スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英語力・長い目で見て満遍なく

英語の学習の仕方には色々あります。ラジオ講座を毎日きいたり
多読を続けたり、資格試験にむけてひたすら詰め込んだり
外人バーへ通い詰めたり、外国人とのチャットを楽しんだり・・・。

それぞれ自分の伸ばしたい分野、重きを置く分野があり、それは
[リスニング]だったり[ボキャブラリー]だったり[会話力]だったり
それぞれ違ったものなのだと思います。

時間的に余裕のある時もあれば、忙しくて忙しくて英語どころではない時も
当然あるはずです。それぞれが、それぞれの事情や都合にあわせて
できる範囲で、努力しているのだと思います。



子供の英語教育に関することでも、[おうちでとことん派]もいれば
[長期で留学派]もいれば[英会話力重視派]もいれば
[資格をどんどんとりたい派]もいます。

もちろん[色々ミックス派](つまり普段はおうちでとことんやるけれど
留学もするし、資格もとる)もいます。

それぞれがそれぞれの考えに従い、[こうするべきだ]とか
[こんなことはするべきではない]と自らのホームページやブログで
自分の考えを公開し、さまざまな考えが飛び交っています。

そんな情報を収集しては、勝手にあせったり、ばかばかしく思ったり
情けなくなったり、喜んだり、考え込んだり。



なんと言っても今、一番考えるのは、英検のこと。

3級までは、深くは考えず受けてきました。6歳で英検3級なんて今時
珍しくもありません。受かりそうだし、受けてきた、それだけのことです。

ですが、今度の準2級は違います。

小1で準2級。プチーの実力では、決して[楽勝]ではありません。
絶対無理ではないものの、努力無しでは合格できそうにはありません。

そしてその[努力]のさせ方も、サリーにはわかりません。
今まで努力して英語を身につけてきたわけではないプチーに
どう努力させたらよいのか、どう指導したらよいのか、さっぱり
わかりません。

とりあえず手持ちの過去問題集をちょこちょこ進めているだけです。

あとは、朝、晩のかけ流しで、結局以前購入した準2級対策用のCDを
きいています。(散々以前のブログでけなしておきながら
せっかく買ったんだし、なんて、もったいながって、きいています)


毎日問題集とかけ流しを続けていますが、全く前進した気はしません。
合格へのみちのりはまだまだ遠く、一歩も近づいた気がしません。
ですが一度決めた日課だからという理由でとにかく続けています。
(もちろん読み聞かせもしています。これはいつものことです☆
今読んでいる本は<チャプターブック[fiction]>でご紹介しています)



そして今朝、ふと焦りました。今までサリーはずっと
[プチーには、アメリカの子供が学ぶのと同じように英語を学んで欲しい]
と思って働きかけてきたことを、急に思い出したからです。

今までずっと、この考えを軸にやってきました。

今回の英検準2級対策のおかげで、これをふいにしてしまってはいないか
急に気になりました。日本語訳のついているようなCDを毎日きかせ
イディオムや単語の勉強なんてしちゃってよかったのか
(しかもほとんど身についていない様子)何か悪い影響でもでていたら
どうしよう、と心配になりました。


今日焦って、以前から楽しく進めていたアメリカのワークブックを取り出し
プチーにさせてみました。1ページでいいから、と言ってやらせてみましたが
いつも通り、「もっとやる~♪」と5ページほど進めてくれました。

そして次に、新しく購入して隠してあったクリフォードの絵本を取り出し
読んでみてくれるよう頼んでみました。以前のプチーでしたら、絵本は
あまり自分では読みたがらず、いつも「読んで~」とサリーに
甘えるのですが、今回はあっさり承諾してくれました。

その上、あっけないほどスラスラ読んでくれました。
「こんなの、ラクラクよ!」と言わんばかりにさっさと読み終えました。



プチー、読むのがめちゃくちゃ上手になっておりました!
最近、準2級の問題集を解いているところしか見ていなかったため
[プチーの読み=しどろもどろでもたもた]という印象しか
ありませんでしたから、驚きました!

