スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

やさしい英文を大量に

英検のホームページの中に英検合格対策講座というのがあります。

いくつか長文読解問題のための勉強法が紹介されていました。


量をこなすこと。
前から読んでいくこと。(後ろからかけたり、戻ったりしない)
段落ごとにきちんと内容を把握すること。

というあたりがポイントでした。




やさしい文章をとにかく数多くこなすこと。
しかも、ただ読み飛ばすのではなく、内容を理解しながら
時には辞書をひいたりする作業もあわせておこなうこと。



プチーとは、この方法で、本を地道に楽しんでいく事にしました。



英検のホームページでは、多読、というキーワードもでてきますが
ここではあくまでも[沢山読む]という意味で使われているように
思いました。

精読しつつの多読、という印象です。





今まで通り、読み聞かせはさささ~、と流し読みでいくつもりですが
最近は、プチーが自分で読む時は、わからない単語は辞書をひき
チャプターごとに、どういう話だったのかまとめさせながら
読むことにしています。

わからない単語が多いとうんざりしてきますから、当然
本のレベルはぐんと落として、やさしいものを読むことになります。



マジックツリーハウスシリーズでもよかったのですが
真新しいものの方がワクワクしますし、プチーの好きそうなシリーズを
コメントでご紹介いただいたので(Ericさん、ありがとう!)
それを早速試してみました。


その名もキャプテンアンダーパンツシリーズ

パンツ一丁のガキ大将風ヒーロー物語です。

邦題を見れば、一目でそのばかばかしさがわかります。

シリーズ五冊目に[パンツマンVSくいこみウーマン]というのを
見つけました・・・・。



こりゃきっと、ゾロリを超えるばかばかしさに違いない・・・と直感しました。



早速このシリーズ二冊と、同じ著者によるコミックを一冊ネット書店で注文しました。

到着して本を手にとり、驚きました☆
スカラスティックの本だったんだ・・・。(スカラスティックの教育的なイメージが・・・)


先にコミックの方をさっさと読み終え、いよいよチャプターブックへ突入しました。

この本を読もう、と誘う時は、今までのように、うんざりしたプチーの顔をみる必要は
ありません。

面白いから読んでいて楽しい、というのもありますが、難易度もプチーに
ぴったりでした。知らない単語が出てこない限りすらすら簡単に読めます。

話の展開がとても早く、常に話が進みます。
(マジックツリーハウスは、サリーの印象ではちょっとまどろっこしい時がありました)



サリーも語彙が増え、なんだかウキウキしています♪

例えば、主人公が大好きなくだらないおふざけ、という意味で[prank]という
単語が使われています。こんな単語、知りませんでした。

学校でのドタバタは[mayhem]でした。[chaos]と同じ意味のようですが
この単語も知りませんでした。

究極は[wedgie]。パンツがお尻に食い込んじゃう、という意味だそうですが
こんなのももちろん知りませんでした。



ですが何より驚いたのは、この三つの言葉がすべてちゃんとプチーの
辞書にのっていた、ということです。

知っていて損はない、どころか、知っているべきちゃんとした
英単語だというお墨付きをいただいた気分です。
Children's Talking Dictionaryにしかのっていませんでしたけれど)


こんなくだらない本からでも、親子そろって学ぶものはいくらでもあります。
だって私達日本に住む日本人ですから、現地の当たり前が
全く当たり前ではありません。

なにげなくでてくる英単語の一つ一つが、新しい発見です。




これの前に読んでいたチャプターブックの時から、チャプターごとに
内容を確認しながら読むようにしていましたから、今回もそのように読んでいます。
完全に多読路線からは、はずれました。

これから、精読をキーワードにやっていこうと思っています。







これが次回の英検に直接つながる、とは思えませんが
色々なことが積み重なり、絡み合い、結局役に立つはずですので
ちょっと、最近気に入っている[くだらない本の精読]を
続けてみようと思います。



2007.12.21 11:04 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(6) |

コメント一覧

サリーさん、うちと同じ路線だ!
わが家も有名な多読ではなく、精読を
する方向性です。
わからないところをとばさず、辞書で確認
うちが最近たどりついた結論です。

文法もちょっと簡単すぎないか?っていう
部分からもう一度やるつもりです。

基礎のメンテナンスはしないと崩れて
きますからね。
もう
大丈夫だと思っていても、忘れてるって
ことがたくさんあります。
完全に忘れないためには10年必要だとも
言ってました。
土台作りは大切ですよね。
お互いに頑張りましょう♪

2007.12.21 14:08 URL | まめっちママ #- [ 編集 ]

サリーさん、Eric@シリコンバレーです。
おほめにあずかり光栄です(笑)

