スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

2級の過去問解いてみた・・・

凝りもせず英検2級を意識し続けるわたくしたち親子。
申し込み締め切りは9月25日。明日までです。

申し込むのかどうするのか、決めるための一つの基準として
久しぶりに英検2級の過去問題を一通り、解かせてみました。

プチーは二年生の時に二回も立て続けに2級に落ちています。
たかが五問。されど五問。
前回は5点足りずに落ちました。

この5点分は一体どうすれば補えるのか、何をすればいいのか
よくわからず、その上、二度も続けて落ちたため
「また落ちるんでは?」という漠然とした不安にも付きまとわれ
この半年は、英検と距離をおいて過ごしました。

怪我じゃないけれど[日にち薬]のようなものをあてにしてもいました。

時間が経てば自然に受かるんじゃないか、そんな、なまっちょろい
幻想を抱きつつ、秋の英検の申し込み時期を迎えてしまいました。



プチーは、他の同年代の子供達同様、確実に成長しています。
子供って、日々生活するだけで何かしらの成長はしてくれます。

それが果たして、この5点を埋めることにつながっているのかどうか
そのあたり、全くわかりません。

少なくともサリーが、その成長を実感できるようなことは
ありませんでした・・・。

その上、足りなかった5点分を補うことができるだけの伸びしか
していないのであれば、危なっかしくて到底受けさせる気はしません。

もうちょっと、余裕をもっていてくれませんと、当日プチーの点数は
緊張感や集中力の無さから確実に目減りするはずです!





そのため結局、実際の過去問を解いて、英語力が多少マシになっているのか
どうなのかを見極めることとなりました。




今回は英検のホームページの画面をそのまま使い
プリントアウトせずにプチーに解かせました。

長文問題では、マウスをクリクリしながら、問題文を見たり
設問を見たり、なんだかやりにくそうでした☆
(長文と設問が一ページにおさまっていません。)

その上、マークシートを塗るのに、いちいち1問2秒くらいかけてます。

えらい慎重です・・・。
(でも問題を解くのは異常に早かった・・・。サリーに似てせっかちなのか・・・?)


リスニング問題は、7問目か8問目のあたりで、何番をやっているのか
わからなくなりパニック☆

その後もあわわわわ・・・という感じで慌てたまま終了しました。



久々の英検2級の問題。

プチーには荷が重過ぎたようで、リスニングの最後10問を
泣きながらなんとか解き終えました。



七割を目指していましたが結果は七割に届かず・・・。
ですが六割は超えました。(75問中50問正解)

七割を目標にしていたけれど、親子そろって合格点が六割だと知っていますから
「結構いけてるやん♪」とニンマリ。

なんのための目標設定だったんでしょう?
今度は七割とか、八割とか、確実に点がとれるようになってから
受けようね、と誓い合った日はまだそう遠くないにもかかわらず
二人そろってまた棚ぼた合格を狙ってしまうなんて
なんて浅はかなんだろう~。

う~ん、情けない!


ですが、早く合格してすっきりしたい、という気持ちが大きいのも
事実です。落ちることに慣れてきてしまっているのかもしれません。

落ちたらまた受けたらいいやん、という心境です。

英検は一発勝負じゃないもんなぁ・・・。
ついつい考えがあまくなってしまいます。


落ちたまま力を蓄え、級を飛ばして更に上を狙える人の
精神力の強さは、並大抵ではないんだろうなぁ。

サリーにはできません。



実際英検を何度か受けてみてわかりましたが
明らかに、小学生にとって有利な回と、そうでない回があります。

プチーが2年の秋に受けた時の問題は、どうしてだかわかりませんが
小学生にでもわかりやすい、明らかに解きやすい問題ばかりでした。

語彙問題は基本的なものが多かったですし、長文も親しみやすい
話題のものが多くて、プチーにとって合格するチャンスだったはずです。

ぼんやりして集中力を発揮できなかったプチーはその好機を逃し
とんでもない点数で落ちました。

その次の冬にまた受けましたが、その時の問題はプチーには
あまりにも難しすぎるものでした。

こりゃ無理だろう、と認めざるをえないような内容でしたから
冬は完全に実力不足で、あっさりあきらめもつきました。



二度立て続けに受けてみて、明らかに、プチーにとって
ラッキー問題とそうでない問題があることがわかりました。

英検の問題はとてもよくできていますから、難易度はきちんとそろえてありますし
合格最低点の調節などで不公平の無いようにはしてあります。

ただプチーはまだ8歳で、中学生や高校生ならなんとか理解できるレベルの
話題を理解できないことがあります。そのためプチーにとっては、毎回の問題が
難しすぎるように感じたり簡単に感じたり、ぶれが大きくなってしまいます。

洪水対策事業ならなんとかわかりますが、マネーロンダリングでしたら
撃沈です。

当然捨てるしかない長文問題が出てきますから、何問捨てるかで
結果が大きく変わってきてしまいます。


だからこそ、何問長文を捨ててもいいように、語彙面もしっかり
磨いていかないといけなくなってきます。

そして究極の対処法は[何度か受けること]になるように思います。

何度か受けるうちにまたプチーにとっての[ラッキー問題]に
あたらないかな。少なくともプチーの英語は英検2級合格ライン
ギリギリのところまではせまっています。

ラッキーなら受かることができるかもしれないんだけれど・・・。
卑怯かな。




プチーは今回過去問を解きながら

「よっしゃ!これ、やったやつや!」(よし!これ一度どこかで学んだものだわ)

