スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

使役動詞の説明

公文式の英語を始めて四ヶ月弱です。
今日、使役動詞が出てきました。

使役動詞は洋書本にもよく出てくる表現ですが、あらためて
文法事項として理解する、となるとちょっとややこしいだろうなぁ
と思い、用心していました。

するとやはりプリントを始めて早々に、プチーが
「わかんない」と言い出しました。


公文式のプリントは、まず一ページ目にダイアローグのようなものが
のっています。そしてページをめくると例文がいくつか
書いてあります。

三ページ目に入るとようやく、かなり簡略化された[文法事項の説明]が
でてきます。

例えば今回でしたら、使役動詞とは[MAKE][HAVE][LET]で
これに続く動詞は原形を使う、というようなことがちょろっと
説明してあります。

その上で[I made my son clean my car.]などと
例文がのっています。

公文式のプリントはただでさえ小さめサイズですのに、その
小さい紙の更に三分の1ほどのスペースに、かなり簡単に
説明してあるだけでいきなり問題へと突入します。



こんな説明で本当にわかるの~?といつも半信半疑でした。

今までプチーが順調に進んできたのは、そういった文法事項のことを
既に知っていたからであるのは明らかです☆

いくらなんでも、あの説明はちょっとあっさりしすぎです・・・。



ですがもしかしたら、今まで通り、サリーの心配をよそに
結局すんなり進んでいけるかも、と思い、声をかけずに
まずは見守ってみましたが、今回は「さっぱりわからん!」
状態だったようです。



そういうわけでいくつか身近な例文を考えプチーに
教えてやりながら進めました。

(公文式は本当は横から親が口を出したらいけないことに
 なっているそうですが、プチーの先生は、わからない時は
 助けてあげてください、とおっしゃいます。

 そのかわり、どこで助けてあげたかわかるように
 手助けしてあげた問題の横に[ヒント]と書き込み
 サリーがヒントを出してやったことが先生にもわかるように
 してあります。)

・I make you practice the violin everyday.
・You have your nail cut.
・I let you watch DVD every morning.

語順がわからなくなることがあるようですが、そのたびに
この例文を思い出すように、と何度も唱えてやりました。

受動態ももう習っていますから過去分詞の扱いは
大丈夫でしたし、なんとかプリントをやり終えました。


(結構難しい文法事項であるにもかかわらず
 枚数は恐ろしく少なく、かなりさらっと流した感じです。)




毎朝こうして公文式のプリントを5枚すませ、学校へ行きます。

放課後は宿題をしたりお稽古へ行ったり、であっという間に
過ぎますから、朝学習した使役動詞のことなど
すっかり忘れ去った状態で、寝る前の読み聞かせをしていました。
Ralph S. Mouse を読んでいます)


サリーは元々音読が好きで、自分が調子よく読んでいる時に
中断されるのはあまり好きではありません☆

ですが今日はプチーがいきなり、サリーの音読をさえぎって

"What did you say?"

とききました。「なによ、いきなり」と思いながらも、きかれた箇所を
もう一度読み返してみました。

「お~!」

プチーの顔を見ると「ほらね♪」と言わんばかりに
にっこり微笑んでいました。

今朝学んだばかりの使役動詞の[LET]を使った文章でした♪


プチーはサリーの読み聞かせ中、ベッドの上でゴロゴロしたり
ごそごそしたり、で、聞いてるんだか聞いていないんだか
よくわからないような状態ですごします。


でも、ちゃんと聞いてたんだ!なんて今日うれしい発見をしました。
しかも使役の用法もどうやらよくわかっている様子。


本日、小さく一歩前進したような気がしました。

最近の一歩の歩幅は本当に本当に小さいけれど、こうして
ちょびちょび進んでいこう♪




[お気楽英語子育て]トップページへ

2007.06.06 21:17 | 公文式の英語 | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント一覧

えいごは押しても駄目なら引いてみな。

って感じですね。小学生になってくると、わかったほうが、定着もよさそうですね。サリーさんらしい公文と読み聞かせのコラボですね。

それにしても、公文の場合一人でやるとヒントなしの場合、わかるまで繰り返してやるってことになるんですね。

教室の先生でも、全く教えてくれないのかしら?

ところで、haveの例文で、your nailを目的にしたのはなぜですか?(C) の部分に過去分詞をいれることもあるということを確認したと言うことですか?

haveで原型がくるような例文は、作らなかったんですか?

公文のプリントは、Cの部分に原型がきますと説明しといて、数枚後すぐ過去分詞がくるものもありますと進んでいくんですか?

ただやってるとこんがらがりそうですね。

プチーちゃんは日本語で説明はなしで、例文だけでぴんときたんですね。

中3チャーリーは、この部分は3学期ぐらいだと思います。コレでつまずく子が結構いるかも。チャーリー君はどうなるかな。

いまは、It is ,,,,for○to---.をやってるようです。forのかわりにofがくるのは習ってないようなので、準2のために教えました。

準2と言えば、目(音なし)で単語が覚えられないといったので、サリーさんがCDをかけ流してたのを思い出して、まねしています。
対策はそれだけ。ほとんどやる時間がとれませんでした。当たって砕けそうです。

2007.06.07 11:59 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

押してだめなら引いてみな、って
いいですね~♪

色々やってみるしかありませんね。

公文の教室の先生もあまり教えてらっしゃる所を
みたことはありません。みんな一人で
やってます。

先生は、先生というより、見張り番みたいな感じで
眠たそうな子に
「ちょっと外一周してらっしゃい。」
とか声をかけたりなさってます。


あの説明で、一度でわからせるのはむりがあるから
だからこそ[基本は三回ずつ]と言われているんだと
思います。

キリのいいところまで進むとまた戻って
復習するそうです。

プチーはまだ復習は体験したことありませんから
どのくらい戻らされるのかは不明です☆



ばーぶーさんの予想、的中です。

公文のプリントたった五枚十ページの中に
使役動詞のことがぎゅーっと詰め込んであり
過去分詞を使うものも含まれていたんです。

もう受身をやっていますから
雰囲気はつかんでいましたが、念のため
過去分詞を使う例文もいれておいた、という
ことです♪


どどど~っとでてきますから、そのまま
ただ進めるだけだと混乱しそうですよ!

あっという間に出てきてあっという間に
去っていった、という感じです。

五枚、というと一回分ですから
一日使役動詞に触れて、あとは何事もなかったかのように
不定詞へと移行していきました☆



英検いよいよですね。
チャーリーくんも、中学生とは言え
「なんとな~く」の感覚を身につけているはずだから
その感覚を大切に、なんとな~く正解を
見つけてくれるといいですね。

緊張します・・・。


2007.06.08 09:36 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/386-cb730263

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。