スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

サタデー半年の成果(リスニング編)

今までずっと、プチーのリスニングは、英語四技能の中で
一番マシだと信じてきました。

英検の時も、いつもリスニングに助けてもらっていました。

ですが、サタデースクールでのプチーのリスニングの評価は
これまた[平均以下]でした。何をもって評価されているのか
具体的には知りません。

例えば英検のように、リスニングテストがあり、その点数をもとに
判定している、というようなことはありえませんから、きっと
授業中の態度を見ていて
「この子、何もわかっていないな。」
と、思われているんだろうと思います。

会話力でも、リスニング力でもそうですが、具体的なテストがある
わけではなくて、全て授業中の態度から総合的に判断されて
いるようです。

ほぼ全ての項目に[×]が並んでいますから、母としては
この通知表を見る度、げんなりします。




リスニングに関しても、学期の途中に、先生に確認してありました。

プチーは外国人と接したことがほとんどありません。
CDやDVDで、外国人の英語は聞いたことがありますが、日常的に
聞いているのは、母親(もちろん日本人)の話す英語だけです。

外国人の英語を聞きなれていないから、授業の内容がわかっていないことも
あるんじゃないか、と心配している旨を先生に相談していました。


先生のお答えは
「生徒がちゃんと理解できているかどうかは、顔を見たらわかるもの。
 大丈夫です。」
というものでした。


そうか、よかった~♪

・・・と真に受けちゃった自分が、今となっては恥ずかしい。
真に受けてる場合じゃありませんでした。

というより、そんな質問、無意味だったと気がつきました。


出来ていないはず、を前提に、もっと無我夢中で過ごさないと
いけなかったのかもしれません。自分の詰めの甘さを今頃
後悔しています。




通知表では全ての評価が悪いのですが
綴りや文法が悪いのは、それほど気になりません。

プチーの日記はいまだにスペルミスの宝庫です。
語順もとんでもないことがあります。
ですから、評価も、こんなもんだろう、と思います。
妥当です。


プレゼン能力が低い、というような評価もそれほど気にはなりません。
極端に恥ずかしがりやですから、どうせもじもじしたり、ごそごそしたりして
ちゃんとしゃきっとしていないんだろう、と思います。

こちらも仕方がありません。



ですが、リスニングの能力も低い、という評価が、正直言って一番
グサリときました。聞き取り能力も低いかも、という心配を今まで
あまりしてこなかったからです。

確かに先生の発音に慣れるまでは大変かもしれませんが
もともとリスニングは得意な方だから、慣れれば大丈夫だろう、なんて
思っていました。



リスニングも出来ていないって、これはどういうことだろう?
聞いているけどわかっていないのか
もともと聞いてもいないのか・・・。



こうしてプチーの何がいけなかったのか勝手に必死で分析するうち
英語力ももちろんだけれど、やっぱり見えてくるのはそれ以上に
プチーの意識の低さ、取り組む姿勢の悪さです。

夏休み中に懇談があります。

いっぱい質問して、注文して、なんとか今後プチーを改善していく上での
ヒントももらいたい、と思っています。






色々考えるうち、英会話スクールで講師をしていた時の事を
思い出しました。

日本の英会話学校の場合でも、子供の英語力をきちんと把握し
それを正確に保護者に伝えるような学校はほとんどないことを
思い出しました。



「がんばってくれていますよ~」が挨拶がわり。

辞めずに続けてほしいから、保護者には、子供が何も学んでないことを
気付かれないようになんとか隠すのが常識でした。

中学生になってみて、保護者の皆さん、揃ってビックリ。

「あんた、今までのこの○年間、英語で何やってたん?」
と、どのお母さんも中学生になった我が子を見て、愕然となさっていたと
思います。

英語力が無いのを隠し通したまま小学校卒業まで持っていければ
それは講師やスタッフのお手柄です。


自分もそんな業界で働いていたんだった。
(もちろんそんなスクールばかりではないとは思います)




そう思ったら、プチーのサタデースクールはとても良心的です。
英語力が足りていない、と通知表ではっきり教えてくださったのですから。

半期に一度しか通知表はもらえないと思いますが
無駄にしたのはたった4カ月。これから後半戦、意地になって食いついていけば
プチーの英語も多少はマシになるかもしれません。

たとえサタデースクールでの評価が変わらなかったとしても
今の悔しさをキープできれば、プチーの英語力自体は必ず
上がっていくはずです。

実際の所の実力と、他からの評価とは必ずしも完全に一致しないから
評価が低いまま年度末を迎えてしまっても、それだけを理由に
プチーを責めるのはやめよう。

ただ、ゆるぎない実力があれば、どこからどうつついても
高い評価を得るはずだから、そんな強固な実力を身につけることが出来たら
それが一番いいなぁ。


ペラペラだけど英検には合格しない、とか
英検には合格するけどほとんどしゃべれない、とか
公文だと評価は高いけどサタデーでは低い、とか
そういうのはどれも、不完全な英語力のように思えます。

