スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英検ウィーク(対策2、粘り)

難しい英文を読む機会も一日一度は確保するようにしています。

知らない単語が沢山でてきますし、内容も、わかったようなわからんような。
自分が理解できているのかどうかすらよくわからないような難解な文章を
最後まで根気よく、とりあえずは読み進め、さらに設問を解いていく
その根性を、この2週間で鍛えていこうと思っています。

サリーは大人ですが、それでも小さい字がぎっしり並んでいるのを見たら
まず、ひるみます。その上タイトルを読んでみて、そのタイトルの意味すら
わからなかったら、読む気をなくします。

趣味の読書でしたら、そんな本や文章は読まなきゃいいのですが
資格試験の中の長文でしたら、読まないわけにもいきません。



ひるんだりうんざりした時、何とかそれでも最後までやり遂げるための
粘りは、英語に限らず何事にも必要です。


三年生から難解な算数の問題にどんどん挑戦させる塾の先生いわく

  こんなもんわかるか、と思えるような問題を早いうちから解かせるのは
  粘り強さを育てるため

だそうです。

三年生のうちからそんな難しい問題を解かされるなんて、それじゃあ
四年、五年、と進んでいったらどうなるの?!と不安に思う必要はありません。

その時点での能力を超えて、明らかに難しすぎる問題を無理やり解かせるのは
三年生のうちだけです。そこから先徐々に、年相応(それでももちろん難しいけれど)の
問題を解くようになってくるそうです。

三年生のうちに鍛えたいのは、[精神力]であり、それさえうまく育てば
そのあとはどうにでもなります。


そう言えば体操教室で選手クラスに入る第一条件も
[先生の話を真面目にきくこと]です。

身体能力よりも、真面目さや真剣さが重視されます。



途中で投げ出す意気地のなさがプチーに残っていたら
この英検は合格できません。

受験申し込み直前に解いた英検2級の過去問の長文は
プチーにとって、とても難しかったそうで、終わるなり
「ぜんぜんわからへん!」
と、怒りと悔しさから号泣でした。

が、実際答えあわせをしてみると、ぴったり七割の正解でした。

わからないけどとにかく最後まで読み、後はひたすら[勘]を駆使して
問題を解いていったんだと思います。

なんとなくこれしかない、という自分の勘を頼りに解き進めるのは
なんとも心細いですし、決して快適ではなかったと思いますが
途中で投げ出して鉛筆を転がすよりは、はるかに高い確率で
正解を見つけることができました。


あと二週間で、このあたりも強化していきたいと思っています。




ミドリ電化(電気屋さん)へ行くと
「できませんとは言いません~♪」
というテーマソングが流れています。

できない、とは言わないそうです♪

実際、ジョーシンで「そんなことはしていない」とあっさり却下された
事柄を、ミドリ電化が、唸りながらもなんとかしてくれたことがあります。

ミドリ電化でも本当は[そんなことはしていない]ようなことだったのですが
サリーもとても困っていたので、無理を承知でお願いしましたら
いろいろなところへ電話確認をしたりしながら、なんとか
その困った事柄を解決してくださいました。


それ以来、サリーはいつもプチーに言っています。

できませんとは言いません~♪

これは絶対見習おうね!
無理、と最初からあきらめず、他にいい方法がないか
まず考えてみよう。

最初っから「無理!」なんて決め付けてしまったら、後で損するよ。

粘るのは自分のため!
う~ん、と考えたら、今まで見えなかったものが見えてくるんだよ!



というわけで現在速読速聴シリーズを、一日一つずつ読んでいます。
ほんの百語ほどの長文で(長文とは言えないかもしれないくらい・・・)
粘るほどの文章ではないのですが、今までずっと、ただの読書しかしてこなかった
プチーですから、こんなものでもゲンナリしています。

今週は、ほんの15分ほどの、この[難解読書]をこなし
来週は更に増やす予定です。(と言っても30分が限界です~)


車内では付属CDを聴いています。
ですがこのCDの英語が異常に遅くて、ちょっと聴きづらいくらいです。

[丁寧に、わかりやすく]レベルを通り越して、明らかにノロノロとしていて
「もっとちゃっちゃと読んでよ~」なんていつも思います☆
(サリーはせっかちで~す♪)

とは言え、日本語がはさまれていないので、英語での会話を続けていて
頭の中を英語にしたいような時は重宝します。

連動しているほうが使いやすいので、今回はこのシリーズで統一しました。



英語の時間は結局、分単位でしか増やすことができていませんが
内容を濃くしていこう、と必死です☆


がんばるぞ~♪





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ブログランキングバナー↑です。
クリックするとこのブログに一票入れたことになります。
よかったらクリックして応援してください♪

2008.10.07 10:37 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(10) |

コメント一覧

できませんとは言わないか~
見習わなくっちゃ(親が・汗)
頑張っていらっしゃいますね☆
いい受験になりますように~

2008.10.07 15:03 URL | yuyu #0ecWsDRU [ 編集 ]

いきなり算数の話に反応してしまいますが、そっか~、算数の見た瞬間に「わからない!」と思う問題を解く粘り強さをつけるのは、小3が適齢期だったんですね(・・)。

うちは、小5の夏になって初めて難しい問題をやらせてみたところ、最初は「見た瞬間にわからない問題を頑張って解く」という常識すらなかったみたいで、一瞬で「どうやって解くの?」と聞いてきて、この夏は「まず自分で考えなさい」のセリフを何百回も言わされました(><)。最近ではさすがにちょっとずつ自分でも考えるようになってきましたが、今でも比較的すぐに「わからない」と言ってきます(汗;。

