スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

最近の英語スローガン

先日、公文のテストを受ける予定でしたので、その一週間前から
昔の公文英語のCDを押入れから出してきて、ずっと聴いていました。

懐かしい~。プチーと一緒に遠い昔を振り返るが如く、一緒に楽しんで
聴きました。(そのうち、いつものようにただのかけ流しになっちゃいましたけれど)

よく聴いてみると、つい最近、新しい単語だと思って覚えた単語が
いくつも出てきていることにも気がつきました。

全然新しい単語なんかじゃなかったんだ☆
公文でこんなに色々やってたのか・・・。

公文で出てきた時は、わかってやってたのかな?わかってなかったのかな?
一度は覚えたけど忘れちゃっただけなのかな?

よくわかりませんが、色々な単語と再会できたことをうれしく思っています♪




過去の教材を引っ張り出すと、自分達がちょっと前進したことを
実感できたりします☆

今回は、たまたまテストの準備のために、仕方なく引っ張り出したのですが
仕舞い込んでしまわずちゃんと出しておかなくては、と思い
CDだけは出しておくことにしました。




そこで調子に乗ったわたくしは、こっそり、英検2級の問題集も
引っ張り出してきました。(プチーには内緒☆)

2級の問題集も、もう、もしかして、「こんなの楽勝~」なんて風に
なってたりして♪と半分期待して開きましたが、やっぱり2級は
難しかった・・・。

この問題集が[楽勝]になる日ってくるのだろうか・・・。







最近自分が勝手に決めている英語のスローガンが3つあります。
1つ目は[地固め]です。

難しい話をできるための語彙や表現力を育てる時期まで到達していません。
まだまだ、先へ進めるだけの余裕はないことがわかります。

知らなくても許せる単語と許せない単語が自分なりにあり
「こんなんも知らんの?!?」というような単語をまずは減らしていきたい、と
考えています。

例えば[fry]が稚魚であることは、知らなくても許せますが
[mild]という言葉を見て首をかしげるプチーには、雷を落っことしそうになります。

なにをいまさら~!なんて思うのです。

先日も「[cattle]なんて知らない」というプチーの言葉に、思わず

「絵本にも5000回くらい出てきてるよ。」

と、嫌味を言ってしまった・・・。



プチーの英語の基盤はスッカスカです。埋めても埋めても、前埋めたところに
穴があき、常にスッカスカ。埋める速度が遅すぎるようです。

穴があくよりも速いペースで埋めていかないと!

今まで、先へ先へ、とつい欲張って進んできたバチが当たり、今
スッカスカと戦っています。




それと同時に、もう一つ、相反する案も併用中。
2つ目のスローガンは[とにかく前へ進む]です。

スイミングスクールでもそうですが、クロールが完全にできるまで
なかなか級をあげてくれないスクールと、クロールはそこそこだけど
背泳ぎをしながらクロールもするから、と、級をどんどん
あげてくれるスクールがあります。

どちらにも一理あって、性格的に合う方へ通えばいいんじゃないかなぁ、と
思っています。

一つ一つ完全に仕上げてから次へ進むやり方は、あう子にはあうけれど
プチーにはあいません。サリーもムリです。

完璧主義ではありませんし、どの段階でヨシとして次へ進むのかも
いまいちわかりません。

どんどん進んである程度まで登り、後ろを振り返り、歩いてきた道や
その周りに広がる景色を眺める、というようなイメージで勉強しています。

先へ進んでみて始めて気がつくことや、振り返って別の角度から見てみて
あらためて発見することもあるだろうから、とりあえず登っていく、というような
イメージです。


そんなことをするから土台がスカスカになるのですが、どちらか一方に
気を取られず、常に両方意識していたら、きっとうまくいくはず☆

この方法が自分達にあっているはず、と信じています。



3つ目は[英語で、と日本語で、の併用]です。

4月からサタデースクールへ通うと決まった時点で、今年度は
[英語で英語を学ぶ]一本に絞ろう、と考えていました。

時期を見計らって公文式英語をやめ、かけながしもキクタンのような
日本語と英語が両方流れてくるものは中断してみよう、と思っていました。

二年生一年間、公文式英語や、英検問題集を使って散々日本語を介して
英語を勉強したから、三年生一年間は、英語をとことん英語のみで
勉強してみよう、と楽しみにしていたのです。


ですが、もう、三年生。せっかくの母語を英語学習の助けとして借りないのも
もったいないかな、と思えてきて、結局、日本語を使ってある英語教材も
使っていくことにしました。



