スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

公文式英語、続けることに

公文、休会してみようか、とプチーに切り出しました。

他の教科の勉強が気になりだし、公文式英語の時間を削りたくなってしまい
夏休みまで休会してみることをプチーに打診しました。

公文式は休会中、会費も要らないようで、休会する月の前月までに
申し出れば、病気や怪我でなくても、ちょっとお休みすることができます。



公文のプリントをしない代わりに、毎日決まったページ数の、アメリカのワークブックを
しよう、と提案してみたのですが、プチーが、なぜか、休会したくない、と言います。





やるならやる、で毎日やる。
やらないならやらない、で、もう一枚もやらない。

どちらかにしたいんだけど、と言いましたら、毎日やる、と言いました。




それでは仕方ありません。のろのろ毎日ちょっとずつやっていくことになりました。
必ず三枚はやろう。という約束をしました。難しくなったらその度に、二枚、一枚、と
減らしつつ、だらだら続けることにしました。




今、N教材の最後、アンネの日記を読んでいます。

お話は既に知っていますが、細かい部分まではわかっていないはずですので
結局一から読んでいるのと同じです。
(一度以前読み聞かせしてやったことがあります)



公文式の教材には、英文の下に和訳がついています。
一文ずつについているわけではなく、100語くらいの英文のあと
その部分の和訳が添えてあり、両方セットで一ページです。

裏は、その長文についての設問、という形式で続いていきます。



和訳があるので、該当箇所がうまく見つかれば、それを参考に
答えを考えることが出来ます。

最初は、丸写しだけで解答できるようなものが多かったのですが
最近、そうやすやすと解けないように、ちょっとひねってあったり
かえてあったりします。

それでもやっぱり、和訳がありますし、難しい単語の注釈もついていますから
いい加減に進めても、なんとなく進めていくことはできます。



プチーも、それなりに、解答を書き込み、そこそこ空欄をうめて
自力でひとりで仕上げます。

ですが、それではもう、値打ちがなくなってきました。



そんなやり方でも多少、英語は覚えるとは思いますし、知らない作品を読むのは
貴重な機会でもあります。

ですが、月々6300円払って、一日三枚しか解かないのですから
これではあまりにももったいない、と思えてなりません。


答えを書く、ということと、英語を学ぶ、ということは、また別物です。
今のプチーには別に、公文式の英語の問題を解く[テクニック]など必要ありません。


あくまでも英語を主体に考えないといけません。
その上で、日本語の語彙を増やすことにも活用しないといけません。
更に、歴史的な背景など、作品そのものを通して学べることを
とことん勉強してこそ、もとが取れるように思います。



せっかく公文式の英語を進めるんだから、公文式だからこそ
と納得できる理由を見つけないといけない、と思い、色々考えています。





今までは、中学や高校の英語の教科書から引用された英文が
多かったのですが、N教材、O教材、と進むうち、普通の小説が
教材として使用されるようになってきます。

(アンネの日記に関しては、うちにある英語版のアンネの日記と
 文章は全く同じではありません。ですが翻訳者が違うのかもしれませんし
 ほぼ同じ、と言っていいくらい、似ています。)

ですから、小説を購入して読んでも同じかな、と思う時もあります。

ですが、それでは、プチーが細かい所まで理解しているかチェックすることは
できません。読み進んではいるものの、どこまでわかってるんだか、と
いつものパターンになってしまいます。

もちろん、そのかわり、「こんなことまでわかってなくていいのに」と思えるような
細かな点まで掘り下げる必要もありませんから、手間や無駄は省けます。






やはり、設問がある、というのはポイントかしら。
先生の手前、なんとなくさぼりづらい心境になるところもメリットかも。


それにしてもそのためだけに毎月6300円かぁ、とついお金のことを考えて
しまいます。どうも、この金額と、やっている内容が不釣合いな気がして・・・・・。






最終的には、プチーがやりたいなら、やらせておこう、と結局
そこが一番重要な決め手です。




ちなみに公文の一か月分の金額では、サタデースクール一日分にもなりません・・・。
そう思ったら、公文はお得なのかしら・・・・・・・?



2008.04.24 09:16 | 公文式の英語 | トラックバック(0) | コメント(6) |

コメント一覧

o200までいっちゃって目指せ全国一位ですよ(^^)/
現在通われてるサタデースクールとの英語の室の差はあるとは思いますが、定期的に否が応でも触れるという利点と英語ではなく国語力と知識の視点からは得るものもある筈。
日本語訳の出てくる語彙は小3レベルでは決してないですし(^^;)

プチーちゃんは公文の何処が気に入ってるのかしら?
少し気になります。

2008.04.24 10:30 URL | 海豚 #- [ 編集 ]

