スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

脅したつもりはないんだけど・・・

先日プチーに「英検受けるのはこれが最後ね」と宣言してしまい
後悔していました。5級を受ける時なんて、サリーがなんやかんや
適当な事を言ってプチーをはぐらかし、受けさせたようなものです。

プチーは基本的にはうれしがりですから、ラクラク乗って来てくれましたが
元はと言えば英検受験はサリーが始めたことです。

ですのに、いきなり「もうやめようよ」と言い放つのはあまりにも酷だった、と
反省していました。


ですがプチーの方は、ちょっと違ったとらえ方をしていたようです。

これが最後だと覚悟を決めたのか、あるいは、サリーの機嫌の悪さから
英検間近だということを肌で感じたのか、進んで笑顔で英検の問題集を
やりたい、と過去問題集を手に、近寄ってくることすら出てきました。


過去問持って「ママ~」と寄って来た時には、うれしいけれど
ちょっとひきました☆



せっかく笑顔で問題集を持ってきてくれたけれど、まだ問題集を解く気がせず
結局公文をやったり、準2級の予想問題集をやったりしました。

まとまった時間が無い時に2級の問題集を解くと、ろくなことありません。

ただでさえ時間が無くて気持ちに余裕がないので、できの悪さに更に
イライラ、なんていうことになりかねません。

問題集は週末の朝一番に限ります♪



平日は毎朝DVDをみてから学校へ行きます。
英語に触れる時間は確実に増えてるんだけどなぁ。

楽しいから、これでいいか、と思えてきたり
いやいや、英検前だけでも勉強しておこう、と思ったり。

なにしろ、英検まであと2週間ほどです。


もうそろそろ、やらなきゃなぁ・・・。



プチーのやる気を盛り上げてあげなくちゃ。



・・・と、とりあえず単語カードを作ってやりました☆

小さいカードを輪っかでとめてまとめてあるタイプのものに
一つ一つ単語を書いていきます。

表に[beyond description]と書いて、裏に[awesome!]なんて書いて
なんとなく単語のイメージを叩き込む作戦。

訳はサリーが勝手に考えているから、表が[migrate]で裏が[動物の引越し]
なんていうのもあります。


なんとも中途半端な手作り単語カードです。日本語でも英語でもとにかく
わかりやすい方で説明してあります。



こんなもん作っていつ使うつもりかしら・・・。
何もしないと落ち着かないのでとりあえず作ってます☆




[お気楽英語子育て]トップページへ

2008.01.11 13:21 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(12) |

コメント一覧

うちもじたばたしています。

英検よりやっぱり受験のほうが厳しいなとかんじるきょうこのごろです。

なるようにしかならないかーと開き直る気もあります。後、2週間か、、、。

2008.01.12 23:22 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

この2週間はとても早く時間が過ぎそうですね。

そうですね。受けるきっかけは親が作って、子どもはそれに乗っかり頑張ってきたのに、
もうやめようと親が決めてもプチーさん戸惑ってしまいますね。サリーさんの考えてる事はプチーさんがイッチ番分かっているのだと思います。

リロもきっと級が上がるにつれて、合格の壁が厚くなったとき、きっと同じ気持ちになるんだろう。と思います。

ステキな単語帳☆
migrateも~人~だけではないという事が分かりますね。

ぐんと寒くなってきたので、体調管理しながら、あと、2週間弱 頑張りましょう!

2008.01.14 19:12 URL | gumam #- [ 編集 ]

サリーさん、おひさです。Eric@シリコンバレーです。

実は日本への帰国を前にして家が大変なことになってました(Mixiに書いてます)。。現在避難生活中ですが、帰国の日を1ヶ月早めることになり、仕事そっちのけで準備に追われてます。

当然坊主の英検対策など構ってる余裕もなし。学校が終わった後夕食までの時間は、毎日別々の友達の家に預ける「ツアー」生活です。本人はホテル暮らしや、友達と長く遊べるので結構エンジョイしているようですが。

私もここ1週間ちょっとは、もう少しで倒れるかと思いましたが、今日あたりからようやく心の余裕も出来ました。ただ坊主の英検2級はもはや対策する余裕もなく、ほとんどこのままぶっつけ本番になりそうです。結局昨年末までに過去問を1回半やっただけで止まっています。。

そんなこんなでうちもばたばたしてますが、あと2週間、お互いの幸運を祈ってます。では!

2008.01.15 09:46 URL | Eric #- [ 編集 ]

受験の方が、それはそれは数万倍、大変でしょう!!!

英検は落ちたっていいんですから!

