スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

新入り英単語5(drool)

毎朝本を読むのですから、次々新しい英単語が出てきます。

その都度うまく覚えられるわけもなく、辞書をひいた単語のリストが
どんどん増えていくのを横目で気にしながら、結局
一日にひとつが限界だ、と自分に言い聞かせています。

ひとつずつだけでも覚えていけたら、と願っています。

もちろんその、一日にたった一つの英単語でさえ定着せず
忘れては覚えて、忘れては覚えて、を繰り返すんだろうなぁ、と
思います。


そんな中、同じ人の作品を読みつづけるとちょっとわかりやすいかな、とか
どうすれば単語を覚えていけるんだろう、とか、焦る気持ちもあるのですが
とにかく毎朝読んでいます。まずは続けるしかないもんなぁ・・・。


昨日読んだ箇所にはこれと言って書き残したいような単語がなくて
プチーに一つ選んでもらいましたら、[bellow]を選びました。
[roar]という意味です・・・。何故これを選んだのかは不明です。

ベロ~、なんていう変なサウンドと[吠える、唸る]というイメージが
全然結びつかず、面白いと感じたのかもしれません☆




今朝読んだところには、逆に沢山色々な単語が出てきすぎて
一つに絞ると言っても、どれにしていいやら決められない・・・。


子供にとってはお馴染みの単語であるはずですのに、プチーが
忘れていた、ということで、大変ショックだった[drool]にすることに
いたしました♪

赤ちゃんに関する絵本には必ず出てきますし
学園ものにも結構出てくるように思いますのに
しかも、プチーは昔は知っていたように思いますのに・・・。


[drool]は[よだれ]です。

赤ちゃんのよだれの話ででてきたり
よだれの跡がついてるよ、なんて友達に指摘されたり
お腹がすきすぎてよだれがでちゃうよ、なんていう具合に
日常的によく使われる単語です。

(ですが確かにイスや机ほど、毎日使う言葉でもない・・・)


とりあえず、何か単語を覚える上で、このような名詞は意外と覚えやすいので
プチーの頭の中にばっちり入っていってくれたことを祈ります。




逆に何度やっても、サリーの頭にも入っていってくれないのが
同意語です。同じような意味の単語の、二つ目、三つ目、というのが本当に
覚えにくい!

例えば今朝でてきた[shove]は、[push]という意味だろうと見当をつけて
辞書をひいたら、やはり[push roughly]でした。

こういう単語は、本当にインパクトが少ない・・・。ほぼ無いに等しくて
辞書をひき終わったその瞬間から忘れていきそうです・・・。



語彙を増やすって地道だなぁ。
(語彙を、わざわざ増やそうとするから、悪いのかしら。
 そんな下心を見透かされたように、語彙がいっこうに増えないわたしたち)







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ランキングのバナーです↑
クリックして応援していただけたらとてもうれしいです。

2008.06.24 10:47 | 精読英単語 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

覚えにくい単語ってありますよね。

私がどうしても覚えられないのが、drown(溺れる)です。(今、辞書引きました)
なんで覚えられないかというと、いつもうろ覚えなので、
外で会話で口にしようと思うと drawn と思ってしまって、
そうしたら「あれ? それって draw の過去分詞だよ?」と思ってしまって、
そこで思考が停止するんです。
(それでも自宅に帰ってから辞書を引いたことがなかった私 ^^;)

でも、今日、とうとう辞書を引きました。な~んだ、a と o が違ったんですね。
もう覚えられたかも (^m^)。

他人のブログを利用して、自分の語彙強化を図ってます、私(爆)

2008.06.24 11:36 URL | もっちん #64owOXpE [ 編集 ]

語彙を増やすって、究極の黒子職人技ですよね!
私も痛感しています、近頃。
ウチの息子はTIME読んでるってエラそうに書きましたが、
3年生から始めた英語でしょ?
知的水準が高い(頭が良いってことじゃなくて、乳幼児より年齢が高いってことです。)時からのスタートだった弊害が出始めています。
日本人の学習者がアメリカの大学生が書けない単語をいとも簡単に書いてしまうのに、
アメリカの小学生ならみんな知ってる単語を知らないってこと、
ままあるじゃないですか?アレと同じ現象が出てます。
ネイティブの子達が3年生以上で習う単語はウチの息子も知ってるんです。
でも、2年生以下で当然体得しているであろう単語がチーズの穴のように抜けているんです。
特に口語向き、あるいは娯楽文章向きな単語ですね。
ここを先生に指摘されました。
将来、おそらく留学を希望するであろう息子にとって、コレは痛い!と。
『おしべ』『めしべ』など、息子がいえない単語がいっぱいなんです。
1~3年生用の理科や社会の教科書を素材に
5年生らしいディスカッションやスピーチやエッセイを試みる事になりました。
語彙の基礎を作り直し、さらに派生させつつ年齢相応のプレゼン力を作ろうと言う、
先生のものすごい高度な戦略です・・・
ついていけませんので、私はお任せして息子の宿題を横で眺めるばかりです。(笑)

2008.06.24 11:54 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

覚えられない単語っなぜか全然覚えられないんですよね~。

サリーは、知らない単語のことは、気になって気になって
仕方が無いタイプなんです。

辞書をひかずにはいられません。

辞書をひいて、わざわざ単語帳にも書いて
知らない単語がずんずん積もっていっています。

語彙強化、一緒にやっていきましょう~♪
心強いです♪

2008.06.25 05:29 URL | もっちんさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

先生のアイデア、素晴らしいですね。
難しいものへ、難しいものへ、どんどんと
突き進むのではなくて、あえて今のうちに
穴をうめておこう、ということですね。

そうすると今ある英語力が更に力強いものになって
これから先が更に楽しみになりますね。


アメリカ人じゃないもん、やっぱり
生活に密着したような語彙が欠けてしまうのは
日本で勉強する人たちの共通する問題だと
思います。

(もちろん英語力の差はあるんだけれど)

でも、せっかく子供の頃から英語をはじめているんだもの
子供の分野も網羅した上で大きくなったほうが
得ですね!

楽しみですね~♪


2008.06.25 05:34 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/517-3fb03e69

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。