スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

文法事項を学ぶ意義

プチーはこの春から、公文式英語で英文法を学び始めています。

前回の記事にばーぶーさんがコメントくださり
それに反応して、この記事を書き始めました☆

プチーほどの英語力を身につけたら、文法の説明も必要なのかな、と
いうような内容の書き込みをしてくださいました。



プチーの英語力が高くなってきたから英文法を学ぶ必要があるわけでは
ありません。文法は、最初の最初から、学び続けてきていると
思っています。

ただ、文法用語を使って説明していなかっただけです。



主語の後に動詞がきて、その後に目的語がくる、ということだって
大切な文法事項です。

進行形にする時はBE動詞にINGをつけた動詞をくっつける
ということだって、立派な文法事項です。

その位の文法であれば、プチーは英語を聞いたり読んだりする中で
自然に身に付けました。



ですが三単現のSは落とす事が多いですし(でもついている時もある)
過去形は使っても現在完了形は使いませんし
受動態は使っても、分詞構文は使いませんでした。

文法を学ぶまではそんな風に、使う文法事項と使わない文法事項に
むらがありましたし、使い慣れている表現であれば使えても
そうでない表現の時はよくわからない、という状態でした。




例えば[LET]という単語を、使役動詞として使えるのは
[Let me do it.]という文章の中くらい。

この単語をきちんとわかっているわけではありませんから、この言い回し
でしか使えませんでした。[LET]がどういう意味かなんて
全く考えずに使っていました。

ですが、公文式で使役動詞の[MAKE][HAVE][LET]の
三つを学び、それぞれの命令度の強さを知ることにより
他の文章でも時々使役動詞を使うようになりました。

「これを彼にやってもらった」
でも
「彼がこれをやった、私のために」
でも基本的に意味はかわりませんから、別にどちらで表現しても
構わないのでしょうけれど、プチーにはできれば細かいニュアンスを
より正確に表している、一つ目の表現を使って欲しい、と願っています。



英語の表現には色々ありますから、例えば

"I made him clean his room."
とか
"I told him to clean his room."
とか、同じような意味でも何通りにも言えるはずです。

サリーは英語を教科として学んだことがあるだけですから、悲しいかな
微妙なニュアンスまでは、よくわかっていません。



ですから、基本的には、いかに自分の知っている単語や文法を使い
自分の言いたいことに近い英語表現を作り上げていくか
それが一番大切だと思っています。

[昼食]という単語を知らなくても[真昼間に食べた食事]と
言い換えればいいだけです。

[○×なのに・・・]という無念さを仮定法でうまく表現できない
のであれば、[○×できず残念です]と言えばいいだけです。

限られた中でもなんとかうまい事やっていく術を、まずは
身につけて欲しいと思っています。



そして、どうせやるなら[通じりゃいい]を超えて
より表現豊かに、を目指しています。

表現豊かでないといけない理由はありません。
英語が上手になってくれたらなぁ、と漠然と思うだけです。



そういう目標のようなものを掲げた上で、今できることは何かな、と
考えた結果、文法事項の強化を思いつきました。


これは例えば、準2級に合格したくらいから、文法を意識し始めた方が
いい、という、そういう理屈ではありません。


もっと前から意識する子もいるでしょうし、ずっと意識しない子も
いると思います。それでうまくいく子もいるでしょうし
うまくいかない子もいると思います。




プチーはただでさえ、自由奔放でいい加減です。

文法事項を教え込んだ所で、彼女をがんじがらめにすることなど
できません。文法を意識しすぎて、英語が口から出てこなくなる
ということもありません。

どちらかと言うと、学んだ英語表現を使いたくて、無理やり
その話題に持っていき、無理に使ってみるくらいの性格をしています。

知っていることが増え、頭の中の選択肢が増え(あるいは整理され)
プチーは明らかに快適そうです。

今までごちゃごちゃに詰め込んできたあらゆる知識を、今
整理整頓しています。

あぁ、そういうことか。
これとこれはこういう関係か。

と色々な所で点と点がつながり線となっている、と信じています。





プチーにとっては、この方法はよかった、と思っています。
ですが、何をやっても基本的には「やってよかった」と感じるサリーの
言うことですから当てにはなりません☆


英語力がある程度ついたら英文法の説明も必要なのか、と
ちょっと違う解釈をしている方がいらしたらいけない、と思って
だらだらと今の心境を書きました。




わたくし、常に「思いつき」で行動しております♪


これいいかも、と思い、やってみたら、意外とよかった、と
その程度の事ですが、そうやって色々つまみ食いすることにより
偏ることなく色々な方向から攻めていけたらなぁ、と思っています。