最後まで行きたいという執念なのかな。
一番になりたいんじゃないでしょうか。


でも、チャッチャとやって、ささーット卒業するか、忙しいときはちょっと休んでできるときにまとめてやれば会費も安く済むってサリーさんの気持ちもわかります。

無理してでも、6300円出してもらえるんだからプチーちゃんは幸せです。
でもやると決めたんだったら目的はやっぱ日本一ではないかしら?がんばってください。

2008.04.24 17:10 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

うーむ。またしてもこれって私たち親子?と思うくらい状況が似ております。
うちも、ほぼ同じく悩んでるよー

もう、今日にでも、「しばらくお休みします」って、言おうと思っているのですが。

プチーちゃん1日3枚ならまだいいじゃないですか!うちは月に40-50枚ペースですよ。
そのために6300円。
でも、お金よりも、私は時間が気になります。宿題をダラダラやって、教室でもダラダラ過ごして、私は、早くやりなさいよ!といつも怒鳴っていて、ストレスたまりまくり。

それでいて、単語の意味を聞いても答えられません。和訳も上手にできませんというか、ずっと丸写しばかりしてきた結果ですよね。

私の激怒が恐ろしかったのか、昨日は、自力で和訳をしていましたが。

日本語がくっついてないほうがいいのかも。と思って、公文SRSも考えました。これなら、英語→英語なので、坊主にはあっているような気がして・・・

で、ふと思い立って、プチーちゃんも愛用されてきた、ネイティブ用の単語ワークブックを使ってみることにしました。

アマゾンで3-5年生用色々、5冊も買いました。
タイミングが良かったのか。注文して18時間後にはもう手元に届きました。

なんて楽しいの!
息子は早速ハマってやっています。
直前まで、公文の終了テストの和訳をやっていたので、ホントに、嬉々としてやっておりました。

もう、英語でも日本語でも、とにかく意味を理解して長文を読みこなせる力がつけば、それでいいわー

って感じです。今は。

公文はとりあえず、一度全国1位にもなったので、少しお休みして、またゆっくり最終教材を目指そうかな。


2008.04.25 08:47 URL | KEI #- [ 編集 ]

最終教材、悩みます。
公文が無ければ絶対読まないような本ばかり
教材に採用されているから、興味があります。

マクベスなんて、読もうと思いませんものね!

おどろおどろしい感じを体験するのも
いいかな、なんて思ったりもします。


今四年だったら確実にやめていますが、まだ
三年だから、余計なこと、無駄なことでも
やっていって損は無いかな?なんて思ったり。

でも、実際難しいものを解き始めると
いつもやめたくなるから、最後までいく自信は
あまりありません・・・。



プチーは、いろんなお話を読むのが楽しいんだと思います。
それから、物事を途中でやめるのがあまり
好きではないので、挫折した感が嫌なんだと思います。

O教材までやらないと、途中で諦めたみたいな
感じに思えるんじゃないかしら。



Oの200まで済ませたら、本当に一位になるのかしら?
でもそれって、なんだかインチキですねぇ・・・。

少なくともサリーは、あまり喜べないなぁ・・・。


ちなみにプチーは、自力で一位は絶対無理なレベルです。


2008.04.25 09:56 URL | 海豚さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

最後までちゃんと終えたい、という執念でしょうね。
順位のことはもう、忘れていると思います。

どうやったら順位をあげることができるか、も
わかっていないと思います。



確かに最後までいけば全国一位にはなるかもしれませんが
もし、隠せたら、また隠すかもしれません☆

だって、ここまでやれば自動的に一位って
そんな一位があるでしょうか?

もし、一位をとったとして、賞状に一位、とのったとして
それを見せてやったとしても
「最後までやったらみんな一位になるらしいよ」
と、絶対横から水を差すようなことを言ってしまうと
思います。

だってサリー自身が、「変な一位だなぁ」って
思ってるんだもの・・・。



途中で止めるのはどうも気持ちが悪いから
最後までやれたらいいかなぁ、という気持ちもありますし
最後にこだわる必要ないかな、とも思います。

だって途中で止める人のほうが、きっと多いはずですものね。


でも、とりあえず、難しい教材にぶち当たり
「もう無理だぁ」と思うまで、ぼちぼち
続けていこうと思っています。

あと50枚くらいは、物語なので、楽しく進めそうです☆

2008.04.25 10:04 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

KEIさんのところは、ちゃんとテスト勉強したり
復習したりしているから、余計に
月々こなす枚数は減るってことですよね☆

プチーは、なぁんにもしてないもんなぁ。
お直しはパーフェクトにしていってますが
復習は皆無です。

一日三枚だとさすがにラクで、なんとかこなせてます。
今アンネの日記だから尚更ラクですよ~。

マーチンルーサーキングジュニアの話で
一度苦しむと思います。(Nの最後)

そのあと、Oは最初から難しいと聞いているので
覚悟していかないといけません。



アメリカのワークの方が楽しいんじゃないか、と
サリーも思うのですが、プチーは公文を選びました。

きっと途中で投げ出したくない、と
思っただけだと思います。


色々な言葉(日本語)も覚えられるし
公文のメリットを最大限にいかして
続けていこうと思います。



この先、どこでつまづくのかなぁ・・・どきどき。

2008.04.25 10:11 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/483-b4b2f39a

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。