スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ふと気がついた事

最近、あやとりに取り組む時間が長いので
おかげさまで、プチーのあやとりはめきめき
上達しています。

ピアノも、うまくなりたくて仕方ない様子で
とにかく必死で練習しています。

あやとりはうまくできなくてもなぜか全く
イライラしないプチーですが、ピアノは
うまく指が動かないのがとてもくやしいらしく
毎回涙を流しながらの特訓という感じです。

そしてそれに取り組むサリーも結構いつも
必死です。

やるからには、ちゃんと上達させてやりたい
という思いから、サリー自身がいらいらする
ことも増えてきました。

そうなると自然と英語が減ります。

日本語を話す機会がめっきり増えてみて
痛感する事、それは、日本語で叱る事の
たやすさです。

サリーは英語より日本語の方がもちろん
得意ですから、日本語でしたら、早口に
まくしたててしまうことがあることに
気が付きました。

英語でしか話さない時にはありえなかった
けんまくでプチーをしかりつけている
自分にびっくりします。

まるで別の人格です!

以前は楽しく練習していたピアノも今では
涙なくしては進みません。

そして日本語で教育する事の「楽(らく)」さに
気付いてしまい、ついつい、サリーも日本語に
頼っています。

イージーな方へ転がり始めているでは
ありませんか!もっと転がって加速度がついて
しまわないうちに気が付いてよかった。

また英語に戻そう、と今日つくづく思いました。

サリーがもっと勉強してあやとり用語と
ピアノ用語を身に付けさえすればいいのに、
それをさぼっていたことを後悔しています。

もう英語を減らさざるをえない年頃に
なってしまったのだと、勝手に決めてかかって
諦めていました。

でもよく考えたら違います。サリーがさぼっていた
だけでした。

小学校に入学して、本格的に勉強が始まるまでは
英語だけでいけるはずです。心を入れかえ、また
英語での毎日を取り戻したいです。

これはつまり毎日に英語を取り戻すという事ではなく
笑顔を取り戻すということです。

明日からあやとりとピアノの時も英語を話すぞ~。
(とりあえず、用語調べから始めなくては・・・・)



こちらをクリックしてランキングの応援をしていただけると
うれしいです。

2005.02.06 19:14 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

こんばんは~。
ふと思ったのですが・・サリーさんは、もしかして
結構お子さんには厳しいタイプなのでしょうか?!
(勿論、悪い意味ではなくてです♪)

書き込みや、またHPのタイトル「お気楽英語
子育て」などからは、のんびりしたタイプの
方なのかなぁと思わせる一面もあるのですが、その
内容を読むと・・例えば実母様が厳しかったり
(という事は当然、サリーさんご自身が厳しく
育てられているのですよね?)今回の内容などから
やはり、どちらかといえば厳しいタイプの
方なのかしら?と思えたり・・と、イマイチ、
サリーさん像がハッキリしません(笑)

ご自身では、どう考えられていますか?ちなみに
私は・・のらりくらり部分80%、恐ろしく
厳しい部分20%といった感じ・・です。^_^;

2005.02.06 21:23 URL | あおい #mOfJUoS. [ 編集 ]

う~ん、難しいですね~。
厳しい面ももちろんあります。いい加減なところも
かなりあります。

でも、プチーに対しての態度そのものが厳しいと
いうわけでは無いのではないかと思います。

子供を自分の思う方へ導きたければ、叱り飛ばすより
自ら望んでそうしたい、と子供に思わす方が近道だと
思っていますから、なんとかうまくプチーをのせる
方法をまず考えます。

そして、本当に何かを成功させたければ
プチーや自分自身を追い込んで必死で取り組むよりも
気持ちに余裕を持って取り組んだ方が、きっと
長続きするはずですし、成功する確率も高いから
という考えから、のんびりかまえるように
心がけてもいます。

ですから、表面に見える部分はのんびり、気楽な
はずですが(そうなるようにつとめているだけですが)
実はそれは成功を勝ち取るための(おおげさ?)
手段ですから、そういう意味では、結局厳しいと
言えるかもしれません。

すいません。へんてこな説明しかできません・・・。

簡単な例をあげますと、プチーとサリーは普段は毎日
へらへらげらげら、という雰囲気の中すぎていきいますが、
プチーがやってもみないうちから
「難しいからできない」なんて言って、
トライしてみようとすらしないような時は
必ずお説教が始まります。

そして、ピアノの練習を「ママのためにしてあげてる」
みたいな態度の時もお説教です。


この2パターンのみ、必ずプチーを泣かす勢いで
叱ります!と言ってもサリーは淡々と冷ややかに
言い聞かすタイプですけどね。(こわいですよ~)

というわけで、答えになっているかなっていないか
自分でもわけのわからないコメントになってしまいました☆


以上、こんな感じです~。

2005.02.07 10:40 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

れす、ありがとうございました。

>ですから、表面に見える部分はのんびり、気楽な
はずですが(そうなるようにつとめているだけですが)
>実はそれは成功を勝ち取るための(おおげさ?)
手段ですから、そういう意味では、結局厳しいと
言えるかもしれません。

ううう!深い言葉ですね!なんとなく、サリーさんの
おっしゃる事は、ここに集約されている感じが
します。

>自分でもわけのわからないコメントになってしまいました☆

初めての育児。ママ達は皆、葛藤しながらも
頑張っているのですよね。なんか難しい質問を
してしまってスミマセンでした。わけの
分からないコメントなんて事、全然ありません。
実に分かりやすかったです。

子育てって・・一言でいうと単純なようですが
とても奥が深く、難しいものですよね。今後も
サリーさんの子育て日記、楽しみにしてます♪
本当にありがとうございました!

2005.02.08 18:04 URL | あおい #mOfJUoS. [ 編集 ]

楽しみにしてくださるなんて、とてもとても
うれしいです。

あちらこちらで、矛盾している事もたくさんあるとは
思いますが、それぞれ、その瞬間瞬間では
ベストだ、と感じる事をしていきたいなぁなんて
思っています。

前回の自分のコメント、何度読んでも本当に
支離滅裂でお恥ずかしいです。

文章で表現する事の難しさを痛感しました!

2005.02.08 21:38 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/37-2f5a977f

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。