ちなみに、日頃使っているプチーの国語の問題集を
大いに参考にしています。

塾系の問題集は一年生の時からどんどん文法的な事柄も
入っています。決して無理のない範囲でそうして母国語を
磨く上で、英語も同じようにやっていっても害はないだろう、と
感じました。

何も特別な策を練らなくても順調にいくのであれば
こんなに右往左往してはいません。

壁にぶつかる度方向転換するうち、今は文法へはしっている
ということだと、自分では思っています。


のちのち後悔しないよう、その都度ちゃんと納得済みで
取り入れれば「なんでもあり」な気がします。

これからも色々やってみようと思います♪
文法事項がそろそろ一段落しそうですから、次の策が
必要になってきました。




[お気楽英語子育て]トップページへ
<公文式英語K教材>では、最新の公文情報をご覧いただけます♪
(プチーの公文の様子が書いてあるだけです☆)



2007.11.27 13:13 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(13) |

コメント一覧

う~ん!と唸って少し考え込みました。
ウチの息子は来年5年生。
否応なしに、中学英語が目先です。
しっかり読めるようになってきた今こそ、文法の整理をしようかと思ってます。日本語で。
いわゆる5文型って、やっぱり【知識として】知っておくべきかなと感じています。

重力の有無なんて物理的なことは無視した例え話ですが、
空中に簡素なプレハブ小屋を建てるのは大変です。
しっかりした土台にガッチリした鉄筋鉄骨ビルを建てるより大変。
で、今の彼の文法も空中のプレハブ小屋ではと思えます。
5文型という土台に基礎を組み直し、
感覚の中で点在してるイメージ文法を
理路整然させ、面の上で体系化してあげようかと。
ずいぶんすっきりして、新しいステージが待っていそうな気がするんですよ・・・

2007.11.27 15:35 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

思いつきなのか。でもいい思いつきみたい。なんでも整理は必要だから。押し込んでいても、出し入れできなきゃ使えませんもんね。
(大事なものが見つからないし)

