スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

この夏の英会話プラン

この夏こそ英語のプライベートレッスンにでも行って
プチーが[しゃべり]をもう少し磨いてくれたら、と思い
まずは電話で英会話スクールに問い合わせしてみました。


プライベートレッスンだと、だいたいどこも、40分8000円~9000円。

この金額にうなりつつも、夏の間だけだから、と思い
通わせてみるつもりでいました。




子供の英語教育と、大人の英会話レッスンとはちょっと違います。

大人のレッスンの先生であれば、どちらかというとノリが軽くて
レッスンの後、「今度飲みに行こう」なんて誘ってくれるような
先生(もちろん規約違反☆)もいいかもしれません。

最近行政処分を受けたお騒がせな英会話スクールの先生なんて
何を言っても「That' interesting.(へぇ、面白いね)」としか
返事をしない先生や、レッスン中居眠りする先生もいましたが
かわいい女の子(生徒)だと間違いなくお声がかかり、プライベートでも
交流できましたから、かわいい女の子はお得です♪
(今はどうか知りません)

サリーは[かわいい女の子の友達]だったので、一緒に
時々得させてもらいました♪

(注:だからと言ってその英会話スクールが良い、と言いたい
 わけではありません。)


大人の先生なんて、それほどうるさいことを言わなくて
どうにでもなりますが、子供の先生となると、そういうわけには
まいりません。

やっぱり真面目な先生がいい!

なかなかうまく話すことが見つからない子供の口を
うまく開かせるテクニックがあり、幅広い知識を持ち
子供の気持ちをわかって話をあわせてくれる先生でないと
安心して任せられません。

英語を話せるだけの外国人、では困ります。




というわけで、アメリカ人の先生の多い、近所のベルリッツは
どうかと思い、プチーを連れて行ってきました。


と言っても、外国人の先生のレッスンだと嫌がると思いましたから
とりあえず

「どんなテキストを使っているか見せてもらいに行こう」

と誘い、プチーを連れて行きました。


日本人のスタッフにテキストを見せていただきました。
突然行ったのに嫌な一つせずテキストを出してくださいました。

(突然行ったのはサリーの作戦です☆
 突然行くとあたふたしたり迷惑そうな顔をするようなスクールは
 見学の時以外は、いい加減な事をしているスクールです。
 
 夕方はさすがに気の毒ですが、まだクラスが始まっていなさそうな
 早めの時間帯に、ぷらっと訪れると、そのスクールの本性や
 真の姿が見えてきます!)



プチーと一緒にテキストを見せてもらいましたが
プチーはやはり、行きたくないと言いました・・・。



行きたくないのに行く必要ありません。

スクールに足を運べばその気になるかも、と淡い期待を抱いて
プチーをわざわざ連れて行きましたが、この夏もやはり
プチーをどこかへ通わせることはあきらめました。



そのかわり、サリーが

[プチーのしゃべりを、もうちょっと鍛えたいと思っていること]

を伝えました。

今はいいけど、英語は読み書きだけじゃなくて、やっぱり
話せたほうが楽しいから、のちのち、いつか、しゃべるほうも
やってみようね、と言ってみました。


今は英検やワークブックの方がいいんだったら、そっちを使って
英語力を伸ばそう。できることからやっていこう。
それにより結局、話せる土台を作るから、別にどの方向から行っても
同じことだから、とも言いました。

やりたいことからやっていって、総合的な英語力を伸ばしていこう、と
プチーを話し合いました。



プチーもいつの間にかもう小2です。この辺のことはもう
わかるようになっていました。

努力しないと、何も身に付きはしないこと。
努力無しで身に付くようなことは、逆に誰にでもたやすくできること。
できないより、できたほうがいいけど、別にたいしたことじゃない。