英語もそうなんですね…。うち、読んだ瞬間にわかる英文にしか触れさせてないかも。だからなかなかレベルアップしないのか~ (^O^;)。

プチーちゃんはもう、わからなくても、サリーさんが何も言わなくてもちゃんと頑張ってくれるんですね。素晴らしいですね♪

うちももうちょっと根性つけていかなくちゃ! と思いました。

2008.10.07 16:54 URL | もっちん #- [ 編集 ]

できないとは言わない、の話、じーんと来ました。
子どもへの教育もそうですが、私の場合自分にそう言い聞かせなきゃと思いました。
良い話ですね。
サリーさんのお話を聞いていると、早期英検に反対意見を書いたりしている私も、心から応援する気持になります。
頑張って下さい!

2008.10.07 21:59 URL | Aides #- [ 編集 ]

できませんとは言いません~
って、いいでしょ♪
この歌、気に入ってます♪


今回の受験もやはり、必要以上の力が入っているのは
サリーの方で、プチーはあいかわらず
のんびりしています。

なんとかテンションを高めていきたいなぁ、と
思っています♪

2008.10.08 05:37 URL | yuyuさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

ヤバイ・・
三年になって簡単なのばかりしてるような(^^;)
一、二年には難しいの沢山させてたのに
最近計算問題ばかり。。
考えさせる問題させとこう。

2008.10.08 07:21 URL | 海豚 #- [ 編集 ]

もっちんさんとゆーちゃんは、そのお人柄が
いいんですよ~~。


サリーは子供の頃から何でも自力でやりたいタイプで
助けを借りるのが元々嫌いでした。

だから気ぃも強いし、女のくせして
「いたい」タイプだと思います。

でも、人につい頼っちゃう、というのは
それはそれでとてもかわいいし
それがもっちんさんのお子さんである
ゆーちゃんのいいところなのかもなぁ、と
思います。

こんな母(サリー)に育てられたら、そんな風な
のんびりしたかわいらしい子には
なりたくてもなれないもん!

サリーになんて助けてもらえないのがわかっているし
できない、なんて、途中で弱音をはこうものなら
とんでもない雷を落とされる、と思うから
プチーも、必死で自分でやるしかないんだと思います☆

でも、あきらめない、って言う気持ちは
時には必要です。

やるしかない時もありますものね!

だから、それが苦痛じゃなくて
「やってやろうじゃないのよ~」
と、楽しめたら、得なんじゃないかなぁ、と思います。


2008.10.08 11:02 URL | もっちんさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

できないって言わないっていうスローガン
いいでしょ~♪

サリーもとっても気に入っていて
時々その歌を聞きにミドリ電化へ
行きたくなるくらいです!

関東にはミドリ電化なんてないのかなぁ。
関西には沢山ある電器屋さんなんです☆


頭ごなしに
「そういうことはやってません」
「そういうことはやったことありません」

というのが一番寒々しい考え方です。

せめてちょっと立ち止まって考えてみないと
いけませんよね!



英検反対、とか
文法を教えるのは反対、とか
日本語をはさんで英語を教えるのは反対、とか
英語を教えること自体反対、とか
いろいろな考え方があるとは思うのですが
これは[違った意見]なのであって
[反対意見]ではないと思います。

違った意見を言うことで初めていい意味での
意見交換ができます。

でも他の意見を寄せ付けず
相手をやり込めることに必死になると
これがだんだん、反論、反対意見、となってきて
応戦する人がでてきたり、結局最終的には
お互いを[攻撃]するようなことに
なってしまうんだと思います。

意見交換って難しいことも多いですが
全員が冷静であれば、うまくいくんだろうなぁ、きっと。


力強い応援をありがとうございます!!!

がんばります!

2008.10.08 11:31 URL | Aidesさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

さっと読んだだけでは「???」というような
問題がちょうどいいみたいです☆

所詮その年の子が解く問題ですから
いろいろ考えるうち「あ、そっか」となりますが
そこまで持たない子が多いそうです。

一時間考え続けられたら、かなり
いいそうですよ~。

ああでもない、こうでもない、を
楽しめる子になれたら得なんじゃないかなぁ、と
思います。

(サリーの書くことはいつも損得感情を
 はさんでますねぇ・・・)

2008.10.08 11:34 URL | 海豚さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

知らんし。は、ピーチの口癖。

めんどくさいねん。は、ジョージ君。

この2人には、みどり電化かサリー宅で修行させたいわ。まったく、、。

読んでてなんだか気合が入ります。
もう少しです。がんばってくださいね。
合格をイメージしてね。すらすら解いて合格通知をもらうイメージ。チャーリーの合格の秘訣です。

2008.10.08 23:43 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

ばーぶーさんのところは
とにかくお子さんが多いから、みんな
タフだけど繊細なのかなぁ、と思います。

ばーぶーさんを頼ってるんですね。
かわいいけれど、それが問題集だったりすると
「自分で考えなさい~!」
と言いたくなりますよね☆


合格のイメージ!
するの忘れていました!

プチーにも言っておきます♪
ありがとう♪

2008.10.09 05:06 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/591-cacc7509

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。