スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

角度を変えたら見えてくるもの

八年前に生まれた我が子に、自分なりに、できる範囲で
英語を与えてきて思うこと・・・。

無理したら続かないから、と、その時点でできることだけを
やってきました。お金はかけたくありませんから、サリーの頭の中の
英語力やアイデアを使って工夫してやっていこう、と思っていました。
(知識もアイデアも無料だから、これが一番安上がり♪)


そのおかげで、完全にひとりよがりになってしまい、他の人の
忠告や評価など、いっさい受けないまま、プチーは三年生にまで
成長しました。


英検は受けていましたが、英検と言うのは試験ですから
何がなんでも受かりたければ、コツを伝授したり、慣れさせたりすることで
ある程度合格へ導けます。本当の英語力とはつながっているようで
つながっていません。

英語力があれば必ず合格するものだと思いますが
合格すれば必ず英語力があるとも限りません。



公文式にも一年通いましたが、公文式はもともと算数に力をいれている
お教室ですから、英語は少々なまぬるいところがあります。

先生には当たり前のようにちやほやしていただき、プチーにもいい意味で
自信をくださいました。ですがプチーは褒められて伸びるタイプではありませんから
この一年は、プチーを随分甘やかしましたし、成長する原動力や
エネルギーを得るようなことはありませんでした。




その時点でできることをできる範囲でする、という趣旨で続けてきたため
我が家の英語は随分偏ったものだったと思います。

同じ家族で同じ経済力で同じ家に住み続けながらの英語ですから
内容が大きく変わるようなことはありませんでした。


聞く、はCDにより可能。
読む、は読書により可能。
書く、は作文により可能。

話す、に限っては、外国人の話し相手を見つけることができませんでした。
英会話スクールへ通うのをケチって、家でサリーと会話していました。

つまり、書くや読むや聞くにより、充分英語力を育てれば
英会話力も必ずついてくるはず、と信じていたのです。



ところが実際のところは、そうでもないようです。



小さい頃は大丈夫でした。お腹がすいたとか、どこかへ行きたいとか
そんなことしか話しませんから、いくらプチーでもそのくらいのことは言えます。

たまに外国人としゃべる機会があっても、自己紹介をしたり
将来何になりたいか伝えたりして
「英語がこんなに話せるんだね、読めるんだね。」
と大袈裟に褒められ
「センキュー~♪」
なんてお礼を言ったりして・・・。

年が小さい上、それほどおしゃべりではないプチーですから、このタイミングで

「実はね、お母さんが英語の先生なのよ。
 英語英語って毎日英語にこだわるから、私もなんだか
 いつの間にかこんな風になっちゃたわ。

 って言っても、英語だけじゃないのよ。やたら色々うるさいの。
 あれしろ、これしろっていろいろ言うもんだからもう頭の中
 ぐっちゃぐちゃよ。
 
 ところでアメリカの幼稚園児もこんなもんかしら。
 私、同じくらいしゃべれてるって言える?
 まだまだ足元にも及ばない?

 なにせ日本生まれの日本育ちでしょ。英語ばかりやってるわけに
 いかないし、日本語の方もちゃんとしゃべれないと
 生きていけないのよね。」

なんて早口にまくしたてることができるのであれば、本物の英語力と
言えると思います☆
(幼稚園児でここまで口が達者だと、母としてはちょっと複雑ですけれど)




話題が限られているうちは、極端な話、何度も同じことを言ううちに
勝手に表現そのものを覚えてしまうこともありますし、会話している、と言っても
言葉を自在に操っているとは言えません。

全く同じ表現しか使えないようであれば、しゃべっているとは言えません。
こういう場合は明白ですからすぐ気がつくのですが、中途半端に応用がきくと
一見しゃべっている風と勘違いしがちです。



家でサリーと話しているだけでは、プチーの会話力の無さをあまり
実感することはありませんでした。お互い意思の疎通はなんとかなりますし
サリーもプチーも母語が同じですので、トンチンカンな英語でも通じます。

