スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ひたすら日記とワークブック

読書してません!なんだかまとまった時間をうまく作ることができず
ささっとできる、ワークブックと日記で、英語をなんとかつないでいる状態です。

プチーが日記を書き、それに対してサリーがコメントを書きます。
文法などはもう訂正せず、交換日記のような形でやりとりしています。


プチーがその日の出来事のうちの何について書くのか、それを知ることは
とても楽しいことです。

プチーが毎日どんな風に感じて、どんなことが印象に残っているのかを
サリーも把握できるので、「ふぅん、なるほど」なんて思いながら
プチーの日記を読むのを楽しんでいます。


取るに足りないこと、わざわざ言うほどでもないこと、なども
日記に書いてあることがあります。

日記は毎日書かないといけないので、書くネタを探すのも結構大変です。

特に書くこと無いなぁ、という時のプチーの日記ほど
どっちでもいい、ちょっとしたことが書いてあり、読む方は楽しめます。





つづりの間違いにも、いつも仰天します。

[AWESOME] が[ALSOME]だったり
[RYTHEM]が[RITHM]だったり・・・。

サタデースクールで毎回ライティングの時間があるはずですが
こんな綴りで書いてるんだろうか・・・。
先生、ちゃんと意味わかってくださってるのかしら☆




そう言えばもう一つ、最近楽しんでいるのがヤフーのインターネットドリル。

YAHOO!の学習、というカテゴリーに[英検対策]というものがあります。
ここでは、過去問を解いたりミニテストを受けたりできるのですが
その中でも一番お勉強っぽくなくて、遊び感覚でできるのが
インターネットドリル、というものです。

この中の英検2級向けドリルをやっています。

このドリルは、英単語がポツンと出てきて、その英単語の意味を
四つの選択肢の中から選ぶものです。

例えば

emerge

1番:居住する
2番:出てくる
3番:食事をする
4番:うめく

というように出てくるので、正解を選んでクリックします。

すると、正解か不正解かがわかります。


これを大体いつも、サリーが食事の支度をしている時に
プチーが一人でやります。

このドリルの最大のポイントは、大人向けであるということ♪
漢字も容赦なくビシバシでてきます♪

サリーは画面を見ることができませんから、難しい漢字は
プチーがその漢字を分解し
「にんべんに、カタカナのヒ書いて、一書いて、ちょん書いて、貝って書いてる
 これ何~?」
なんて、サリーにきいてきますから
「それは、傾向の傾。かたむくって言う意味で、傾向っていうのは
 ~しがち、って言う意味だよ~」
と教えてやります。


そんなやり取りをしながら、正解を選ぶので、漢字も覚えます♪
一石二鳥だわ~♪




日本の教材を使う時はとことんそのメリットを生かし、漢字や日本語表現も
どんどん覚えられるようにしています。

そのせいか、最近、「しばしば」とか「すなわち」とか、少々ばばくさい言葉を
日常会話に使うようになってきました☆



逆にアメリカのワークブックをする時は英語のみを使うようにはしていますが
英語で英語を、というのも最近辛気臭くて、ついつい日本語を多用してしまいます。

もっと英語を使ってジタバタしないと上手になれないなぁ。







今日、プチーは日記に何を書くのかなぁ。
楽しみです。








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして
一票入れていただけたらうれしいです♪

2009.02.02 11:47 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント一覧

awesome
ですね。すみません。これで間違えて覚える方がいたらいけないので。。

2009.02.05 00:53 URL | zb #- [ 編集 ]

ぎゃ~!すいません~!
今、訂正してきました♪
ありがとうございます。

プチーのめちゃくちゃは
親譲りですね~♪
なんだかうれしいくらい
似ています・・・☆

2009.02.05 05:51 URL | zbさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/637-61938c52

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。