スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

力の抜けただらしない本

週末、やっとアンネフランクの伝記を読み終えました。

いくつかの単語は辞書をひきましたが、わざわざ記事に書くほどの
単語は特に無かったように思います。

プチーが1年生のころ(幼稚園の頃からかも?)よくこのシリーズの伝記を
読み聞かせていましたが、あの頃はとても難しく感じました。

わかってるんだか、わかってないんだか、なんて思いながら
同じ本を二度三度と繰り返して読んでやっていたのを覚えています。


ですが、三年生になってあらためて読んでみましたら
とてもわかりやすくて(その分薄っぺらい面も)コンパクトにうまくまとまった
伝記だったんだなぁ、とあらためて感じました。

元々アンネの日記が大好きで、だいたいの話はわかっていましたが
今回、より理解を深められたように思います♪



さぁ、アンネを読み終わっちゃったし、何読もうか、とプチーにたずねましたら
「ウィンピーキッズにする♪」
と、言ってくれました。

やっと、手を伸ばしてくれた☆


英検2級準備中に購入した本です。英検が終わったら、アホらしくて
肩の力の抜けたのを読ませてやりたい、と思い、ハードカバーで
少々お高めにもかかわらず思い切っ購入したDiary of a Wimpy Kid

漫画のような挿絵と共に、さえないもてないマヌケな中学生の男の子が
とるに足らないばかばかしい毎日の様子を日記に書いています。

英検が終わった途端に読むつもりでした。せっかく終わったから
アホらしいのを読みたいわ、と、そういう方向へいくのかな、と思っていました。

が、「英検、英検」と肩に力が入っていたのはサリーだけだったようで
プチーは別に英検が終わったからといって
「ちょっとのんびりしたいわ~」なんてそんなことは思わなかったようです。

せっかく一番目立つ場所に平積み状態で置いてあったのですが
ずっと存在を無視され続けていました・・・。



ようやく手に取ってくれたので、プチーに音読させることにしました。
だって、とっても簡単な本なのです。
すらすら読めるはずです。

これを音読することにより、またちょっと英語へ自信を回復してくれたら
いいなぉ、と思いながら読み始め(読ませ始め)ました。




すると、やっぱり評判どおり、ばかみたいな話でした~♪
軽い♪でも面白い♪

主人公の男の子は、新学期が始まったばかりです。中1かしら。

クラスわけがあり、自分の周りに座っている子供達をきょろきょろ見回します。
日記ですから、本には心のつぶやきが書いてあります。

「クラス(学年)を、年齢別で分けるのやめてほしいなぁ。
 まだまだ小学生みたいな子と、一日に二回もひげを剃らないといけないような
 ゴリラみたいなヤツと、同じクラスなんておかしいよ。」

なんて、心の中でつぶやきます。


休みの日なのに、お父さんが朝一番に自分の部屋に来て掃除機をかけるから
うるさくてゆっくり寝られない、なんてことも書いてあります。
お父さんが子供部屋の掃除をしに来るなんていかにもアメリカンだなぁ。


めちゃめちゃ軽くて、あっという間に読んでいけます。
ほんの数十分の音読でで一気に40ページほど読めました。
(全部で200ページ余り)

金額的には割の合わない本ですが、たまにはこういうのもいいなぁ♪



何の役にも立たないような本ですが、今まで読んできた本に出てきた
新入り単語に再会する機会を与えてくれますし
テンポがいいのでプチーもご機嫌で読んでいます。

以前に読んだファッジシリーズに出てきた語彙が登場した時は
あちらの本のことなんかを思い出して話したりできます。
(ファッジシリーズについては<三年生時代の精読>でご紹介しています)

気持ちも軽くしてくれるし、思い切って購入してよかった☆





プチーは昨日、1時間以上CDプレイヤーの前に座り
ハイスクールミュージカル3のCDに聴き入っていました。

歌詞を片手に、何度も同じ曲をリピートでかけ、歌う練習に励みます☆

口がうまく回らない部分があるので、何度も何度も練習していました。
プチーのお気に入りは[BOYS ARE BACK]という、男の子の曲です。
一人で熱唱しています。