サリーさんは、納得済みでなんでもありか。
専用コーチですもんね。


うちは成り行きで何でもありだな。
そのあたりが結果に出てるのかな。

すこし策を練っているんですが、なかなかしっくりいかない我が家です。(見切り発車気味。)
どっちにしても、ジョージ君は整理整頓するほどまできてないかんじです。





2007.11.27 21:49 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

はじめまして。こちらのサイトは今小1の娘が秋に準2級を受けることになり、検索していて知りました。 それ以来こちらのサイトを見ながら、自分が娘に英語子育てしてきたこととあまりにも共通点が多く、共感しながら読み進めてまいりました。 うん、うん、わかる、そうだよね、やっぱりサリーさんもプチーちゃんもそうなんだ、やっぱりプチーちゃんはすごいな、とか、あるときは自分の英語子育てを戒め?あるときは励まされ、まるで自分のことのように感じながら本当にお近くにいる方だったら語り合いたいって思うくらい・・・ 
家の娘は昨日ネットで英検準2級二次試験合格を知りました。  でも今回の二次試験は一次試験合格通知から一週間強しかなく、準備もそこそこ、当の本人も、どんな話だったかさえもわからず、結果は聞かないで、その話はしないで、の一点張りだったんです。 あー、やっぱり付け焼刃じゃ無理かな、とあきらめていたところへまさかの合格点より一点上のぎりぎり合格・・・でも家の娘はもう英語嫌いになりつつあるんです。 英検2級なんてもっとお姉さんになってからじゃないと受けないよ、って宣言しているんです。 悔し涙を流すくらい次回はがんばるぞってヤル気のあるプチーちゃんとは大違いなんです・・・ どうしたものか... 思えば英検準2級一次試験合格も本当に運がよかったから受かったようなものなんです。 実際の試験では頼みの綱の第1問とリスニングはあまりできなくて、なぜか第3問の作文ができていたり、と予想外な展開となったり、長文にいたっては 本人もう読む気力もなく、とりあえず全部1にマークシート塗っといたってかんじなんです。 それでも6割位とれていたからなんとか合格して。英検ってこんなんで合格させていいの?って思うくらい、本当の実力はないような気がして素直に喜べないのは私だけでしょうか・・・ 実は娘は小学校に入ってますます英語を話さなくなってしまいました。 5歳くらいまだ幼稚園年中で、英語と日本語の違いもそんなに意識していなかった頃が会話力のピークだったような気がします。 今は、とりあえずディズニーチャンネルは英語で見せているけれど、こちらが英語で話しかけても(といっても私もここ1年くらいほとんどできていませんが)全部日本語で返ってくる始末です。 言っていることはわかるけれど、あえて自分から英語で話すのは母国語の日本語が圧倒的に楽なのであえてしたくない、といった感じでしょうか・・・今の英語の取り組みですが、とりあえず週に1回2時間オーストラリア人の英語の先生の教室に行って、ゲームをしたりワークをしたりして過ごしているのと、私が開いている英語教室に週1回仕方なく?出席しているくらいなんです。 小学生に入ってチャレンジとそろばんを始めて、ピアノの練習もあって、最近は学校の宿題も増えて...本人もこれ以上やったらこわれちゃうよ~!って言ってるくらいです。 よくいう、小学生になると英語ばっかりじゃいかなくなるって聞いてたけれど、ほんとにそうだな、と実感している毎日です。 プチーちゃんだってバイオリンや公文式のプリントもあって忙しいのによく英語の時間を取り入れることができるな、と感心しています。 タイムマネージメントが必要なのはよくわかってるのですがなかなか・・・で、なんとか出来るだけ毎日少しでも英語に触れる機会を作れたら、と考えていたところに、サリーさんが英語日記や一分間スピーチを取り入れているとのこと、娘にも少しずつ試してみようかな、と思っているのですが果たしてやってくれるかどうか? そうそう、公文式の英語についてですが。。。。実は私も公文式の英語に関わった仕事をしていたことがあります。当初はこんなんでしゃべれるようにならないよって公文式の英語には結構否定的なところがあったんです。 でもここに来て、やっぱり研究されたプリントだけあって、今までなんとなく使っていた英語を文法上整理してあげることも大切かな、特に読み物は小学校低学年でも馴染みやすいお話もでてきてリーディングにもいいかな、とかなり肯定的に考え始めています。 私の個人的な意見ですが、外国語を限られた時間で伸ばしていくには、ある程度インプットをしたらやっぱり文法も紹介して教えてあげる必要があると思っていますので・・・ ちなみにプチーちゃんは小学校2年生でどの教材からはじめられたのですか? 家の娘も小2から公文式をやるか迷っています。 今後もサリーさんの取り組みを参考にしながら子供が英語嫌いにならない程度にですが、でも本当に使える英語を細々とやって、いつか英検2級に合格するまでの本当の実力をつけてあげたいと思います。いつじゃ~?! 

2007.11.28 10:28 URL | しゅべ #- [ 編集 ]

こんにちはサリーさん

難しい事は失礼ながら分かりませんが ちょうど今プチーさんは
(今まで読み、書き、解き、してきた事)
        ↓
       ☆☆☆
        ↑
      (文法用語)
っと つなぎ合わせることが出来るようになってきたのですね♪

 突きつめるものは人それぞれ違いますが、リロが文法事項を理解するなら早ければ早いほうがいいと思っていました。無理にではなく、英検を受けるにあたってもその事を含め考えていました。リロはそれがいつになるかはまだ分かりませんが、あせらず今をじっくり進めていけたらと思っています☆

2007.11.28 10:48 URL | gumam #- [ 編集 ]

ルーシーさんのおっしゃる通りです!

子供の頭の中ではイメージ文法が点在、という表現は
まさに、プチーの頭の中を的確に
表しているような気がします。

賢い子や、英語に触れる量が半端じゃなく多い子は
その点在している文法も自然に体系化できるんだと
思います。

でもプチーはどちらの点でも不十分なので
手助けしてやることにしました。


エディ君なら、自分できちんとやっていそうにも
思いますが、でも、そこでちょこっと
手を添えてやると、ぐんとうまく
いきそうな気もします。

あ、そうか!が、次のステージへと
続くような気がします。


エディ君、これから更に
おおばけしそうです!
とっても楽しみです。

すごい事になりそうな予感♪♪♪

2007.11.29 05:24 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

勝手に名前を出しました。スイマセン。
リンクとかはろうか、と色々思ったのですが
ばーぶーさんにきいてから、なんて
もたもたしているうち、時間がたっちゃいました!

