スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

習うより慣れよ☆

英検不合格が悔しくて始めた、英語の日記と一分間スピーチ。

日記は、書いたり書かなかったりで、週に2,3度書けばいいほうです。
1分間スピーチは、ベッドの中でささっと済ませます。


日記を書く時、最初のうちは、なおしたいと思うところばかりでした。
時制が変だったり、文章がブチブチ切れていたり、同じ言葉ばかり使ったり。

その度に
「ここは受身の方が、感じがよくでるよ。」
とか
「ここでどう思ったのか、そこを知りたいのに何も書いてないよ。」
とか
「~だったらよかったのになぁ~、の文にかえてみよう。」
とか、注文を付け出したらキリが無いくらいでした。

もちろんプチーの書いた文章をできるだけそのまま残してやりたい気持ちも
ありますから、全てを訂正するのではなく、バランスを保ちながら
添削してやっていたつもりです。


そして徐々に上手に書けるようになってきたプチーに、今求めるものは
[話の展開][話の構成]です。

読み手が楽しめる文章を書こう。
読み手が「次はなにが起こったの?」と、どんどん読み進めたくなる
文章を書いていこう、と、最近はそれがテーマです。


日記や作文の場合は、じっくり考えてから書けますし
書きながらも考えることができます。

プチーの使っているReady, Set Write!という英作文のための本でも
[strong openings][strong closings]という項目があり
人の気持ちをいかに引き付けるか、解説してあります。





最近、プチーがなかなか面白い話を書くことがでてきました。

文章構成のほうは相変わらずあか抜けず、「一人の人がこう言ったら
もう一人の人がこう言って、その友達もこう言ったから、結局こうなった」
というような、情けない文章なのですが、ですが、内容が面白いのです。

大笑いはしませんが、「なるほど」と思ったり「え~なんで~」と思ったり
読んでいて楽しめます。



書いている最中に行き詰まったら
「WHY?(なんで?)」
「SO WHAT?(だからなんなん?)」
と自問するように言っています。それに答える形で書いていこう、と
英作文が大の苦手なサリーがプチーに与えたアドバイス・・・。

親子で手探りですが、何となく満足いくものを書き上げる機会が
増えてきたように思っています。

[満足のいく]の基準がかなりあいまいですから、親子間の
自己満足ですが、いい調子で書けるようになって来たプチーを見ていて
つくづく[習うより慣れよ]だなぁ、と思ったのでした。

サリーもたいしたアドバイスはできません。
プチーにもたいした独創性はありません。

ですから、誰もが驚くような作品をしあげることはありえませんが
このくらいのレベルまで持ってくるくらいのこと、数をこなせば
できるようになるんだなぁ、と実感しました。


習うより慣れよ。

書くほうは徐々に上達しているように思うので、ここから
話す方へとうまく移行していくといいなぁ。

話す、という作業は本当に高度ですから、まだまだもっと
[慣れ]の場が必要です。

せっせとDVDを見て、せっせと英語で話し掛けていこうと思います。





[お気楽英語子育て]トップページへ




2008.02.18 09:16 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(6) |

コメント一覧

人それぞれに得意分野が


あると思うのですが書く英語が伸びているのはすごいですね☆
絶対に話す。につながると思います!

慣れる にもって行くまでが大変だと思いますが、プチーさんなら ある日、 ほらどう? ぐらいな感じで書けちゃったり、トークしちゃいそうですね。

最近は日記もポロリポロリなんですが、
絵日記にしたら、
絵にばかり集中してしまっています。
作戦ミスでした。

2008.02.18 15:38 URL | gumam #- [ 編集 ]

絵日記!うちも失敗したことがあります!
絵に集中する、という問題点以外にもう一つ。

絵を描くと、日本語しかでてこない、という
不思議な問題点が原因です。

プチーはどうやら、英語で絵日記書くことが
とても苦手なようです。

絵を描くなら日本語の方がいいみたいです。



作戦ミス、当然ありますよね。
そうやってあれこれやってみて
こちらも賢くなっていくんですよね☆

その右往左往の過程を削っちゃっては
面白くありません♪

これからもいろいろな面を発見してあげましょう~♪



書き英語が伸びている、といっても
あくまでも、サリーがそう思っただけですから
いい加減なもんなんですけれどね!

