スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

徐々にいい加減になる英語ポリシー

最近プチーが英語で話す機会も増えてきました。

別に英語が好きになってきた、というわけではありません。
プチーの興味は、そろばん、なわとび、ことわざ、俳句、と
英語に全く関係ないところへ落ち着いていますが
英語は空気のような存在になりつつあります。

あって当たり前、無かったらさみしい(困る?)というくらい
定着してきているのかもしれません。

それに従い、今まで、結構神経質なまでに、きちんと使い分けていた
英単語と日本語の単語は、プチーとサリーの間では、いい加減に
使いまわされる機会が増えてきていました。

プチーは
「これ、セプレイテッ(separated)のままでいいよね。」
とか
「エヌジー(energy)があまってるから。」
とか
とにかく、めちゃくちゃです。

サリーもなんとなく、それを見過ごしていましたし、実際自分自身も
英単語を混ぜた変な日本語の方が説明しやすい事があり
確実に言葉が乱れていました。

ですが、「もう、別にいいか」と思ってしまっていました。
今までは、学校などで英単語交じりの日本語を話し
それを指摘されたりいじめられたりしたらかわいそうだから、という思いもあり
英語と日本語を徹底して分けてきました。

もちろん、英語と日本語はそれぞれ別の言語として、それぞれの完成度を
あげたかった、というのもありますが、一番大切に思っていたのは
毎日学校で生活する上で、プチーが[英語により]いやな思いをすることを
さけないといけない、ということでした。

ですが、最近のプチーは、明らかに日本語と英語の区別がついています。
学校でみんなと遊んでいる時は、英語のことなんて聞かれても、なにも
頭に浮かばないのではないか、と思えるくらい、完全に頭の中が
日本語だけになっているようです。

そうであれば、別に、家の中では、ラクにしゃべればいいか、と
なんとなく、楽な方へと流れてしまっていました。




ところが、ある時

"Mom. American KYOKASHO is like this, right?"

とプチーが言いました。家にある分厚い英英辞典を指差し、アメリカの教科書は
日本のものと違い、とても分厚いんだよね、ということを言いたかったのです。

なにが言いたいかはもちろんすぐにわかりましたが
[KYOKASHO]という英語に、反応しました。

教科書という意味の英単語(textbook)も知っているはずですのに
単語がきっと、とっさに思いつかなかったのでしょう。

手を抜いて、[KYOKASHO]なんて言い出しました。
これでももちろん通じます。それをわかった上でのことでしょう。
サリーだって日本人ですから、これが通じないわけがありません。



でも、やっぱり、おかしい!

NATTOはいいよ。
TOFUもいい。

でも、やっぱりKYOKASHOは、おかしいよ!

英語は英語、日本語は日本語、ちゃんと区別して
どっちも綺麗にしゃべれるようにしよう!

その方が絶対いいよ!一緒に気をつけよう。




プチーと一緒に、「ちゃんとしゃべろう宣言」しました♪

楽な方へはいつでも流れていけます。
時々気持ちを引き締めて、流されないように注意していかないと。


サリーも気をつけなきゃなぁ。



[お気楽英語子育て]トップページへ

2008.02.22 10:53 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(12) |

コメント一覧

一瞬でてこなかっただけなのかもしれません、知ってても、ぽんとつながらないことってありますから。

サリ-さん流のマザーリング

You mean textbokks(in America)?
Right, they are much thicker than yours.

みたいに、つなげて言ってあげたほうがいいのかもしれません。

気をつけすぎてしゃべる勢いがつかなくなるより、さりげなーく直してつなげるほうがよさそうに思います。だめかな。

きれいにしゃべれることに越したことはありませんけどね。
初級の会話を教えている外国人の先生って分からせようとして、たまに英語に日本語が混ざります。そして
日本語がしゃべりたいのか英語になったり日本語になったり、You are very busy だねとか語尾をつけたり、日本にいるとツイそうなるそうです。

