スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

やっとこさ覚えた?100単語。

もうすぐ、ずっと使い続けていた語彙系ワークブック
100 Vocabulary Words Kids Need to Know by 4th Gradeが、ようやく
終わりそうです。250ページほどで、100語の単語が繰り返し登場し
イヤでも覚えられるようになっています。

おなじみの単語から聞いたことの無い単語までさまざまでしたが
何度も何度もしつこく同じ単語について学ぶため、さすがにこの本に出てきた
単語の定着率はとてもいいようです。

時々、今までの単語を復習してやるのですが
覚えているものがとても多いのには、感動します!!!

プチーは物覚えが極端に悪いのですが、ここまで何度も繰り返せば
さすがに覚えられるようです♪

ちなみに記念すべき100語の最後の単語は[WRING]です♪
(アルファベットの順番に並んでいます)

意味は
To squeeze the moisture from wet material by twisting it with both hands.
です。

日本とで言うと・・・・・・絞り出す、です♪




このワークブックは厳選された100語を学ぶだけではありませんでした。
品詞の違いをしっかりと意識させてくれるつくりになっていました。
意味がなんとなく正解でも品詞が違えば、不正解です。

日本語でも
「上手な泳ぐ」
では、なんだかおかしい。このあたりに充分気付ける年頃です。

彼[に]教えたのか?
彼[が]教えたのか?

助詞の使い方一つで、動作の方向性が変わってきます。

こういう細かい文法事項は、混乱する年代で学ぶのは気の毒ですが
2,3年生頃から、逆に面白がって学ぶようになってきたように思います。

言葉の響きを聞けば、知らない単語であっても品詞をそれなりに推測できます。
パターンが決まっているものは、いつのまにかそのパターンを覚えてしまっていて
文法事項でも、英語の勘は大いに役に立っています。

名詞にかかるのか、動詞にかかるのか。日本語でも、かざり言葉や
文の構成は、今まさに学習しているところです。

このあたりを強化することにより、主語と述語の関係がいつの間にか
ねじれてしまっているような文章から卒業し、もう少しまともな文章を
話したり書いたりできるように持っていけたらいいなぁ。と思っています。




去年の夏からずっと使ってきたこのワークブック。長かったな~。
幼稚園の頃からこのシリーズをずっと使ってきていました。

ですがいよいよ限界です。五年生用にはすぐに進まず
次はもう少しレベルを落としてSpectrum Vocabulary, Grade 4をぼちぼちやっていきます。



今現在もそうなのですが、少し前から、英語学習を大きな二本の柱で
支えてきました。

語彙を増やす。
読解問題を解いたり読書をしたりする。

この二つ、本来であれば一つにまとめらるはずです。

読書しならが読解力を養い、その上語彙も増やす。

本来これが理想的なのですが、日本語も英語も、この一番理想的な方法で
進めていく勇気がなく、結局、二本立てで進めています。

日本語の場合は、本も結構読んでいますが、それに加えて
四字熟語、ことわざ、慣用句などを学ぶ機会を覚える(学ぶ)機会も
必要だと思っています。


英語でも同じです。本も読むけれど、語彙を意識して増やす機会も
あわせてとっていくように心掛けています。

相乗効果を期待してのことなのですが、実はこの[効果]を
実感できる機会が少ないのも事実。迷いながらの二本立てです☆



気分転換に雑誌でも購入してみようか、と探してみましたが残念ながら
TIME FOR KIDSは、現在定期購読中止、となっていました・・・。

NATIONAL GEOGRAPHIC KIDSもよさそうですが
一冊千円以上はちょっと高いなぁ・・・。

日本の本屋さんを通すと高くなってしまうので、結局思い切って
アメリカに直接注文してみました☆
注文したのはNATIONAL GEOGRAPHIC KIDSの方です。
ちゃんと注文できたのかしら。

英語大好きなくせに、外国のサイトはどうも信用できず、ついつい
日本のサイトに頼りきってしまうのですが
今回は思い切って注文してみました♪どうかちゃんと届きますように。






学校では給食も始まりました。ほとんど毎日六時間。
いよいよ高学年生活スタートです♪






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
応援してくださ~い♪





2009.04.14 10:39 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

ほんとに子供の定着率って問題ですよね
うちもほとんどLet's go1終わりってときに
新学期に入って2、3日空いただけで
せっかく習ってたのが「は?」
になってました。(与えた宿題忘れてたし)
(教材のほうもLet's goは定着率とかはあんまり考えてなさそうですが・・・)
うちも100に教材もどしたほうがいいのかな・・・
文法的に難しくなってきたのでしばらくLet's goで進もうかと思ったけれど・・・
カンフーパンダは言語+日本語字幕で見せても
英語のセリフをところどころマネしてくれるので
(本当に簡単なセリフだけですが)
聞き取り悪くないと信じたいのですが・・・
教材選びって(金銭的にも)ポイントですよね(^^;)

2009.04.14 16:42 URL | のんぷ~/じょあんなT #z1uogJ6Q [ 編集 ]

「は?」ということ、ありますよね~。
もう、散々体験してきたので最近「は?」とも
思わなくなりました!


お金も時間も無限ではないから
教材選びも慎重にやっていかないと
いけませんね。

近道ばかりしたくないけれど
遠回りばかりもいや、という
勝手な心境です♪

2009.04.15 10:45 URL | のんぷ~さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

>語彙を増やす。
読解問題を解いたり読書をしたりする。

2本立てでがんばるほどの気力がジョージくんにはなく
今は、読める長さ(読書体力?)をつけなくてはどうしようもないと思ったけど長く楽々読むには語彙がないとなー、、でも呉いだけ単独で増やそうとするとなんか分裂症になるみたいで、、(意味わかります?)
と同じところをぐるぐる回ってるような感じです。
100wordsのG4って2級ぐらいの語彙ですか?
G1で挫折した(ピーチはG2まで) けどやってみようかな、、。

2009.04.19 00:16 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

プチーは幸い読書が好きだし
言葉が少々わからなくても全く苦にもならないようすだから
読書だけで語彙を増やすことも可能だったのかもしれません。


でも、あのいい加減な性格で
読書のみで語彙を増やすとなると
とんでもなく莫大な量を読み込んでいかないといけないので
他の勉強との両立の自信がなく
結局二本立てで落ち着いています。

100ワード四年生用は、2級を受かった人がやっても
物足りないことはない、とサリーは思います。

でも2級を今から受ける、という人でも
充分こなせると思います。


語彙意外に、品詞などの知識が必要で
派生語なども多いから、楽しいですよ♪


三年生用くらいからは、語彙問題だけではなくて
英作する必要も出てきます。
自分でお話を作ったり。

そういうのが嫌いだと、いやになっちゃうかも・・・?

レベル的には今のプチーに丁度だと思います。
2級に受かってくれたらいいのになぁ、という感じの
レベルの人向けです~☆


語彙だけを増やす取り組みって
嫌な人には、絶対イヤだと思います。
ただの暗記みたいな作業ですから
(うちはひたすら問題を解く、というスタイルです)
そんなことして語彙を身に付けるのは
本当はおかしなことですものね。

でもある程度は仕方ないかな、と思っています。
そのあたりにこだわりが無ければ
語彙系ワークも活用して損はないと思います♪

2009.04.20 10:03 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/659-2d044724

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。