スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

公文式英語の日本文

H教材からはじめてきた公文式の英語。いつの間にかもう
十ヶ月ほど続けています。

H教材の頃から、長文問題には日本語訳が添えられていました。

今解いているK教材も、7、8行英文が書かれ、そのあとにその英文の
日本語訳が書かれています。

実は最近、英文が難しくなってきたため、この日本語訳を
読んでみることが増えました。(今までは、日本語訳の存在を
ほとんど意識した事はありませんでした)

読んでみてつくづく思うのですが、この日本語訳、本当に難しい。


  それは恒星の天球の外側に天国と地獄のため
  たっぷりとした余地を残していたのです。


・・・なんだ?この日本語は?新聞より難しいんじゃないかしら。

英文の方はそうでもありません。

  It left lot of room outside the sphere of
fixed stars for heaven and hell.

です。書き込みスペースの事情により、変なところで文章を
切って書いてしまっているためわかりにくいですが
切るべき所で切って考えれば決して難しい文章ではありません。




K教材というと、解いているのはほとんどの子が小学生だと
思うのですが、こんな難しい文章で、本当に参考になっているのかしら。

日本語を読むと逆に、頭がこんがらがってしまいます。



ですが、だからと言って、これよりももっといい和訳を
と言われても、うまく思いつきません。

もしかして、言語として日本語と英語を比較すると
日本語の方がはるかに難しいものなのかしら、なんて
時々感じます。



公文式の英語の中の[和訳問題]。

意味はわかっているのに、うまく日本語にできない、という
ことが頻繁に起こります。

プチーだけで無く、サリーにも起こります。



英文は、あっちこっちにかかって(修飾して)、かかって、を
ごちゃごちゃくりかえしても、そんなに不自然ではありませんが
日本語だとダラダラ文章が長くなり、なんだか違和感があります。

日本語は自分の言語だから、細かい部分が気になるだけかしら。




何となく意味はわかっているのに、日本語を組み立てることに
あぁでもない、こうでもない、と四苦八苦する事も多い
最近の公文式英語。


国語なんてやらなくても、きっとこれで充分国語もできてるはず
と思いながらぼちぼち進んでいます。





今でも一日五枚、もしくはそれ以下ペースで進んでいますが
このあたりまで来ると他の子達のペースも落ちてくるのか
昨日いただいた進度表での順位は随分あがっていました。

みんな、のろのろ進んでるんだな、とわかると、なんだかちょっと
安心しました。

難しくなってきたから、ペースが落ちても仕方がないのか、と
ほっとしつつ、一歩一歩確実に進んでいこうと思います。



実力のほどはわかりませんが、こういう教材は
やり終えたプリントがたまってくるのが目に見えますから
とりあえず

「こんなにやったのかぁ・・・」

なんて[ちゃんと真面目にやってきたという気分]を味わえて
いいなぁ、と思います。


何かがあとに残ると、なんだかうれしいです。もちろん、事の本質は
そんな、やり終えたプリントの枚数とは関係の無いことですけれど。





そうやって、今までやってきた[足跡]みたいなものを
残したいからついつい英検も受けちゃうのかなぁ、と思います。




ちなみに、公文式のプリントは、この難しい宇宙の話をやっと終え
今はドリトル先生のお話を解いています。

作品の組み合わせ(順序)が絶妙です。宇宙の話の次が人権の話でしたら
重苦しい空気が続きすぎてどんよりしますが、ドリトル先生なら
ひと息つけます♪

こういう時にぐんと進み、難しい時は停滞して、を繰り返しながら
やってきました。



そのうち息抜き作品が減ってくるでしょうから、そうなってしまったら
公文式ともお別れです。先生は、是非最終教材まで、とおっしゃっていますが
そこまではとても続かないでしょう・・・。





2007.12.10 11:07 | 公文式の英語 | トラックバック(0) | コメント(12) |

コメント一覧

プチーちゃんなら、なんなく最終教材どころか研究教材までいっちゃいそうですよ。
それがよりいいかは別として(^^;)
本当に国語力英語で養われる気がします。
というか漢字も何気に色々出てきますよね。
恒星なんて高学年の理科に出てきそうですね。
豆知識も絶対増えてますよ。
プーはまだまだ暢気にしてて年内にIいけるかなーというところです。

2007.12.10 14:57 URL | 海豚 #- [ 編集 ]

最終教材まで、って軽く言われてもねぇ!
(なんて言って、海豚さんのおっしゃる通り
ずっと続けていたりして!)