そう言えば確か、一昨日の土曜日、プチーがちょっと自信ありげに

「最近はもう、こんなのも自分で読むから♪」

なんて言いながら、ソファに座って一人でタンタンを読んでいたのを
思い出しました。思い起こせば最近、日本語の本に加えて
英語の本も積極的に開いて読んでいました。

プチーはなんとなく自分で、読むのが上手になってきていることが
わかったいたのかもしれません。・・・サリーはその変化には
全く気がついていませんでしたけれど。



英検、英検、と必死になって何か大切なものを見失っていないか
気になっていましたが、そんなことはない、と思えてきました。

普段は会話中心で学んでいても、文法の勉強という全く違う方向からの
アプローチが結局会話力を一層磨くこともあると思います。

普段は[オールイングリッシュ]にこだわっていても、この際
日本語を介して英語を学び、逆に理解を深めることもあるはずです。

日頃の方針から少しずれる時、それはきっと、幅を広げるチャンスです☆
今は自信を持って、英検の問題集をさせてやればいいんだ、と
開き直ることができました。

そして問題集の長文にでてきた、環境の話、広告の話、アスリートの話
どんな話題でもプチーと一緒に日常的に話をし、プチーの見聞を広げる
ことができたらなぁ、と思います。



英検が終わったらまた、いつものようにだらだらペースで
アメリカのワークブックに戻ろう、と思います。

さぁ、明日も英検の問題集頑張ろう♪




[お気楽英語子育て]トップページへ




2006.09.18 22:58 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(10) |

コメント一覧

目の前にいるプチーちゃんにあわせてあれこれやっていることが、いいんじゃないかと思います。サリーさんほど真剣にがんばる人も、多くは無いと思うよ。

日本語入りのCDも、今回はお試し。効果が見えなかったり、おかしな方向だと思えばやめればいい。でも、めからウロコで、すごくよいと思えば、日本語説明も積極的に取り入れるといいかも。

サリーさんの好みとは少しずれても、プチーちゃんは、日本の学校に通う小学生だから、日本語とのコラボレイトも必要かもね。

プチーちゃん、今まで、ぼんやりとみについてた英語の力が、英検3級受験でうまく整理されたのかもね。基礎は固まったってことですね。自分でもどんどんやっていきそうですね。

2006.09.19 12:09 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

こんにちは!さきほどはコメントありがとうございます。我が家は日本語教育をどうにかしないと・・・と思いながら、日に日に長男は日本語が分からなくなって来ています・・・。やっぱり子供って楽しかっり、自分でやりたい!って思えばすごい勢いで吸収しますよね。でも私が大声で”やれ!!!!”って叫んでもまったく実に成ってない(T_T)でも今回里帰りすることできっとまた日本語勉強しなきゃ!って子供たちも思うだろうって思っています。以前もそうだったから。日本が好きで楽しかったからがんばって日本語話せるように!って思うらしい。そうなれば自分で努力始めるので、本当はもっと頻繁に里帰りするのが一番なんだけど。
本当にその子に会った方法で勉強させることが一番なんでしょうね。
お互いがんばりましょうね!
ハロウィン良かったらプチちゃんと一緒に体験しにきてくださいね!きっとすごくいい刺激になると思いますよ!

2006.09.19 15:39 URL | はな #- [ 編集 ]

サリー、むきになっています。

実は今まで、自分勝手にやってきたため、今のように
「どのようにやってやったらいいのかわからない」と言う状況に
陥ったことがありませんでした。

これ、という信念があり、こうしたい、という方法も具体的に
はっきりしていて、もちろん試行錯誤や迷いもあったけれど、でも
これをやっていけばきっとうまくいくはず、と信じることのできる
何かがありました。

ですが、今回は、何をどうしてやったら、プチーが英検に合格できるか
全くわかりません☆
自分の得意な分野とちょっとずれてしまっていて、どうすべきか
わからないんです。

何がしたいかよくわからず、右往左往しています。
しかもタイムリミットがありますから、焦ります。

結果をださなきゃ、とつい思ってしまうんですね。
どっしり構えることができません。


一つの考えに凝り固まらず、柔軟に対処することが、プチーにとって
一番いいこと、と信じ、ちょっとフラフラ試行錯誤してみようと
思います。

今回ばーぶーさんが、「それでいいんじゃない?」と言う趣旨の
コメントを残してくださり、救われました。

最近のサリーは、だいだい、お昼間は機嫌よくすごしていますが
夕食後プチーと一緒に英検の問題集をといた後、寝るまでは
気分が沈みがち・・・。

だってプチー、集中力なさすぎ!がんばってよぉ~!