聞いてかえってしんどくなることありますから、、。

私のスペイン語もすごく英語とのちゃんぽんです。でも一応通じてるなー。レベル低い会話ですけど。スペイン語はなせるようになりたいな。






2008.02.22 19:21 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

我が家の語りかけは、多くありませんが、
英語の時は英語、日本語の時は日本語、に気をつけています。気をつけないとどうしても 私はルー大柴英語か!! ってなっちゃいます!
サリーさんはもちろんそれは無いと思いますけれど。

プチーさんはいろんな事を吸収されているときですので、気が緩んでるのでなくて、うっかり なだけのように思います。サリーさんが その後に一言こうだよって付け足すだけでプチーさんはそれをまたすぐに吸収するように思います。



2008.02.23 09:38 URL | mayu #- [ 編集 ]

一瞬出てこない、という気持ちは
日本語以外の言葉を話す機会のある人であれば
きっと誰にでもあることですし
その感じ、痛いほどよくわかりますよね。

でも、ほおっておくとやっぱりいけない、と
最近つくづく感じています。

スイッチを入れ替えるような感じで
鮮やかに両言語、混ざり合うことなく使えたら
本物なんだけどなぁ・・・。


最近プチーが大きくなってきたから
サリーも、以前ほど細かい事に気をつかわなく
なってきました。

だから前は「訂正するのはプチーの言葉を
否定するみたいだし」なんて遠慮していましたが
今では「ちょっと今の何よ!」みたいに
ダイレクトになってしまっていました。

でもばーぶーさんのおっしゃる通り
しゃべりの勢いが弱くなってしまう事の方が
よっぽど、こわいことですし、それは
避けたいですね。

もうちょっと、気をつかってやらないと
いけませんね☆


スペイン語、もう全くやっていません。
スペイン語を英語とちゃんぽんで話せるなんて
それだけでうらやましいです♪

まずは「通じるレベル」でしょう!
上達の過程で、その時点での目標をきめていけば
いいんだと思います。

サリーだってスペイン語だったら
単語の連呼でもなんでも、通じたらうれしいです!

2008.02.23 16:53 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーだって、ルー大柴系の日本語に
なっちゃっている時ありますよ!

情けない気持ちになりますよね・・・。


プチーは、本人が、英語を上手に話したい、と
思っているので
「どんどんなおしてね」と言ってきます。

だからどんどんなおしてます☆


いちいち憤慨せず、地道に注意してやらないと
いけませんね☆

2008.02.23 16:56 URL | mayuさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさん、おひさしぶりです。

日本に帰任し、賃貸物件は決まったのですがまだ入居できず、とりあえず嫁さんと坊主は関西の嫁さんの実家に、私は仕事があるので東京の実家に仮住まいしてます。

プチーちゃん、残念でしたね。でももう一息といった感じですし、本人が英語が好きであれば、焦らなくても英語力は充分伸びていくと思います。

うちは一次合格し、本日関西で二次試験を受けてきました。私は現場に行ってないのでわかりませんが、嫁さんによると結構緊張してたそうです。でも先ほど電話したら本人曰く「まあ大丈夫だと思うよ」とのことでした。

先週は英語学校選びを兼ね、帰国子女向けのクラスに2回ほど体験入学させましたが、なかなか楽しかったようで「英語塾に行くのが楽しみ」だそうです。残念ながら賃貸物件は全く別の場所(横浜周辺)になったので、また別の英語塾を探さねばなりません。どなたか横浜周辺で、帰国子女向けのいい英語塾ご存じないですかね。。

まあ、うちもそれ以前に日本語をきちんとしなきゃ。。英語で話すときはいいのですが、日本語で話すとき、ところどころで日本語での表現がわからないと英単語が混じります。本人もかなり意識して直し始めてますが、私や嫁さんもやんわりと直してます。根気は要りますが。。日本の公立小に通い始めるのは3月上旬or中旬からの予定ですが、早く馴染んでくれるといいなあ。。

それではまたお会いしましょう。

2008.02.24 23:29 URL | Eric #- [ 編集 ]

おひさしぶりです!

