スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英文法がわかるお年頃

公文の英語を始めて一ヶ月弱。

出てきた文法事項は、過去形、助動詞、品詞、などです。
もう既にわかっていたはずですけれど、最後の詰めはできていなかった
事柄ばかりです。

ぼんやりはわかっているけれど、きちんとわかっていない状態で
最初はミスもありましたが、徐々に定着してきました。

代名詞、助動詞、品詞、副詞句、など日本語は知らないものばかりですが
それもひとつずつ読みながら、問題なく進めています。



サリー自身がうまく説明してやる自信がなかった英文法。

公文のプリントを読みながら、そして時々サリーに質問しながら
プチーはあいかわらず熱心にものすごい速さで鉛筆を動かしています。

日本語をはさむとややこしいかも、と心配していましたが
適当に読み流しているのか、別に混乱する様子もありません。

最初は、「あの」がTHATで「その」がTHEで、なんていう区別も
きちんとできてはいませんでしたし、サリーも

「こんなこと別にどっちでもいいんだけど、いちようね」

なんて具合に訂正していましたが、プチーはできればパーフェクトに
正しく答えられた方がいい、と思っているらしく
間違っている場合は是非教えて欲しい、と言います。
(答え合わせは、解き終えた直後にサリーがしてやっています)

THATとTHEを間違えただけで、[×]をつけるのは、なんだか
抵抗があり、サリー自身はブツブツ言い訳しながら訂正してやるのですが
プチーは、[×]がつくことには全く抵抗が無いのか
いちいち書き直しています。

そうして訂正するうち、結局間違わなくなりました。
どっちでもいい、と思いつつ、正しく書けるほうがいいのは当然ですから
いちいち[×]をつけてよかったなぁ、と今になって思います。


最大の難関に思えた[3単現のS]も難なくクリアです。
もう既にきちんとわかっていたからなのか、公文のプリントによって
わかるようになったのか、さだかではありませんが
本人に

「これ、前からわかってたん?」

なんてきいたところで、きっと本人自身も「???」だと思うので
きくだけ無駄でしょう・・・。


今では間違うことはほとんど無く、間違った時でも

「声に出して読んでごらん。」

というと

「My uncle love ・・・あ!」

と、間違っている所に差し掛かると必ず気がつきます。
このあたりは音を今まで散々聴いてきたからこそかなぁ、なんて
感じています。


国語の問題集でもちょうど品詞などが出てきていますし
今のところ公文の英語はプチーの頭の中の整理整頓作業を
順調にこなしてくれています☆




公文の良さを判断するのは、プチーが多分まだ理解していないだろうと
思われる[仮定法]に突入した時だ、と思っています。

はたして公文のプリントの説明だけで理解することが
できるかしら。もちろんサリーも横から口をはさむのでしょうけれど
中学生に説明するみたいに

「現在の事実に反する時は過去形、過去の事実に反する時は完了形」

なんて説明で果たして理解できるのかしら。

これは完全に[ただのルール]ですから、そういうものだと割り切って
覚えこみ、使っていくしかないのですが、それにしても
理屈抜きに覚えることが苦手なプチーだけに、少々心配です。


プチーの様子を観察するのが今から楽しみです。



[お気楽英語子育て]トップページへ

関連ページ
[お気楽英語子育て]<公文式入会テストとH教材>へ

2007.03.13 05:56 | 公文式の英語 | トラックバック(0) | コメント(16) |

コメント一覧

学校の英語で、仮定法は中学の最後か、高校の最初だったと記憶しているのですが、
私自身、当時の自分を思い出しても、何となく感覚で身につけたとしか言いようがないです。
ですから、正誤を教えることは出来ても、理詰めの説明は・・・自信ないです。
現実問題として、日本の学校で学ぶ以上、理解していなければならないことですから、
知識として蓄えておくと言うのは大事なことなんでしょうね。

我が家の息子も理詰めに物事を咀嚼したいタイプなので、
先々の心配はあります。
ですから、プチーちゃんの公文成長過程は私も楽しみ♪

2007.03.13 08:06 URL | ルーシー #- [ 編集 ]

学校で仮定法が出てくるのっていつだったんでしょうね。
サリーもすっかり忘れてしまいました☆

プチーは、いい加減な性格なので
細かいことは全く気にしないのですが
そのかわり、理解しないと頭に入らないタイプなようで
丸暗記がまるでできません。

九九もまだおぼえていないんですよ・・・。
何年かかってんの・・・?

