スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

アンネの日記、念のため補足

今、寝る前の読み聞かせでアンネの日記を読んでいます。

きっかけは、公文式英語のプリントで、アンネの日記の一部が
出てきたからです。

プチーが気に入った様子でしたので、読んでみることにしました。



ですが、この本は、決して小2の女の子向けの、楽しい本では
ありません。(プチーはなぜか気に入っていますけれど)

日記は、毎日の出来事がただ淡々と綴られているだけです。

寝ていたら爆撃があってこわかった、とか、同居人の誰かと
口論をした、とか、気持ちの揺れ動くさまを描写した表現も
沢山出てきます。

アンネが色々感じたことを、ただただ綴ってあります。
たわいもないことも多く書かれています。



読み進めるうちにわかってきましたが、アンネはちょうど[年頃]の
女の子です。おませで賢い女の子です。

ですので、女性が男性にこびる姿を快く思わなかったり
プチーには到底理解できないような[男女間の心理]のような
話題も出てきます。


今はまだ三分の1ほどしか読み終わっていませんので、そのような
場面はほとんどでてきませんでしたが、プチーには前もって
この日記の一部を、もしかしたらとばして読むかもしれないことを
伝えてあります。

アンネはプチーよりも年上なので、プチーには難しすぎるところが
あるかもしれないし、適切ではない箇所は[とばす]からね、と
断りをいれてあります。


それより以前に、何度も、この本を最後まで読み終わりたいのかも
確認していますが、プチーはプチーなりに楽しんでいるのか
あるいは、途中でやめるのが嫌なだけなのか、とにかく
この本を読みつづけたい、と主張しますので、読み進めてやっています。



プチーには、時々

「いままでに、とばして読んだとこ、ある?」

と確認されますので、今のところ、全て読んでいる旨を伝えます。




この本は日記に語りかけるようなかたちで書かれていて

[○月×日。キティーへ。今日こんなことがありました。]

というように書き始められています。それぞれの日の日記の冒頭に
ほぼ必ず「今日は嫌なことがありました」とか「ニュースがあります」
のように書いてあるため、その日の日記がどのような内容かは
大体見当がつくようになっています。

それを参考に、その日の日記を読むかどうかサリーなりに判断し
読んでやっています。読み進めるうち「これはまずい」と思えば
中断し、また次の日の日記から読みつなぐつもりにしていますが
今まで一度もこのようなことにはなったことはありません。



適切ではないと思える箇所をとばして読むような本だからと言って
決して[プチーにはまだ無理な本]である、というわけでもありません。

わかる箇所はそれなりに理解し、共感したり、楽しんだり
驚いたり、こわがったり、しています。



例えば今日読んだ箇所では、隠れ家での生活が事細かに
説明されていました。

何時に誰が何をして、と延々と毎日のスケジュールが紹介されていて
プチーとは

「誰が何を何時にするか、決まっているんだね」
「沢山で一緒に生活しているから、何をするのも順番なんだね」

と話しました。

寝る時の段取りでも、何時に誰が何を片付け、何を準備し、と
寝る支度についてもまた、丁寧に説明されていましたから

「部屋が狭いから机を片付けてからマットを出すんだね」
「でもダッセルさんのベッドは出しっぱなしなんだね」
「アンネの寝具はダッセルさんのベッドの上に置いておくんだね」

なんて話をしました。

プチーは本の読み聞かせを聞きながら状況を想像するのが大好きです。

雨漏りはどの辺からするんだろう、とか、泥棒がきた時は
さぞかしドキドキしただろう、とか、そんな、本当にたわいないことを
二人で話しながら読み進めます。



アンネの日記という本をこのように楽しんでいる我が家ですが
だからと言って、ぜひオススメしたい読み聞かせ本、というわけでも
ありません。

低学年の子供に適した本、というわけでもないでしょう。

ですが、興味深い本であることだけは確かです。
日常生活ではありえない話題をいくつも与えてくれます。

思春期独特の話題だけは、今はお断りです。受け入れるつもりは
ありません。ですがそれ以外の話題に関しては、問題なく読んでやって
います。



英語の単語レベルが高く、難しい単語も多いですから
プチーがすべて理解しているとも思えません。

多分、あまり質問してこない時は、理解できていないはずです。
そういう時は、そのまま、どんどん読み進めます。

わかっていなかったら、それでも構わないと思っています。



親子での、寝る前の、くつろいだひとときのための読み聞かせです。
難易度が少々あっていなくても構いません。プチーが楽しく
聞いてくれて、適度に眠たくなってくれればそれでいいのです。



万が一、サリーのサイトでアンネの日記を見て、是非読み聞かせに
使ってみよう、と思った方がいらしたら、と思い、念のため
お断りしておきたくて、今日の記事を書きました。




我が家の読み聞かせは、ちょっと特殊です♪

理解できていなくてもOK。
とばして読んでもOK。

そんな、勝手な読み聞かせをしています。

英語教育、という観点で考えると、この読み聞かせ、あまり
意味がありません、きっと。

プチーはサリーの英語を聞くのが好きで、サリーはプチーに
読んで聞かせるのが好きだから、この寝る前の読み聞かせが
成り立っています☆


2007.08.03 23:12 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(10) |

コメント一覧

>英語教育、という観点で考えると、この読み聞かせ、あまり
意味がありません、きっと。

そんなこともないようですよ。
私のネイティブの先生によると、わけのわからない外国語をずっと聞いていくことにより、ある瞬間から急に分かるようになるとのことです。
ありきたりな話ですが。。

2007.08.03 23:39 URL | zb #SFo5/nok [ 編集 ]