プチーの大好きな語彙問題もなくなり
長文ばかりになってくるようなので
そのあたりがリミットのような気がしております☆




漢字も、いい具合に覚えますよね!

なんだか一生懸命何かを書いてる、と思ったら
今朝も[離れる]という漢字を必死で写し取ってました。

ほら、書けた!なんてうれしそう!

公文式の英語のプリントなのに
漢字を書いて喜んでいるプチーです・・・。



宇宙の事、おかげでちょっと詳しくなりました。

光の進む速さ、とか、銀河の事とかね♪

これが公文の醍醐味ですわ♪




プーくんも頑張っていますね!
プーくん、英語だけじゃないところが
かっこいいんですよね。

それでいて、英語もI教材だもん、すごいです。

マジックツリーハウスも順調に読んでいるみたいで
うらやましいです・・・。




2007.12.10 15:52 URL | 海豚さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

英語の勉強で漢字も学べる!!
なんて素敵な響きでしょう。

公文の研究教材もなんだかんだで、こなしてしまうのでは??
なんだか、プチーちゃんが途中で辞めてしまうなんて、想像つかないです。

2007.12.10 18:23 URL | まぁ #- [ 編集 ]

準1級の勉強していると・・・

分からない漢字だとか、難しい言葉いっぱい出てきます(お恥ずかしいですが)。なのでお話が短縮してあるとはいえ、それを学べる公文英は魅力的ですね。
国語力あってこそ、英語、算数・・だと公文の先生がおっしゃていましたが、今まさに痛感しております。
スパッと公文とお別れと言ってしまえるのはサリーさんらしいですね。でもプチーさんは続けたいとおっしゃるのでは・・・!?

2007.12.11 09:42 URL | gumam #- [ 編集 ]

なんだか、お得感があるでしょう?
知識や漢字のために公文式の英語を
やってるみたいになっちゃっています・・・。


でも難しい話題の時は悲惨です。
わからないから時間をやたら食います。

研究教材なんてとてもとても無理ですよ~。



でもまぁさんのおっしゃる通り
プチーが何かを途中でやめる、ということ
サリーも想像できません。

終わりがくる時の想像ができません・・・。
困った・・・。

2007.12.11 12:48 URL | まぁさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

公文式の先生は国語が大切と
おっしゃいますね。

プチーも一番最初に、国語のテストまで
受けさせられました!
英語しかやらないのに☆

国語のテストでOKがでたので
英語のみさせてもらっていますが
間違ったりしていたら、国語もするよう
勧められていたかもしれませんね。


サリーは実は、最初から一年くらいでやめよう、と
思ってたんです。

だから自分では年度末でおしまい、と
思っているのですが、なんとか切りよく
気持ちよく終わらせてやりたいから
最後、帳尻をうまくあわせないといけません。

なんて言ってやめてもらおうか
作戦を練るか、プチーと話し合って折り合いをつけ
きりのいいところでやめようと思っています。

挫折感や、中途半端でやめちゃった、という
印象を残さないため、工夫しないといけません☆

2007.12.11 12:53 URL | gumamさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

プチーちゃん、K教材ですか。
順調なペースでうらやましい!

うちも、同じK教材のその和訳・・・かなり苦しみました(笑)
もう、いちいち説明しているのが大変になり、和訳はすっ飛ばしです。
真正面から和訳して説明していると、禅問答みたいになってしまいます。

ちなみに、K教材って思い切り高校生の教材ですよぉ。Iまでが中学生ですね。

うちは、かなりのろのろペースでやっていましたのでやっと来週あたりからM教材に入ります。

どこまで身についているのか(^_^;)?

