スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

語彙の幅

今、[Brain Quest: Grade 2]に取り組み中です。

小さい字でこちょこちょと問題が書いてあり(絵なんてもちろんありません)
内容も少し難しいので、サリーも答えがわからないことが十枚に一枚くらい
あるのではないか、と思えるような難度ですが、プチーはなにしろこの
ブレインクエストシリーズが大好きですから、懲りもせず「やろう♪」と
誘ってきます。


昨日も少し難しい問題が登場しました。

  [RING]のスペルを並び替えることにより
  [SMILE]と同じ意味の単語をつくりましょう。

というものです。サリーがまず考えました。30秒くらい考え(長い!)
やっとのこと正解がわかりました。

その後プチーにも考えさせましたが、いくらヒントをだしても
正解がわからない様子です。結局降参し、答えを教えてやりました。
(正解は[GRIN]です)

「あ~ぁ!そうか!」

と言ってくれることを期待していましたが、実際は

「そんなの聞いたことな~い!」

と断言されてしまいました。あんなに何度も本に登場している単語ですのに
聞いたことがないなんて平気な顔してよくもまぁ、とあきれました。

それと同時にいくらたくさん本を読んでやっても語彙に幅をつけるには
限界があるのかもしれない、とちょっと自信をなくしました・・・。

本を読む場合、わからない単語があっても、絵をみてその状況を
想像することができます。文脈から判断し、そのわからない単語の意味も
だいたい推測できたりもするものです。

ですが最近の読み聞かせはチャプターブックばかりですから
挿絵を参考に文章や単語の意味を推測することはできません。
と言うことは、プチーは文脈からのみ単語の意味を想像していると
いうわけです。

そうなってくると、知らない単語の多いチャプターブックを
ただ読み聞かされても、わからないことだらけで、あまりきちんと
意味を把握しながら聞いていないのかもしれません。

読み聞かせの方法をちょっとかえた方がいいかもしれない、と
感じ始めました。まだまだもっと絵本を使い、いっしょに本を開いて
絵を見ながら読んでやるという時間を多くとってやったほうが
いいのかもしれません。

表現力が豊かで絵のきれいな素敵な絵本、探してみよう。



☆[お気楽英語子育て]トップページへ戻る



2006.04.17 06:01 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(9) |

コメント一覧

初めましてサリーさん。ビコさんのHPからサリーさんを知り、度々こちらへ寄せていただいております。ブログや英語育児に対する考え方が素敵だなあと思い、ご挨拶させていただけたらと思いました。この「語ケツ」に書かれていることも;うんうん:とうなづきながら読みました。子供に「何か」を教えるために、私は今人生で一番勉強していて、しんどいけど一番有意義な時間なんかなあとおもっています。サリーさんがプチーちゃんと毎日向き合っていはるのを参考にさせていただいています。どうぞよろしくお願いいたします。

2006.04.17 10:28 URL | ほのりゅう #- [ 編集 ]

ほのりゅうさん、はじめまして。いつも見に来てくださって
ありがとうございます。

サリーもプチーとともに勉強するの、大好きです。
自分だけのためであればわざわざ習わないような、バイオリンや
そろばんなども、プチーがいるからこそ、サリーもいっしょに
身につけることができていて、サリー自身も楽しんでいます♪

ほのりゅうさんの毎日もきっと楽しくて有意義な毎日なんだろうなぁ、と
思います。

参考にさせていただいています、なんて書いていただくと
本当にうれしいです。こんなコメントを読むと、このサイトを
開いてよかったなぁ、としみじみと感じることができます。

これをエネルギーにして、また明日からの更新にも
力が入るのです。ありがとうございます。

こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いします。

2006.04.17 20:50 URL | ほのりゅうさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

はじめまして、英検 五級と検索してこちらにたどり着きました。
6月に先生から5級を受けることをすすめられ、急遽買ってきて本日過去問をやらせてみたものの、リスニングと並べ替えは正解するのですが、最初の選択問題がまるでだめなんです。5歳児(といっても受験のときは6歳になりますが)に選択問題は難しいと思うのですが、過去問を何度も解かせているとわかるようになるのでしょうか?何かよいアドバイスがありましたらお聞かせいただきたいのですが。。。。あつかましく申し訳ありません。宜しくお願いします。

2006.04.17 22:25 URL | dojyarumaru #- [ 編集 ]

dojyarumaruさん、はじめまして。

先生に5級を受けることをすすめられたんですね。
きっとお子さんを見ていて、英語力が充分だから是非に、と
思われたのだと思います。

サリーも講師でしたからわかりますが、よくできるお子さんには
次々と与えて、どんどん上達して欲しい、とワクワクするものです☆

ですが残念ながら英検は英語力だけでは合格できません。
おっしゃる通り、設問の傾向(出され方)によっては
英語以前の問題から、正解をうまく見つけ出すことができない場合があります。

それを毎日訓練してでも受けさせてあげたい、という場合は
訓練するしかありませんが、受験を申し込む前に、もう少し考えてみても
いいのではないかとおもいます。

なんとしてでも受ける覚悟があれば、親子で泣いたり怒ったりしながら
頑張ったらいいですし、そこまでする必要がなければ今回の受験は
見送った方がいいのではないかと思います。

確かに過去問を繰り返しといていたら、だんだんと仕組みが
わかってくるかもしれませんが、試験当日までにそれができるように
なっているかどうかは今の時点では誰にもわかりません。