と独り言を言いました。

ほんの2,3度ですが、言いました。


この過去問を解くのは初めてです。ですが同じような語彙が
本か問題集かどこかに出てきていて、プチーにとって
「新たに仕入れた表現」だったんだと思います。

結局語彙ってこうやってちょっとずつ増えていくんだなぁ、と
感じました。



いろいろな本や問題集をするうち、何度も何度もたくさんの言葉に出会い
それをちょっとずつだけれど身に付けていっているんだなぁ。



ちなみにこの過去問は時間を計って解かせましたから、プチーは
久々に気合を入れて必死で読んだようです。

おかげで、読む早さがまた劇的に早くなりました。
(正確に言うと、前に戻っただけです。最近ダラダラ読みが続いていました)

今読んでいるSuperfudgeでは一緒に黙読しながら
全く同じタイミングで笑えるようになりました。

一緒に映画をみているみたいな感じで二人そろって同じタイミングで笑える読書は
なんだかとても楽しいです♪

読むのが早いと時間の節約にもなります♪



英検はまだ申し込めずにいますが、きっと受けるんだろうなぁ、と
思います。
(迷うのはどうしてかな?落ちるのがこわいから?後ろめたいから?
 なんだろなぁ~。)


















にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


親子英語ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックするとこのブログに一票投じたことになります。

2008.09.24 10:49 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

年齢が低い今のうちに、出来るだけ早く取りたいのなら、迷うことはないですよ。お話読ませてもらった限りでは、今回はまず受けるべきだと思います。

大人だって、英検の級は毎回のテストと自分の相性で左右されながら合否を決めているんです。きちんと八割分かって実力通りで検定を受けるような人なんて、ほとんどいないのでは・・・?

逆に期を逸すると、案外ここから数年かかることもあるかも知れませんし・・

勝手なコメントですが、参考までにm(_ _)m

2008.09.25 00:13 URL | Aides #- [ 編集 ]

本格的な受験勉強が始まるまでに
なんとか2級を、と思っていますが
もしかしたらもう間に合わないかも、と
焦っています。

中受を意識するなら2級以上じゃないと
どうしようもありませんから
せめて2級は持っていたいのですが
その後焦って準1を狙っているかもしれません☆
(先が全く読めていません・・・)



大人でもやっぱり試験との相性って
あるんですね。
自分自身が全く試験なんかに縁の無い生活なので
なんだかよくわかっていませんでした☆

申し込み、今日の夜中12時までです。
それまでに決めなくっちゃいけません!

2008.09.25 09:19 URL | Aidesさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

こんにちは。お久しぶりです。英検…結局、どうされましたか?
うちは準2からまだストップしています。なぜなら焦る必要がないからです。英検が本当に生きてくるのは中学受験ではなく、その後もっと先だと私は思っています。子供が英検を受けて上の方の級を取れるのは凄いことです。でも、試験の内容・・・理解もできない回もあるのにたまたま合格したとしても、それは本当の実力とは思えないと最近は思うのです。結局、国語の力があって英語って生きてくるものだと・・・。
うちも英検のことで周りからいろいろ言われます。親としては嬉しいですよ。本人も嬉しいです。でも、果たして本当にどんな問題がきても準2の力があるのか?と言うとちょっと前まではそうではありませんでした。やっぱりわからないものも結構ありました。だから今は国語力も力を入れてその上での英語力だと思って頑張っています。うちも2級を最近意識しはじめていますが、準1に繋がるようにしたいので2級は高得点で合格できるレベルにならないと受けることはさせません。
確かに合格は合格です。でも、その級に恥じない力をつけて力に応じてラクに受けさせてあげるのも親の役目ではないのかな?なんて思いました。

2008.09.26 10:10 URL | ひるむーん #- [ 編集 ]

おひさしぶりです、ひるむーんさん♪

ひるむーんさんのところはとても早くに
準2級に合格なさっていますよね☆

その上周りの方々に、すごいね、なんて
うれしい言葉をかけてもらっても
だからまた次を受け急ぐということをしないのは
ひるむーんさんの気持ちがしっかり決まっているし
まともである証拠なんだと思います。


中受というのは、子供にとってあまりにも
近すぎるゴールだから、こんなところを目指すのは
おかしくはないか?と今まで何度も自問してきましたが
でもやっぱり、意識し続けたままこの先も
進んでいけたらなぁ、と結局思い直します。

英検は中受で役に立つのか、その先の人生で役に立つのか
それはよくわからないのですが
受験すること自体が負担で無い限り
これからも気軽に受けてしまうと思います。


その級に恥じない力、どころか
サリーはこういう記事を書くことで
英検に恥をかかせちゃってますね!

こんな子にでも受けさせるなんて
英検も地に落ちたもんね、なんて・・・。
英検の顔に泥塗っちゃってます。



プチーは具体的にどのレベルかと言うと多分
3級レベル、と言っていいと思います。

準2級レベル、とはおこがましくて
言えません。

でも、資格を書く欄にだけはしっかり
「英検準2級!」と書いちゃいます。

ある意味、詐欺ですね・・・。


2008.09.26 11:01 URL | ひるむーんさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/585-67b6eccd

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。