スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英単語の暗記とイメージ

英検の問題集で覚えたイディオムが、読み聞かせの本の中に出てきました。
昨日に引き続き、読んでいる本はJunie B., First Grader: Cheater Pants

今回出てきたのは[put up with](我慢する)でした。

一度目にその箇所を読んだとき、プチーは実は知らん顔。どうやら
気が付かなかったようです。

ですがこのイディオムに気付かせたかったサリーは、この部分を
もう一度、ちょっと大きな声で読みました。

幸い、文章の内容も、先生が生徒に「次からは許さないぞ」と
注意している場面でしたので
(セリフは、"I will NOT put up with it!"だったと思います)
二度読んでもおかしくない状況でした。

二度目に読んだ時、プチーが気がつきました!

「あ!知ってる!」

とうれしそうに声をあげました。それから

「我慢する、っていう意味だよね!」





・・・・・・とは言ってくれませんでした。プチーが言ったのは

「これ、寒い部屋の話だったよね。」

でした。このイディオムが出てきた設問は会話文問題で
二人の人物が「部屋が寒すぎるからヒーターをいれようか」と
話をしているものでした。一人の人が「部屋の寒さに[我慢できない]」と
言いだし、その[我慢する]の部分のイディオムを完成させるため
空所に[put]をいれる、というものです。

確かにこのイディオムは[寒い部屋の話]で、でてきたものでした。
ですので、プチー、大正解です。

ここで

「・・・で、意味はちゃんと覚えてるんだよね。」

と念を押したいのをぐっとこらえ、またそのまま読み続けました。
多分[put up with]が[我慢する]という意味だということを
プチーはわかってくれていると思います。

ですがわかっていない可能性もあります。だってこのイディオムの意味を
日本語で説明してやったことはないのですから。

話の前後関係で、きっと意味をうまく推測してくれているであろう、と
サリーが願っている、というだけです☆



ですが、いちいち確認せず、流しました。また他のどこかで出てきた時
その状況に照らし合わせて考えた時、もし意味を勘違いしていたとしたら
気付くはずです。

その時自力で訂正した方が印象に残るでしょうから、それまで
ほおっておきます☆

今意味を確認し、訂正しても、すぐ忘れてしまうでしょうから
結局同じことです。(英検前ですから、できればちゃんとわかっておいて
ほしいのですけれど・・・・・・・)



今回、プチーが

「我慢するっていう意味だね。」

と言わず

「これ、寒い部屋の話だったよね。」

と言ってくれて、なんだかうれしいような気がしました。
前後関係と共に文章で覚えていたからこそ、このイディオムは
記憶の片隅に残っていて、なんとか覚えていてくれたんではないかなぁ
と感じました。

イメージって大切なんだなぁ、とあらためて感じました。

もちろん、時間がない場合、とか、暗記が得意な子の場合、とか
色々それぞれ違いはあるかと思いますが、プチーはこうして
スローなテンポで覚え、でも一歩一歩確実に前へ進むタイプなのかなぁ
と思います。



[お気楽英語子育て]トップページへ


2006.10.04 10:12 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

記事の内容と全く関係ないのですが、
Brain Questについて聞かせてください。

サリーさんのサイトを見れば見るほど刺激を受け、
いままでずーっと避けてきた「語りかけ」を少しずつはじめようかと思うようになりました。
と言うのも、英語を話せるようにしたいと思ったら
英語を話してあげる必要があるのでは?と
今更ながらに我に返ったのです。

一応英語はできるのでやってみようかなと思い始めたのですが、ついつい日本語が出てしまいますね。
いきなり3~4才からはじめるより、
1歳代の今の方がいいのかな?と思ったりしています。

それでサリーさんのHPにも紹介してあります、
Brain Questがとっても気になります。
いまいちどういう作りなのかが理解できずにいます。
文のみなのでしょうか?
というとそれまでに絵辞典なのでいろいろ英単語のインプットをしていないと意味がないとか?

First~のときはどのように利用していたか
覚えている範囲で教えていただけますか?

2006.10.04 23:08 URL | Aya #- [ 編集 ]

put up with,,日常でも使うんですね。

ぱっと見てなんだったけと思ってしまいました。だめですね。

毎日我慢できないことだらけなのに、使って手もおかしくないのに、よく考えたら

I can't stand it!!ですましていました。我慢しなさいって??状況によるけど、全然違うこと言ってるような気がする。
サリーさんは、普通なにを使いますか??put up withすぐ分かりました??

わたしも準2ぐらいから勉強しなおしたほうがいいかな?

2006.10.05 11:14 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

英語での語りかけ、始めるのであれば早くから始めた方が
自然なのではないかなぁ、と思います。

しかも小学生になると、お友達のこと、お勉強のこと、
忘れ物のこと、宿題のこと、と英語なんかよりはるかに大切な
ことについて、山ほどプチーと話をしなくてはいけなくなり
英語はそっちのけになってしまいがちです。

小学校入学までの時期にどれだけ下地をつくっておけるか、
と言う意味でも、[話す]下地をつくるのは大切なのかも
と思ったりもします。

もちろん、何を始めるのも遅すぎると言うことはありませんから
一概には言えないんですけれどね☆


ブレインクエストは、問題集絵本、みたいな感じです。
絵と共にQ&Aがのっていて
「マックスが着ているのはなんでしょう?」
「エプロンです」(絵をみて答えます)

のようなパターンでえんえんと続きます。

ですが知らない単語ばかりがでてきてはつまらないでしょうし
ある程度単語力がついてきてから使うほうが楽しいと思います。

子供をひきつけるための工夫は特にしてありませんから
これが退屈だ、という声もきいたことがあります。

ですが絵本の読み聞かせをきくことができるような子でしたら
ブレインクエストもきいていられると思います。


うちではただ、一緒にみながら読んでやり
答えさせてやったりしていただけでした。

答えを知っているものは喜んで答えましたし、知らないものは
「ふ~ん」と言う感じでただ聞いていただけです。

今こうして書きながら「退屈そうな教材だなぁ」なんて
思ってしまいましたが、プチーは好きなんですよ~。

なんだかうまく説明できませんが、絵付き問題集です。
語彙がなくても読んで聞かせてあげればいいですし
ある程度語彙があればQ&Aで楽しめます☆



2006.10.05 12:16 URL | Ayaさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーも同じです。
I can't stand it.を使います。プチーにも
この表現を使って説明しました。こちらならわかるだろう、と思って。

put up withはたまたまわかりましたが、
call of、 put offなどはもう、どっちがどっちだったけ??
と言う状態で、辞書をひくこともあります。

サリーも準2レベルでもやっとこさ、という感じです☆
(2級なんて、わからないものが続出ですもの)

2006.10.05 12:22 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/326-79e3b512

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。