スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英語の日記とスピーチの続報

前回英検に落ちた事がきっかけで始めた、英語の日記と一分間スピーチ。

次回英検がじりじり近づく中、既に日記が滞っております。
スピーチは毎晩続いています。

そこでつくづく感じるのですが、何か毎日続けたい場合、始める前に
その[手法]を吟味することがとても大切なのでは、と思えてきました。


始める前でなくても、始めてから改良するのでもいいのですが
続けることが、物理的、時間的、に無理にならないようにしないと
つい、フェイドアウトしてしまいます。


日記を書くには、日記帳、鉛筆、消しゴム、明かり、が必要です。

出先で、ちょこちょこっと済ます、ということもできません。(日記帳がない・・・)
暗闇でもできません。(目が悪くなっちゃう・・・)

そうなると、どうしても、日記を書ける状況が限られてきます。


一方、スピーチは、必要な[道具]がありません。
暗闇でも車の中でもどこでも、急に始めて急に終わらせることができます。



これが、長続きしている理由だと感じています。


何かを長続きさせる上で一番大切なのは[根性]。
これさえあれば、必ず、続く気がします。

壁が立ちはだかってもそのまま壁に激突し、壁を破壊し蹴散らしていくくらいの
気迫でのぞめばこわいものなしです。


ですが、常にそんな気合の入った状態を保つのは不可能です。
私達、英語のために生きているわけではありません。
英語が全てではありませんから、そこまでかかりっきりにはなれません。


そうすると、いかに気軽に、手軽に続けるかがポイントになってくるんだなぁ、と
あらためて感じました。




いくら壮大な計画を立てても実践できなければ全く意味がありませんから
こんな自分でも続けられそうな計画をたてないと。








今日から冬休みです。学校の宿題はほとんどありません。
長期休みは普段できないことを思う存分やりたい。




真っ先に浮かぶのは楽器の練習ですが、それに負けないくらい
英語もやってみようと思っています。


そして、毎年冬から本格的に始める最レベの算数

春からやっても、歯が立たないので、毎年冬から翌年春、年度末にかけて
やる問題集です。これもやっておきたい・・・。


やっと出来るようになった二重とび。プチーは冬休み、縄跳びの練習を
思いっきりしたいそうなので、これもやらせてやらないといけません。




この冬休み、英検に向けて英語をがんばる話を書こうと思っていましたのに
英語以外のことがどんどんでてきて、全然違う方向へいってしまいそうな
嫌な予感です・・・。


でも、締めくくりに、ちゃんと書いておかないと。





この冬、英語、やります!(いつ?どうやって?はこれから考えますぅ・・・)






[お気楽英語子育て]トップページへ



2007.12.22 07:07 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(10) |

コメント一覧

>ですが、常にそんな気合の入った状態を保つのは不可能です。
>私達、英語のために生きているわけではありません。
>英語が全てではありませんから、そこまでかかりっきりにはなれません。

『そうなのよ!まさに、そうなんです!』っと、膝を打つ思いです。
やりたい事、やらなければいけない事は英語だけじゃないんです。
限られた時間をいかに効率よく欲張りに過ごすかが
我が家の命題です。

ウチは速読速聴をシャドウイングに使ってますが、
車のハードにも音源を落としました。
家で細切れの時間にテキストを読み、
車でシャドウイング。
別に私が指示しなくとも、することがなくて耳に入れば子供は始めてしまいます。
狭い空間で、限られた行動選択だと
勝手に始めてしまうんですね。
テキストで確認したくても、そんなの持ち歩いてるわけないですから、
結構、耳が繊細になって思いがけず良い方向です。
なんだかマウスの行動実験みたいで可笑しいです。

かくして、家では、人が想像するよりはるかに英語タイムは減ってます。
一日が30時間あれば、減らさずに済むのですが・・・

最レベも頑張ってください。 (笑)

2007.12.22 08:23 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

>いくら壮大な計画を立てても実践できなければ全く意味がありませんから
こんな自分でも続けられそうな計画をたてないと。

はははー。
てんこ盛りで自滅気味の我が家のことのようです。

すこし計画練り直します。
12月はあんまり楽し目ませんでした。

シャドウィング軌道に乗せたいな。いまだ素材選びに苦戦中。


2007.12.22 10:50 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

英語だけというふうにはいかないものですよね。

私は、いつも彼女のペースで・・と思っていますが、あれもこれも・・になってしまって、しまいに、全部中途半端になったらどうしよう。。。と不安になる時もあります。

2007.12.22 15:41 URL | gumam #- [ 編集 ]

うちの坊主もいろいろやってます。

毎週水曜日は、Enrichment Classというのがあって、民間の業者さんが子供の好きそうな企画を立て、学校に来ていろいろ教えてくれます。Kinderの頃からコンスタントに続けているのはScience Class。理科実験系が好きなのです。私がサイエンスや家電が好きで、ソフトウェア工学の仕事をしている影響もありますが。

他には、YMCAの水泳を週1,2日、テニスを週1日やってます。いずれも1時間程度でここ1年位続けてますが、ようやく25m泳げ、そこそこラリーができる程度です。英語やサイエンスほどは向いてないのかも知れませんが、まあのんびりやってます。

水曜のEnrichment Classは、1コマはサイエンス、もう1コマはその時々に友達と相談していて、最近はCartoon Class(漫画の描き方)や、Guiter Class(アコースティックギターを弾く)などもやってます。絵は結構器用で、SpongeBoB SquarepantsやCaptain Underpantsはかなりそっくりに描けます。プチーちゃんもこの系統かな?