お兄ちゃんの受験があるから、英検は
今回だけ我慢して、といわなかったばーぶーさんは
とても素晴らしいお母さんだと思います。



じたばたしたり、開き直ったり
まさに同じ心境です。

あとちょっとですね。ふ~。

2008.01.15 10:25 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

英検、最初はラクラク合格できる実力で
受け始めたのに、今ではあっぷあっぷしています。

受けなきゃいいのに受けちゃうのです・・・。


級が上がると確かに問題は難しくなりますが
別に焦らず子供のペースや実力を親がうまく見極め
自然に受かるくらいの英語力をもってのぞめば
こんな変な精神状況になることもありません。

サリーがついつい、前へ前へプチーを突き進ませるから
こんな風になっちゃいました。


単語帳も完全に自己満足。プチーはほとんど
使っていません。でも来年とか再来年とかに
使うかもしれませんし、とりあえず作って
気を紛らわせています☆


本当に寒くなってきましたね!
風邪ひかないように気をつけましょう♪

2008.01.15 10:31 URL | gumamさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

Ericさん、大変なことになりましたね。
確かに子供は、普段と違った生活が楽しいですが
色々手配に追われる大人は、とんでもなく
忙しくてお疲れのことと思います。


英検に関しては、坊ちゃんは実力で合格できますもの
全く心配いりませんね!

過去問題を一度でも解いておくことができて
よかったですね。

問題の出題方法を知らないままのぞむのは
やっぱり子供であれば不安ですものね。


あと残り少ないアメリカ生活
どうぞエンジョイしてください!

2008.01.15 10:35 URL | Ericさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

こんにちは、いつも拝見してます。
はじめて投稿させていただきます。

私も教職免許があり、米国に赴任経験を機に
今はわが子三人に英検を含めて指導してます。専業主婦です。

最近、夫に「子供の指導にばかり費やして、君自身の勉強がおろそかになってる。
子供たちも納得しないのではないか 云々」
と言われ、ショックを受けてます。

反発もしたいし、彼の言い分も事実でもあるので、、、、、

私は子供を教える中から学ぶものも多いので、そこを分かってほしいのですが、確かに自分のことは後回しになってます。

このジレンマ、みなさまはどうなさっていますか?

ご意見伺いたく、書き込ませていただきました。

2008.01.15 15:40 URL | ラベンダー #ogz9v/Dw [ 編集 ]

ラベンダーさん、はじめまして。

教職免許もお持ちで、アメリカにも住んでらして、と
サリーの持っていないものを沢山お持ちの
ラベンダーさんに意見するなんて
なんだかあつかましい話ですが
せっかくですからサリーの意見を書いてみます。


まず、自分の勉強のことですが
その気になれば、子供が幼稚園や学校へ
通っている間にできるんじゃないかと
思います。

寝ている間でもいいと思います。

どうしてもしたければ、時間を作って
やっていくしかないんだと思います。

ただ、家事だってあるし、体調管理もしないといけないし
他のもろもろの事情と相談して、ということには
なってくると思います。

寝る時間を削ってまで今勉強する必要があるのか
その辺が、サリーであれば気になります。

自分にはそんな必要ないと思っていて
たっぷり寝て、機嫌よく目覚める方がずっとずっと
大切だから、夜勉強なんてしません☆



しかもサリーは、家族がいる時は、家族と一緒だからこそ
できることのみに時間を使いたいので
子供や主人のいる時に、自分のことはしません。

自分の中ではそれが当然ですから
子供といる時は子供と遊んだり勉強を教えてやったり
おしゃべりしたり、子供とべったりですごします。


子供はそのうち手が離れます。

もししたいことがあるなら、それからすればいい
と、思っていました。



今しかできないこと、なにかなぁ、と考え
優先順位をつけたり、プラスマイナスを考えたりしながら
毎日すごすんじゃないかしら。


自分を磨く事、社会の役に立つ事
自分の子供の成長に精一杯かかわる事
それぞれ、なにに一番重きをおくかは
違うはずですが、基本的に違う考えの人を
説き伏せるのは難しい気がします。



サリーは、いくらいいアドバイスをもらっても
自分が納得しないと動けないタイプですので
子供と関わる時間を減らしてでも自分が
英語の勉強をすべきだ、と自分自身が
実感できる理由がなければ、できないと思います。


そう言えば、自分のしたいことがあまりにも明確な人は
結婚しなかったり、子供をもうけなかったりして
ひたすら自分の信じる方向へむかっていったり
しますよね。
それはそれでかっこいい生き方だなぁ、と
思います。





