スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

DWEメインビデオ9

盛り沢山すぎるくらい文法事項満載で、なんだか急に難しくなった
第九巻目。仮定法現在も出てきました。

If I were tall, ~.

で始まる文章がいくつも紹介されていましたが、公文式でもまだ
仮定法は出てきていませんので、ついつい尻込みしてしまい
説明することはしませんでした。

プチーも完全に聞き流している様子です。

「もし○×なら、~なのに。」

という独特のニュアンスを感じ取っているとも思えませんが
これに関しては、静観することにしました☆





また、八巻目に引き続き

"So do I."
"So is he."

の表現が出てきましたので、ますます「これって大切なのかも」と
思えてきました。この表現を是非マスターしたいものです♪





[HARDLY]も出てきました。否定しているように聞こえないけれど
実は否定している、というこの状態をプチーはわかっているのでしょうか。

"So do I. "

とともに、[HARDLY]や[SCARCELY]を使いこなせたら
かっこいいのになぁ、とちょっと憧れのアイテムです。

なんだか英語がぐんと洗練されそうです。


しかも子供向けの英語のビデオに出てくるのですから
別に、こまっしゃくれて大人びた、変な表現ではないはずです。


会話や本に出てきたら、意識して強調してみようと思っています♪





さらり、と感嘆文なんかも出てきていましたが、これも
流しました。そう言えば、今まであまり、完全な文章の形で
感嘆文を意識したことがありませんでしたが、これも特定の
ルールがありますから、いつか説明した方がいいのかもしれません。




ビデオの後半は、結構な時間を割いて、可算名詞、不可算名詞の
話がでてきました。

数えられるもの、そうでないもの、を比較し
[a little][a few]、[How much][How many] の
使い分けに関する話が続きました。

これに関しては、念のため、説明を加えました。
プチーはあまり意識していなかったはずですから、これを機に
もう少しきちんと使い分けていかなくては♪





これらの文法事項はもちろん、何の説明もなしに、どんどんと
紹介されていきます。

今まで何の説明もなくみてきたプチーでも、明らかに
理解できている部分がありますが、せっかく小学2年生にも
なっていることですし、赤ちゃん時代とは少し違った
楽しみ方をしていきたいと思います。



DWEをフルセットでお持ちで、レッスンやテストをしている
お宅では、このようなことを、小さいうちからきちんと
つめていっている、ということかしら。

あらためて、うちのような[ビデオとCDしか持っていないユーザー]と
[フルセット所有でTEやCAPもこなすユーザー]の差を
感じてしまいました☆



ビデオとCDしかないけれど、これからもDWEを使い倒すぞ~♪



[お気楽英語子育て]トップページへ

2007.07.23 11:26 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/396-3410be17

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。