2006.09.19 21:29 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

はなさんのお子さん、ほとんど日本語を話さないんですってね。
コメントのところでレイトンママさんがそうおっしゃっているのを
よみました。

アメリカにいたら当然英語の心配はいらないけれど日本語が
全くでないのもやはりさみしいですよね。

どこの国でくらしても、二言語同時に習得するのはとても
難しいことなんですね。

里帰りによってなにか心境が変化するといいですね☆
それが結局サリー達の親子留学なんですよね。

ハロウィン、楽しそうでいいなぁ。

2006.09.19 21:32 URL | はなさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

中学の英語と、英検の違いは、記述がないこと。つづりとか正確に覚えてなくてもよいこと。答えを選べると言うこと。

何にも分かってないのに無責任に言いますが、100点とらなくてもいいのだから、いまのプチーちゃんの英語の実力でも、準2に合格できるのでは???

3級の時も確か最後の問題は、適当にやったんでしたよね。

とくいそうな問題を確実にしてやる。日本語を使うことになりそうですが、これとこれは、セットなのよ。とか言って、身近な内容の英文にして暗唱しちゃうとかどう???

間違ったところの正解を3回ずつ音読するとか、いま間違っといてよかったねーとか言いながら。

問題は違っても、答えのパターンとか導きやすくならないかな。

実際自分が準1うけたときでも、対策問題とかしたことないので
説得力ありませんが。サリーさんの方が、英検クラスを指導してたんとちゃうかった??

うちは、申し込んでから他のことが忙しくなにもできてません。少なくとも学校で英語は授業を受けてると思いますが。

今日3級かこもんプリントアウトして見ました。結構な量ですね。
プチちゃんこんなんといたんだーってまたまた感心してしまいました。キリ君もすらすらといてるみたいだし。

おうちでこつこつは、やっぱりすごいね。

うちは、読むことがいまいちできてないので平凡なこです。といた問題を、音読させようかなと考えてます。うちもまよったら、かんに頼らせます。

2006.09.20 16:35 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

今回の英検受験の一連の内容を読み、
英語育児の上でいろいろ参考にさせてもらっている私としては
「なんかサリーさんの方針と違う方向に進んでいるような」と正直思いました。

娘はまだ1才7ヶ月。
帰国子女で英語ができるものの、母語で苦しんだ経験があるだけに英語で話しかけるということに非常に抵抗があり、我が家では1才過ぎてからはスカラティック社のSWR→CTPと絵本教材を頼りにかけ流し、絵本の読み聞かせをメインに英語育児に取り組んでいます。

今はこれでいいけど、発話を促すために英語で話しかけたほうがいいのかな?それだったら今から1日1時間でも英語で話しかけるべきか・・・悩みつつもなんかできずにいます。

でもいつもいつもHP&ブログを読みながらとても一生懸命感心します。そして英語の道のりは本当に長いと思います。とにかく続けることそして本人が好きと思うこと、日常の一部にしてしまうことが大事だと思っています。

英検の勉強もむだではありません。
でも合否にこだわらず、日々英語に触れて欲しいと思います。
そしてサリーさんの葛藤も理解できます。
きっとプチーちゃんには「適当に答えて」合格してもらいたくない。
ちゃんと理解して合格して欲しい、でもそれには今の力と英検の問題が噛み合っていない、そんな心境なのではないでしょうか?