ちゃんと、意見言ったことになってるかしら・・・。
ラベンダーさんとは、あまりにもまわりの環境が違いすぎて
どうも、とんちんかんになっちゃいました☆

他の皆様はどうかしら。

どなたか書き込んでくださるとうれしいです。


2008.01.16 05:58 URL | ラベンダーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

ラベンダーさんへ

男の目から見ているので、的外れでしたらすみません。

私も現在海外赴任中で、妻と子供がいます。仮に専業主婦であっても、英語教員の免許があっても、慣れない海外で三人の子供の送り迎え(学校、習い事)をしながら、家事をこなすのは大変だと思います。

たとえば、さりげなく子供さんたちに、自分の家事の手伝いを頼んでみてはいかがでしょうか。まずは食器を並べる、食事の後片付けをする、風呂や部屋の掃除、とか。子供さんたちがお母さんの大変さに理解を示せば、いずれお父さんへも伝わるのではないかと。

子供さんたちがどの程度の年齢かわかりませんが、ある程度手が離れているのであれば、少しづつご自分の勉強をはじめてもよし。そうでなければ、まずは子供さんに教え、学習習慣が身に付くまではそちら優先というのはある意味正しいと思います。

ご参考になれば幸いです。

2008.01.17 03:50 URL | Eric #- [ 編集 ]

サリーさん、Ericさん、
私のつぶやきに耳を傾けてくださって、
暖かいコメントを記して下さってどうもありがとうございました。
とてもうれしくって、書かせて頂いて本当によかったです。

そう、実はもう帰国して二年経つのです。

でも、私にとってはやっと今頃、精神的にも、物理的にも「落ち着いた」と言えるようになりました。上が7歳、下がやっと1歳での赴任でしたので「怒涛」の日々でした。

自分が子供の頃には想像さえ及ばなかった苦労、ストレスを子供たちが味わったのも事実でして〔勿論、楽しいこともありましたが〕
何とかその日々を「形」に残してあげたくって、帰国後にやっと一緒に勉強する余裕ができました。

そうそう、帰国後は日本の学校、日本語への再適応にも時間がかかりました。ある講演会で大御所の教授が「二ヶ国語教育の光にばかり目が行ってるが、子供のアイデンティティーを崩してしまう双刃の刃でもある」っておっしゃってました。

こんな経験をしたため、言葉に対する思いが強くて、それが夫には少し違和感があったのでしょうかね。子供に傾倒しすぎるように映ったのでしょうか、、、

一番「理解」してほしい人だったので、彼の言葉をすごく気にしてしました。

でも、私も子供も一緒に学べる時間が充実してるし、いずれさびしいけど彼らは必ず巣立って行くと思うので、この「今」を大事に、今まで通りやっていきますね。

下がやっと入園したので私なりに勉強も再開してるのですが、なかなか難しく、現状維持が精一杯です。

サリーさん、これからもよろしくお願いしますね。Ericさん、ご帰国までとご帰国後も「怒涛」の日々だと推察いたします。ご家族の皆様も、お体ご自愛ください。

2008.01.17 10:21 URL | ラベンダー #ogz9v/Dw [ 編集 ]

書き込みありがとうございます。

お母さんの大変さをお父さんにも、という
発想には「なるほど~」でした。

その通りですね!

ラベンダーさんもがんばってらっしゃるのですから
それをわかってもらうのが一番ですね♪

2008.01.18 06:04 URL | Ericさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

外国に住む、というと、サリーから見たら
憧れです。

いいなぁ、すごいなぁ、という印象を
一番最初に持ちますが、実際に行って
帰ってきた方の書き込みを、こうして読ませていただくと
かなりのご苦労も経験なさっているんだな、と
いうことがわかります。

もちろん、いい経験でもあると思いますが
ラクして、楽しくて、でも英語も身について
なんてうまい話はありませんよね。




お子さんが三人もいらしたら、子供のための時間ばかりに
見えてもそれが当然のように思います。

かかりきりで丁度いいくらいではありませんか?

うちはひとりっこですので、かかりきると
一人に集中してしまい、よくありませんから
てきとうに、手を抜いたり目を離したりするように
していますけれど☆



ご主人様は、ラベンダーさんに英語の勉強をして欲しかったのか
子供からもうちょっと距離を離し、落ち着いて
見守って欲しかったのか、色々な思いが
あったのかもしれませんね。


自分がすべきだと思ったことを
自由にさせてもらえるありがたさを
実感しました。

ラベンダーさんのご主人様がラベンダーさんの気持ちや状況を
わかってくださるといいなぁ、と思います。

2008.01.18 06:22 URL | ラベンダーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/454-d6df619e

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。