エディくんも意外ときちんとわからないと
いやなタイプかもしれませんね。
そういう子にあった学習法があるのでしょうから
焦らずまずは様子をみるのがいいのかな。

2007.03.13 11:15 URL | ルーシーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

プチーちゃんは理解したいタイプなのですね。うちは、正しい答えってやると拒否しそうです。

理解して、多読や、アニメで英語に出会うと、急に意味が深いところでストンとくることもありますもんね。

くもんを楽しめてるようでよかったですね。
ママの○つけが楽しいんでしょうね。

仮定法は、今高1かな。教えるないようが年々変わって削減したり、増やしたりしてるのではっきりはわからないけど。
実際によく使うのは、ifの節のつかないパターンで、nativeの子供なら 4-5才ぐらいにはつかいこなしているっていいますよね。ファンタジーが好きな年齢だからね。
なんだかあとのほうにでてくるから難しいという印象があるけど、ほんとに難しいのは、冠詞の使い方だったりするとよく思います。

小学校1年生で、それだけのないようを理解できてすらすら楽しくできるのは、教材がいいのか、、生徒がいいのか、コーチがいいのか、、。

これからが楽しみです。



2007.03.14 09:14 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

最近のプチーは訂正して欲しがります。
サリーは逆に
「ちょっとくらいいいじゃない!
これでも充分通じるよ!」
なんて言っています。

公文は完全に日常生活に入り込んできています。
ごはんを食べるのと同じように公文もする・・・みたいな・・・。



仮定法って、本に沢山出てきていましたっけ?
なんだかあまり今まで見かけなかったような気がして
なりません。

冠詞の使い方、なんてばっちり正しく理解することは
できないんでしょうね、きっと。

慣れ、でしょうか?
自分自身苦手ですので適当に流しちゃっています。


[それだけの内容]とおっしゃいますが
公文のH教材、というのは本当に本当に
簡単なことの繰り返しです。

全国にはきっと何千人と言う小学一年生が
この教材を解いているはずです。
正確には知りませんが、ごく普通の
進度らしいですよ☆

サリーもこれからが楽しみで~す。

2007.03.14 10:12 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

こんにちは。
文法、丁度うちも取り組んでいました。
というかセットで買った安い
ワークブックに入っていたので
やらせてみただけなんですけど。。(^^;

サリーさんのお考えに共感しながら
読ませていただきました。
ブロークンでもよければ
文法なんてやらなくてもいいけれど、
社会に出て通用する、恥ずかしくない
英語を身に付けて欲しいと思うなら
正しい言葉を意識した
こういう勉強法もありかな・・・と
思います。
あれ、サリーさんの意としてる事と
違います?(^^;

遅くなりましたが
相互リンクありがとうございました。
とても嬉しいです。
今後ともよろしくお願いします。

それと、今日の私のブログに
サリーさんのお名前を
出させていただきました。
同じくトピが文法だったもので・・・。
ご連絡まで。

2007.03.14 11:35 URL | はな #- [ 編集 ]

たびたびおじゃまします、たろうです。
文法について7歳になる息子の学校の様子をお伝えします。ちなみに学習そのものは皆無です。先生はまったく教えません。自然に覚えたのは以下のとおりです。
②?!とピリオド、カンマ
③文頭や名前の大文字
④3人称単数のS
⑤名詞複数のS
⑥過去形、進行形。動詞によって、まったく別の形かedをつけるかは、理解できていないと思う。
⑦完了形は理解していない。He has goneも使えるかどうか怪しい。
⑧仮定法は理解していないが、I wish I had 1000 toysだけは言える。「もってたらいいのにな」と日本語でも過去の表現になるからだと思います。
⑨接続詞、関係代名詞は案外子供でも理解が容易なようです。
⑩theとthatの区別はあまり意識していない様子。特に注意もしない。
⑪前置詞は数が限られていて、位置関係や動きを想像しやすいので、比較的容易。覚えると表現が広がる。
⑫受身は使えないが、I am surprisedなど単語ごとに表現を覚えているようです。

2007.03.14 11:49 URL | たろう #- [ 編集 ]

①が抜けていましたね。冠詞のaです。これをみにつけるのが難しいと実感しています。

2007.03.14 11:55 URL | たろう #- [ 編集 ]