長くなりますが、以前一緒に仕事をした方のお話をさせてください。
その方のお母さんは児童英語講師だったにもかかわらず、特に家の中で英語を習ったことはなかったそうです。時々意味も分からずTVを見たりしていたので英語の音には慣れていたかもと言っていました。せいぜいその程度だったそうです。そして彼女は子供のときにドラマをみながら16歳になったらアメリカに行くと決めていたそうです。
なぜ16なのかはなぞだとか。
そして高校に入ると、来年で16才。子供のときに決めたから実行しないと後悔するかもとそんな気持ちで留学の準備をはじめたそうです。高校2年の途中から1年の予定で留学したそうです。じっさい渡米してみると自分の英語力ではとても授業についていけず猛勉強したとか。そして1年では足りないということで結局大学卒業時までアメリカで過ごした彼女。
私がその方にあったのは彼女が20代後半の時。英語が堪能な人が多くいた職場。彼女はそこで通訳をしていました。
英語の言い回しもなんとも言えず、文法もばっちり。でも日本語もまったくずれていません。発音もネイティブとかわらない。当然帰国子女かインター育ちと思っていたら違ったのです。

中学まではしっかり日本で勉強しているため母語の崩れもありません。英語は高校から留学しているため高度な英語を集中して学んでいます。そして小さい時から英語の音には慣れていたため発音もばっちり。
日本にいて完璧にバイリンガルになるのは容易なことではないと思います。
ある程度大人になってから集中して英語漬けになるのが大事かも。
でも今のプチーちゃんの実力をそのまま緩やかに伸ばしてあげれば高校くらいで留学するチャンスがあれば飛躍的に伸びると思います。

自分よりもっとやっている人がいる、もうこんなことができる人がいる、ついつい比べてしまいますよね。気持ちはわかります。
でも自分の信念を曲げずにサリー流オーダーメイドの英語育児を貫いて欲しいです。。




2006.09.20 21:29 URL | Aya #- [ 編集 ]

サリーさん。正直、サリーさん流に行くならこの英検は先送りなんですよね。

プチーちゃんがやりたいというのに答えてということですよね。

おちてもいいと言ってるんだから、(悲しませたくないという気持ちは分かりますが)サリーさんも、もう少し、開き直ってもいいように思いますよ。力試し。英検合格するために、、、英語をやってるんじゃないよね。
9月は、子供も、だるいのよ。キット。学校いくだけでも大変なんだと思うよ。やる気はあったんだけど、そううまくは行かないってことなんじゃない?

無理だけは禁物。できることをできるときにやればいいのでは?

力試し。力試し。

2006.09.21 10:00 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

二度も書き込んでくださってたんですね☆
気づくのが遅くなってしまって失礼いたしました!

まずは一つ目の書き込みに対してですが、英検は「てきとう」が
通じるところが、かなり[救い]ですよね。

この[てきとう]で[なんとなく]と言う感覚、とても大切なのでは、と
考えるサリーにとって、この問題形式はうれしいものです。


サリーは確かに英検クラスを担当した経験がありますが
思い切り文法的な説明もしながらのクラスでしたから、今回とは全然違うんです・・・。

普通の動詞とBE動詞は一緒にはでてこない、とか
TO不定詞の後だから動詞は原形、とか、そんな話はプチーには
するつもりがないため、今回も結局、問題集を解くことイコール
数多くのタイプの文章にふれる、という程度のものになってしまっています。


それでも[HAVE]がきたら、そのあとは[DONE]だ、というようなことは
感覚的になんとなくわかり始めているプチーです。

もっとも、[DONE]という、聞き覚えのある動詞であれば浮かびますが
これがもっとマイナーな動詞であれば無理です。
過去分詞だと理解できているわけではないからです。


ばーぶーさんのおっしゃる通り、数多くのパターンの文章を
暗唱に近いレベルまで覚えていれば、自然と解いてくれるのでは
と期待していますが何しろ分野が広すぎて、いくら覚えても
氷山の一角というような印象です。

ですがたとえ準2級の合格にとって全く不十分であったとしても
これは結局プチーの英語力として蓄積されるものですから
プラスであることには間違いないと思っています。

この機会に普段よりも気合を入れて英語に触れさせてやりたいと
思います。(もうすぐニコロデオンも到着予定ですしね♪♪♪)



チャーリー君は中学生だもの、いそがしいですよね。
英検は日頃の実力を試す、くらいの気持ちでのぞむのかな。

解いた問題の音読、絶対いいとおもいます!
なんとな~く頭の片隅にその文章が残っていて、
同じような問題が出たとき、なんとな~く、答えが浮かべば
大成功!



