スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

しかけ絵本に魅せられて♪

恐竜好きのプチーのために購入したEncyclopedia Prehistorica Dinosaurs

この本は飛び出す絵本で、ページをめくる度に、T-REXが、ガオ~ッと
飛び出したり、恐竜が立ち上がったり、とんでもなく凝ったつくりに
なっています。

前々から購入を迷っていましたが、いくらレビューなどを読んで
「すごすぎる」なんて書いてあっても、一体どうすごいのかどうしても
イメージがわかず、購入を見送っていました。

が、先日本屋さんで実物を手に取る機会があり、実際に開いてみて

「こういうことか。」

とわかり、すぐにアマゾンで注文しました。

(アマゾンでは2806円でしたが書店では4200円でした!
 本屋さんで衝動買いせず、帰宅後アマゾンで調べて正解でした♪)



仕掛けがすごい分、ページ数はそれほどありませんし、英文は少し
難しいところもあります。ですがとにかくその飛び出す恐竜達の
細工の細かさに魅了されてしまいました。

恐竜の名前など、発音しにくい単語には発音のための
ふり仮名のようなものもついていて、これが優れものです♪
恐竜の名前など辞書をひいてものっておらず、これがなくては
発音の知りようがありませんから、助かっています。

この本、大いに気に入りました♪




いわゆる小さい子向けのしかけ絵本ではなく、文章もたっぷり書かれた
ちょっと大きい子向け(もしくは大人向け)のしかけ絵本の魅力を
知ってしまったサリーは、また別の大きい本屋さんへしかけ絵本を
物色しに行きました。そしてThe Wonderful Wizard of Ozという本を
見つけ、またしても気に入ってしまいました。

きっともっと安くで手にはいるはず、と思い早速帰宅後また調べてみて
初めて、この二冊は、同じ人の手がける飛び出す絵本であることに
気がつきました。

ロバード・サブダ氏(Robert Sabuda)です。
この人はもしかして有名な人なのかしら。サリーは初めて知りましたが
この方は沢山の仕掛け絵本を手がけていて日本でもブレイクしているようです。


このところチャプターブックばかり読んでいましたが、最近急に
これらのしかけ絵本が欲しく欲しくて仕方なくなってしまっています☆

チャプターブックは絵がないので、夜寝る前に読んでやるのが
習慣になっています。プチーには本を覗き込まずに、目をつぶって
横になっているように言ってあり、サリーの朗読をプチーが静かに
聞く、という形で毎晩続けてきました。

飛び出す絵本は本を見ることができなかったら魅力が半減ですから
プチーと並んで座って本を広げ、一緒に読んでいきます。

これがまた、なんだか新鮮です。

寝る前の読み聞かせとはまた一味違う、親子のふれあいタイムのような
素敵な時間を過ごせます。



サブダ氏の絵本、まだまだあるのですが、値段が高いのが難点です。

もちろんあれだけの仕掛けがあるのですから、そう考えれば決して
高すぎることはないのですけれど、最近一冊500円くらいの安い
ペーパーバックばかり購入していましたから、なんだかとても
高い買い物に思えてしまいます。

しかも、平日に二人並んで絵本を広げるような時間はありませんから
読むのは週末のみで、当然出番も少なくなります。


・・・でも欲しいのです♪
幸いクリスマスも近いことですし、クリスマスプレゼント、ということに
しようかなぁ、なんて思っています☆



[お気楽英語子育て]トップページへ

2006.11.07 20:52 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(8) |

コメント一覧

The Wonderful Wizard of Oz
↑これ、私はコストコで買いました~!

USJにOZが来たので、遊びに行く前に事前知識が必要だ、と娘に買い与えました。
すごく素敵ですよ~~~!
おかげでUSJのショーも楽しむことができました。

これらのしかけ絵本は、コストコで時々売ってますよ。
しかもコストコで見つけることができれば、私が知る限りでは市場最安値。
在庫が切れるとそれでおしまいなのがタマに傷ですが、コストコでゲットできればもうけもの。

2006.11.07 22:57 URL | ベリー #TcCed3io [ 編集 ]

サリーさん、こんにちは♪
仕掛け絵本、私も前から気になっていました。幼稚園には似たようなものがあるようで、坊主もほしがっていたのです。
これから、お誕生日やクリスマス、英検合格ご褒美などの物欲シーズンに入ります(笑)買ってあげようかな・・・
最近、恐竜に目覚めているし。

サリーさんが書かれていた「発音のためのフリガナ」。
これも、一度お尋ねしてみようと思っていたんですけどね。
坊主が持っている本や辞書にもフリガナがあります。
これって、フォニックス的読み仮名?なんでしょうかね?