スペリングについての続報です。学校で最近になって急にスペリングの練習が増えて、ほとんど毎日の日課になっています。手順は以下のとおりです。
①look本を1冊読み、自分が覚えたい単語を10個選ぶ
②say口に出して発音を確かめる
③cover本を隠す
④write用紙に書き出す
⑤check本と照らし合わせ、間違えたら再度書く練習をする
選ぶ単語は本人に任されているので、exalted(高貴な)など難しい単語を覚えてくることもあります。漢字の場合、偏や旁の組み合わせで成り立っており、書き順も覚えないといけないので、やさしい字→難しい字という順序があると思うのですが、英語の場合は「ランダムに覚えられる、覚えたい字からどんどんやる」という感じです。国語の教科書の巻末には「1年生で習う漢字」が一覧になっていますが、ああいうものがないというイメージでしょうか。参考になるでしょうか。

2007.03.14 23:54 URL | たろう #- [ 編集 ]

通じるだけの英語であれば、わざわざ
張り切って勉強しなくても、旅行に行く時に
会話集を持っていって
「あ~、ハウマッチ?ハウマッチ?」
とやっていればいいのですものね。

やるからには質の高い英語を身につけてほしいと
思います。
日本語ももちろん同様です。

「びみょ~」「すごい」など、何にでも使いまわせる
変な言葉はうちでは禁止です☆


・・・・と言ってもプチーはとにかく
何に関してもがんばりすぎる所があり
サリーがいつも
「いいんだよ、今はできなくても」
とおさえています。


公文の文法に関しても同じです。
正しく文法を学んで欲しい、という気持ちと
今までプチーが自然に身につけてきた英語を
否定したくない、と言う気持ちと両方あり、
今は後者の方が強いと思います。

なんだ、自分の英語は間違いだらけだったんだ、
こんなのは本当はいけなかったんだ、と
思って欲しくなくて、ついつい
「これでも通じるんだけどねぇ、いちようねぇ」と
変な言い訳をしながらダメだしをします。




リンクがあると訪問しやすくなりますね♪
これからもよろしくお願いします。

2007.03.15 06:08 URL | はなさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

仮定法見かけませんか?
would とかcouldつくものは、
仮定法的なニアンスがあるものが多いように思うんですけど。

違うのかな。
It would be nice.

With that money what would you do?

A bird would pay attention to you.
(あなたがお手伝いしてくれるの?)
ありがとう。うれしいわ。 やさしいわね。


そんなお金で、「まだもってないけど)どうしようっていうの?

鳥を飼えば、寂しくないよ。一緒に遊べるよ。

前後関係から言うとそんなかんじででてました。ビデオなんかでも結構耳にするような気がします。

ご主人の転勤でアメリカで2年過ごした友人が、子供を保育所の送り迎えの時、子供の友達につかまって、いろいろ話しかけられたり、遊びに混ぜられたりして、

お姫様は、そんないい方じゃないわとか、魔女って、そんなにやさしくないとか、今度着物着てきてくれたら、、、などなど

would とか、couldとか、子供達が、使いまくって、言い回しも豊かで、

こっちはたじたじよ。5歳ともなれば、もう
たちうち出来ないほどの英語だった。(あたりまえかもしれないけど)聞くだけで精一杯だったと聞いたことがありました。

モンテッソリーのデイケアーだったからかしら?普通はどうなのかはわからないです。

ホームステーはしたことあるんですけど、そのころの私って、英語がほんとに出来なかったので、自分のホストの子供達がどうだったかは、全くおぼえていません。

文法は、英語の世界を広げる道具ですね。でも、規則は例外がつきもの。どっちでもいいとかいうのもほんとに多いですよね。気にしてほしいような気にしないで大胆に自由に学んでほしいような、、、分かるような気がします。



2007.03.15 09:15 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

またまた詳しく教えていただいてありがとうございます。
たろうさんに教えていただいていること、
こんなコメント欄ではなくて、どこかもっと
多くの人の目に触れる、サイトの一ページか
ブログの一記事にしたいくらいです。

もし許可をいただければ、転載したいと
思います。よかったらご検討いただけませんか?

ここでは読む人の数も限られてきますから
もったいない気がします。



ところで、たろうさんの紹介してくださった
文法事項をみていると、なるほど、と言う感じです。

プチーが細かくわかっていない部分は
インターナショナルスクールでもあまり
細かく意識していない部分なんだなぁ、と
あらためて感じました。

特に受身は、決められた表現以外はむずかしいですね。

完了形、仮定法、受身、冠詞、に関してはまだまだ
あやふやでもいい、という感じですね。


単語のスペルに関するお話は、英語と日本語の違いを
再認識でき、驚きでした!