意味のない子育てなんて、ないですよ。
今、理解できなくても、
ずっとずっと、後になって、
『あ~。こんな理由でママは読み飛ばしたのね。』
と納得してくれたら、それだけで今の取り組みは実を結ぶと思います。

というか、役に立つか、立たないかを考え出したら、
人は一歩も前に進めなくなります。
今を生きるという気楽さで日々を過ごしててもいいとさえ思ってます。

プチーちゃんが楽しんでいるのなら、
サリーさん流読み聞かせは、大アリ!!だと思いますよ。

2007.08.04 07:28 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

低学年での読み聞かせでは、お話の内容より、お母さんの愛情を受け取る時間だと思います。

だから、意味をわかっていなくてもお母さんが読んでくれる!というのが子供にとってたのしみなんだと思いますよ。
それに、読み聞かせで子供が聞いてくれるうちが花ですからね。
そのうち私は、あっちに行って!と言われそうですけど。

サリーさん、この本長いけど気楽にがんばってください。

2007.08.04 11:55 URL | バニラ #- [ 編集 ]

急に聞こえるようになることって本当に
あるんでしょうか。子供なら、あるのかもしれませんね。

そういう感覚を味わったことが無いので
実感はありませんが、全く聞かないよりは
聞いたほうがいい、というのは
確かかもしれませんね♪

2007.08.05 18:36 URL | zbさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

ホント!ルーシーさんのおっしゃる通り!

役に立つか立たないか、なんて
今の時点ではわからないのですから
そんなことをいちいち考えていたのでは
前へ進みませんよね。

逆に、だからこそ、何をするのも
[楽しんでこそ]ですね。

あとあと役に立たなかったとしても
その時を楽しく有意義に過ごしていれば
無駄だった、とか、意味が無かった、と
後悔することもありませんものね☆


この本、ちょっと長いのがたまにきずですが
しつこく、読みつづけていこうと思います♪

2007.08.05 18:41 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

そのとおりですね。読み聞かせの内容、とか
何を学ぶか、とかそんなことよりも
二人での時間を楽しむための手段、という感じで
読み聞かせを使ってきました。

もちろん最初の頃は「英語のため」と
思っていましたが、今では、二人でのんびり過ごす時間
として、とても大切に思っています。



そのうち、あっち行って、って
言われるんですよね、きっと!
そんな日、いつ来るのかしら!!!

想像できない・・・・・。



なんとかこの分厚~い本、根気強く
読みつづけてやります☆

2007.08.05 18:44 URL | バニラさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

ちょっとちがうかもしれないけど・・・
今日8月6日だったのでケーブルテレビで
「はだしのゲン」アニメで見せました(娘5歳)
画像がグロテスクなので号泣でしたね(^^;)
2年生ぐらいにはアンネの日記読めるかなぁ・・・
英語はちょっと離れ気味で英語のアニメ見せて
わかりそうなフレーズ拾いあげたりする程度・・・
すっかり夏休みボケです
多読もORTのステージ2にてすでに停滞中(痛い・・・)
幼児テストの季節の花の名前とか常識テストが
きにいってるようなので図書館で借りた植物図鑑を
読んだりしてます
悪くはないけど子供は忘れるのも早いからなんとか
しないとと思っています

2007.08.06 23:49 URL | のんぷー #4JcWZNxE [ 編集 ]

はだしのゲン、サリーも、今最も
プチーにみせたいものの一つです。

でも自分自身もとてもこわかったので
まだ見せる勇気がなく尻込みしていました。

とりあえずニュース番組の特集などで
原爆の話をみせたりするのにとどまりました。


2年生では、アンネの日記を全て理解するのは
難しいようです。もちろん人によると思いますが
プチーにはちょっとまだ早かったようです。


子供の英語って、覚えて、忘れて、の繰り返しで、きっと
徐々に定着していくんじゃないかと思っています。

ぼちぼち、がんばっていきましょう~♪

2007.08.07 07:15 URL | のんぷーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさん、読み聞かせがんばっておられすんですね。アンネの日記、(もちろん日本語ですが)私も小学校高学年で呼んだ記憶あります。思春期の女の子の気持ち、(初恋めいた日記の日もありましたものね)戦争時ナチスドイツによって迫害されたユダヤ人の避難所生活であること、まだプチーちゃんが100%理解することは難しいかもしれませんね。
私は小さい頃から本を読むのが好きだったので、何度も同じ本(や漫画)を読んだりしています。その時その時によって感動するところや考え込む箇所が違います。きっとプチーちゃんも今お母さんが読み聞かせしてくれることも嬉しく、興味をもっていると思いますよ。母としてぷちーちゃんが感じ取ってほしいことを憶えていてくれると嬉しいですね!

2007.08.12 08:29 URL | yumibinch #- [ 編集 ]

yumibinchさん、お久しぶりでございます♪

アンネはいわゆる思春期の女の子っぽい発想で
色々書き綴っているので、プチーにわかりづらい
心境もあると思います。

特に男と女の話は、わかってないでしょうね!

そっちは、別にいいのですが、戦争のことなどは
できれば少しずつわからせたいと思い
説明を添えたりしています。


サリーが「この部分は是非」と思うところで
説明を繰り返すのですから、プチーにはきっと
サリーが重点をおくところの印象が残る
はずですよね。

次回自分で読む時はまた全然違った印象を
もつのかもしれません。

本を読むのが好き、というのはそれだけで
素敵なことですね。

プチーにも是非本好きになって欲しいなぁと
思います。

2007.08.14 12:57 URL | yumibinchさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/402-5670162f

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。