前にサリーさんが紹介してくださって、私が購入したSCHOLASTIC CHILDREN'S DICTIONARYにも、ほとんどの単語にその表記がありますね。

見ると、最初に「pronunciation guide」として
説明がありました。(vページです)

ここには、
「この辞書には、奇妙な記号はありません。そのかわりに・・・」って書いてあります。
奇妙な記号とは発音記号のことなんでしょうか(笑)
現地では廃れる方向にあるのかもしれないですね。


2006.11.08 10:45 URL | KEI #- [ 編集 ]

長男のころに、いくつかそろえて、大事に使ってきたのに、
3番目、次男ができたころから、ボロボロになりはじめました。ぴょんと飛び出るピーター(ラビット)は気にいってたのに、クリスマスのもステキだったのに、セロテープだらけになり、しまいに原形をとどめなくなってきてます。

でも捨てれずに持ってます。むなしいけど。

日本語絵本でも、洋書でも仕掛け絵本はブームだそうですよ。(飛び出すカードとか作るのもはやってるみたいですよ。)でも、うちは今は買いません。破られたら悲しすぎる。

仕掛け絵本は確かに高いですよね。そして幅を取る。ほしいと思った時買わない理由を考え我慢してます。

2006.11.08 16:45 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

サリーもUSJのオズのことを思って、アリスよりも
シンデレラよりも、オズにしたい、と思ったんです☆

この本で予備知識をもっていたほうが楽しめるかな、と
まさにベリーさんと同じ考えです♪


コストコですかぁ・・・。車で一時間ちょっとでつくのですが
ちょっと遠いんです。残念です。
(サリーは出不精です☆)

安く手に入れたいなぁ。そしてUSJにも行きたいなぁ。

2006.11.08 20:15 URL | ベリーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーの言う[ふり仮名]というのは、KEIさんのおっしゃっているものと
同じです。

アメリカの本などではほとんどこれが使われていますよね。

昔買った辞書には発音記号も書いてありますが
最近のものではもう、発音記号は見かけないような気がします。

この[ふり仮名]は、フォニックスの[典型的なルール]に
基づいているように思います。

発音の音をそのままフォニックスルールにのっとって
文字におこすと、こうなります、というような感じの
表し方だと思います。
(上手く説明できずにスイマセン~)

発音記号よりずっとずっとわかりやすくていいですよね☆


うちもこれから、クリスマス、誕生日、と続きますので
この際何冊か買ってやろうと思っています~♪
(プチーのため、というよりサリーが買ってあげたいの☆)

2006.11.08 20:22 URL | KEIさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

確かに仕掛け絵本はぼろぼろになりやすいですよね。

プチーのように子供がひとりであれば、もう小学生だから
ボロボロにしないだろうし、と購入してやることができますが
子供が何人もいたら、お兄ちゃん、お姉ちゃんの分を
小さい子が見ることができるのですから
ボロボロになっても無理はありませんね。

今やはり仕掛け絵本はブームなんですか☆
フフフ♪これからもいい仕掛け絵本がどんどんでてくるかも
しれませんねぇ♪


本当に仕掛け絵本は高いし、大きいですよね。
先日買った「dragonology」と言う本、立てても横にしても
本棚に収まらず、置き場所がありません・・・・。


ばーぶーさんは我慢してるんですね・・・。
サリーも、次から次へと買うには高すぎるので
オズを買ったら次はちょっと我慢してみようと思います。

2006.11.08 20:27 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

こんばんは、サリーさん。
Sabuda私も大好きです。
Encyclopedia Prehistorica Dinosaursは、
昨年友達(男の子)のクリスマスプレゼントにしたときに、
とても喜ばれました。
うちの子にもと思いましたが、POP-UPが怖いと
言うので駄目でした・・。
今年あたりは、もう大丈夫かなぁ。一年生だしね。(*^^*)

うちもチャプターブックを毎日ではないですが、
出来るだけ読むようにしています。
私が全部読んであげられるといいのですが、
英語音痴の為(^^ゞ、いつも子どもが音読するか、
もしくはワンセンテンスづつ読みっこしてます。

子どもには、出来るだけ同世代のネイティブの子が
読む本を、読めるようになってもらいたいと思っています。
とは言っても、うちの子JUNIE.Bのように笑える本が好きなので、限界を感じつつある今日この頃。
伝記とか読んでほしいと思い、WHO WASシリーズの
ヘレンケラーを読み始めたところですが、
ちょっとつまんなそう。
何かいい本ないですかねぇ・・。

でも基本は親子で同じ空間で同じストーリーを共有すること・・・素敵な時間・・・なんですよね。

2006.11.08 21:10 URL | ぺぺ #- [ 編集 ]

ポップアップがコワイだなんてなんだかかわいらしいです☆
プチーはTーREXの口の中に指を突っ込んで動かしては
「噛まれた~、噛まれた~」と遊んでいます・・・。


プチーも同じです♪JUNUIE Bを自分で開くことはあっても
決してWHO WAS?シリーズを開くことはありません・・・。

読んでやればそれなりに聞きますが、聞き流す術を
身につけただけかもしれません。


プチーは伝記よりは図鑑が好きなので、最近は
図鑑系に走っています。ちょっとでも役に立つ方が、と
ついつい思ってしまいます。

JUNIE B.も楽しくていいんですけれどね~。

楽しいのが一番ですものね~。

2006.11.09 10:27 URL | ぺぺさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/337-a565e3c9

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。