スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ハリーポッターを読んで

題名を見たら、まるで全部読み終わったかのような
書き方ですが、やっと第一章を読み終わったところです。

プチーにこういうタイプの普通の「本」を読み聞かせるのは
初めてですが、かなり覚悟して読み始めた割には
すんなり進んでいます。

でもプチーの顔をみていると、細かい描写はどうも
聞き流している様子です。

映画にも登場したシーンになると表情が輝くのがわかります。
逆にそうでないところは、ぼ~っとしていたり、
ミニカーで遊びながらきいていたりします。

ハリポタは、状況の説明に数ページ、それをながめる
登場人物の説明に数ページ、その人の心理描写に数ページ、
みたいな感じで進むので、話がなかなか展開しません。

そして、あとから

「あぁ~。さっき言っていたのはこの事か」

みたいな感じで気付くような展開が多いので、こういう
話の持っていき方は、五歳児には難しいかもしれません。


サリーだったら、ささ~っと斜め読みしちゃうような
ちょっとくどいくらいの描写もすべて
とりあえずは、一語一句そのまま読み聞かせています。

よくぞ投げ出さず聞きつづけてくれるものです。

第一章が終わる頃ようやく面白くなってきました♪

明日は土曜日で、幼稚園がお休みなので、ちょっとまとまった量
読み進めたいなぁ☆
まとまった量読まないと、話がなかなか進みません!



関連ページ
[お気楽英語子育て]<幼稚園時代のチャプターブック>へ



こちらをクリックしてランキングの応援していただけると
うれしいです。

2005.02.04 22:26 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/36-6d7342e8

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。