スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

偏らないこと、こだわりすぎないこと

母親として子供の教育にどんな風にかかわっていくか
迷いがある時があります。

我が子が何かを学ぶ時、お教室へぽんと預けることのできる
お母さんはいいでしょうけれど、サリーは絶対それができません。

先生におまかせしきれないのです。この先生なら、と言う先生に
出会っていないせいもあるのかもしれません。


英語は尚更です。自分もプロですもの、プライドを持って
プチーの英語教育をしているつもりです。



ですが自分の考えに凝り固まりすぎたら、結局プチーのためには
よくない、と思い始め、数ヶ月前から、自分自身に
「もっと柔軟に」と言い聞かせています。

今読んでいる[母と神童―五嶋節物語]は世界的に有名な
バイオリニストのお母さんの話です。

お母さん自身もバイオリンが大好きで、小さい頃から我が子にずっと
バイオリンを教えてきました。

最初の最初は自分だけの力で教えていましたが
四歳頃から、単発でいろいろな先生(かなりエライ先生)にお世話に
なっているようです。

一人の先生だけだと偏りがあるから、という理由から
あえて複数の先生にお世話になったそうです。

そうやって[エライ]先生にお世話になるまでにすでに
天才的にバイオリンがうまかったそうですから、その下地は
お母さんがつくってあげたものです。


十歳からは本格的に一人の先生につき、バイオリンを学んだそうですが
その先生のアドバイスをとにかく素直に聞き入れ、薦められることは全て
実行しています。

バイオリンだけ弾いていても、音楽に幅が出ないから
他の芸術にも幅広く触れるように、という先生のアドバイス通り
よく美術館にも連れて行ってあげたそうです。



こうしてお母さんに[柔軟に、偏り無く]育てられた五嶋みどりさんは
世界に通用するバイオリニストになりました。

もちろん山あり谷あり色々あったようですが、小さい頃の天才ぶりを
大人になっても失わなかったのはこのお母さんの教育方針のお陰だと
感じました。



レベルが全く違いますし、分野も違うのですが、結局根本的なところは
つながっています。

生活習慣も学習態度も自主性も柔軟性も、なにもかも
どこかでつながっている、とつくづく感じる今日この頃。


この手の本をあと三冊購入済みです。最近読書にいそしんでいます。

2007.03.24 06:00 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(8) |

コメント一覧

面白そうな本ですね。私も是非読んでみたいです。
自分の考えに凝り固まりすぎるのは,子どもにとって良くないことになるのかも知れませんね。
逆に人の意見・考えに左右されすぎるのはもっと良くないなと思う今日この頃。
特に教育の面ではそれぞれの考え方があるし。自分でこれは!と思うものがあったら進んでいけばいいかな?と思ったり。
また面白い本があったら紹介してください。

2007.03.24 06:57 URL | ケコ #- [ 編集 ]

二ヶ月ほど前かな?
NHKの番組に五嶋節さんが子供の教育について語る番組に出ていました。
天才を二人も育て上げた人ですから
その教育論は誰しもが知りたいと思うものでしょう。
10年程前からその点で
かなりの有名な人ですよね。
彼女の著書も読んでみたいなあ・・と
思っていたのですが
サリーさんのブログを読んでなるほど!
節さんらしいお話ですね。
説得力があるよな・・・・と。
天才を育て上げるのは無理でも
そういう部分って見習いたいですよね。

2007.03.24 14:50 URL | はな #- [ 編集 ]

ついついいつも迷ってしまう性格の人はきっと
迷わないよう、自分をきちんと持つよう
心がけた方がいいんですよね。

自分が正しいと信じすぎ、他からのアドバイスに
うまく耳を傾けられない性格の人はきっと
他の人の様子もちょっと気にした方がいいんですよね。

それぞれ自分の足らない部分をきちんと把握し
そこを補う方向で意識をしていないと
間違った方へいってしまいますね・・・。


バランスが難しいですね。

2007.03.24 15:31 URL | ケコさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

みましたよ~、もちろんみました!
再放送もみましたよ!

好きなんです。五嶋節さんのこと♪

この本も、節さんのことも賛否両論ですが
サリーは節さんって素敵だなぁと
思っています♪

2007.03.24 15:33 URL | はなさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

私は前にTVで五嶋節さんの子育てのお話を聞いて、素晴らしい方だなあと思いました。私もそのご本ぜひ読んでみたいです。
サリーさんの子育ての姿勢って子供にだけではなく、ご自分も母としての向上心(なんだか変な表現ですが)を常にもっているところ素晴らしいと思いますよ。
これからもBLOG楽しみにしてますね。

2007.03.25 20:00 URL | yumibinch #CyBTxYbc [ 編集 ]

五嶋さん、がむしゃらですし、こてこての
関西弁ですし、誰にでも好かれるというタイプでも
なさそうですが、サリーもいつも
そのひたむきさに、「すごいなぁ」と
感心させられています。

サリーはもともと、他からのアドバイスを全く
ききいれない、「自分が一番♪」タイプなんです☆

でもたまに不安になり、こうして他のお母さんの
様子を知るために本を読んだみたりします。

たま~に、なんですけれど・・・。

これからもよろしくお願いします♪

2007.03.29 05:53 URL | yumibinchさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさんの最初の印象は、がははーって人。でした。

今は案外繊細な人なんだなーとか思ってます。いい意味ですよ。

いつも子育てに真剣に向き合ってるところは、見習いたいなーっていつも思っています。


私は、すぐ自分中心に考えちゃうの。

2007.03.29 10:02 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

あれ・・・?がはは、でしたでしょうか♪
ネットではいつもちょっと気取っているつもりなんですが
猫をかぶっているだけ、というのが
ばれちゃっていたのかしら☆

サリーは性格的には、自分では
「がさつさと神経質さが混在」していると
思っています。(自己分析♪)




ばーぶーさん、自己中心っていっても
子供の数が違います・・・・・。
状況が全然ちがいますもの・・・・・。

一人しかいないとついつい子供と向き合いすぎてしまい
危険ですよぉ。

気をつけるようにしています。

2007.03.29 18:45 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/371-3704c426

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。