スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

シャドーイング中の頭の中

昨日は車でちょっと遠出したため、車中5時間以上キクタンのCDを聞きながら
すごしました。

サリーは常に運転中です。(車の中ですから当然ですけれど)

前方を注意しつつ、CDを聞きながら、プチーと一緒に単語を覚えてみたり
シャドーイングをしてみたり、色々、ぐったりするほどやりました。
(我が家のキクタン活用法は<語彙が増えるか?暗記ゲーム作戦>
 ご紹介しています。英検2級対策として始めました)




まずは単語ゲーム三昧。

単語暗記ゲーム中、プチーもすっかり慣れてきて
四つまとめて単語を覚える事ができますが、サリーだって負けてはいません。

張り切って覚えていましたら、[LUNG]と言わないといけないところで
[HUNG]と言ってしまいました。

[LUNG]は[肺]だから、と考えていたら無意識で、[H]の音が
出てしまったようでした。この時、自分が、日本語を活用しながら
英単語を口に出している事を実感しました。



一方プチーは、知らないであろう単語を見事に覚えますが
意味をわかっていない場合も多いのが残念です。

何しろ[LAZY]が[怠惰な]と紹介されますから、日本語の方が
断然難しいのです。これはキクタンでも公文式でも同じです。




単語ゲームにも飽きてきた所で、シャドーイングに突入です。

まず、サリーが、イチロー選手のアメリカでの活躍に関する文章で
シャドーイングにチャレンジ。本格的にCDにあわせてシャドーイングするのは
これが初めてだったかもしれません。

音量をぐいっとあげ、CDに集中し(でも運転中)頑張ってやりましたが
数箇所、わけがわからず、とばしました。

プチーに笑われたのが悔しくて、もう一度同じ文章でやってみましたが
やっぱり、うまくいかないところは、うまくいかない・・・。

口がついてきていないのではなくて、聞き取れていないようでした。

間違う箇所は減っても、最終的に間違いをゼロにする事はできませんでした。

だって、どうしても、そこでなんと言っているか、わからないんだもの・・・。



ピンポイントで、その部分だけ再生すれば、間違いなくわかるはずです。
活字にしてあるその文章も読んだことがありますし、難しい言葉は
でてきていませんでした。

にもかかわらず、なぜか、どうしても、ついて言えない箇所があります。



聞き流している時には、一語一句きいているつもりで、しかもその一語一句
全てを理解しているつもりでも、実は、聞き取れていないんだなぁ、と
わかりました。

よく、洋画を英語のままみても、八割くらいはわかる、なんて言う人が
いますが、八割もわかったら、ほぼパーフェクトなんじゃないかと思えます。

流れをなんとかつかむ程度なら、五割くらいしか実は聞き取れていないのかも
なんて思いました。




プチーも、前置詞や完了のHAVEなど、ちょこちょこ、間違います。

そんなプチーでも、シャドーイングではなく、ディクテーションにし
何度も巻き戻してきいていいなら、かなり細かくきけているのではないか、という
印象をうけました。


そんな風に思った理由は、CDの音声が終わってから、プチーのシャドーイングが
終わるまで、時間の差が長いことが多かったからです。

CDの音読音声が終わってから、まだまだプチーがあとから追いかけてきて
英語をしゃべります。英語をしゃべる速度がついていっていないため
途中とばす所もありますし、終わる時も、プチーがかなり遅いのです。

でも、聞き取れているからこそ、プチー単独の部分が最後、長く続くのでは
ないかと感じました。

(変な説明でごめんなさい。カエルの歌の輪唱のイメージです・・・)





CDでほぼナチュラルスピードの英語のあとについてシャドーイングするのは
本当に難しかった!終わったら毎回ほっとしました。
(キクタンCDは、短めの長文が何十個と収録されています)

ちょっとした気の緩みで雪崩のように崩れますから、常に張り詰めていないと
できませんでした。

自分の声も聞きつつ、CDの音声をメインで聞いていきますが
自分の英語のアウトプットに一瞬でも気をとられると、CDを聞き逃します。

やりながら「なんだか頭よくなりそう♪」なんて思ってしまいました☆





プチーも
「これで、つうやくの人になれるねぇ!」
と、うれしそうです。



口の練習、と思っていたシャドーイングでしたが、実は
正確に聞き取る練習にもなるとあらためてわかりました♪

最近シャドーイングの虜です♪




[お気楽英語子育て]トップページへ


2007.12.27 21:26 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

シャドーイング。脳ミソフル回転ですね。
私も久しぶりに挑戦してみましたが、集中力いりますね。リロに集中しなさい!なんて軽々しく言えません。
あっ 今日もリロに言ったかも・・・。



どうしても、今流れた単語を気にしてしまって、あ~もうっっとなります。



ってサリーさん、運転中だし。くれぐれも気をつけてくださいね☆


運転集中!





2007.12.28 00:15 URL | gumam #- [ 編集 ]

シャドーイング、なかなか面白そうですね。洗練された英文を記憶するだけでなく、ネイティブのスピードについていく「口の筋肉」の訓練になりますね。

私もやってみようかな。

話すスピードは、中学以降に英語を学びだした人間にとっては限界がありますね。。単位時間当たりのWord数もそうですが、「問いかけられてから、返答を開始するまでのレスポンス時間」がね。。

うちの坊主は、英語で話しかけられたときは英語で考えているようです。最近は、抽象的な日本語の単語を教えるときは、英語で説明した方がわかりやすいようです。「空想上の、想像上の」という単語は日本語で説明するより「imaginary, based on some image」とか言ったほうがわかりやすいようです。

運転中は、前方にはくれぐれもご注意を。。

2007.12.29 03:41 URL | Eric #- [ 編集 ]

シャドーイングは集中力いりますね!
長い文章はできません。
一度に200語が限度じゃないかしら。
(プチーにはもっとやらしているけど!)

一度逃すとあわわわわ~、となりますね☆


運転中は、あぶないですよ!ホントに!

気をつけます~☆

2007.12.29 05:22 URL | gumamさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

シャドーイング、うちは絶対やらないわ、と
思っていたんですよ。ほんの数ヶ月前まで。

でも急に、せっせとやり始めてしまいました。

面白いんです。


反射神経もよくなりそうですし
一転に集中しているようで
実は音声を聞いて、自分の声を聞いて
口も動かして、と色々なことを一度にする
不思議な集中力を養っている気がします。




英語で考えて答えられるのは、さすが
現場仕込みですね。うらやましいです。
プチーは日本語で考えていそうです♪

英単語の説明は、その都度、わかりやすい方の
言語でしてやると、よりいいように
思います。

英語で散々説明して「?」な時
一言日本語で補足したら「あ~、なんだ~」と
すぐに納得できる時もあるようです。


でも日本語の単語を英語で説明する機会は
ありませんねぇ・・・・。
よほどでない限り、日本語は日本語ですね。

坊ちゃん、さすがアメリカ育ち!






運転中のシャドーイングは
あぶないですよ~。
でも運転中が一番暇なのでついつい
やっちゃいます♪

2007.12.29 05:30 URL | Ericさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/449-1be0bfd3

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。