スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

公立小学校の英語の時間

今朝NHK教育テレビの[親と子のTVスクール]を見ました。
「小学校英語は?」というタイトルが気になりチャンネルをつけましたが
結局ほんの10分ほどみただけでテレビを消しました。

今、どんな風に、テレビで面白おかしく「小学生英語」について
タレントやゲストが意見を交わしているのか、ちょっと垣間見ることができる
いい機会でした。

この番組は、ホームページによると

親子がいっしょに楽しめる教育トークバラエティー番組

だそうです。最近ほとんどテレビをみていなかったサリーですが
少なくともサリー&プチー親子にこの番組は必要なさそうです。
(この番組の直前に放送されている[科学大好き土曜塾]
 プチーのお気に入りの番組です☆)

小さい頃から日本語のように親しんでいるのはいいことだ、とか
英語嫌いにしてしまってはいけないからそれが課題だ、とか
小学校英語の授業は外人講師とカードゲームができ、いい息抜きだ、とか
それぞれの人たちが意見を交わしていました。

触れるだけ、英語の楽しさを知るため、であれば英語のゲームは
多いに役に立ち、いいことだと思います。

逆に身につけたいのであれば、少なくとも週に一度は[お勉強スタイル]で
きっちりやっていくのでしょうから、国語嫌い、算数嫌いの子供が
いるのと同じように、当然英語嫌いの子供もでてくるでしょう。

一体何がしたいのか、何を得たいのか、何も見えてこず、思わずテレビを
消してしまいましたが、広く意見を求めれば求めるほど混乱するような
気がしてきました。

あまりにも時間がもったいない気がしてテレビを消してしまい、結論が
わかりませんが(自業自得なのですが・・・)「とにもかくにもやってみる」
というのでは、ダメなのかなぁ、なんて思えてきました。

いろんな立場の人がそれぞれに自分の立場や考えに基づいた意見を交わし
結論ってでるのだろうか、と学校教育の難しさを実感しました。

今までは議論は多いほどいいのでは、なんて思っていましたが
一筋縄ではいかないようです・・・。




[お気楽英語子育て]トップページへもどる

2006.06.17 14:34 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(6) |

コメント一覧

今は小学校で英語を取り入れている所が増えていますね!!

うちの娘の小学校も取り入れているのですが、なんと1学期に1回だそうです・・・!

意味があるのかなあ・・・とも思ったけれど子供が喜んで帰ってきたので良しとします☆
また、こられた先生は外国の方でしたので、語学の習得と言うより異文化交流という感じだったように思います。
英語と触れ合う機会の無い児童が外国に対する興味を持てばばラッキーかも!?

英検3級合格しそうですね!

私は高校でも3級合格できなかったので、ただビックリするばかりです!!
(本当に英語苦手で苦手で・・・。)

結果、楽しみにしています!

2006.06.17 21:07 URL | うっかり主婦 #- [ 編集 ]

そのくらいの英語が一番理想的なのではないか、と
サリーは思っています。一学期か半年に一度くらい外国人の先生が
いらして楽しくゲーム、というようなスタイルで、プチーの学校でも
始まらないかな~。

プチーの学校ではそういった時間はまったくありません。
個人的には本格的にあるよりは全くないほうがありがたいですが
年に2、3度のお楽しみとして、楽しい英語の時間があると
楽しいと思います☆

3級はどうでしょうか・・・。早く結果が知りたいです。

2006.06.18 06:01 URL | うっかり主婦さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

長男が1年になったころから約2年おきぐらいに公立の教育方針は変わっているように思います。ゆとりだといってみたり、もう少し基礎をといってみたり。先生たちも新しいものへの研修研修で大変そうです。今でも日本の教育の行方は分からないという感じです。どうしてみたってこれでよいというのが見つからないのでしょう。

小学区の英語については、もう何年も前から議論され特区といわれるところでは体育に先生は外国人でイマージョン的にやってたり、小中一貫の英語を目指している地域も珍しくないようです。議論はあれこれあれど、実際には何らかの形で始まっています。うちは、ALTの先生が楽器に、1-2回着たり、留学生の人が学校訪問して一緒に折り紙したりという感じです。国際理解国際体験というレベルです。
地域または担任の先生の考え方次第でばらばらという感じです。
それは英語に限ったことではないように思います。うちの学校は調べ学習的なものに結構時間を割いてるように思います。発表とか多いです。

さて、私自身はただいまその小学校英語活動真っ只中です。昨年からボランティアでかかわっています。
総合的学習の範囲で月1回程度の活動です。日本人講師のチームでやってます。英語活動の意味、意義など言い出すと日が暮れるので触れませんが希望された先生方の学年の子供たちにとって、またやってるわたしたち講師にとって有意義であるようにできればよいとおもってます。

学校側では半分以上の先生方が英語必須科反対だと思います。これ以上大変なこと抱えたくないというのが本音でしょう。

ALTの先生が来るのさえ喜んでない先生もいると思います。内容によっては生徒側も必ずしも喜んでません。

しょうもないならやらないほうがまし、といわれてしまうのです。やってる側としては完璧とかいってたら始まらないのでできることの中で最善を尽くしていくということです。子供たちや先生方に慶んでもらえてみんなエネルギーをもらってます。内容は自宅での英語育児とは全く質の違うものです。目的も違ったものだと思います。