でも、前より面白いのを書いてくれるので
読んでいて楽しいです。

文法やスペルが正しくても
事実の羅列じゃ、たのしくありませんものね。

楽しめる方が続けやすいから、当分この線で
いきます♪

2008.02.19 09:58 URL | gumamさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

プチーちゃん、頑張ってますね♪
1分間スピーチ、とても良いことだと思います。継続はさらなる飛躍に結びつくことでしょうね。

最近、うちの坊主も1分間スピーチをする機会が何度かありました。
先週から、首都圏各地で開催されている、東京英会話倶楽部という英会話サークルに息子と参加しています。
そこで1分間スピーチを知らない人とペアになってお互い与えられた別のテーマで行うのです。今日で3回目の参加でした。

で、悲しいことが起こりました。
うちの坊主は、最近、以前にもまして日本人の発音する英語に不慣れとなり、また、日本語英語ごちゃまぜでしゃべるような環境では、自分まで日本語的な発音をしてしまいます。(遠慮するらしい)

それをわかっていたので、そこそこ流暢に話せる方がいる上級のクラスに入れてもらおうと思ったのですが…

代表者の方が坊主の英語力を突然、チェックし始めました。花粉症について、と、風邪の予防策について1分間ずつしゃべるものでした。
うちは家族全員アレルギーもなく、花粉症とは無縁なので、坊主は花粉症についてほとんどコメントができませんでした。

結果、英会話をスタートしたばかりの初心者クラスに入れられ、しょんぼり。
そこは先生がついて、色々質問なんかしてくれるんですけど、参加者は日本とカタコト英語とごちゃ混ぜで話してます。ほとんど日本語。

私は中級者のテーブルから様子を聞いていましたが、
その代表者の方は、「PRE-SCHOOL」をご存じなく、prep school? prep?と坊主に何度も聞いてました。あ~やれやれ。意味不明のことを言う英語の理解できない小学生と思われたんでしょうな。

さらに悪いことに、坊主が理解できないと思ったのか、とってもゆっくりな日本語英語で話してくださいました。
あ~こうなるともう泥沼。
ますます、わかりません。

学校での好きな科目について聞かれても、
Do you like kanji??なんて質問をされてました。

なんでChinese characterといってくれないのでしょうね。
「どぅーゆーらいく かんじ?」と聞かれて、一瞬間が開いてしまいました。
ここでも、「英語が理解できない」と判断されたようです。

結果、私は呼び出され、「お母様と一緒の机でお母様がフォローしながらの参加にしてください」と言われてしまいました。

子供の能力が正当に判断されないことほど悲しいことはないですね。

でも、私も気持ちを切り替え、
せっかくの機会なので、「日本人が話す英語も、理解できるようにしよう。そしてそんな環境でも自分はきちんときれいな発音で話せるようになろう。」という訓練のつもりで参加させることにしました。

長々とすみませーん

プチーちゃんは、サリーさんと話すときも普通にきれいな英語ですよね、当たり前ですね。他の英語が話せる日本人の方とはどうなんでしょうか?

2008.02.20 00:49 URL | KEI #- [ 編集 ]

散々な思いをなさって、なんだかお疲れの様子ですね。
げんなりする気持ち、よくわかるつもりです。

ここでいくら親が張り切って我が子の英語力を主張しても
親子そろって、なんだかマヌケな印象を
残してしまいますし、どうしようもありませんね。

でも、小学一年生で、大人とまじって
対等に話せる子なんて、そうはいません。

その代表の方も、「まさかこんな小さい子が」と
最初から「たいしたことない」と先入観を
持っていたのかもしれません。

そこで臨機応変対応できるか
今までの固定観念からぬけだせないか
そこから先はその方の考え方に
かかっていたのでしょうけれど
一度のテストでそれを見極めるのは
難しいのかもしれません。
(学校関係者など、プロの方でしたら
 きちんと見極めるでしょうけれど)

