スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

次から次へと忘れてくれます

寝る前の読み聞かせを再開しています。

昨晩読んでいたのはJunie B. First Grader (At Last)

幼稚園の頃から愛読していたJunie B.シリーズですが
プチーが小学生になりましたので、小学生になったJunie B.シリーズを
読んでいくことにしました。


その第一巻目がJunie B. First Grader (At Last)です。

たまたま同じクラスにホセというスペイン語圏の男の子がいて
"Hola."と挨拶をしたものですから、寝そべっていたプチーが
むくっと起き上がりました。

起き上がったプチーは

「知ってる知ってる!」

とスペイン語で数を数え始めましたが、なんと三つ数えたところで
ギブアップしてしまいました。

情けないことに3までしか覚えていなかったようです。

忘れちゃっていました。無理もありません。スペイン語からはすっかり
遠ざかっていましたから。

英検が終わったらスペイン語を、と思いつづけて早一年☆
結局毎回受けているため、スペイン語の入り込む余地がありません。




そう言えば週末にプチーと、モーツァルト生誕250周年記念の
番組をみていた時のこと。

モーツァルトのことは英語の伝記(Who Was Wolfgang Amadeus Mozart?)で2,3回
日本語の伝記(モーツァルト)でも2回は読んでやっていましたのに
その生涯の様子を全く覚えていないと言い切っていました。

番組で簡単に紹介されたモーツァルトの子供の頃の様子をみても
何も思い出さない、と言うのです。

こちらもすっかり忘れちゃっているようです。



スペイン語にしろ、偉人の伝記にしろ、別に明確に何か目的があって
教えてやったり読んでやったりしているわけではありませんから
別に構わないと言えば構わないのですが、それにしてもあまりにも
あっさりそれもすっかり忘れてしまっている様子にちょっと落胆・・・。


結果にすぐに結びつくような短絡的な学習よりも、少しずつ積み重なって
それぞれが影響しあってこそ、な学習の方がはるかに意味のあるものだわ、と
ちょっと自分をなぐさめてみたりしています☆




[お気楽英語子育て]トップページへ戻る

2006.09.05 10:47 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/310-d9bf532b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。