どこからどう見たって、どの角度から攻められたって大丈夫な
そびえ立つ要塞のような、頑丈で無敵な英語力が
身についたらいいのになぁ。



プチーの英語は見る角度によっては、「すご~い♪」んです!
最近そう感じる機会は少ないけれど、でもいまだに、勝手にそう思って
感激する瞬間があります。

ですが、反対側から見たら、あらら、すっかすか。
よろよろ。ぼろぼろ。薄っぺらいなぁ。
お先真っ暗・・・と、どうすればいいのかわからない時もあります。



しかも、今回、英語力だけではなくて、プチーの色々な問題点が
見えてきました。ここもしっかり検討していかないといけません。
どちらかというと、ここの方が大切かもしれません。

次回、[サタデーの半年の成果]最終章は、プチーの[態度編]です☆
ここ、一番大切なところかもしれません・・・。
大いに反省しています・・・。

できれば赤ちゃんの頃からもう一度育てなおしたい、と
思うほどです・・・。母親ってなんて責任重大な職業なんだろう。



弱気になったり、強気になったり、自分でも自分の気持ちがよくわかりませんが
とにかく、あきらめちゃダメだ。今からやって間に合わないことなど
なにひとつないんだから!





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ランキングに参加しています。
バナー↑をクリックして応援していただけたらうれしいです。

2008.08.02 20:17 | サタデースクール | トラックバック(0) | コメント(6) |

コメント一覧

サリーさん、おはようございます。私が若いころ働いていた業界も日進月歩で、(インターネットや、便利な携帯ができたことも影響あるとおもいますが)今ってこうなのねーと思うことがよくあります。

去年子供向け英会話スクールで仕事をしようと、二つの学校の研修を受けました。(結局その仕事はしてないのですが)すると最近は英会話スクールの数もとても多く、保護者も別のスクールがいいと気づくと学校をかえることも多いのだとか。

そのためレッスンの後保護者にレッスン内容をお話し、生徒さんが具体的にここはよくできてここがもう少しというような内容も話して下さいと指導されてました。

消費者もどんどん賢くなっている、というか時代がかわって(食品偽装事件なども連日報道されますしね)賢くならざるおえなかったのかもしれないですね。

去年息子のトイレトレーニングがなかなか進まず、悩んでいるときに同じ産院で出産した方から自治体でやっている子育て講座を紹介してもらい受けました。トリプルP(Positive parenting program)というグループワークだったのですが、この講座を受けて気づいたことがひとつありました。

親としてきちんとしなくちゃとあせると、子供の気持ちを忘れてしまいがちだということです。(私だけかもしれませんが^^;)

オーストラリアで開発されたプログラムなのですが、その開発者の中に児童心理学の教授がいるそうで、子供の気持ちに即し親にもストレスの少ない環境をつくっていくというプログラムなんだと私は思いました。

目標があったら、子供と親で相談してきめて達成できたら子供の年齢にあわせそれを確認させるようになっています。(小さい子にはポイント表をつけて、達成できたらごほうびをあげるというような。ごほうびはものでなくてもよく、親子で公園で○分遊ぶというようなことでいいそうです。

サタデースクールですでにそういう取り組みをしているかもしれないですよね。(ポイント表など)ぷちーちゃんにとっては、(言い方はあってるかわかりませんが)ぷち留学しているようなところもあって、(日本の学校とはやはりかなり違うと思いますから)それがサリーさんには、「取り組む姿勢の悪さ」にうつってしまうのではないかな?と思いました。

きっと、仲良しのお友達ができたり、「英語のリスニングがもっと強くなったら、私はこれがしたい!」というぷちーちゃんのモチベーションをあげさせるものを本人が自覚されたら少しづつかわっていくのではないでしょうか?

長々と書いてしまいましたね。私の感じたことがサリーさんにうまく伝わるといいのですが。私が英語子育てをしてみようかなと思ったきっかけのひとつは、サリーさんのブログやHPでしたので、先輩ママとしても英語子育ての師としても尊敬していますよ。

ぷちーちゃんもサリーさんも夏ばてしないように。楽しい夏休みを!


2008.08.03 06:44 URL | yumibinch #szRLcx2. [ 編集 ]

そう言えば業界の大手は、本当に働きづらいくらい
きちんと講師を管理していたりしますね。

サリーが英会話スクールに勤めていたのはもう十年も前ですし
小さい会社しか経験していないので
あんなにいい加減だったんだろうと思います。




子供の気持ちも考え、親のストレスも減らす、という考え
理想的ですね。

つっぱしったり、偏ったりしがちですから
落ち着くこともとても大切なことですね。



サタデースクールでは、確かにやたらと
シールをもらってきます☆

ライティングで何枚か以上書けたらシールがもらえる、とか
そんなことを言っていました。

毎回褒められ、シールも沢山いただいていましたが
なんでこんなに通知表が悪いんだ?!?