プチーの場合も、最初は全然できませんでした。
ですからその後何ヶ月も問題集は開きませんでしたし、もちろん
受験しようとも思いませんでした。

何ヶ月かたって、思い出した頃に問題集をやらせてみたところ
いつの間にかできるようになっていました。ですので
よいアドバイス・・・思いつきません。ごめんなさい。

英検関係のページは

5級 http://okiraku-eigo.com/eiken5kyutaikenki.html
4級 http://okiraku-eigo.com/eiken4kyutaikenki.html
3級 http://okiraku-eigo.com/eiken3kyutaikenki.html

と三ページありますので、よかったらのぞいてみて下さい。
なにかお役にたてそうなことが書いてあるといいのですが・・・。

2006.04.18 06:07 URL | dojyarumaruさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーさんお返事ありがとうございました。
私自身英検ということにこだわりがなかったものですから
とまどってしまっている現状です。
学校としては目に見える結果をだすことで子供にも励みになるという
考えがあるようでした。それの考えもわかるのですが、
無茶して楽しく覚えている英語に負担がかかるのではと心配にもなりました。
今一度、考えてみます。
いままで家でも文法的なことは教えたことがなく、
本を読むことで楽しんで覚えてきたもので。。。。
 
コメントいただけて嬉しかったです。ありがとうございました 

2006.04.20 14:00 URL | dojyarumaru #/c/zw3vA [ 編集 ]

先生のお気持ちもわかりますが、ここはやっぱり
お子さんのお母さんの考えが一番大切ですから、負担がかかることが
心配であればそのことを先生にお伝えすればきっと
わかっていただけるはずです☆

プチーの場合確かに励みにはなっているようで
英検を受けさせて良かったと思っていますが、英検以外の形で
励みとか喜びを与えてあげることはできるはずですもの
無理する必要はありませんよね。

本を読むことで楽しく学んできた、というところ、サリー達と全く
同じです。これからも楽しく自然に学べたらいいですよね!

焦らず頑張っていきましょう~♪

2006.04.21 11:15 URL | dojyarumaruさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

今回のコメントを読んで、あれ???サリーさんっぽくないんじゃない?なんておもうのはわたしだけでしょうか?

私は、grinって単語は、怒る、わらうにもいろいろあるってまとめてある本を読んだことあったので、思いつきましたが、日常使うかといえば使わない単語です。

チャプターの読み聞かせは、大意を取るということには大いに役立つし、印象に残るところでは、語彙を増やすに役立つのだと思います。

ブレインクエストで、出会ったとき、grinだけでなく、いろんな笑いがあることを調べたり、英英辞典でみてみたりしながら、これこそ語彙の幅を広げるチャンスだわ。なんてるんるん喜んでいるのがサリーさんらしいように思います。

今まで聞いてても、ストーリー的にはgrinは、どうでもいい単語だったのかもしれません。次に、ストリーの中ででてきたら、あっ!てイメージできるかもしれません。お話を書くときに、あえて使うかもしれません。

ブレインクエストも、よい出会いのサポートとして役に立ってるってことじゃないのかな。えほんもいいものたくさんあるけどね。

2006.04.23 10:19 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

そして、grinですが、

私は、ニヤニヤといういやらしい笑いのイメージで覚えてました。

ところが、サリーさんおすすめの、英英辞典(マーケットプレイスで買いました)では、

to smile broadly.

スカラスティックの子供辞典では、

to give a large, cheerful smile.となっていて、例文では、
その子は、誕生日プレゼントを見て、girn(にっこり、またはにやりと)した。みたいなのがのってました。

私のgrinのイメージが少し変わりました。あのアリスの、しましまの猫のいやらしい笑いしか今まで思い浮かんでなかったのです。

勉強になりました。

2006.04.23 10:31 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

サリーも[GRIN]って、にやりと笑うと言う意味だと思っていました!
ちょっと裏のありそうなにやりだと思っていましたが、全く
そんなことないようですね。サリーにとっても新たな発見でした。

サリーも「なるほど」と思うくらいですから、プチーがわからなくても
無理ないか、と思いつつ、プチーには時々がっかりさせられます・・・。

「こんなことなんで知ってるの!」と喜ばされることもありますが
「なんでこんなことも知らないの!」と落胆することもあります。

チャプターブックを読んだあと、読んだ内容に関して質問することも
ありませんし、そんな風にしたい、とも思っていないんです。
わかっているかどうか確認すると言う作業が嫌いで
読みっぱなし、聞かせっぱなし、なのですが、時々大きな
不安がやってきます。

「この子、ちゃんとわかってるのかしら・・・」みたいな感じです。

ですがばーぶーさんのおっしゃる通り、お話の中に出てきた時は
ちゃんと、状況をイメージできていたけれど、一つの単語として
ポツン、と聞かされたら、わからない、という可能性もあるんだなぁ、と
気が付きました。

ブレインクエストをしていると、プチーがどのくらい英語を理解しているか
ストレートに見せつけられる気がします。
不正解が続くと、プチーよりもサリーが焦り始めたりします。

サリーが焦ったりイライラしたりすることにより、プチーのせっかくの
学ぶ機会も台無しにしてしまったり、プチーを否定するような
発言をしてしまったり、全くいいこと無しです。

サリー自身が常に気持ちに余裕をもってど~んと構えていないと
いけませんね。

2006.04.23 15:18 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/276-70af9819

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。