サリーのする事には、いつもそれほどの
根拠はありません。これやってみようかな、と
思ったものをやってみているだけです。

いつもえらそうに記事を書くから
確信をもってやっていそうに見えるかもしれませんが
全然そんなことありません。

でも企画倒れも多い中、この文法はなんとか
生き残り、色々役に立ってくれている様子です。

成り行き、はとても大切だと思います。

これやらなきゃ、あれやらなきゃ、と
最初から計画してもなかなかうまくいきません。

その都度見直したりしながら進めたほうがいいから
うちも成り行きタイプです♪

見切り発車してしまったときは、半年でも一年でも
そのプランを寝かしておけばまたきっと
のちのち、つかえます☆




ばーぶーさんのおっしゃる通り、
整理整頓するためには、その時点ですでに
ある程度の知識の量が必要です。

でも次回英検3級を受けようか、という人なら
充分整理整頓するくらいの何かが
頭の中にたまっていそうな気がします。

また英検の申し込みの季節ですねぇ。
もうきたか。はやいなぁ。

2007.11.29 05:31 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

>でも次回英検3級を受けようか、という人なら
充分整理整頓するくらいの何かが
頭の中にたまっていそうな気がします。


それが正反対なかんじなんです。とほほ。

今少しずつDWEでCAPをやっています。これって卒業するコロには3級ぐらいってHPに書いてあったので、そのコロにどんな漢字化なーって問題集やってみるってのが私の理想なんですが、

ジョージ君は3級受けるって言うんです。

リスニングは何とかなっても、全部といた後には疲れて聞けないかもしれないし、筆記はとにかく詰め込んでみて何か引っかかってたらよし、英検終わってからせいりしたらいいかなと思っています。

語彙とか、ほとんど見たことあっても、記憶にないって物ばかりだと思う。

ピーチもジョージがやるならといっていますが、チャーリーの受験と日にちが重なってたりするので

冬はやめたいような、

ピーチは中学生ですが普通の中学生。よくできる子ではありません。クラブもあるし。
耳がそうよくない。リスニングはあまり期待できない。練習次第かな。やるきはけっこうあるのがすくいです。

締め切りまで迷うと思います。
めっちゃ消極的。やらない理由を考えたりして。

ルーシーさんが、
親の気力もそうは続かないって言うから
(もうすでに途切れつつある母)
思い切って突っ走り、ぎりぎりねじ込む
つもりでがんばろうと今は思っています。
どうせ、冬期講習とかで落ち着かない年末年始だから、みんなで勉強だーって。

大掃除はどうすんのって話だけど。

2007.11.29 10:32 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

はじめまして、しゅべさん。

小1で準2、ということで、プチーと同じような
感じすね。
しかも幸か不幸かギリギリで合格というところも
同じですね!

合格に関しては素直に喜んでいいと思います!
サリーも「お~、たなぼただ~」なんて
おおいに喜びました。ダメだと思っていましたもの!

合格できたのに「もう次は当分遠慮したい」という
気持ちになると言うことは、お嬢さんは
とても真面目で素直な性格なのかしら。

プチーは、自分もサリーも、実力がどうこう
いう以前に、合格できたらそれがとにかくうれしくて
大喜びです。

プチーはお調子者ですから、当然
「どんどんうけてやる~」となります。

口ばっかりですし、そんな風に言ってる割には
ちゃんと勉強しなかったり、努力もせず
怠けています。

でも「こら!何やってんの!たるんでる!」なんて
お尻をたたきやすいので、サリーとしては
とてもやりやすいです。





今は英検直後です。受けた本人は、少なくとも精神的に
とても疲れていると思います。

大人でも精神状態によっては
好きな事でもあきらめたくなる時や
嫌になっちゃう時ってあると思います。


でもまた回復してきた時に
英検を受けたいな、という気持ちになって
くるんじゃないかしら。

残念ながら準2級にぎりぎりでしたら
次回2級合格を目指すのは少し先に
したほうがよさそうですし
余裕をみて、一年、二年先をみていったら
気持ちにもきっと余裕がでてきますよ~♪




ここまでやってきて、嫌いになっちゃうってこと
ないような気がします。

小1で準2レベルにもってきたんですから
よほど今まで英語と「仲良し」だったはずです☆

きっと腐れ縁です♪



我が家はお稽古事が五つもあり
バイオリンの練習もあり
英語なんていつもしいたげられています。

隅に追いやられつつも雑草のように
たくましく生き残ってくれています。

英語は今どうしても、というものではありませんから
仕方がありません。

でも準2レベルまでもっていけていれば
切り捨てても切り捨ても英語は結局
しつこく残ります。

ここから先は、少なくとも我が家は
他とのバランスを大切にしつつ
できる限りやっていく、くらいしかできません。


しゃべさんのところも、どうぞ無理せず
でも、絶対続けていきましょう!

一緒にやっていきましょう!