頑張って身につけたものこそ値打ちがあるから、と
また延々とプチーにサリーの精神論を聞かせていましたら
プチー、家の中で英語をよくしゃべるようになりました☆



英会話スクールになんて通わされちゃ、たまんない!
と思ったのかもしれません。

「こうやって家でママと一緒に頑張ろう」と新たな決意をしたのかも
しれませんし、「このくらいは話せるよ」とアピールする気持ちも
あったかもしれません。



どちらにしろ、プチーなりに[しゃべり]に対する意識が
多少変わった様子なので、この夏はこの調子で、家でせっせと
英会話の相手をしてやることにします。

サリーだって、ぺらぺらとたくみに英語を操るわけではありませんから
たどたどしい英語でお互いぼちぼちしゃべっていくだけです。


ですがしゃべらないよりは、しゃべったほうがいいから
夏休み、張り切って[自宅英会話]をしてみようと思います♪

この方が安上がりですし、結局得した気分♪
さて、どの程度の効果があがるでしょうか・・・。




[お気楽英語子育て]トップページへ

2007.07.09 11:16 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(10) |

コメント一覧

嫌がるのをいかす必要は全くないと思います。

本当に必要になるまで、得した分貯金できますね。

リトルベアーなど、アメリカではDVDで出てます。よくは、しらないんですが、4本買うとひとつはただで、送料分ぐらいは得するそうです。リージョンフリーも、3-4000円でかえるし、おすすめです。
1つずかうなら、マーケットプレイスは、DVDが、送料込みでも1000円ぐらいで変えます。我が家のおすすめは、アンジェリーナバレリーナ、デニスが気に入ってます。
英語は少しアクセントが強いけど、おはなしがすごくいいです。後、I love Lucy,大人用ですが、すごく楽しいです。大笑いできます。ういたお金で、そろそろDVDライフはいかが?

チャーリーの2次多分大丈夫みたいです。多分。

2007.07.09 13:49 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

なんだか、「じ~ん」ときてしまいました。
すごく共感でしたからです!!

英検、読書、ワーク、本人が望めば、
そういうことで英語力を伸ばすのもいいのですが、
うちもアウトプット、
会話をもう少し積極的にできたらいいなあ・・・と思っていました。

英語拒否期に精神論を話合い、納得してもらい、
日常を会話を英語にする努力をしてもらうようになりました。
少しはスクールなど外部の人との交流で
英語を話して貰いたいと思ったりもするのですが、
うちもプチーちゃんと一緒で
スクールは通いたそうにありません。

相変わらずのつたない私との会話で
ぼちぼちの歩みになりそうです。

2007.07.09 19:30 URL | はな #- [ 編集 ]

奇遇です。
我が家も今週カナダに出発するので、
子供たちに熱いラガーマンのように語ったところです。^^;
いかに自分たちが恵まれているのか、
いかに恵まれていても、
本人の向上心や努力がなくては全く実りがないか、
などなど。

方法はひとつではないと思いますよ。
成果の表れ方もひとつではないと思います。
のんびり主義、大いに大賛成です!
時に停滞も後退も、あって当然だと思います。
人間のすることですもの。
ただ、努力しない者の結果はひとつしかないですよね。
それだけは、人として、避けたいところです。

2007.07.09 19:59 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

DVDをみて、ちょっと新しい表現や
新しい雰囲気を取り入れるのもいいですね。

ばーぶーさん、マーケットプレイスを
活用していますね☆

サリーも一度のぞいてみたのですが送料が
異常に高くつきそうで、結局やめました。

でも、実際利用しているばーぶーさんの話だと
そう高くもなさそうですね。

リトルベア、大好きです!
ニコロデオンとは違う上質の番組、という
感じがします♪

もう一度よく、マーケットプレイスを見てみます。



チャーリー君、絶対大丈夫、という印象を
うけました。(ブログを読みました)

あれだけきちんと冷静に答えているんだもの
合格間違いないはずです。

よかったですね!
(おめでとう、と言うのは後日にとっておきます☆)

2007.07.10 09:25 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

おおぞらくんもプチーもそうですが
[性格]というものをちゃんとわかって
接してあげないと、えらいことになりそうです。

無理なものは無理ですよね。

しゃべりは、性格的なものと大きくかかわりがあるから
こればっかりは仕方がありません☆

歯がゆいと言うのかじれったいですが
とりあえず子供のペースにあわせて
あげましょう♪

子供の側もそれなりに頑張ってくれているんですものね。


プチーは、学校で色々な体験をしてきます。
ストレスも幼稚園時代とは比べられないほど
かかえて帰ってくるから、学校がある時は
心の安定を第一に考えたくて、本当に
たわいのないことしか英語では話しません。

