スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英国の教育とサタデーの教育

サタデースクールの不満を、わざわざ何項目にも分け
書きつづけるサリーの記事に、現在イギリスにお住まいの
バニラさんがコメントをくださいました。

コメント自体は秘密のコメントでくださったのですが
公開しても構わない、とお許しをいただいたので
全てではありませんが、こちらにあらためて転載したいと
思います。

というのも、イギリスでの教育事情など、日本在住の
サリーにとって、全く未知の世界です。

サリー自身がとても興味深く読ませていただいたコメントでしたので
他の、日本在住の、英語が好きな方々にも是非読んでいただきたいなぁ
と思いました。

以下、バニラさんのコメントです↓(全文ではありません)

↓↓↓
うちと同じです。。。
最初にイギリスの全日小学校に編入した頃、
「イギリス人父親でも、日本語しか話さない子供なので、
英語だいじょうぶでしょうか?」
「学年も、日本より2学年跳んでいるので、授業ついていってますか?」
「家でできるサポートをアドバイスください。」と聞きまくりました。

先生は、だいじょうぶ、問題ない、よくがんばってます・・・と言って、
本人にも確認していたのに、もらってきた評価にびっくりでした。
だったら、最初に聞いたときから、言ってくれれば良かったのに・・・って
思いました。あの頃、怒りと悔しさでいっぱいの日々でした。
普段、滅多に泣かない娘も、私に隠れて、涙を流しながら辞書を引き引き、
一生懸命本を読んでいたのを思い出します。

作文に関してもそうですね。
日本の小学校でもそうでしたが、イギリスの学校でも、
作文指導をしないくせに、作文書いてくるように言われるので、
私は、聞きまくりました。

「とにかく書いてきてください。」とか「課題はこれについて書きましょう。」では
あまりに抽象的過ぎて、子供にはわかりません。文の構成や書き方についての
指導はないのですか?と。

すると、先生は言いました。「それはご家庭で教えてあげてください。」と!!
日本のほうが、まだ作文の書き方ドリルや教本がでているのでいいのですが、
英語のほうは一切、作文教本はありません。

「とにかく、できなくても書いてください」って言われます。
ついにある日キレちゃって、「だったら、先生は、日本語で歌舞伎を見て、
その感想を日本語で書いてください。と言われて、適当でも書けるのですか?」って
言ってしまいましたよ。

イギリスでは、できない子供は切り捨てられていくんだと思いました。
切り捨てられるといっても、叱られたり、呼び出されるというのではなく、
放っておかれるんです。上手くても、下手でも添削なんてしてくれません。

娘がしょぼい頃、どの先生も見捨てていたくせに、
私が手ほどきして、成績があがり、できるようになった途端に、
コンクールだの学校対抗だの学校のメリットがあるときばかり、
娘を代表にして、すっごくむかつきました。まるで、自分たちのの指導が良いから、
こんなに凄い生徒がいるんです・・・とばかりの態度にあきれてしまいました。

結局、娘の英語力が伸びたのは、学校が何もしてくれなかったために、
悔しい、悲しい、苦しみを原動力にして伸びてきました。

(中略)

「いつか見返してやろう」「ざまーみろ!って言ってやろう」って思っていたんですが、
今は、先生に「ありがとう!」と感謝の気持ちです。
学校は辞めてよかったですが、それは捨て台詞でも、優越感でもなく、
子供の伸びる環境が必ずしも学校ではなかったというだけのことです。
サタデーや補修校も同じスタンスで、あすこでないと日本語(英語)を学べないとは
思っていないのですが、モチベーションをあげるのには良いと思います。

(中略)

高い英語力、ネイティブに近い英語力が身についてくるのは、苦しんでなんぼの領域です。

(最後、サリーを励ましてくださいました。ここは略します)


↑↑↑
以上です。

これを読んでつくづく、プチーの通うサタデースクールもいわゆる
欧米系の考え方に基づいていて、プチーは出来が悪いから
切り捨てられたんだろう、ということを確信しました。