プチ留学!まさにその通りです!
文化も何もかも違う所に放り込んじゃった感じです。

ママも正直言って戸惑うことが多いから
あなたの気持ちもよくわかるつもりだよ、と
伝えています。

先生のやり方に馴染めず、戸惑うばかりです。

でも、ここでひいてしまわず、サリーもなんとか
最大限このサタデーを生かしていきたい、と
必死です☆



英語子育ての師!
お~!とってもえらそうです~!
うれしいです~!

師の割にはやたら右往左往して方向性が定まりませんが
これからもどうぞよろしくお願いします!

やる気がわいてきました~♪

2008.08.03 11:39 URL | yumibinchさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

>できれば赤ちゃんの頃からもう一度育てなおしたい、と
思うほどです・・・。母親ってなんて責任重大な職業なんだろう。

なんか6回ほどやってるんですが、
ちっとも進歩しませんよ。
何度やり直しても同じ気持ちになるんじゃないかしら?

前進あるのみ。

世間のお母さんの中でサリーさんほどいつも子どものこと気にかけてる人もいないんじゃないかと思うほどです。

英語ができるって言っても、上に行けばいくほど、大変なんだなーと最近の記事を見ればみるほど、くらくらくらーっときて、そんな世界には踏み込みたくないなーなんて思ったりしました。
(自分でがんばるというのならべつですが)

PS,ブレインポップ我が家は、もう少し先になりそうです。
また感想など書いてくださいね。

2008.08.03 13:46 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

サリーさん、毎日暑くて大変です。

サタデースクールの成績表って
ネィティヴの先生が評価くださるのかしら?かなり厳しいのですね。
びっくりしました。


こういう言い方はよくないですが、
最初からいい成績よりも、悪いほうが
下がりようないですし、
それに、全部が平均して 平均以下で
も、バランスが取れていているんだと思えばいいかと思います。

今後の伸びを期待するなら、最初はむちゃくちゃ悪い評価のほうがいいかもしれません。
また、平均して英語に力が上がっていくことだって可能性あります。
本来なら、サタデースクールの無い夏休みが、英語強化のチャンスなんですが、
通塾もありますし、なかなか思うようにいきませんね。

2008.08.04 07:19 URL | #- [ 編集 ]

↑ は私です。
すみません。

2008.08.04 08:13 URL | jan #- [ 編集 ]

>夏休み中に
とありましたが 
10年以上後 大人になったとき こんくらいできるように なりたい というくらいの「長期計画」でいいのでは?!
リスニングを例にとっても
テスト用に録音されたものと 実際の英語はとても 違います
ちなみに リスニング toeic 475点ですが
わたしの「実力」
NHKのテレビで言うと聞いて筋がわかるのは
「奥様は魔女」くらいです
(古い番組なのでゆっくり話すし 内容が簡単で 聞き取りやすい)
英検2級のリスニングテストは 通常の英語に比べると とても遅いです
バイリンガルでない子供のリスニングの評価で がっかりしないでください
「純和製」のわたしが スクールに通っても たぶん なんとか「平均点」がとれるかどうかだと思います
ちなみに わたし 55歳です
最近 話せるようになりたいと特訓?!開始
リスニングも 映画を教材に 特訓中なのでまあこれから少し「生きた英語が聞けるように」なるかなと思っているところです
こんなに のんびりやっている人もいますよ
あまり 急がないほうがいいのでは?!
といっても やはり 「進化」したい!!
学習するならば 「効果的」な方法でするといいと思います
リスニングが「突然」進化するトレーニングです 試してみてください
英文を聞いて 意味をとろうとしない!!
ただ メロディをおいかけるようにする
「ア」だけで 英文をシャドーイングする
1文聞いてそこでいったん止めて「ア」だけで その英文をリプロダクション再生する
英語の音の高低 長短をつかんで 流れに乗れるようになること
内容を理解しようとすると 音の流れに乗れません 
流れに乗れるようになったら普通のシャドーイングやリプロダクションやオーバーラッピングなどに戻ります
「ある日 英語が 突然 聞けるようになった!!」というようなことを聞いたことがありませんか
それは その人が 英語の流れに乗れるようになった時のことを言うんだと思いますよ
気持ちはゆったり 結果は はやく確実に
というふうに いくといいですね



 

2008.08.05 01:34 URL | うめ☆hiro #- [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/553-d79c7774

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。