スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

桐島かれんさんの英語の話し掛け

グアムで、桐島かれんさんと同じホテルだったため、なんども
桐島さん親子を見かけました。

桐島さんご自身外国人のような顔立ちですし、彼女の子供たちも
どこか外国の香りがします。彼女達一行からは
日本人離れした雰囲気が漂っていたため、近くにいた小学生の男の子が

「あの人、外人やのに日本語うまいなぁ。」

なんて言っていたくらいでした。


出会う度になんとなく気になって会話に耳をかたむけておりましたら
桐島さんのお嬢さんが英語で話をしだしました。もちろん片言なんかでは
ありません。アメリカ人の子供と同じような話し方です。

そうすると桐島さんも自然に英語で答えてあげていました。
ですが子供の英語が日本語に戻ると桐島さんも日本語です。

この時ほんの2,3分しか近くにいませんでしたから、これ以上は
わかりませんが、その自然な会話の様子をなんだかうらやましく
感じました。

外で英語を話すことに抵抗のあるサリーですので
家を一歩出たら、プチーが英語で話し掛けてきてもサリーは
日本語で返事をします。

今まではそれは当然のことで、そうすべきだ、と自分自身納得して
そんな風にしていましたが、桐島さんのように自然に英語で
答えてあげられるのもいいなぁ、なんてちょっと憧れました。

どうしてあんなに自然で素敵だったのかしら☆
英語を話していても全く違和感のないあの容貌(顔立ち)のおかげか。
グアムという場所のおかげか。英語が母国語同様上手だからか。

桐島かれんさんとサリー・・・。違いすぎて比べるのもおこがましい・・・。

桐島かれんさんのインタビュー記事(学びの場.com)を見つけました。
サリーとあまりにも違う考えが印象的で興味深い!

☆[お気楽英語子育て]トップページへ戻る

2006.04.12 06:32 | 年長でのグアム | トラックバック(0) | コメント(9) |

コメント一覧

私も家ではともかく外で英語で話すことはほとんどありません。
あっても周りを確かめてからですね・・・とほほ。

幸い外国人のお友達がいて子供も英語で話すことに抵抗はないようなのですが。
私自身にまだ英語力がないので引き続き頑張っていこうと思いますv-238

2006.04.12 12:27 URL | うっかり主婦 #- [ 編集 ]

人前で、英語を話すことは、別に苦痛ではありません。でも必要も無く遣う気にもなりません。子供たちはどうだろう???ちびだけは、まだ使い分けだあいまいな感じです。上の子たちは、私に英語で話しかけてくることはまずありません。

さて、桐島カレンさんの記事読んでみたいなーと思います。世の中にはステキに生きてる人がたくさんいますね。

確か、桐島洋子さんが、子育てを、外国でしていたときのエッセイのようなものを、10年ほど前に読んだ気がします。仔豚たちと。。みたいな題名だったと思います。あのころ海外で暮らしたくてそんな本ばっかり読んでました。

その後、2週間弱、アメリカにいっただけで、海外にはずいぶんご無沙汰です。行きたいな。
その代わり、海外の風が、我が家にやってくることは増えました。でも行きたいな。グアムでもいいから。はー。

2006.04.12 16:23 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167134020/qid=1144826954/sr=1-21/ref=sr_1_2_21/249-0472099-0912357

アマゾンに行って探してみたら、マザーグースと、三匹の仔豚たちというタイトルでした。

また図書館で借りてみようかな。まだあるかしら?

2006.04.12 16:33 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

外国人のお友達がいらっしゃるなんてうらやましい☆
サリーは英語で子育てしたりしている割には、全然外国に
縁のない生活をしています・・・。

サリーは家の中での英語の話し掛けも、夏場はちょっと
声がちいさくなったりしますよ!窓が開いているからなんとなく
落ち着かなかったりして・・・。(誰も聞いてなんていないのに
意識しすぎかな)

2006.04.12 20:30 URL | うっかり主婦さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

サリーも人前で外国人と英語を話すのであれば特に抵抗は
ないものの、[英語の練習のため、英語の勉強のため]であれば
かなり抵抗があります・・・。

英語じゃないと通じない、という時だけ話せばいいや、なんていう
感覚です。


桐島洋子さんの本、面白そうですね。かれんさんの考えはつまり
洋子さんからきているんですものね。自分にはできないものの
洋子さんのような放任、自由主義みたいなのも、とてもかっこいいなぁ、と
あこがれます☆

2006.04.12 20:38 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

ひょこっと こちらにたどり着きましたので
ちょっとコメントを・・・・
桐島かれんさんの お父さんは アメリカかイギリスかは忘れましたが 外国の方です。
桐島三姉弟は それぞれお父さんが違いますが全員外国の方。桐島洋子さんは お子さん達をアメリカ(カナダだったか)でずっと子育てされていました。

2006.07.08 23:28 URL | ゆーらっぷ #- [ 編集 ]

ゆーらっぷさん、はじめまして。

桐島さんのことを教えていただいてありがとうございます。

桐嶋さんご兄弟はずっと外国で育ったんですか。
だからあんなに英語がお上手なんですね。

日本語も話すから日本の血もまじっているとわかりますが
ほとんどアメリカ人、というような雰囲気ですものね。

グアム滞在中何度もおみかけしたのですが、どんな遠くからみても
とにかく目立っていました。おきれいでした~。

2006.07.10 10:20 URL | ゆーらっぷさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

桐島さんの娘私知ってます。
あの子はインター通ってるんで英語しゃべれてあたりまえだと思いますよ

2008.01.17 17:43 URL | みさ #- [ 編集 ]

英語はさすがに上手ですね。
外国へ行く機会も多いでしょうし、完全に
自分の言葉として話している様子でした。

お母さんももちろん英語が上手だし
見た目も素敵だし、かっこいい親子でした♪

2008.01.18 06:24 URL | みささんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/273-2d5e15f7

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。