ここまで英語とお付き合いしてきたのも
何かの縁だと思います。

せっかく英検にも合格しているんだし
手を替え品を替え、いろいろやっていきつつ
なんとか続けていきましょう~♪





プチーの公文はHから始めました。
先生のご配慮で、楽勝の所からスタートし
大成功でした~♪

プチーに英語に対する「自信」を
つけさせてくれました。




いつか2級にも合格しましょう!

2007.11.30 11:04 URL | しゅべさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

自分なりにうまくやってきている
お母さんであれば、その都度その都度
「つぎ、これやってみたらどうかな」と
アイデアが浮かぶはずですし
浮かんだ時が、ちょうどいい時だと思います。

思い立ったが吉日、という言葉が
好きなので、なんでもかんでも
「これも運命だ」なんて感じつつ
やってます♪

文法は、真面目で神経質な子であれば
導入は遅い方がいいのかも、と思います。
大人でも、どっちでもいい細かい事を
気にするあまり英文を全く
組み立てられない人なんかがいますが
そういう人は、気の毒ですね・・・。

間違いを気にしないような図太い子供であれば
知っていて損はない、と思っています。

無理して覚えこむのは大変かもしれませんが
覚えていなくて当然、位の感覚で
何度も話してやれば、興味があれば
そのうち覚えるのではないかしら。

色々試しながらじっくりいきましょう♪

2007.11.30 11:14 URL | gumamさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

見たことあるけど意味を勘違いしている単語
プチーにもたくさんあります。

文脈でわかる時もありますが、とんでもなく
的外れな事を言う時もあります。



子供のやる気って、時々
非現実的だったりするから
その辺の見極めは親の役割ですよね。

ちゃんと3級いけそうか、見極めてあげないと
ジョージ君繊細だから、落っこちたら
大変ですものね!



大掃除なんて、来年でもできます!
大丈夫!忙しい冬は、大掃除をさぼりましょう♪

2007.11.30 11:18 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

管理者だけに表示、としてコメントをくださった
Kさん。

ここへ「公開」という形で返信してしまって
いいのでしょうか?

「アドバイスを」と書いてくださっていましたが
非公開コメントはサリーにしか読めませんし
どのような形で書かせていただいたらいいものか
困っています。

よかったらもう一度書き込んでみてください。

公開でよければ、このまま他の人たちに書くのと
同じように、書かせていただきます。

連絡お待ちしています。よろしくお願いします。

2007.11.30 11:23 URL | 秘密のKさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

以前からよく拝見させて頂いていましたが
書き込みするのは今回が初めてです。

まだ自身に子供は居ませんが、サリーさんやプチーちゃんの英語を学んで行く奮闘記を楽しく読ませて頂いてます。

文法にがんじからめにならず、色々な表現方法をさぐるのはとても素敵だと思いました。

日常生活で外国の人と触れ合う機会が少ない環境で、自身だけでも子供に英語で話しかけてあげたいと思うのですが…キチンとした文法で話せないのなら止めておいた方が良いのでしょうか?
子供の話すセンテンスに3単元のSがないのに気づけないなら…

まずは自分が勉強するしかないですかね?

みなさんの書き込みなどを見ると、お母さんがたも英語が堪能な方のようで とてもうらやましく思います(>_<)

今後も宜しくおねがいします。長々と失礼しました。

2007.12.01 14:43 URL | くまちゃん #- [ 編集 ]

はじめまして、くまちゃんさん。

我が家も日常生活で外国人と触れ合う機会など
ほぼありませんから、テレビの語学番組をみたり
旅番組をみたり、本を読んだりしながら
外国を感じています。

話し掛けは、できるのであればしてあげたら
おもしろいんじゃないかな、と思います。

サリーもいきなりドイツ語で挨拶したり
しますよ~。
テレビで学んだ表現を試しに使っているだけですが
楽しいものです。

その言語との距離は確実に縮まります。

間違っていたってそんなことお互いわかりっこ
ありませんから、好きにやっています。



お母さん方も英語がわかる方が確かに多いですが
そうでない方も、自分のできる範囲で
頑張ってらっしゃる感じです。



勉強するしかないかな、と渋々勉強するのは
ツライことですし、なかなか続けられません。

でも子供が何かを学び始めたら
お母さん自身も興味が湧いてくる場合が多いので
勉強したくなるかもしれません。

そうなったらしめたものですね!


自分なりに楽しめて長続きする方法を
探し当てる事ができたらきっと
成功すると思います。

その時が楽しみですね!

2007.12.03 08:44 URL | くまちゃんさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/438-31b12856

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。