スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

読みたい本が見つかった♪

春休みになったので、予定していたように、精読読書と自由な読書と
二本立てにすることにしました。

本を何冊か購入し
「面白そうなんあったら、勝手に読んでくれていいよ~」
と、プチーに見せましたら、その中で、最も字が大きくて簡単そうだった

LINK

The Boxcar Childrenを選びました。

字が大きいということは、プチーにとって重要なポイントなんだな、なんてあらためて知りました。


読み始めてみると、とても面白かったようです♪
というより、簡単だから読みやすかっただけなのか?
よくわかりませんが、一気に一冊読み終えました。

久々に、まともに英語の本を読んだ感じです♪

シリーズものであることを教えてやると、次の巻も欲しがりましたので
五冊まとめて、二巻から六巻まで、追加購入しました。

二巻目から難易度が上がると聞いていたので心配でしたが
二巻目も全然難しくありませんでした~♪
このシリーズ、定着するかもしれません~♪


プチーにきいていましたところ、難易度は、Captain Underpantsより
はるかに低く、知らない単語は全く無い、ということでした。

サリーも目を通してみましたが、Magic Tree Houseと、そう変わらないかな?と
いうくらいのレベルです。

レベルとしてはそれほど変わらないものの、マジツリよりもずっとずっと
良質な英語、という印象です。文章表現が洗練されているというのか
ちょっと文学作品っぽい文章というのか、丁寧な英語のように感じました。
(サリーがなんとなく感じた印象です)

このboxcar children シリーズは小学2,3年生の子供達をターゲットにしていて
とてもとても古い作品だそうです。どうやら、およそ70年ほど前の作品です。


ですが、別に古びた風でもありません。

子供向けの本の中には、子供の気を引こうとするあまり、必要以上に
奇想天外だったり、文章が単純だったりして、子供に媚びるような作りになっている
場合がありますが、この作品は、いい意味で、そこまでのサービス精神がなく
きちんと節度ある文章で書かれているように思いました。
(とっても勝手なサリーの個人的な印象です☆)

サリーは日本のものでも、古い作品が好きです。
丁寧すぎるほどの日本語が心地いいのです♪

プチーも、このシリーズを気に入ってくれたので、久しぶりにまた
何十冊か揃えてみようと思っています。



春休み、半分は祖父母宅へのお泊りで家にいませんから
二本立て読書をする時間はほとんどないのですが
とりあえず気に入ったシリーズを見つけることができただけでも
収穫です~♪


春休みは宿題がないから、快適で~す♪








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


クリックして応援してくださ~い♪

2009.03.27 08:42 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

I can read とかそんな感じの本ですか?
本当に春休みなどは集中したいのに
遊びたいとかおつきあいとか思うように
いきませんねぇ・・・^^;
昨日、Let's go を一緒にしたら、娘が
「英語ってどうやったら一人で勉強できる?」
というので内心「やった!」と思って
洋書のピクチャーエンサイクロペディア
なんかも持っているんですが
あえて古い学研のカタカナ付き絵辞典を渡し
(10年ぐらい前に某フランチャイズで英語を
教えていたことがあって、そのときに早く
来すぎた子なんかに読んで待ってもらうよう
用意してたものの残り)
カタカナでもいいから眺めておいたらいいから
と言っておきました
そのときはうれしそうだったのですが
今日一回もその本見ませんでしたね(ToT)

人間、英語の勉強のためだけなんて生きれませんねぇ・・・(*^^*)

私も古い日本語というか、戦後ぐらいの人が
一生懸命西洋思想を日本語にしようとした時代の文体がなぜか好きです
ちょっと不自然だったり、気取りすぎていても

あと、なぜかズーズー弁がマイブームです
「ぐらんしゃとおわ れずぅあびるぅ」
(グランシャトーはレジャービル)
みたいに(^^)

かなりうまくなって
「ぶえんべにぃどぉ」とか「あすたらびすたぁ」
とか、スペイン語はたいてい訛れそう
フランス語でも
「するぶぷれぇ」
みたいに(^^;)

春休みなので親もバカになっています

2009.03.29 22:31 URL | のんぷ~/じょあんなT #Tj4FbPWQ [ 編集 ]

I CAN READシリーズよりはさすがに難しいですが
マジツリに毛が生えたくらいです♪
大して変わりません♪



プチーもあきっぽいですよ~。
購入してから何年も経ち、ようやく日の目をみた、というものも
沢山あります。

一つ物をじっくり、なんていうのは
お勉強する年代になってからのことです。
それまでは、とにかく飽きっぽかったのを
覚えています☆


昔の文体って、のんぷ~さんのおっしゃるとおり
ちょっと不自然なところがあったりして
そこがまたいいんですよねぇ。


のんぷ~さんって本当に言語オタクだなぁ。
素敵♪

2009.03.30 15:39 URL | のんぷ~さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

はろうとしたら、スパムということになったから外しましたが、

audible.comで音源を見つけました。
これって35とか40とかすごいシリーズのようですね。

たくましい4人兄弟のお話興味があります。
ほろりと来るようなところもあるんですか?

2009.03.30 19:23 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

とても長く続いたシリーズのようですね。
作者が途中で変わった、なんていう噂も聞いたことがありますが
実際のところ詳しくはよく知りません☆

音源もあるんですか?
調べてみたいと思います♪
ありがとうございます。


実はサリーは全く読んでいないので
ストーリーに関してはよくわかりません。
今度読んでみます~♪

2009.04.01 14:06 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/654-6352c75a

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。