もう帰国なさったんですね。
まだ仮住まいだなんて、どうも落ち着きませんね。

早く家族揃って落ち着けるといいですね。



プチーは英検には落ちましたが、英語が最近大好きで
前より前向きに取り組めていて
英検なんてまるで受けても落ちてもいなかったかのようです!



坊ちゃんは、これからいよいよ日本語と英語の維持を
していかないといけませんね。

日本の学校も楽しめるといいですね。

なんとも中途半端な時期からだから
ちょっとツライかな・・・?

プチーは転入生が大好きです♪
色々世話を焼きます☆

そういう子がきっと、色々教えてくれると
思います♪

お友達が早くできるといいですね!

2008.02.26 10:49 URL | Ericさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

作文について補足を。スペルを間違えようが、文法がむちゃくちゃで意味不明でも、一切直されません。全員分をファイルにしてくれるので、わが子の作文が他のご両親に見られていると思うと恥ずかしいたらありゃしません。
もう1点、昨日の朝日新聞に載っていた「読解力」の国際比較の記事に関連して。日本の国語は「作者が何を考えているか」「これは何を指すか」など、まさに「空気を読む」とでもいうような問題が中心だと書いてありました。行間や間を感じとることこそが日本語の要諦だからでしょう。息子の学校では、読解力を問うプリントはこの3年間一度もありません。読書時にも強調されるのは、「作者がどう考えているか」ではなく「読んだあなたがどう感じ考えたか」です。ストーリーはもちろんのこと、キャラクター、タイトル、イラスト、せりふなどの好きな点嫌いな点疑問点やその理由などをこと細かに説明させています。

2008.03.03 10:24 URL | たろう #- [ 編集 ]

 関連ない話題の記事にコメントを書き込んでしまいました。送信してから気づきました。ゴメンナサイ
 補足の補足を。先の読解力の話題を簡単にまとめると、読後に毎回感想文をまとめるようなものです。今は口頭ですが、先々文章で書かせると、作文や文法の訓練に有機的につながっていくと考えています。
 新しい話題をもう一つ。クラスが小さいこともありますが、ボランティアによる授業補助、行事への引率などの機会が多いので学校がオープン。放課後にグラウンドで一緒にサッカーをすることも。よって、私はすべての生徒と顔見知りだし、個々の子供の性格はよ~~く把握しています。こうして親の目が光っていることが、いじめの抑止に役立つと思います。日本の学校も親にもっとオープンにしてほしい。
 その反面、ボランティアはあくまでボランティアであり、日本のPTAのように強制や押し付けは一切ありません。そうだと、いやいやではなく、こちらから何かと参加したくなるから不思議です。わが子の学校生活を身近に見れるわけですから。
 もう1点、長文をお許しください。給食費の未納が話題になっていますが、給食か弁当かの選択制にすればいいと思う。「払えない」人は税金で保障するとして、「払えるのに払えない人」のため、わが子の給食にしわ寄せがくるなんて、1円たりとも許せません。さらには給食の安全性も疑わしいとなると尚更です。取引業者の利益を守るだけの給食制度に思えます。
 KYな話題で申し訳ありませんでした。

2008.03.03 13:37 URL | たろう #- [ 編集 ]

 連投お許しください。英語の話題に戻ります。1つ教えていただきたいことがあります。
 多読をテーマにしたブログで、よく単語数をカウントしているのを見かけますが、あの意図や狙いは何なのでしょうか。
 私は語数より語彙数を重視しています。息子はキンダー終了時で概算2500語、1年終了時で3500語でした。動植物などの固有名詞は極力除いています。自作した絵つきの単語集と市販の絵つき辞書で、覚えた語数をちまちま数えたものです。最近は絵にできない単語ばかりなので、単語集の自作はやめました。代わりに子供用の英英辞書(ほとんど抽象語の名詞・動詞・形容詞ばかりで2000語)を使っています。読書時にわからない単語が出てきたら、その辞書を引かせ、「見た」という印をつけるやり方です。そして年に1回夏休みに、覚えているかどうか確認のうえカウントします。この語彙数のカウントの際に便利だろうなと考えて始めたのが、私自身のブログというわけです。この辞書は結構おすすめですので、また改めてご紹介します。プチーさんも一度やってみては。

2008.03.03 15:01 URL | たろう #- [ 編集 ]

作文、全くなおされないんですか?
そう言えば日本語の作文も、学校では
なおされないなぁ・・・。

訂正すると否定されているみたいで
子供が嫌な気分がするからかしら?