そして、ずっと

「ちゃんとしゃべらないといけない時がくれば
 なんとか、うまいことしゃべってくれるに違いない。」

と、信じていました。


英語力はきちんと育ててるつもりだもん。しゃべりは慣れが必要だし
場数を踏めば必ずどうにかなる。

そう信じていました。




そして三年生から通い始めたサタデースクール。
担任の先生はアメリカの先生です。日本語は通じません。
(本当にわからないそうです)

プチーが何かを言っても、先生にはよく、聞き返されるそうです。
英会話が下手だというお墨付きをいただきました。
通じてません。



今までは、話す機会がありませんでしたから、プチーの英会話力を
測る材料がありませんでした。

ですから、「きっとしゃべれるに違いない」と、都合のいいように
解釈していましたが、もう言い訳出来ない状況です☆




ちょっと方向性を変えてみて、正解でした。
見る角度を変えてみると、プチーの英語力のお粗末さが浮き彫りとなりました。

プチーのしゃべる力は、やはり身についていませんでした。

「やればきっとできるはず」はただの言い訳として砕け散ってしまいました☆


さぁ、ここから踏ん張りどころです。
出来ていないことに気がつくことができ、ラッキーでした。



これとこれをやったら、あれは勝手に身につく。
そういう都合のいいことは、我が家には起こりませんでした☆

これも、それも、あれも、分け隔てなく手をかけてあげないと
いけなかったんだなぁ。




とりあえずしゃべりの強化も始めています。
まずはサリー相手に家で練習。
そしてサタデースクールでそれを実践。

うまくいくのかなぁ。

読書や日記と違い、相手のいることですから、反応もダイレクトに
返って来ますし、正直言ってうんざりしたりガッカリしたり
嫌な思いをすることも多いと思いますが、三年生は[しゃべり]に
力をいれていこうと、あらためて決心しました。









ところで、いよいよオリンピックが始まりました。
柔道とか、水泳とか、重量挙げ、とか、バレーボールとか
色々な競技を見れば見るほどなんだかうれしくなります。

重量挙げって何のためにやるんだろう?

水泳の場合、「溺れないように」とか
柔道の場合、「護身のため」とか
スポーツの中には何かと理由をこじつけやすいものもあるけれど
重量挙げは、なかなかいい理由をこじつけることができません。

「なんでやってるの?」
「何が楽しくてやってるの?」
「なんの役に立つの?」
なんて、思われることに必死になる姿を、サリーは好きです。


四年という歳月を、あの一瞬のために使うんだもの。
気の遠くなるような話です。

失敗しても死にはしないけれど、だからと言ってどっちでもいいわけでも
もちろんありません。オリンピックに出場するって本当に
とんでもなく、すさまじく、とてつもない偉業だ、と思います。



今回のオリンピックを目指している人が身近にいました。
このために何年もそのスポーツにささげたけれど、結局最後の最後に
代表からもれました。

だからってここで人生終わり、なんて表情はしていません。
また練習に励んでいます。

彼女に「何のためにそんなに必死でやってるの?」なんて聞く勇気など
ありません。理由を聞いたところで、サリーなんかには理解不能だと
思います。





夏休みもあと残りわずか。(というような心境・・・)
精一杯楽しむぞ~!







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして
応援してください♪

2008.08.10 13:37 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(6) |

コメント一覧

こんにちは、yumibinchです^^

ふむふむ、と頷きながらサリーさんの記事を読みました。共感するところがたくさんありましたよ。

お金をかけずに、子供に英語を教えたいというのもよくわかります^^英語子育てしている方はいろいろなスタンスの方がいらっしゃると思いますが、お教室もたくさん売られている教材も、主婦の金銭感覚からみると、お安くはありませんものね。

なにより英語子育てのいいところは、親子で学ぶことができることにもあると思うんですよね。子供は、親(家族)から他者とのコミュニケーションを学ぶとなにかで読みましたが、母国語に英語がプラスになることで、日本以外の文化にふれる機会が増えますよね。

私がこう考えることができるようになったのも、サリーさんや英語子育て情報をネット上にだしてくださっていた先輩ママたちのお陰だなと感謝しています^^

息子の英語での話しかけを増やして、約二週間たちました。最近ようやく、自発的な英語での発話がでてきました。

以前の記事へのコメントで、親子のDialogue
を載せましたが、あんなにスムーズではなく、息子の
「えー、なんていうの?」
「わかんなーい!」
という日本語がたくさんはいっています。