どの単語から覚えてもいいんですね☆
おもしろいですね!日本語だと小1の教科書には
小1で習う漢字以外ほとんどでてきませんが
英語だとがんがんむずかしいものも
でてきていそうですね。

高貴な、なんてそんな単語初めて聞きました☆

大胆なアプローチですね。
おもしろい!

でも好奇心旺盛な年頃ですもの
難しい、とか簡単、とか大人が決めてかからず
どんどん触れさせてやるのは、いいことですね。

なるほどな~。本当にいつもいつも
ありがとうございます!

2007.03.15 14:06 URL | たろうさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

あ、あぁいうのも仮定法だったんですね。
失礼しました!
そういう意味では仮定法って身近ですね。
プチーも時々使います☆
サリーもよく使います☆(ははは)

五歳というとよくしゃべる子であれば
べらべらしゃべりますもの、少々英語が得意なくらいの
日本人の大人なんてもう、口をはさむ間も
無いような状態でしょうね・・・。


こまかいこと、どっちでもいいようで、でも
やはり気になります。

プチーが気にしないようならもっと気にするように言うでしょうし
気にしすぎるようであれば気にしないように言うでしょうし
そうやりつつバランスを保てたらなぁ、と
思っています。

2007.03.15 14:11 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

同僚の先生で、昔公文でお教室を開いていた方がいます。

私、とっても興味あります、公文。
反復式で定着率がいいというイメージがあります。

今後も記事を楽しみにしてますね。
それにしても今後楽しみなプチーちゃんですね~!いいなあ~!私も小さい時にタイムマシンで戻ってやりなおしたいくらいです(笑)

追伸
下の記事を拝見しました。
こちらのブログもFC2でいらっしゃいますよね。下書き機能はついていますか?

私は時々「うわ!これは公開するのは・・」と思う時は下書き扱いに変えます。
そうすると非公開になりますが、コメントも消えませんし、残せます。もし良かったら試してみてくださいね(^^。

2007.03.16 10:52 URL | きょうか #Ouka0nQg [ 編集 ]

公文、予想していた以上にいいんです☆
今までのことを整理整頓するのに
とても役立っています。

公文だけで一から学ぶ、という場合
どうなるのかわかりませんが
今まですでに他の形ですでに英語にふれていましたから
プチーの場合、とてもうまくいっているように
感じています♪





下書き機能・・・・。
そんなのあるんですね。
そうすればよかったのかぁ・・・・。
ごっそり消してしまいました・・・。

いろんなブログのいろんな記事を
かなりごっそり消してしまった後だけに
あぁ、残念なことをしてしまいました。

もっときちんと調べてからにすればよかった・・・。

でもちょっとあせっていたものですから
ついつい、やってしまいました。

そう言えば、きょうかさんの記事も
「もうすぐけします」みたいに書いてあることが
ありますよね。
(そういう記事をタイミングよく読めたりすると
ラッキー♪とか思ったりしてました☆)


そういうことだったのか・・・。

2007.03.16 11:07 URL | きょうかさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

小4の娘(まり~)が公文の英語をやっています。小1の終わりからはじめて、本当に最初の最初からのスタートで最近ようやくI教材に入りました。繰り返しの連続で、一時期は、もう1つ通っている英語教室ではもっと進度が進んでいるのに無駄なのでは?と思った時期もありましたが、確かにH教材くらいから、今まであやふやに感覚だけで覚えていた文法事項をしっかり抑えることが出来てきたようで、公文をやっていてよかった、と感じています。まり~もすごく楽しそうにやっています。
小1でH教材なんてすごい!と私は思ってしまいます。それに英検も。プチーちゃん、素晴らしいですね!それに、何よりもうらやましいのはサリーさんご自身がとても英語が堪能でいらっしゃるので、お子さんにしっかり教えて差し上げれることです。私は、まり~に教えてもらう立場なので(苦笑)
これからも、こちらのブログにお邪魔させていただいて、色々英語学習について参考にさせていただきますね。

2007.03.19 09:03 URL | ろ~ず #- [ 編集 ]

はじめまして、ろ~ずさん。
まり~ちゃん、いよいよ五年生になるんですね。
勉強もどんどん本格的にむずかしくなっているでしょうね。

公文は、すでについている英語力を
更に確かなものにするために、とても良い教材ですよね☆

うちでも、I,J、と確実に進んでいけらたら
いいのになぁ、と思います。

これからもどうぞよろしくお願いします☆

2007.03.21 04:13 URL | ろ~ずさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/369-d3e726d5

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。