全員の作文をみることができる、というのは
おもしろいですね。学ぶことも多そうです☆



国語の問題の件ですが、日本の問題集の問題が
どういう傾向にあるか、なんて、そんなことすら
考えたことはありませんでしたが、今度注意して
見てみようと思います♪

確かに「どう感じるか?」ときかれたことは
無いような気もしますね☆

おもしろいアプローチですね。




学校がオープン、というのはよさそうですが
実際ボランティアを募集していて
果たして自分がマメに参加するか、というと
どうするか、自分でもよくわかりません・・・。

幼稚園の時は参加していたから
もし今あったら、積極的に参加しているかしら。

子供の様子を知ることができるのであれば
「ベルマークの点数を数えに行く」のとは
ちょっと違いますから、楽しそうでいいですね♪




給食費の話は、本当に不思議ですね。
あれだけわずかな金額のお金のために
なりふり構わず行動できるのは
よほど図太いということかしら・・・。
(そういう問題でもないとは思いますが
 率直な感想です・・・)

払えないのか、払わないのか、そのあたりの
線引きが難しいのかもしれませんね。


ちなみに、私も空気なんていちいち読んで書いていませんから
ご安心くださいませ♪




多読は、どうして語数を数えるんだろう・・・。
励みになるから?ちがうかな?

サリーはとてもじゃないけれど
語数を数える気がせず、あっという間に
挫折してしまいましたから
いい加減なことしかいえませんが
多分、ある程度の「目安」のために
カウントするんだと思います。

例えば100万語だと
「沢山読んだ」
となるし、1万語だと
「まだまだだ」
となるし、そういう目安じゃないかしら。


でも何万語読めば、充分だ、とか
そういう目安はあまり聞いたことが無いから
結局、自分の中での目安にしかならず
サリーのなかではあまり[クリアした]感は
ありません。





辞書に印をつける、というの、いいですね。
そう言えば、昔自分の辞書に印をつけていたなぁ。

同じ単語をひいちゃったとき
「また、同じのだ」と気がつくし、いいアイデアですよね☆

その英英辞書、難しそうですね。
プチーでも使えるかな?

また記事を楽しみにしています。



2008.03.04 09:13 URL | たろうさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさん、ご無沙汰しておりました☆

今更ですが、やっぱり、お母さんが英語堪能ってすっごくいいなーと思います。
うちの坊主はもう、私とは英語で話そうともしません。英検の面接の練習に付き合ってもらうと思ったけど、それもダメでした。

日本人相手だと、よほど堪能な人とじゃないと英語で話したくない様子。まあいいか。

昨日、私の英検準1の2次の結果が出ました。
おかげさまで無事合格しておりました。
なんつーか、けっこうギリギリでしたけど(汗)

3月半ばから、毎度のアメリカドライブ旅に出かけます☆全部で3000キロくらいかな?
今回も2週間の予定です。

坊主がアメリカでどんな英語を使うのか?楽しみです(笑)

KEI

2008.03.06 09:31 URL | KEI #- [ 編集 ]

合格おめでとうございます!
もちろん合格なさるだろう、とは思っていたけど
やっぱりうれしいですね!!!

準1級、どんなものか手ごたえもわかったし
次はいよいよ坊ちゃんが合格する番ですね!



うちではずっとサリーが英語で話し掛けすぎて
サリー以外の人と英語を話すのは嫌だ、と
プチーが言うくらいでした。

これも、喜んでいいのやら、どうやら
わかりませんけれど、家で会話できると
便利なのは確かですね☆

手軽ですからね~♪



アメリカドライブ、かっこいいなぁ。

もう慣れているとは思いますが
事故しないように気をつけてくださいね!

いってらっしゃ~い♪

2008.03.09 04:53 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/466-b292e7e6

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。