辞めることばかり考えていましたが、今、絶対やめられない、と
あらためて思いました。

一度、がんばってみないことには気がすみません。

やってみて、どうなるかはわかりませんが、もしかしたら
多少評価がかわるかもしれません。


つい数ヶ月前まで、英語なんていつ消えてもおかしくない状態でしたが
なんだか必要以上にむきになって、英語をがんばることになりました。

英語の学習はもともと自分のためであるべきですから
こんなことでは本末転倒で、一体、何のために英語に触れているか
わからないような状態になってきました。


こんな通知表じゃ、くやしいやん。
もうちょっとマシな評価もらおうよ。

なんだかそのために、英語をがんばることとなっちゃいました。

ですが、いい機会です。こんなことでもなければ
塾に押されて、居場所をなくしていたかもしれない、我が家の英語です。

とにかく今は、もっとマシな英語力つけようよ、ということで
プチーの書く英語も話す英語も、容赦なく訂正してやっています。

プチーもやる気ですから、訂正されること大歓迎です。
必死です。


これで仮に、英語が上達したからと言って、だから何、ということは
何も無いんですけれど、もともと我が家はバイオリンだの体操だの
生きるためになんの必要も無いことを必死でやるのが好きな親子ですので
その先に何があるかなんて考えずに、とりあえず突き進もうと思います。


まだ三年生でよかった~!
今年は、英語元年!始めて英語を本気でがんばる年にするぞ~♪










にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ランキングに参加しています。バナーをクリックして
ブログの応援をしていただけたらうれしいです!

2008.08.01 21:05 | サタデースクール | トラックバック(0) | コメント(9) |

コメント一覧

>一度、がんばってみないことには気がすみません。
とのこと
子供用のライティングの参考書についてあまり詳しくないのですが
てもとに一冊だけですが子供用のwritingの参考書がありますので ご紹介します
"Paragraph Writing made easy"
scholastinc professional books

signal words や
types of paragraphs などについての説明があるので 読解力をつけるためにも役に立つと思います
サリーさんが 大人用の reading writing の参考書を読んだことがないのであれば
この本は 大人でも 是非読んでみるといいと思います

2008.08.02 14:30 URL | うめ☆hiro #- [ 編集 ]

欧米の教育って落ちこぼれはほっとかれるというより、
習熟度にあわせて教育がなされているという印象がありました。

学校によって差があるというのもきいていましたが、、。本当にいろいろあるんですね。
サタデーもるんるんの記事ばかりが出てくると思ってましたから、、実は、びっくりです。
現実って厳しいですね。


燃えてるサリーさん、どんなことを始めるんだろう。

2008.08.02 18:16 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

ありがとうございます。
うめ☆hiroさんは、本当にいろんなことを
ご存知ですね。

早速、アマゾンでこの本を探してみました。
本格的な、作文のための本ですね!

うちには実はもっと小さい子向けの作文の本があり
まずはこれからやってみます。

でも、そこそこ書けるようになったら
次は、うめ☆hiroさんがご紹介くださった
この本に、是非移行して行きたいです!

作文って思いをただつづるだけではなくて
実はきちんと「書き方」というものが
あるんですよね。

ただ書けばいいってもんでもない・・・。


その辺、サリーも本当に苦手な分野なので
一緒に勉強していきたいと思います。

ありがとうございました♪

2008.08.03 05:56 URL | うめ☆hiroさんへ #3.bJuyBY [ 編集 ]

サタデー、プチーはるんるん、なんですよ☆
楽しくて仕方が無いみたいです。
でも何故楽しいといえるか、不思議です。

まわりが見えていないんですね、きっと。



日本は、どちらかというと、できる子はおいておいて
できない子のフォローに力を入れるように思います。

もちろん学校や先生によって様々だとは思いますけれど
プチーの学校はそういう感じです。

でも少なくともプチーのサタデーは
できる子は伸ばすけれど、できない子は
見捨てられているようです。

見捨てられちゃって残念です☆



何も新しいことを始める予定はありません。
もっともっと地道につめていこう、と気持ちを
新たにしています。

でもブレインポップは、申し込みましたよ~!

またもちろん記事にも書いていくつもりです♪

2008.08.03 06:00 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

これはアメリカやカナダでも同じようです。
一応、義務教育としては高校までらしいのですが、
じゃんじゃんドロップアウトしてるようです・・・
義務教育でドロップアウト!?!?!?
っと理解に戸惑いましたが、
ホントの底辺レベルの学力は悲惨だと保護者の嘆きを聞き、
現実として受け入れる事になりました。

>高い英語力、ネイティブに近い英語力が身についてくるのは、苦しんでなんぼの領域です。

これは痛感しています。
と言うより、今まさに、もがいています。
【高い英語力】には程遠いのですが、そこを目指しているので、
親である私がアップアップしそうです。
ウチの息子はまだプレッシャーがないので気楽ですが、
今のペースで語彙を増やしていては、エッセイのレベルでは、
近い将来、地獄絵を描かねばならないと容易に想像できるのです・・・
結局は、本人に乗り越えてもらうしかないけど、
少しでも底上げしといてやりたいのが親心。
でも、私もそろそろ英語力貯金を使い果たしてしまいそうで、
親子であえぎながら失敗と学習を繰り返さねばならない今日この頃です。^^;

2008.08.03 07:09 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

ドロップアウト・・・。
そうだったんですか。

まさに、切り捨てられちゃうんですね。

切り捨て対象になったら、どうすりゃいいんでしょうね。
自力でがんばるしかないのかな。



苦しんでなんぼ、ってなんだか
壮絶な表現でしょう!