2006.09.21 11:07 URL | ばーぶーさんへ1 #LA/EZW0A [ 編集 ]

もう、なにやってんだか!って感じでしょう・・・☆。

今まではプチーが小さかったからサリーのしたいようにしてきまたが
プチーが大きくなってきて、プチーの意思を尊重するべきか
もっと自立させてやるべきか、なんて色々考えるうちにこういう
サリーにとっても[未知]な方向へ迷い込んでしまいました。

ですが、なにか自分の思いと違う方向へ行ってしまったりした時は
それはプチーの幅を広げるチャンス、と考えるようにしています。

ピンチがチャンス、とよく言いますが、今回もなんとかしようと思います☆

なんとか頑張りぬいて合格する、という意味ではなく
英検に向けての勉強もしますし、不合格しても合格しても
あとに英検の賞状以上の何かを残すことができたら、と思います。

英検が終わったら、早速Ayaさんのアイデアを拝借して
クロスワードパズルの本でもやらせてやろう、と思います♪



日本語と英語をそこまで完全に身につけている人は
サリーの身近にはいませんが、そういう人が存在するということは
想像できます。母語の崩れがない、というところがかっこいいですね。

英語が堪能でも日本語を聞いた途端がっかり、というのでは
かなしいですよね。



Ayaさんのおっしゃる通り、子供がとにかく英語を好きでいてくれることと
生活の一部にうまくとりいれてしまうこと、とても大切ですよね。

うちでも寝る前の読み聞かせが習慣だったからこそ
なんとかつづけてこれたように思います。

改めて時間をとる、となるとついついあとまわしになったり
忘れてしまったり、あっという間に英語から離れてしまいそうです。



母語で苦しむ、ということ、サリーには想像できないことですが
外国に暮らすと、そういうことも起こりうるのでしょうね。

何を軸に進めていくかはそれぞれ違いますから、うちでは重宝した
話し掛けでもAyaさんのところでは必要ないかもしれません。

もっと何年も先に、必要になってくるかもしれません。

そういう意味では常に迷いながら、正しいと思う方法を
選んでいくしかないんですよね☆



もっちろん、これからもサリー流オーダーメイド、続けていきますよ~♪♪♪

2006.09.21 11:31 URL | Ayaさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

え~っと、これは、もう一つの書き込みに対する返信です☆

サリーの気持ちをわかりやすく代弁してくださってありがとうございます!
まさにその通りです。

そして、「一度やらせてみよう」とどっしり構えたつもりが
結局転ばぬ先の杖をついてやりたくてうずうずしてしまっている、
というわけです・・・・。

これ、典型的な[一人っ子の母の心理]ですわ・・・。
ついついプチーにばかり手をかけてしまって。いけないと思いつつ
時間があるからついつい・・・・。




やる気はあったけどそううまくはいかない、ってまさに
そういう状態だと思います。子供だもん、そういうことは
ありますよね。

でもそれを許せないんですよね~。やるって言ったからには
やりなさい~!と思ってしまうのです。

ですからこれはサリーの作戦ですが、たいしたことはしていないとは言え
とにかく毎日英検の問題集を何問か解かせようと思っています。

だからといって合格に向けて着実に近づいている、というわけでは
ないのですが、プチーには「がんばっている」雰囲気を
演出しようと思っています。

がんばるってこういうことよ、気安く「がんばります」なんて
言わないでよ、というメッセージをこめたいんのですが
さて、プチーにこのサリーの思いが通じるかは不明です。



だいたい、英検の問題集を日に数問解いただけで英語力が
つくなんてわけがないとつくづく痛感しています。
そんな一朝一夕に手に入れることのできる英語力であれば
誰もが手に入れているはずです。

英検の問題集、焼け石に水、という感じではありますが
これからもぼちぼち続けていきます。

今回の英検、力試しの域を全くでない予定です。
力試し&運試し・・・。

落ちた後のフォローも考えておかないと・・・・。

2006.09.21 11:47 URL | ばーぶーさんへ2 #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/319-d5517003

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。