うちの坊主も、Magic Tree Houseを全巻読んだまではよかったのですが、その後のResearch Guideは途中で飽きてしまいました。

サイエンス大好きの坊主でさえこうなので、やはり「何が何でも多読」ではなく、「多読」「精読」、「多聴」「精聴」のローテーションを考えるというやりかたに賛成です。「やや易しめのものを多読」「チャレンジングなものは精読」とか。あと、子供が気に入っているテーマ、今後気に入りそうなテーマに気を配ることでしょうか(これがよく変わる!)。うちの坊主も、現地校の友達との話題で「今度はこれがいい」とか割と自分で言ってくるのでまだ対応しやすいですが。

そう、このレベルの本でも結構知らない単語って出てくるんですよ。サリーさんが指摘された3つの単語、私はどれも知りませんでした。。坊主は全て知っています。私はTOEIC 935ですが(鼻についたらすみません。。)、それでもこの程度。現場で使う活きた英語ってまた違うのですよね。

以前坊主が「Mr. Bean is my bestest」とか言うので、「最上級の重複はありえないよ」と言ったら、「でも先生も友達も言ってるよ」と切り返されました。アルクの「英辞郎」で調べたら、現代英語では使ってるようだと判明。日本語でも現代になってできた用法はありますものね。言葉って面白いですね。

----
ふと考えてみたのですが、私たち大人も、子供のころ常にアカデミックな本ばかり読んできたわけではなく、小説・漫画・雑誌を交互にバランスよく読んできたと思うのですよ。うちの子供もMagic Tree Houseや学校の教科書の他に、英語の漫画・日本語の漫画・落語絵本などあっちこっちに気が行ってますが、これで本人なりにバランスを取っているのだと思います。

本人の好みとのバランスを取りつつ、時には易しめのものを読む、ときには精読する。文脈からでも判断できない単語は辞書で調べる。。語学の習得は通り一遍では行かないですね。だからこそやりがいがあります。

プチーちゃんの読書の世界が広がるといいですね。

2007.12.21 18:33 URL | Eric #- [ 編集 ]

お!同じ路線ですか!幸先いいなぁ。うれしいです。

やっぱり意味をわかって読んだほうが
気持ちいいような気がして、最近辞書をひきつつ
読んでます。

どういう心境の変化か自分でもわかりませんが
今はこれがしっくりきます。


文法も公文でだいぶやりましたから
語彙面も強化して更にパワーアップできたら、と
夢みております♪

がんばりましょう~!

2007.12.22 06:28 URL | まめっちママさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

Ericさん、お世話になります☆
名前を勝手に出してしまいまして
失礼いたします。(大丈夫でしたよね・・・?)


マジックツリーハウス全巻読んじゃったんですか!
半端じゃない量読んでますね!

でも、あれこれ手を替え品を替え、うまく見極めながら
ローテーションする事、大切ですね。
同じものをずっと続けてうまくいくとも限りません。





TOEICの点数!しぶいですねぇ!
現場で使う英語力は資格試験では測れないということですね。

TOEIC900点と言えば
一つの[ゴール]的点数ですね。

すごいなぁ、Ericさん。

やっぱりそのくらい英語ができないと
海外駐在員にはなれないんですね☆

かっこいい!



bestestって、プチーの本にもよくでてきます。
子供の英語だから、間違っているんだと
思っていました。
(間違っているからこそ面白い、ということだと
思っていました)

でも大人でも使うんですね!





ばかばかしいもの、高尚なもの
色々読んで幅広い知識や考え方を
身につけてくれたらうれしいなぁ、と
思います。

プチーは時代物が好きなので
変な日本語しゃべる時がありますが・・・。



帰国後の日本語の方も楽しみですね!

2007.12.22 06:38 URL | Ericさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

おなじ系列の

マイティーロボットを少しずつよんでいます。その後に?と考えたとき、

すみこせんせいも、アンダーパンツをすすめてくださいましたよ。

実はうちにはもう2年ぐらい前からこのシリーズが、4冊ほどあります。
読み聞かせにしようとしたら、自分が音読うまくできなくて
子供たちは絵だけ楽しみ今眠っています。

ロボットが終わったら、もう一度チャレンジするつもりです。

スカラスティックって、そんなにただ正当な教育的でもないですよ。
子供たちが本に触れるようにあれこれ工夫していると思います。

プチーちゃんとサリーさんが違うレベルで読むからブッククラブも、いいんじゃないかなと思います。アメリカに直に申し込むといいように思います。

2007.12.22 10:14 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

マイティーロボット?
なるほどなるほど♪♪♪
そちらも面白そうですわ♪♪♪


すみこ先生がアンダーパンツを!?!

そうなんですか?


しかもばーぶーさん、お持ちだったんですね。



本は読んでくれてこそだから
スカラスティックも色々手をつくしてくれているんですね。





ブッククラブ・・・・。
全て英語で、というところがなんとも億劫で・・・。


それにそんなに大量に買うわけでは無いから
こんな個人注文でも大丈夫なのかわからず
結局ずるずる今の調子です。


一度本格的に調べた方がいいかしら・・・。

2007.12.23 06:15 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/446-a4b4d938

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。