だからこそ、夏休みなどの長期休暇は
そういう心配なしに、思い切り英語で
話をできるのではないか、と楽しみに
しています。





おおぞらくん、とても繊細なお子さんのように
感じます。
きっとぼちぼちが丁度いいんだと思います。



ぼちぼちいきましょう♪

2007.07.10 09:33 URL | はなさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーはかなり精神論好きなのですが
これ無しではやっぱり、うまく進んでいけない
気がします。

どんなにいい先生よりも、どんなにいい教材よりも
やっぱりやる気ですものね。

本人にその気がないとうまくいきません。


この辺のところを時々延々と熱く語らずして
なかなか努力家にはならないのではないかしら☆

母が熱いと、子も熱い子になるから
きっとカナダでも濃い日々を過ごしてくれる
はずですね!


タルーラちゃんなんて、日本語を
忘れやしないかちょっと心配なくらいです。

気をつけていってらっしゃ~い!

2007.07.10 09:45 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

このブログを読んだら
やっぱり
お誘いしたい
夏のワクワク合宿♪

だめかなぁ~(^^;

2007.07.11 19:01 URL | ぴょんママ #- [ 編集 ]

楽しそうですね!

プチーは人見知りがはげしいから
毎日会う特定の人としか
まともに話もしないんですよ・・・。


でも、英語をぺらぺら話す日本人の子供には
会ったことがないから、きっといい刺激に
なるんだろうなぁ、と思います。

盛り上がりそうですね!


ですが残念ながら遠慮しておきます。
サリーはぼちぼち自分勝手に
やっていきますわ☆


仲間がいるって素敵ですね。
存分に楽しんできてください!

報告記事なんかは書いてくださるのかしら☆
そちらを楽しみにしています!




お誘い、ありがとうございます。
心からうれしく思います。

2007.07.11 21:15 URL | ぴょんママさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

「お金をかけない」ところに、とても共感しました。我が家も学校(インター)以外の出費は極力抑えています。
学校にない水泳は、スクールでなく市民プールにせっせと通っていますが、いまだ息継ぎできず(7才です)。
ピアノも独習です。バイエルなどは使いません。ギターが好きなようなので、手が大きくなるまでのつなぎと考えています。これまで日本の童謡にほとんど触れずにきたため、「かえるの合唱」「ぞうさん」「春が来た」「きらきら星」「どんぐりころころ」「大きな栗の木の下で」など(外国曲も)を弾きながら歌って喜んでいます。日本語の勉強にもなります。両手弾きでは「古時計」「喜びの歌」「オーラリー」「アニーローリー」をようやくマスターしたところです。夏休み中に童謡を中心に50曲習得と「ショパンの別れの曲」が目標です。
学校がある間は混乱を避けるため日本語はなるべく教えなかったのですが、遅れを挽回すべく長い夏休みに入って漢字を練習中です。もちろん塾に通わせられるお金はありません。2年生の漢字はすべて、もうすぐクリアできそうです。わが子によると、一画ずつ「いーち、にー、さーん」と数えながら書くと覚えやすいそうです。
算数も、インターでは九九はまだ教わっていないので、家で特訓中。九九のカウントアップはスムースですが、カウントダウンになると頭が混乱するようです。ランダムに言えるようになるには、もう少し先のようです。
肝心の英語は、毎日1本のビデオ鑑賞と1冊の読書と1枚のワークブック(スペル、読解、文法など)を日課としています。

2007.07.13 01:42 URL | たろう #- [ 編集 ]

お金は、かけるべきところには沢山かけたいですが
そうでないところにわざわざかける必要は
ありませんよね!

学校がある間は学校の言語にあわせたい、という
気持ちはとてもよくわかります。

うちと反対ですね。

夏休みは思い切って、学校に関係ない
言語に時間を割けますね☆


夏休みをうまく利用して、飛躍したいですね!

2007.07.13 21:53 URL | たろうさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/392-8f64f43e

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。