっちゃうんですよね。

だから、じゃぁ、1級以外は受ける価値が無いかというと
そんなことは無いけれど、でも結局は
最終的にどのあたりまでいけるのかが
一番の焦点ですね。


プチーはどの程度の英語力を身につけ
どのようにそれを活用し
どんなことをやっていくんだろう・・・。

英語なんて全然縁の無い世界へ
行く可能性だってあるだろうし
将来、どんな風になっているか楽しみです♪


とにかく、細く長く、は鉄則ですね!



コメントありがとうございます♪
また時々遊びにいらしてください~♪



2009.07.17 13:25 URL | もんちっちさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさん

ご無沙汰してます。Eric@横浜です。
本日有休で、ひさしぶりにこのブログにお邪魔しました。プチーちゃん、英検2級1次合格されたのですね!!おめでとうございます!!

うちは帰国してそろそろ1年半、英語は週末の帰国子女英会話以外は、Cartoon Networkを見たり、たまに英語の本を読んだりで、正直帰国直後より英語力は落ちていると思います。。

週に3,4日は、外で友達と日が暮れるまで遊んでます。最近は公文をやめ、大手受験塾に通いだし、算数と国語が伸びてきました。その分英語が停滞するのは致し方ないかなあ、と思っています。ListeningとSpeakingはいまだに光るものがありますが、ReadingとWritingは、意識して練習を続けないと特に維持が難しいですね。。

さて「私立中での英検2級」の話ですが、確かに2級でも真ん中って場合もあるかもしれません。ただ、これはかなり特殊ケースだと思います。渋幕、渋渋、公文国際、慶応湘南藤沢あたりかと思います。

英検2級でも、余裕で合格からぎりぎり合格、さらに「英検は受けたことないけど会話は抜群にできる」などの生徒もいます。公文国際の先生に直接聞いた話では「英検の級だけでは必ずしも判断できない。したがって入学直後の独自テスト結果を優先する。結果として、2級を持っていても、3クラスの真ん中になる場合がある」とのことでした。

ただはっきり言えることは、「英語圏の現地校に通っていないのに、小学校レベルで英検2級を取得している子はきわめて少なく、そのレベルに到達するには長期間の努力が必要。それを達成した子供たちはうんと褒めてあげるべきだ」ということです。

もちろん、語学力のレベルに「ここまで到達できれば十分」ってゴールはありません。そもそも私自身、英検1級は持ってません。反面、自称英検1級やTOEIC900以上の人でも、会話をすると「あれ?」と思う人は多いです。このレベルになると、ペーパーテストだけでは本当の英語力(というよりむしろ、会話の引き出しの多さや、教養の深さ)がはっきり見極められなくなるケースが増えてきます。大事なのはHow to speakよりWhat to speakです。

小学生レベルの英語力の話では、成長の早い・遅いは人それぞれ。準1級にもなると長文読解では高校生レベルの教養が求められます。うちも小5の終わりまでに準1級取れればいいなあ、と漠然と考えてはおりますが、いかんせんまだ精神的に未熟です。なので今は、早寝早起き朝ごはん、朝のトレーニング、友達と外で遊ぶ、家庭学習は国語・算数中心に1日最大2時間集中、といった基本動作の繰り返しです。準1級受かるに越したことはないですが、「英検の級より、まずそれに見合う実力を」ぐらいに、余裕を持とうとときどき自戒しています。

プチーちゃんは中学受験されるのですか?うちは遠い(と思っている)ので、一緒の学校になる可能性は低いでしょうが、英語力に加えて「真の国際人」になれるような、しっかりした教育ポリシーを持った学校に入れるといいですね。

乱文乱筆、失礼しました。ではまた。
Eric

2009.07.21 15:11 URL | Eric #- [ 編集 ]

おひさしぶりでございます!

坊ちゃん、もう帰国してから
一年半も経つんですね。

日本でもすっかり落ち着いて暮らして
らっしゃるんでしょうね♪


Ericさんのおっしゃる通り、英検だけでは
なかなか英語力を正確に測りきれませんね。その上受けてすらいない人も沢山いるんですからね♪

英検でも、ないよりあるほうがマシ、なんて
考える時点で、プチーの英語力に自信がないってことだろうなぁ、と
思います☆


塾へも通いだすと、なおさら時間がなくなってきますね。
うちはつい、先日
「お友達と遊ぶのは、週に二日以内にしよう」と
プチーと決めてしまいました・・・。

こんなこと決めていいのかなぁ、と思いつつ
四年にもなってこれだけ遊んでいたら
あとでつけが回ってきそうでこわくなってきました。

我が家も準1級にむけて、具体的に何をしようか
何も考えていませんが
まずは基本的な毎日の生活をきちんきちんと
していきたいと思います。

2009.07.24 06:09 URL | Ericさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/692-806da79d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。