プチーちゃんはそろそろ公文とさよならですか?なんだかもったいないなあ。
Kまできたなら、最終教材まであと少しじゃないですかー。
うちも、何度かやめようかなあとも思ったのですが、とりあえず最後まで行ってみようと思って、這うようにして(笑)公文英語を続けています。公文英語をやめてしまうと、(半強制的であっても)難しい長文に触れることがなくなってしまいそうで、それが怖いのです☆
来週からM教材が200枚、N200枚、そしていよいよ最終教材のOです。
今のペースでやってると後半年くらいかかりそうですが。

確かに、公文英語は1粒で2度?3度?おいしいかも。いろんな知識を教えてくれます。難しい漢字も読めるようになりました。
うちの坊主の一番好きな偉人は、ケネディ大統領とマーティルーサーキングとリンカーンです(笑)
DVDまで買って見ています。
公文の影響ですね(汗)

2007.12.13 13:29 URL | kei #- [ 編集 ]

順調っていうのかな~・・・。
一日五枚以上はしませんが
復習がないから、それなりに前へ進めるのかも
しれません。

そろそろ復習も視野に入れて、といわれてはいますが
最後のまとめのテストでいつも底力を発揮し
いい点をとるので、結局進ませてもらっています。

K教材って、高校生用、と言いつつ
でも実際にやっているのは、ほとんど
小学生なんじゃないかと思っていたんですが
高校生もやってるのかな?

高校で習う英文法を小学生むけにしてある
教材だ、と勝手に決め付けていましたが
どうみても小学生むけって感じでは
ありませんね☆




公文をやめると崩れていきそうで
うちもそれがこわいです・・・。

でもなんだか他の事がしたくなってきてしまって
つまりわたくし達、飽き性なんですね、きっと・・・。

そんな理由でやめてしまっていいものか、とも
思いますが、段々話の内容が重たくなってきているので
L位で挫折するのでは、とちょっとドキドキ。

年度末まではやりたいとおもっているんですけれどね!


それとも、うちも這うように最終教材へ
向かおうかしら・・・。

這ってるんだから遅くてもいい、と
最初に思っちゃえば、ズルズル楽に
いけるかもしれません・・・。




ぼっちゃん、いよいよMですか!
全然這ってないじゃないですか!
早いですよ!

今教材の表を見てみて気がつきましたが
Mまで来れば、最終教材目前ですね!

一枚にかかる目安の時間をみたら
7分から14分って書いていますね・・・。

五枚やったら一時間以上かかりそうです・・・。


がんばりましょう~♪

2007.12.13 14:51 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

うちは遠距離通学なもんで、平日、家にいて起きている時間って24時間の中の4-5時間しかないのですよ。土曜日も学校があるので、公文をやる時間を確保するのはかなり困難です。ので!「這ってでもやる」ことに切り替えました(^^ゞ
何かひとつ、英語の教材をある程度のところまでやり遂げるのもいいかなあと思いましてね。

K教材以上をやっている小学生を調べてみました☆
プチーちゃんと同じ小学2年生においては、全国で37名、小1で11名、小6でも1000人はいませんでした。今、最新の進度一覧表のデータを見て計算してみました。公文英語をやっている全国の小学生は15万人くらいなので、まだまだ少数派だと思います。

なので、誇りを持って(笑)K教材を突き進んでくださいよ~。

うちは、ほーんとゆっくりです。9月以降は特に。1週間に10枚ってときも何度かありました。

もう少しわかりやすい和訳だと、いいんですけどねー。

2007.12.13 15:36 URL | kei #- [ 編集 ]

プチーは地元の学校へ通っていますが、
かなり遠いのでやっぱり、自宅にいて
起きている時間は、朝と夕と足しても
四時間ほどです。

ご飯も食べるしお風呂も入るし、四時間なんて
あっという間ですよね。



そう言えば、順位表を見たら、どのくらいの子が
K教材をといているのか、わかったんですね・・・。


15万人もやっているとは知りませんでした!

そうか!もっと誇りを持って突き進んで
行った方がいいですねぇ!


一週間に十枚、ですか!
そんなペースですか?

なんだか他の人のペースって
早いように思えちゃうんですね。

教材が進むほどむずかしいから
プチーもだんだんその位のペースに
なるんだと思います。


あの和訳、わざと難しくしているようにしか思えませんね!
サリーも意味がわからず読み返すことがあります☆

のんびり続けていけるといいですね~♪

2007.12.15 16:58 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

くだらない文章ですよね

2009.02.22 22:25 URL | #- [ 編集 ]

本当に、あの日本語訳はやめて欲しいですね。
くだらないって、公文の日本語訳の
ことですよね?!

2009.02.23 13:53 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/441-47a4f4ff

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。