週末は仕事が休みの主人がいるので、TVも日本のアニメをよく見せていました。うめhiro
さんに教えていただいた、Curious George
もプラスすることにしました。原作絵本が息子は大好きなので、喜んでみていました。


オリンピック(パラリンピックも)は、純粋に競技の観戦も楽しめますし、選手が懸命にがんばっている姿にもはげまされることが多いです。身近にオリンピックをめざすような素晴らしい選手がいるって、いいですね。

夏休み、あっという間にもうすぐ折り返し地点でしょうか?子供はもちろんママ達も、楽しめますように!

2008.08.10 16:05 URL | yumibinch #szRLcx2. [ 編集 ]

英語と関係ないんですけど。

子供のお友達のパパが、かつてはオリンピック代表候補選手でした。
強化チームの最終選考で漏れたそうです。
テレビで活躍してる選手のことを指差して
『あ、コイツ、パパの後輩や。』
『コイツがコーチかぁ~。パパの友達やねん。』
って言えるのが幸せなんですと。
それだけで、子供が目をキラキラさせて尊敬してくれるんですって。
『スポーツしかない青春だったけど、スポーツがなければ今の僕もなかった。
引退した後の選手生活より長い人生が、
あの時代があったおかげで続いてるし、
あの時代を友達に自慢することで美味い酒が飲み続けられる(笑)』
っと、言ってました。
幼稚園のBBQ親睦会で、酒飲みながら。(笑)

その道を通った人にしか見えない景色ってあるんでしょうね・・・
北島選手、ばんざい!!!!!!!

2008.08.11 12:42 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

(あまり いろいろなことをするより
ひとつのことに集中して 一段落したら
違うことに移るほうが 確実に力がつくので
「あああ」で 音の流れにのる 
これが 一段落したら その後で取り組むという前提で)
無料で 英語を話す力がつく学習方法
英検準2級 あるいは 公立高校入試程度の読解問題を読んで その内容を 自分の現在持っている 英単語 構文を 使って
paraphraseする(やさしく 言い換える)
とぎれず言葉が続いて出てくるように ほんとうに自分で話せる範囲でやさしい英文で 話すのが 「コツ」
いわゆる英会話学校へ行ったり
英語圏の人(英語を教えていても 先生とは言い難いような人もいるので あえて 先生とは書かずに 「人」と書きましたが)のフリーカンバセーションというプライベートレッスンをとるより
はるかに?! 効果的だと思います

2008.08.11 21:19 URL | うめ☆hiro #- [ 編集 ]

親子で関わるからこその良さ、本当にありますね。
一体となってやるからなんだか結束も固くなります。
でもやりすぎると世界が狭まりすぎてしまい
そうなってしまって初めて
外の世界とのつながりの大切さを実感したりもします。

プチーは、日本語をはさむことはないのですが
とんでもない英語で強引に乗り切ろうとするタイプです。


オリンピックは本当にいいですね~。
全然興味のない競技でもつい見てしまいます☆

あの、真剣さがいいんですよね~。

夏休み、楽しみましょう♪

2008.08.12 15:14 URL | yumibinchさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

同じです。サリーの知っている人も
最終先行でダメでした。

その人にしかわからない充実感とか
達成感とか色々あるんだろうなぁ。



息子がいたら是非北島選手みたいな
ガッツポーズをして欲しいなぁ、なんて
夢みています。

あぁ、すばらしい~♪

2008.08.12 15:17 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

ひとつのことで一段落ついてから次へ、という考え
とてもよくわかります。

サリーも全く同感です!


自分の言葉で言い換える大切さも最近
痛感していた所です。これが話す能力も
しっかり磨いてくれますね。


英会話スクールの先生のことを
「英語圏の人」と呼ぶあたりも、めちゃめちゃ
共感できます!!!

本当!おっしゃる通りです!



パラフレーズ、というんですね。
これも積極的にやってみようと思います。
いつもありがとうございます。

2008.08.12 15:21 URL | うめ☆hiroさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/560-8fa4e014

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。