これから何度も通ううち、徐々に
坊ちゃんの英語力が認識されていくんじゃないかと
期待しています。

たとえ代表者の方が気がつかなくても
他の参加者の方が、きっと気付き始めるはずです。

この子は、一味違う、となったら
別のレベルへかえてもらえないかしら。



でも、子供にとって、日本語の通じる日本人相手に
英語を話すのってやっぱり難しい事なのかも
しれません。

なんだかどうも、しっくりこないのかも。

まわりに日本語英語が渦巻いていたら
サリーだって頭が混乱しそうです。

しかも、発音を他のみんなに合わせちゃうなんて・・・。
プチーだったらどうするだろう・・・。
そんな協調性はないはずだから
マイペースでそのまましゃべってるかもしれません☆

みんなに遠慮して、なんて、坊ちゃんのお人柄が
でていて、素敵ですよ~。
英語の練習、という意味ではうれしくありませんけれど。


ところで、英検2級もってます、とアピールしましたか?
英検2級で、初心者クラスってことは
無いような気がします。

英検はただの資格だからしゃべりとは関係ないかも
しれませんけれど、語彙力、読解力があることの
証明にはなると思うんだけどなぁ・・・。



プチーはサリー以外の人と英語を話す機会など
ありませんから、プチーが他の人とどんな英語を話すのか
全然わかりません。

でも、プチーはもともと発音もたいしてよくないし、流暢でもありません。
どちらにしろ、たいした英語は話さないと
思います☆


坊ちゃんが気落ちしていないといいのですが。
これからも楽しめるといいですね。



2008.02.20 06:16 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさんいつもありがとうございます。
何か、愚痴っぽい内容でしたよね。今読み返すと。
わはは!ホント、あれ以上頑張っても、マヌケな印象を残すだけでした(笑)

うちの坊主の人柄を素敵なんていってくださって…。ありがたいです。
坊主は過去2回参加していて、昨日も前回同じテーブルだった方が数名いらっしゃいました。その方々は「彼はめちゃくちゃ上手だよ~」「すっごい話すよ~」と言ってくれていたんですけどね。
初心者テーブルで、
「How are you?」なんてやってる声が後ろから聞こえてきて、かわいそうになりました。
後半のゲーム(Who am I?)は楽しかったようで、別に気落ちもしてないようでした。

が、「ローズ先生とこにいきたい」と帰り道にポツリ。
ローズ先生というのは、坊主が所属しているオーディションスクールのカナダ人の先生です。大人ばかりのスクールでいつも坊主のマシンガントークの相手になってくれています。そしてとても、うちの子の英語力や即興の演技力を高く評価してくれています。
その先生に会いたくなったみたいですね。

英検2級のことは、何か、気恥ずかしくてアピールできませんでした。
ただ「日本人の方が話す英語に慣れてなく、理解もしづらいようです」といったら、サークルの代表の方はポカンとして黙ってました。

ま、次回からは私と同じテーブルで、私や他の人に遠慮することなく、思い切り話すといっているので、期待してみます☆

2008.02.20 08:23 URL | KEI #- [ 編集 ]

話が絶対かみ合わない時ってありますよね。
いくら言ってもどうしようもありません。

一歩引いたKEIさんは大人ですね!
そのぐらいの分別、良識がないと
こんな賢くてやさしい坊ちゃんは育たないと
思いま~す♪

しかも2級の事、言わなかったんですね!

サリーだったら言っていますよ、きっと。
内心自信満々得意げに、そして表面上は
「たいしたことはないんですけど」みたいに
適当に取り繕って、さりげなくアピールしたと
思います!

最初っからは言わなかったかもしれませんが
過小評価されているとわかった時点で
カチン、ときて、言っちゃってそうです・・・。

KEIさん、大人だわ~。エライ!


今回のサークルでは散々でしたが
先生にも恵まれているようですし(カナダ人の先生)
いい環境で英語を続けていますね。

そのうち、きっと、坊ちゃんのことが評判になりますよ!

次回は楽しんできてください~♪

2008.02.20 11:20 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/465-3f02a621

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。