でもここまでのぼりつめたからこその
表現なんだと思います。

楽をしてきたふりをするのは簡単だけど
イギリスの方はそうやって
「なにもたいしたことはやっていない」と言い続け
しらばっくれることにより、一人でも多く
競争相手を減らそうとなさるそうです。

がんばっている人が減れば減るほど
ライバルも減るし、自分が際立ってきますものね。

もちろんみんながみんなそうではないだろうけれど
そういう国民性もあるようです。




エディ君は読書が好きだから、それが
これからも大きな支えになるんでは
ないでしょうか。

大切なのは本人だけど、助けてやりたいと思うのは
当然ですよね。

できる限りのサポートはしてあげたいですよね。


何をすべきか、何ができるのか、これからもっと
迷いや模索が増えるんでしょうね。

2008.08.03 11:50 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

わかります!!私も自分のクラスでは「文章の書き方」等は教えません。クラスは勉強に対してのモチベーションをあげるためのものだと思っています。
私が付ける評価も できたかできないか
シビアかもしれませんが そうしないと本人も親も自覚してくれません。
クラスに参加したければ 「コレとコレはおうちでやっておいてください」と言っています。 怖いオバちゃんです 笑

日本の公立はどうでしょうか?
普通の公立小学校でも作文や感想文の書き方指導はほとんど無いのではありませんか?
小学生までは親のサポート(または塾のサポート)が無ければ 本当に大変ですね
それから評価については あいまいな評価をする先生もいらっしゃるかな?

ルーシーさまの書かれていること 本当によくわかります。
うちも聞かれたら 「親はなんにもしていないよ」と言います。確かに教えることはしていないけど 教材の選択や勉強の取り組み方法などはいろいろ勧めたりしんましたもん 笑
そして親の私はすでにドロップアウトしていま~す

2008.08.03 20:35 URL | ゆかりん #- [ 編集 ]

バニラさまの親子ともどもの壮絶な努力
ただただ感服しております。

思えば、わが家も、親の都合で、
娘が急に英語環境に放り込まれ・・・・
特に最初の2年は、親子とも悪戦苦闘しました。
泣きながら宿題をしたことも、一度や二度ではありません。
あまりに必死だったため、何をどうやったのか、
今でははっきりと覚えていません。
(現在も日々試行錯誤ですが・・・)

娘が通ったインターは二校ありますが
いずれも計算や読み書きの細かなところではなく
もっと大きな高度な部分を見せる、という授業で
細かなフォローは親がするんだな、と理解していました。

ルーシーさんのおっしゃるような親の空気は
確かに私も強く感じます(笑)
けれど、学校側が切り捨てる、
というのはあまり実感がないですね。
学校によるのかもしれませんが・・・
通知票は情状酌量はないですけれど
努力などを褒めてくださる先生に感謝しています。
わが家も全体の成績は良いですが
一部分だけ、どうしてもだめなところがあり
そこだけは評価が低いです。
が、親としては納得しています。

それにしても、バニラさまのご意見がおうかがいでき
とてもありがたく思いました。
私など足元にも及びませんが
先輩を目標に頑張りたいと思います。



2008.08.06 17:21 URL | yuyu #0ecWsDRU [ 編集 ]

日本にある学校とは言え、英語の環境であることには
違いありませんから、お嬢さん、最初は本当に
大変だったんだろうと思います。

うちのサタデーは、辞めようと思えばいつでも
辞められます。

がんばってみて、ダメだったり
認めてもらえなかったらやめようね、と
娘とも話しています。

でも毎日通う学校の場合はそう簡単に
やめることなどできないから
緊張感ももっともっと切実だと思います。



細かなフォローは親がする。
本当にその通りですね。

小学校教育にはもともとサリー自身が特に
何も求めていなかったので
プチーの学校に関しては何の印象もないのですが
日本の学校でもやはり細かい所は
親がきちんと、目を光らせていないと
いけないのかもしれません。

学校でどんなことをしているのかも
全く無関心でいます。これもよくありませんね。


結果が全てではなくある程度努力を認めていただけたら
こちらとしては多少ほっとしますね。




バニラさん、すごいでしょう!?

時々コメントしてくださっていますから
どうぞまた時々チェックしてみてくださいませ!

2008.08.07 11:00 URL | yuyuさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/552-3eb94323

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。