プチーの頭の中は今、HSM(High School Musical)でいっぱいです♪




プチーにきかれたことがあります。
「本当のバスケットボールは、歌いながらやるんじゃないよね。」
(HSMはミュージカルですから、歌いながらプレイするシーンもあります)



・・・当たり前やん!歌いながら喧嘩したり、歌いながらスポーツしたり
それは、ミュージカルだからよ・・・。

プチー、もう三年生なんだけど・・・。


ちなみに、二年生の時には、ちょっと心配だったため、サリーの方から
「アメリカ人の高校生は、みんなあんな風に歌いながら学校の中を
 うろうろするわけじゃないからね。」
と、プチーに教えてやりました。

その時は
「え?!そうなん?」
と、驚いていましたから、あの頃に比べたら少々成長したようです☆





今日も帰ってきたら歌うんだろうなぁ。
でも、気持ちが乗っていると、不思議とバイオリンも上手に弾けたりします。

気持ちって、大切なんだなぁ。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとこのブログに
一票いれたことになります。良かったら応援してください♪

2008.11.25 10:03 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

ちょっと(いやかなり)先いくサリー家、

我が家の今後に参考にさせてもらうことばかりです。

そのWho was,,シリーズ, ダーウインや、
アインシュタインをそのうちと思っています。そんなに難しくないですか?
買ってみようかな、、。

wimpyって言うのも気にはなってるほんです。スカラなら$5ぐらいなので、高くもないかな。

もう少し安くならないかなーと思ってまってます3冊で$10とか、、。

ファッジよりは難しいのかな、、。
それにしても続けていればだんだんいろんなものが読めるようになるんですね。
ジョージ君は、少し読む楽しさがわかり始めたようです。(低いレベルでの話です)

ひとりでどんどんよむまではまだまだですが、、。4Pでいいよといってたのに10Pまで読んでみたり。これが続くといいのだけれど、、。

2008.11.25 10:59 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

WHO WASシリーズ、いいですよ~。
ぜんぜん文学的じゃなくて淡々とまとめてありますが
事実を知る、と言う意味ではわかりやすいと思います。

単語は、知らない単語が出てくる時もあります。
語数が少ないので、説明をはしょってるところも
あるように思います。

でもあくまでも子供向けの伝記だからこんなものかな?


WIMPY、そんなに安くで買えるんですか?!
アマゾンなら2000円近くしますよ~。
さすがブッククラブですね。

ファッジの方が難しいと思います。
でも、英語というより、精神年齢が
ウィンピーの方がちょっと高めです。

女の子におまけしてみたり、
暴力的なゲームが大好きだったり。

内容が大人っぽい時があります。

もちろんサリーとしゃべりながら通過すれば
何の問題も無い程度です(今のところ)

でもいつもぶっつけで読むので
急に予期せぬ展開になってあせってるかも
しれません☆



プチーもウィンピーのおかげで、今は自分から進んで
本を読んでいます。本の内容がたのしいと
自主的に読むんだなぁ、と関心しながら見ています。

ジョージ君も、今読んでいる本が楽しいんじゃないかな。
英語力はやっぱり、高くなればなるほど
いろいろなものを楽しめますね。

これが続くといいんだけど。
同感です。
プチーにも波があります。

でもしつこく英語続けています~♪

2008.11.26 05:20 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

Diary of a Wimpy Kid 息子が最近読んだ本ですよ~ 続編2冊も欲しいそうです。
うちの学校の先生が言うには 楽しみで読んだ本から子供はいろいろ吸収するそうです。
だから強制しないでねって言われてます・・・汗 しかし 言ってしまうんですよ
「もう中学生なんだしもう少しレベル高い本を読んだら」とかね
まぁ言っても聞かないんですけど 笑

2008.11.26 18:55 URL | ゆかりん #- [ 編集 ]

ゴン太くん、こんなのも読むんですか~。

ハリポタでも生き抜きに読めそうなゴン様も読んでいらっしゃる本を
プチーが読んでいるなんて光栄です♪

プチーも珍しく
「あと、三分あるわ!ウィンピー読も!」
なんて言いながら読んでます。

この本、おもしろいです♪

2008.11.27 05:27 URL | ゆかりんさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/615-512aca73

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。