教育の議論の番組は結構よくあります。いつも結局結論などでません。
教育現場は混乱してるのかなー、と見てて思うだけです。学校側も悩んでいるんだなーと思います。親として学校の方針が気に入らなければPTAとして改善を求めるか、学校とはそんなものだと納得して我が家は我が家と、親として子供に対応するか仕方ないようです。

2006.06.18 16:15 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

ばーぶーさん、今まさに小学校英語の現場でお手伝いなさっているから
サリー以上に色々な思いをお持ちだと思います。

今回このような討論会形式のものを始めて見て、びっくりしました。
みんなが好き勝手言っているだけで、ああいう番組は娯楽として
みるべきなのか、なんのためにあるのかわからず、
みていられませんでした・・・。(問題提起のため?)

学校が試行錯誤しているのは英語教育に関してだけでは
ありませんよね。議論し始めたら他の教科の事でも色々と
不満や改善の声があがるはずですから、英語だけ特別という
わけでもなさそうですね。

学期に1、2回外国人や留学生が来るのって、理想的に思えます。
ちょっと触れる機会があれば随分と外国語に対する考えも
かわってきて、いいのではないのかな、と思うのですが
そんなんじゃ意味がない、と言われてしまうとちょっとツライですね・・・。

プチーの学校のように全く何もないのも珍しいんですね。

2006.06.18 20:00 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

わたし自身は、そんな内容ならやらないほうがましなんていってしまう親の一人です。怖い親???

せっかくALTの人が来ても、子供たちに配る練習文には、ぜーんぶカタカナが振られてあったり、ALTの先生はほとんど日本語でしゃべったりわざとカタカナっぽい発音で言ったり(子供が聞き取れないから)。。。そんなこともよくありました。

ひどいのは、ある留学生を迎える準備を数日かけてしてたら、彼らが急にスケジュールを変えて(プライベート)台無しになったりしたことがあります。子供たちはすごくがっかりしました。

教育委員会などのほうは、形としてやってたらいいやというかんじで中身をチェックしたりはしませんし、先生次第ということになります。
結構よいお給料払ってるのに、、もととろうよ。もう少し気にすればいいのに。、もう少し考えたり、打ち合わせをするといいのにということがよくあるのです。

イマおられるALTの先生方はいいほうです。子供たちにも人気があります。、

ある友人のところは、担任の先生が朝の時間に英語をしようとするんだけど、すごい発音なんだそうです。根性英語みたいなかんじで、単語だけ並べるだけでも通じればいいようなことをいうそうです。(まさにそうなんだけどね、授業として言うことかしらとか思います)

わたしのかかわっているのはその公的な流れとはまったく別のところからおこり行われています。よい意味で、公的な部分に影響を与えれるといいのですが、、、。ひょっとしたらどこかで批判されてるかもしれません。でしゃばってるとか。たいしたことないとか。やっぱりネイティブじゃないとだめよねーとか。まー気にしないけど。

私は今は主にカリキュラムの構成をしてレッスンプランを立て、スケジュールの合うう講師の方をセッチングしているます。
私自身がいったのは1回だけです。(最初にサンプルとして。参観日の日でした (・_・;)。みんな気後れするとか言うので、度胸だけはあるわたしの登場となりました)

ネットでもサリーさんを含め世の中にはすごい人もいるもんだなーといつも感心させられてますが、このプロジェクトに参加している先生方にもすごい人とかいます。
大手の英会話教室の開校インストラクターをされてた方とか、英検1級を持ってる人とか、トーイック940点とか、普通に見えてバックグラウンドがみんなすごいんです。名もない達人たちという感じです。
そんな出会いを楽しんで、育児のエネルギーにしているわたしです。

やっぱり自分の英語もっと勉強したいなーとか思うのです。

2006.06.20 08:37 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

最初読み始めて、「あれ?」と思いました。ばーぶーさんも
やらない方がマシ派なの?と思いながら読み進めて納得しました。

確かにそんなのではやらない方がマシですね!



ばーぶーさんのボランティア、がんばっていらっしゃる様子に
脱帽です。ただでさえ子育てでお忙しいのに。

サリーも何かしないといけないのかなぁ、という気になります。
なにしろプチーの小学校、全く英語の時間がありませんから・・・。



普通に見えてバックグラウンドがすごいってかっこいいですね。
サリーはちなみにまったくもってすごくなんてありません。

バックグラウンドも今もです。何か特技が無性に欲しくなり
手品の練習をしてみたり、でもうまくいかなくて挫折したりするような
人です☆

サイトやブログではちょっと偉そうにするようにしています♪
そのほうが説得力があるかも、なんていうあわい期待をしています。


サリーも昨晩久しぶりにテレビでアメリカのドラマ(大人向け)をみて
なんだか楽しいなぁ、なんて思いました。

英語、もっと上手になりたいですね。

2006.06.20 12:46 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/291-23c1ffc5

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。