プチーがもっと小さい頃に、あんなにこだわっていた母国語方式。
英語はとことん英語で、とずっと思ってきましたが、使えるものは何でも使って
英語を進めていこう、と考えがかわりました。

考えをかえた事により、身につく英語の種類もかわっちゃったかもしれませんが
我が家の今の状況を考えればこれが最善であると感じます。



しかも、プチーの英語力像、なんていうものは、もともと具体的には
特に無かったんでした。

アメリカ人みたいにペラペラ英語を話せたら、かっこいいだろうなぁ、と
この程度の[英語感]しか無く、ですから少々方向性がかわったところで
困ることはありません。

どんな風に英語を取り入れたら、どんな風な英語が身につくのかな?

一番最初、始まりはそこからでしたから(講師時代の好奇心)
結果よりも過程を楽しみ、これからも続けていけたらいいなぁ。



[お気楽英語子育て]トップページへ







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



子供の英語に精一杯関心を持ちつづけるお母さんやお父さん達の
ブログを集めた[親子英語]というカテゴリー。

親子バイオリン、なんて言葉もあるのかなぁ、なんて検索してみたら
やっぱりちらほら出てきました。

うちは、なんでもかんでも親子そろってだから
親子そろばん、親子体操、もちろん親子バイオリン、そして親子算数・・・。


バナーをクリックして、参加中の親子英語ランキングのため
このブログに一票入れていただけたら、うれしいです。


私たち、かなり肩に力が入って、張り切っている親子英語親子です☆




2008.05.17 13:13 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント一覧

サリーさん、こんにちは。
以前一度コメントいたしましたラベンダーです。
丁度同じことを思ってたので、お邪魔しました。

基礎を固めながら先に進むって、試行錯誤の連続ですよね。いろんな方法を試したり、くじけたり、イライラして怒ってしまったり、、。

教職を取っていたとき「今までの文法中心の学校英語ではだめだわ。」と思ったものでした。そして、教科としての「英文法」は高校から消え、総合英語などに統合、吸収されたようです。〔ごめんなさい、断言できないのですが私が調べた知識では。。。ですが〕

でも、今子供に教え始めて改めて「英文法」の大切さがわかってきました。そればかりするのではなくても、ある段階まできたら基礎を入れていく、朝顔なら支柱を立てるイメージが必要なのではないかと思うのです。それによって更に丈を伸ばせると言うか、、、。

このあたりは、螺旋階段のように日々一歩ずつしか進めないけど、気がつくと上に登ってたような、長年の取り組みが必要なのでしょうね。特効薬があればどんなにかいいのに!

我が家の場合ですが、英検等を取り入れると、やはり「次の級」を意識するあまり、ここの「基礎固め」にじっくり時間をかけてやれないジレンマがあります。今挑戦してる級の受験が落ち着いたら、一度文法を年令に合わせて取り組んでみようかなと、思ってたところです。

母国語方式ですが、私も「ESL」を理想にしてたのですが、子供のストレスを見てきたので「EFL」でいいやと割り切りました。そしたら子供たちも「日本語を使って英語を勉強していいんだね」と気が楽になって却って重石が取れたようです。そのご家庭の環境や、お子さんの個性によりますよね。〔例え兄弟でも〕

我が家の一番上は高学年になったので、サリーさんの3つのスローガンにプラス、「自律学習者へと導く」が課題です。まだ二人いますし、やはり2級以上は本人の意思や取り組みがないと「壁」があるなあと思ってます。〔ここが一番難しくて、時間がかかりそうです。〕

また、ブログ楽しみにしてますね!!

2008.05.20 10:46 URL | ラベンダー #ogz9v/Dw [ 編集 ]

立場や、教える相手の子供の年代がかわると
また考えもかわってきますよね。

英文法、サリーも結局、必要だと思います。

どんな方法にしろ英語力が伸びればいいのだから
どうしないといけない、というのは無いけれど
文法説明は意外と有効だったりしますよね☆



英検の件はまさに同感です。

次の級が気になっちゃって、追いつめられます。

今、距離を置いていますが、離れすぎず
近づきすぎず、うまい具合の距離感を
維持できたらいいなぁ、と思っています。


自立学習!これ、最大の目標ですね~!!!

うちのプチーも、自覚を持って
自分でやってくれるような時がくるのかしら・・・。

迷いつつ、これからも前進あるのみですね!

2008.05.21 10:18 URL | ラベンダーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/496-284dce4d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。