スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

四年生、新たな気持ちで♪

プチーも四年生になりました♪
英語に関する目に見えた変化がさほどないまま、一年、二年、と過ぎ
今では英語は、なんら特別なものではなくなりました。

国語や算数を勉強するのと同じように、英語もやっとかなきゃね、という
感じです。

漢字を覚えるように単語を覚え、楽器の練習を毎日するのと同じように
英語も毎日やる。


以前のプチーは英語だけが突出して得意で、他のものは全て
とりあえずやってるだけ、というような状態だったように思いますが
英語がイマイチ進歩せず、その間にどんどん他の事柄が本格的になってきて
いつの間にか英語の存在がかすんできてしまいました。

これからは、他の事も、英語も、全て同じように張り切っていこうと思います。

全てを続けるコツはただ一つ、楽しむことかな、と思っています。

毎日真面目に淡々と。ここがまず基本ですが、折に触れて楽しむ要素も加えつつ
うれしがったり悔しがったりしながら続けていこうと思います。

楽しむ要素、というのは、実践の場を持つ、ということかな、と
自分なりに考えています。


理科であれば、授業で得た知識(例えば植物とか、星空とか)を確認するため
実際にそれを体験できる場に出かけていく。

社会であれば、地図を持って一緒に歩く。プチーは神社仏閣も好きですから
歴史系も楽しめる要素が沢山ありそうです。

英語はやっぱり、英語を使って話すこと。読むこと。書くこと。

サタデースクールは、この[実践の場]として活用していけたらいいなぁ、と
期待しています。



本を読んで知識を得ることと、それを使った実践の場で
あらためて何かを体験することと、その両方を組み合わせることで
相乗効果があるはずです。

サタデースクールの場合は、サリーの許容範囲を超える支出がともなうため
ただ楽しいだけでは納得いかなかった時もありましたが
プチーがとっても楽しんでいる姿を見たら「これでもいいか」と
思えてきます。

サタデースクールは当然土曜日にしかないのですが
「これが毎日あったらなぁ」というプチーの愚痴が、サリーにとっては
最高にうれしい[賛辞♪]です。




今までどおり、自宅で英語をめいいっぱい頑張り
サタデースクールを楽しむのに充分なくらいの英語を育てていけたらいいなぁ、と
思っています。







英語には関係のない話ですが、サリーはプチーのやることに
いちいち首を突っ込むのが好きです。

三歳頃だったと思うのですが、プチーにブリッジの見本を見せてやろうと思い
よいしょっと勢いをつけてブリッジをして背中を痛めてしまい、その後半月くらいは
背中や腰の痛みに悩まされたのを覚えています。

その後、年長か一年生くらいの時、プチーに泳ぎを教えてやろうと思い
プールに足しげく通ったことがありました。まだうまく浮けないプチーの体を
支えたり、手を持ってやったり、必死でサポートするあまり、首と肩の筋肉が
パンパンになってしまい、この時も半月以上、首の痛い日が続きました。

そして、この春、無謀にも、プチーのバック転のサポートをしてやろうと
思い立ってしまったわたくし・・・。

バック転の背中を支えるのは、片手じゃないといけません。
片手で、35キロを支えようと思ったのが間違いでした・・・。

しかも、失敗したら怪我をさせるかも、というプレッシャーから、きっと
自分の持つ本来の力の500パーセントくらいの力で
プチーを支えたんだと思います。

その上、うまく支えられないから、もう一度、もう一度、と
三度ほどやってみてしまいました。

プチーはそれなりに回転しましたが、サリーの体はボロボロで・・・。


ここ一週間ほどは、首がまわらない、腕も上がらない
究極に体の痛い日々を送っておりました。
パソコンもほとんど開かず。



あ~、もっと強くなりたいなぁ。




今年度もどうぞよろしくお願いいたします~♪








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.04.10 10:20 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(6) |

コメント一覧

バク転ができるなんて、、。

すごすぎます。
体は動かさなくっちゃ駄目ですね。
ゴロゴロするのに慣れてしまってる。
縄跳びの練習ぐらい一緒にしてやらなきゃダメかな、、。

ジョージくんは体重を気にしだしたので
一緒に何かしようと思っていたところです。
サリーさんを見習わなくっちゃ。
自分のダイエットのためにも、、。

2009.04.10 11:32 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

うちは今日近くの図書館に娘を連れて行きました
私がパソコンに向かっている時間が長いせいも
あるのでしょうが、本を探すのにやたら図書館の
検索機を使いたがる・・・
私はこの年でも図書館に行ったら探している本だろうがなかろうが
どんな本のタイトルでもなめるようにみるタイプ
なので、せっかく図書館来たら直で本探しなさい
と怒っていました。

学校で4月生まれの子のお誕生会をするのの
担当になったようです
とりあえず娘を手品・ゲームなどの子供本の
場所に紹介して(ほんとうはそれも自分で
探して欲しかったのだけれど)
興味のある本をいくつか借りて、他に読みたい
本を探させて

なんだか図書館と言うと母親が勝手に行って
自分に興味がある本を母はわかってて
勝手に持ってきてくれる・・・というような
思い込みをされていますから・・・直さないと・・・

子供の学びに一緒に出歩くのは楽しいものですね
(あ、でもお互いあんまりムチャはよくないですね)

2009.04.10 19:36 URL | のんぷ~/じょあんなT #z1uogJ6Q [ 編集 ]

できないんですよ!バック転なんてできるわけありません!
でも体操教室に行くと誰でもバック転の練習を
するんです。

それで、見ているとなんだか簡単に支えられそうなんですよね~。
でも、見るとやるのでは大違いでした。
先生ってみなさん力持ちなんですね~。


サリーは元々体を動かすのが好きなのですが
ついついプチーと一緒になってやっちゃいます。
もういい年なのに。

体を動かすと良い気分転換にもなるし
一緒にやると、なお楽しいと思いますよ~!

2009.04.11 12:51 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

子供と一緒に行動するのは本当に楽しいもんです。

りなみにプチーも端末で本を探すのが大好きです。
子供はああいうのが好きなのかもしれません。
直接見た方がよっぽど早いわ、なんて
サリーはすたすた先に行きます☆


親が色々口を出してしまうと
なんだか子供の方も当然手伝ってもらうもの、みたいに
思っちゃいそうで、そこもちょっと心配ですね。

2009.04.11 12:56 URL | のんぷ~さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

「バク転のやり方」などサイト検索なさっていることでしょうが。。

バク転の補助は 二人(はは&ちち とか)でするとよいのでは

2009.04.11 13:39 URL | うめ★hiro #- [ 編集 ]

サイト検索なんてしていません~。
体操教室での様子をみて、サリーが見よう見真似で
やってみようと思っただけです☆

わざわざ調べるつもりもありませんし
ちちの助けを借りてまでやりたいとも思ってないんです~。

ただ、サリーがうれしがりなもんですから
色々やってみたくなるのです♪

お騒がせいたしました~。

2009.04.12 16:35 URL | うめ★hiroさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/657-4d4857db

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。