このような習い事も、全て英語でレッスンなので、気に入った習い事を真剣に習得するため「英語をツールとして使う」という意識が高まるのは有り難いことです。日本では「英語をツールとして、何かを教える」という教室は増えているのでしょうか?もしあれば面白そうですよね。

2007.12.22 19:19 URL | Eric #- [ 編集 ]

速読速聴シリーズ、サリーも
一冊欲しいなぁ、と最近狙っています。

我が家も、家で落ち着いて英語を、なんていう時間は
ほとんどとっていません。

公文をやるだけです。

ですから隙間の時間をいかに使っていけるかに
かかってきますね。



マウスの実験、なんて言ったら
タルーラちゃんに怒られますよ!




欲張りに過ごす。これ、いいですね!

2007.12.23 06:11 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

シャドウイングは、絶対簡単なものの方が
いいですよ!物足りないくらいで丁度いいです。

できないのにやり始めるのですから
うまくできないと、本当に嫌な気持ちになります。

その辺の本を読んであげる、というのであれば
親が子供に調子をあわせてあげられるから
お勧めですよ~。

とちったらそこだけもう一度、とかできます。



読みたい本を選んでもらって
ばーぶーさんが先を読む、というのは
どうですか?

うちはいつもそのパターンです。

これで慣れて来たら、CDなどでも
大丈夫だと思います。



口を動かす必要性を痛感しています。

口って動かせば動かすほどよく動くようです!



と言っても、張り切り過ぎないように!
ばーぶーさん、頑張り屋さんだから
ご注意ください♪

2007.12.23 06:19 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

いろんな過程でいろんな不安がつきまといますよね。

色々手を出していると、一つのことに
集中している時、他の事がお留守になり
そっちの存在が気になってしまうこともあります。

基本的にはうまくローテーションするように
組んでいるつもりですが
(毎日全ては無理だから)
うまく回らない時はとことん滞ります。


だめなら、いつでもやめてやる、という
開き直りが逆に気を軽くしてくれて
いるともいます。

また、年齢が上がってくると、いろんな事が
身についてきますので、ある程度身についてきたら
少々休んでも大丈夫、という余裕も出てきます。

今英語をやめてまた中学から、と言うことになっても
大丈夫だろう、という安心感のようなものもあります。
(実際はどうかわかりません)

だからちょっと余裕をもってのぞんでいます。



年齢が小さいと全てまだ発展途上、という状態ですから
不安になることも多いかもしれません。

でもgumamさんのようなペースで物事を進めていて
中途半端に終わる事など無いように感じます。

行動力もあるし、決断力もあるし
常に前を向いて進んでいるイメージがあります。


これからもどんどん進んでいきましょう♪

2007.12.23 06:25 URL | gumamさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

学校でそれだけの事が体験できるなんて
うらやましい!充実していますね!


プチーは放課後お稽古としてレッスンへ通いますから
送迎に結構時間もとられますし
帰宅して落ち着くのは毎日6時半過ぎです。

ここから家での事をしないといけないので
一日あっという間に済んじゃいます。

学校でもっといろんな事が体験できたら
いいのになぁ。

バレーボールがありますが週に5日という
ハードさで、とても「親しむ」というレベルには
終わらせてくれません・・・・。




日本でも、英語でのお稽古事、というの
時々見かけます。

英語で体操、とか、英語で絵画、とか
そういう広告をみたことがあります。

問い合わせてみた事もありますが、実際のところ
よほど都会で無い限り、そういう教室は
うまく機能していない、という印象です。


英語じゃ結局、身につかないのです。
何を言われているのか、みんなさっぱり
わからないのですから・・・。


アシスタントの日本人がせっせと説明することに
なりますし、子供同士は当然日本語で
おしゃべりしますし、英語も技術も
身につかず・・・・という感じになりそうです。

外国人に触れる機会、というくらいに割り切れば
楽しいかもしれませんが、なんとも
中途半端な感じです。


結局我が家はそういうところは利用していません。

でも英語が話せる子の多い都会では
うまくいっているのかもしれません☆

2007.12.23 06:32 URL | Ericさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

そうでしたね。。こちらでは教わる側の大半が「英語を母語とする人間」であり、さらに教える側も英語話者なので、日本とは事情が違いますよね。

日本の環境で同じことをやろうとすると、肝心の教える内容が伝わらなくなってしまうリスクが大きいですね。なので、このやり方は、「特定言語の話者がそれなりの数存在する特定都市」でのみ通用するやりかたでしょうね。例えば日本国内のブラジル人が多い街で、ポルトガル語でサッカーを教えるとか。。

2007.12.26 18:41 URL | Eric #- [ 編集 ]

おっしゃる通りです。

英語で何かを学べたら、という発想自体
とても魅力的なのですが
よほどの事が無い限り中途半端に終わると
思います・・・。


外国人の多い地域の外国人相手のものに
ほりこんじゃう、というのであれば
可能かもしれませんね☆

2007.12.27 11:27 URL | Ericさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/447-08068ca5

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。