スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

新入り英単語25(boo-boo)

新しい本にようやく突入しました。Tales of a Fourth Grade Nothingです。

ルーシーさんに随分前からお薦めいただいていたシリーズなのですが
どうもプチーには難しすぎるように思い、二の足を踏んでいました。
(上記の本のタイトルをクリックいただくと、amazonへとび
 中味を数ページ読むことが出来ます)

ですが思い切って読み始めてみて、正解でした!
難しすぎるなんてことは全くなくて、めちゃくちゃ読みやすい本でした♪

最初の30ページほどは、辞書をひく機会も全く無くて

「ブログに書く単語が無いかも☆」

なんて心配になったくらいです。


本はなんだか分厚く見えましたが120ページしかありませんし
字も比較的大き目ですので(マジツリよりは小さいです)
とにかく読みやすい♪♪♪



ただ、中盤、主人公たちの住むニューヨークの話になったところで
急に俗語が頻繁に現れました・・・。しかも辞書をひいても載っていないもの
ばかりです・・・。

麻薬密売人(dope pusher)とかシラミ(cootie)など、うちにある
どの辞書をひいても載っていませんでした・・・。
(でもどちらもYahoo!辞書にはありました♪最近Yahoo!辞書が大活躍♪)


とは言え、語彙はほぼ一般的なものしか出てきませんし
辞書なしでグングン読んでいける面白さです。




この本もプチーとサリーが横に二人並んで座り、それぞれが黙読、という形で
読み進めています。話がどんどん進んで面白いので、内容確認は
二ページずつおこなうようにしています。

二ページ読んでは、念のため内容確認のための質問を2.3したり
単語の確認をしたりしながら読み進めています。



本日の単語は[boo-boo]です。
幼児語をほとんど知らないサリーですので、この言葉もしりませんでした。

この言葉は辞書にも載っていませんでしたが、文脈から
[怪我]であることがわかりました。

"Boo-boo here. More boo-boo here."
なんて、肘や膝を見せる場面にでてきました。主人公の弟が
ジャングルジムから転落して怪我をする場面です。



そう言えばこの弟、本当にどうしようもなく腕白で、家族を困らせて
ばかりいます。与えられた食事をきちんと食べずにだだをこね
お父さんにお風呂に連れて行かれる場面があります。

お父さんは怒って、その弟の頭からシリアル(牛乳につかってる)を
ぶっかける場面がありました。

「つべこべ言わんと、これ食べとけ!」
みたいな感じなのですが(セリフはありません)
プチーがここで一言。

"...Americans."

と言いました☆

あきれてるのか感心してるのか知りませんが、とにかく
子供の頭の上からシリアル(WITH牛乳)をぶっかけるなんてことは
少なくとも日本では、あまり無いように思います。

お風呂場とは言え、牛乳とシリアルだらけになっちゃったら
嫌だしなぁ・・・。


本当のアメリカ人がみんなこんな様子なのかどうかは知りませんが
プチーの中にもすっかり「アメリカ人ってこんな感じ」というイメージが
出来上がっていそうです。




アメリカの日常っぽい感じが、ガンガン伝わるこのシリーズ
やっぱりおもしろい♪

楽に読めるのもうれしい♪

このシリーズ、まとめて五冊、購入済です♪




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ランキングに参加しています。バナー↑をクリックして
ランキングの応援していただけるとうれしいです。



2008.08.15 14:49 | 精読英単語 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

ご丁寧にありがとうございます。
案ずるより産むが易しだったでしょ?
以前も書きましたが、ウチもパンツマンと同時に読んでましたから。

サリーさんがおっしゃるように、
アメリカの子供の生活がうかがい知れるところが魅力です。
でも、『コレはないでしょ!?』っていう激しい場面もありますね。(笑)

私見ですが、
読書は緩急織り交ぜるのが根続きさせるコツですかね?
辞書要らずに『あ~面白かった!!』ってだけの本も
我が家にはオアシスとして必要です。
真面目一辺倒な本ばかり読んでいても、眠気を誘うばかりです・・・
って、ウチだけ!?!?!?

2008.08.16 08:03 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

'Tales of the fourth grade nothing'、おもしろそうですね。小学生に読ませるにはぴったりな感じがします。

Boo-Boo、私も子供向けアニメのDora,the explorer を見ていて、DoraとBoots の会話で初めて知りました。たまに子供が怪我をしてすりむいた時などに、使っています^^

息子は英語の大文字はなんとなく覚えましたが、小文字はこれから遊びを交えて教えていきたいなと思っています。アルファベットを憶えて、子供といっしょにReadingができるようになると、親の読み聞かせから一歩すすんで幅が広がりそうでいいですよね。

2008.08.17 13:00 URL | yumibinch #szRLcx2. [ 編集 ]

読書は、親が欲張って難しいものを読ませても
ろくなことありませんね。

最近つくづく感じています。

絵本だっていいし、マンガだっていいし
でも難しいのもたまには読むし
色々織り交ぜてこそですね。

この本、楽に読める割には
お兄ちゃんの心の中のつぶやきに
同情したり心痛んだり感心したり
なんだか人間ドラマも感じます。

(プチーがそこまで感じているかは不明)

この本、本当に気に入りました!
ありがとうございます!

2008.08.18 11:00 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

このお話おもしろいですよ。
アドベンチャーもの好きで
あまり日常生活ものが好きじゃないプチーも
楽しんで読んでます。

読んであげるのももちろん楽しいですが
やっぱり本はゆくゆく、本人が
自分ひとりで楽しめるように持っていってあげるほうが
親も楽ですよね♪

好きな本を好きに読めるほうが子供もきっと
気が楽だろうから、どうぞ、読みも
教えてあげてください♪


2008.08.18 11:03 URL | yumibinchさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/564-7043f294

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。